林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雪中梅

f0307792_20105502.jpg

刺山……誰なのか分かりません。

by sumus2013 | 2018-01-24 20:18 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented by epokhe at 2018-01-27 16:52 x
「雪中梅 白雪の 中に一ひら ほころひて さきぬる庭の 梅のはつ花」と読んでみました。中々いい歌ですね。署名は刺山、または剌山でしょうか。
Commented by sumus2013 at 2018-01-27 19:55
ありがとうございます。作者が分かれば、なおいいのですが。
<< 第59回全国カタログ展審査員特別賞 ツールの司祭 >>