林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
関口武『風の事典』、古書..
by sumus2013 at 08:57
余談) "おろし"と言..
by 西ミツ at 23:39
関口武『風の事典』原書房..
by 西ミツ at 23:10
たしかに、まだ、ですね。..
by sumus2013 at 16:56
そうですね。臼井ファミリ..
by sumus2013 at 13:30
志賀英夫『戦前の詩誌・半..
by 神保町のオタ at 10:39
なるほど、可能性としては..
by sumus2013 at 16:10
船川未乾ではないか、とい..
by 牛津 at 16:37
良かったです。もし時間が..
by sumus2013 at 15:59
藤田嗣治のポスター、店に..
by imamura at 12:52
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


荷亭秋點

f0307792_19021941.jpg


菊池五山は以前掲げた掛軸の他にこの色紙があった。

凋傷何必恨春

これがまた小生にとっては難物で容易には読めない。epokheさんかどなたかに御教示いただきたいと思う。


f0307792_19022354.jpg
f0307792_19022586.jpg


[小釣雪]
荷亭点若湧  荷亭の点(鐘声)は湧くがごとし     
秋気已堪餐  秋気已(すで)に餐に堪ふ
氷簟就眠易  氷簟は就眠に易し
風荷書字難  風箋は書字すること難し
紅衣軽百冷  紅衣は百冷に軽し
雪羽照波寒  雪羽は波を照らし寒し
破困昧盃酌  困昧を破り盃酌す
碧簫也足歓  碧簫也(また)歓ぶに足る

荷亭秋点 五山 [池桐孫印] [池無弦父]

度々の御教示に深謝です。

ひとまずこれで解読できたように思う。餐に堪ふ……検索すると「秋色餐」という使われ方があった。その説明にいわく

堪:可;餐:吃。形容女子容貌秀丽动人或景色非常美

すなわち、文字通りの意味なら「食べられる」(可吃と同じ)だが、美人や美しい景色を形容する表現だとのこと。五山の「秋気已堪餐」は、秋の空気はすでに澄んで美しい、くらいの意味になろうか。


[PR]
by sumus2013 | 2018-01-30 15:05 | うどん県あれこれ | Comments(6)
Commented by epokhe at 2018-01-29 01:28 x
五言律詩らしいのは分かったのですが、例によって読めません。読めるところだけ書いてみました。林さんの読めたところと合わせたら完成するかと。ご批正をお待ちします。

[小鈴雪]
荷亭○若湧
秋気已○餐
氷簟就眠易
風○書字難
紅衣軽百冷
雪羽照波寒
破困昧盃酌
碧簫也足欲

荷亭秋○ 五山[池桐孫印] [池無弦父]

氷簟…氷簟(ひょうてん):涼しげな竹で編んだ茣蓙(ござ)。
紅衣…荷花(蓮の花)の別称。
雪羽 …白い鳥
碧簫…碧玉で作られた簫(しょう)

「餐難寒」と韻を踏んでるんですかね。「欲」はどうでしょうか。菊池五山くらいのビッグネームなのに、全部の漢詩を集めた本が出てないようなのが不思議です。
Commented by sumus2013 at 2018-01-29 20:23
有り難うございます。なるほど! 風の次は「箋」でしょうか。欲のところ、崩し方はピッタリしませんが「歓」はどうでしょう。韻は寒と同じです。それ以外は・・・分かりません。
Commented by epokhe at 2018-01-29 21:35 x
なるほど!「欲」は「歓(歡)」にすると脚韻になり合点がいきます。
荷亭は蓮を愛でる亭でしょうか。鴎外の伊沢蘭軒に、「荷亭月淨浴清涼」という五山の漢詩の一節があるようです。
鴎外全集に註釈で「荷亭」について触れているかもしれません。
荷亭秋・の不明字は、二回も出てくるのに判読が難しいですね。ここでは「点(點)」としてみました。ネット情報で「秋點は、秋漏(時計)。時を告げる鐘聲。」とあったので、「点」は時を告げる鐘の音と解釈しています。
風の次は「箋」で当たってみたのですが、「風箋」という語が見当たらないので「風荷」としてみました。風が蓮の香りを運んでくるという意味で古くから使われているようです。「荷」だと草冠なのに、これは竹冠ですが、通用する例があるらしいので。
引首印の小鈴雪は「小”釣”雪」に修正しました。

[小釣雪]
荷亭点若湧  荷亭の点(鐘声)は湧くがごとし     
秋気已襲餐  秋気已(すで)に餐を襲う
氷簟就眠易  氷簟は就眠に易し
風荷書字難  風荷は書字すること難し
紅衣軽百冷  紅衣は百冷に軽し
雪羽照波寒  雪羽は波を照らし寒し
破困昧盃酌  困昧を破り盃酌す
碧簫也足歓  碧簫也(また)歓ぶに足る

荷亭秋点 五山 [池桐孫印] [池無弦父]

氷簟(ひょうてん)…涼しげな竹で編んだ茣蓙(ござ)。
風荷…風が運ぶ蓮の花の香り
紅衣…荷花(蓮の花)の別称。
雪羽 …白い鳥
碧簫…碧玉で作られた簫(しょう)

漢文を知らない者が適当に読んでみたので穴だらけと思います。識者のご批判を乞います。

Commented by sumus2013 at 2018-01-30 21:50
御礼申し上げます。もう少し考えてみます。
Commented by epokhe at 2018-01-31 08:56 x
こちらこそお蔭様で良い勉強になっています。御礼申し上げます。
ご添削ありがとうございます。いくつかの難読文字は、我ながら強引な読み方をしてしまいました。そこで、機械の力を借りようと、奈良文化財研究所と史料編纂所の崩し字解読システム・MOJIZOを使って難読文字を検索してみました。「点」とした字は、候補文字が色々あったのですが、結局ふさわしい漢字に辿り着けませんでした。今年は、もっと漢文に親しみたいものです。

「風荷」のところ、「荷」だとやっぱり無理がありますね。撤回して「箋」に変えさせて下さい。「氷簟」「風箋」と対に・・・なるほどです。次の「紅衣」「雪羽」の対も素晴らしい。
「襲餐」も間違いで、「”堪”餐」だと思います。「秋菊堪餐」、「秀色堪餐」のように典故がありますし、字形も「堪」で良いようです。

秋気已堪餐 秋気已(すで)に餐に堪ふ

「餐に堪ふ」、うーん、どう意訳したら良いでしょうか。
五山の詩は中々魅力的で、取り組み甲斐があります。
Commented by sumus2013 at 2018-01-31 16:46
有り難うございました。五山はちょっと軽い感じですが、なかなかテクニシャンだと思います。
<< 浮き世離れの 地理教科書 >>