林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「さはかり(然許り)」は..
by epokhe at 06:38
かなり悩みました。
by sumus2013 at 20:12
この短冊は難しく感じます..
by epokhe at 13:26
そうですねえ・・・大月さ..
by sumus2013 at 20:08
時の流れに驚きます。一周..
by tobiranorabbit at 10:32
今後も定期的に漢詩および..
by sumus2013 at 20:33
「雲臥」で良いと思います..
by epokhe at 19:20
「雪臥」のところは「雲臥..
by sumus2013 at 10:56
恥ずかしながら南岳さんを..
by epokhe at 23:31
「V」も、もちろん演奏レ..
by sumus2013 at 20:32
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


やきものの在処

f0307792_20375640.jpg
もうずいぶん昔に求めた中国の磁器。明末清初というあたりと思うが、よく知らないのでわからない。当時は古道具市などでもこのくらいのものはけっこう見かけた。これなど、つぎはぎだらけなので安い買物だったことは言うまでもない。五百円とか、そのくらいだった。

どうしてこれを取り出したかというと、下の図録『やきものの在処』(武蔵野美術大学美術館・図書館/武蔵野美術大学造形研究センター、二〇一七年一〇月一〇日、書容設計=羽良多平吉)を頂戴したからである。深謝。

f0307792_20380339.jpg


武蔵野美術大学の陶磁器コレクションに加えて、大辻清司の写真(陶磁器そのものを撮影した作品および作品のなかに陶磁器が登場する作品)、絵画、デッサン、書籍(いずれも陶磁器と関係のある作品)を同時に展示するという企てである。ちょっと面白いアイデアだ。

f0307792_20380725.jpg
大辻清司「瀧口修造」1953


f0307792_20380955.jpg
大辻清司「小津安二郎」1957
「撮影所訪問:『東京暮色』の小津安二郎」


f0307792_20381465.jpg
宮澤賢治『春と修羅』関根書店、1924
および
「永訣の朝」原稿(宮澤賢治記念館蔵)


宮澤賢治『春と修羅』まで、どうして? と思ったら「永訣の朝」に陶器が登場していた。

 みぞれはびちよびちよふつてくる
    (あめゆじゆとてちてけんじや)
 青い蓴菜[じゅんさい]のもやうのついた
 これらふたつのかけた陶椀[たうわん]
 おまへがたべるあめゆきをとらうとして
 わたくしはまがつたてつぽうだまのやうに
 このくらいみぞれのなかに飛びだした

f0307792_20381114.jpg


そしてその前のページにこれら「青花馬文碗」と「青花人物文小皿」が掲載されている。

《明代末期の天啓期(1621-27)に作られた青花や赤絵は、屈託のない絵付けや粗略奔放な作りから江戸時代の茶人たちの好みにかない、日本に多く伝わったといわれている。》

そういうわけで最初の小皿を思い出したというわけです。直径は十三センチほど。飲食には使いにくけれど、ちょっとした小物を容れるのにはもってこいである。

[PR]
by sumus2013 | 2018-02-01 21:03 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 昭和八年の織田作之助(上) 菜譜 >>