林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新生の高祖保

f0307792_20032004.jpg


『新生』再刊第四輯(新生編輯所、一九四〇年七月一日、表紙画=立原道造)。この再刊第一輯は何度か紹介している。

『新生』再刊第一輯 新生編輯所、一九四〇年
http://sumus.exblog.jp/14679007/

『新生』再刊第一輯
http://sumus.exblog.jp/11447543/


今回は第四輯を。この巻頭には高祖保の詩「春のながめ」が掲載されている。『高祖保集』にももちろん収録されている。

外村彰編『高祖保集 詩歌句篇』龜鳴屋、二〇一五年
http://sumus2013.exblog.jp/24510556/

f0307792_20033059.jpg

書き込みは旧蔵者のものだろう(誰だか分かりません)。これは高祖保の詩に対する批評か?


f0307792_20235701.jpg

『新生』再刊第二輯(新生編輯所、一九四〇年三月一日)には「
再刊第一輯に寄す」として諸家の感想文が紹介されている。そのなかに高祖保の名前がある。

f0307792_20240183.jpg
右側の感想は中桐雅夫

f0307792_20240453.jpg


f0307792_20234082.jpg

『新生』再刊第三輯(新生編輯所、一九四〇年五月一日)にも「「新生」第二輯をよむ」として諸家の感想文が紹介されているなかに高祖保の名前がある。となりには荘原照子の名前も。

f0307792_20240608.jpg

他に平野威馬雄、杉山平一の感想文も見える。


by sumus2013 | 2018-02-14 20:33 | 関西の出版社 | Comments(0)
<< 出版つれづれ 卒業 >>