林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
koganemaruさん..
by epokhe at 05:26
みなさまご意見有り難うご..
by sumus2013 at 21:17
よく揺れましたね。 地..
by koganemaru at 17:57
余震にはお気をつけ下さい..
by epokhe at 22:33
「元妻の清水マチは、TB..
by sumus2013 at 17:04
これは、存じませんでした..
by 岩田 at 12:09
丹にこの崩し方があるよう..
by sumus2013 at 21:19
問題となるのはおそらく「..
by koganemaru at 21:11
解読も容易じゃないですね..
by sumus2013 at 19:34
たしかにそうとしか読めま..
by koganemaru at 19:11
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


六月の風

f0307792_20311819.jpg

昨年、ある古書目録から入手したトポール資料。『六月の風』39号(UNAC TOKYO、一九八一年)、『六月の風』69号(UNAC TOKYO、一九八五年)、絵葉書一枚(トポール「成功への3つの道」より「意志によって」、UNAC TOKYO)。

上の図は69号を展開したところで、トポール展のポスターになっている。

《一九七二年カンヌ映画祭でアニメーションでは初めて審査員特別賞を贈られているトポール+ルネ・ラルーの映画「ファンタスティック・プラネット」が漸く来日し上映中だ。パニック・シアター(電三五九三七九四)ではトポールの戯曲「麗しのモナ・リザ」を上演(七月二日七日)さらに第二弾「暗闇のバタイユ」を暮から正月にかけて新宿で上演するという。漸く漸くトポール旋風が吹こうとしている。六月の風39号にトポール版画の特集をしているが、今回その後の新作版画とあわせ、魅力あるトポールポスターを初公開する。》(69号より)

f0307792_20311550.jpg
見開きの冊子が39号(その下敷きは、ウナック・トウキョウの封筒)、右が69号を折畳んだときの表紙。39号の記事は以下の通り。

・アラバル 『トポール作品集《白日夢》』(一九七五)の序文
・トポール近影 田原桂一
・R・トポール意外性の美 河野多恵子
・招待席(トポールとの会見記 海上雅臣

・引 加藤郁也
・「俎」に寄する郁山人の「引」の解 海上雅臣
・井上有一小品集「俎」 村木享子


f0307792_20311762.jpg

そして69号の内容はこうである。

・砂漠のボッス 浅田彰
・時ならぬトポールの季節にあるいは既視感の美学 松田政男
・お知らせ(井上有一の訃報/ロラン・バルトの絵画作品展)

《井上有一が死んだ。六月十五日午前九時五十分。七日から劇症肝炎を発し昏睡していた。六十九才。六年前の春、四ヶ月間東海大学病院に入院し、肝硬変と診断された有一は、この病状で七十をこした人はいないと云い、用心に用心を重ねながら、すさまじい制作活動をつづけていった。活溌に生まれる作品の前に、当人が感じていたであろう死の予感は、誰も実感していなかった。五月二十六日喜久江夫人と共に上野の博物館に行き無準師範書「東西庫」に見入った。二十七日大磯の北園武の工房に出かけ版画を試み銅板に直接クギでひっかいて書いた。二十八日は六月の風の会会員今本有紀子来訪を受け談笑した。翌日から食欲なく微熱が出て、風邪かなといいながら六月三日ようやく東海大病院にゆく車中で黄疸を発し、翌日入院。そうして七日突然昏睡してしまった。そのとき貴重な活動は終った。告別式は六月十八日藤沢の妙善寺(日蓮宗)で、喪主喜久江夫人と長女花子、長男徹と、葬儀委員長海上雅臣により行われた。

f0307792_20311142.jpg
こちらは『和楽』(二〇一四年四月)の綴じ込み附録、井上有一の作品「!」。昨日飾ったばかり。で、たまたまトポールの資料を取り出してみると井上有一の記事が出ていたというグーゼン。

また、『六月の風』69号で触れられている映画「ファンタスティック・プラネット」のちらしも入手した。これはべつのところから。シネ・ヴィヴァン・六本木でモーニングショー五月二日、レイトショー五月三日〜八日となっている。発行年は明記されていないが、上の記事から一九八五年と思われる。

f0307792_17043048.jpg


f0307792_17043249.jpg




[PR]
by sumus2013 | 2018-01-17 21:12 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< ちんき堂 本棚・本箱ギャラリー[海外篇] >>