林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
関口武『風の事典』、古書..
by sumus2013 at 08:57
余談) "おろし"と言..
by 西ミツ at 23:39
関口武『風の事典』原書房..
by 西ミツ at 23:10
たしかに、まだ、ですね。..
by sumus2013 at 16:56
そうですね。臼井ファミリ..
by sumus2013 at 13:30
志賀英夫『戦前の詩誌・半..
by 神保町のオタ at 10:39
なるほど、可能性としては..
by sumus2013 at 16:10
船川未乾ではないか、とい..
by 牛津 at 16:37
良かったです。もし時間が..
by sumus2013 at 15:59
藤田嗣治のポスター、店に..
by imamura at 12:52
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


花森安治肉筆表紙画

f0307792_17381641.jpg

『石神井書林古書目録』102号(石神井書林、二〇一八年一月、題字=武藤良子)が届いてビックリ。以前、某氏所蔵品としてこのブログでも紹介していた花森安治の肉筆『文明』表紙原画その他が一括で掲載されていた。

花森安治による雑誌『文明』(文明社)の表紙原画

そのとなりには瀧口修造の自筆原稿「自由な手抄」全揃(200字詰原稿用紙23枚)も並んでいる。『gq』初出時の原稿「マン・レイの素描 エリュアールの詩」だそうだ。

f0307792_17381315.jpg

巻頭は樋口一葉の短冊、雑誌も『ド・ド・ド』(多田文三編刊)、『文党』(今東光編)、『風』(澤田伊四郎編)などが目に留まる。驚いたのは篠崎初太郎訳、マツクス・ウエバア『立体派の詩』(異端社、一九二四年)。篠崎初太郎は宇崎純一・宇崎祥二の波屋書房の顧客であり、自著『潜航艇 : 三部曲』を波屋書房から刊行しているので注意はしていた。異端社というのは篠崎自身が作っていた版元であろう。

[PR]
by sumus2013 | 2018-01-15 19:38 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 唐澤平吉 at 2018-01-16 12:49 x
誰の手に渡ったのだろうか、と小生も関心はありました。世田谷美術館が購入してくれると、『暮しの手帖』の表紙原画と共に保存され、また公開される機会にも恵まれるのですけれど。
Commented by sumus2013 at 2018-01-16 17:31
前の持ち主の方から画像のコピーはもらいました。昨年四月に上京したとき、現物も何点か見せてもらいましたが、良いものでした。世田谷へ収まれば理想的ですね。
<< 本棚・本箱ギャラリー[海外篇] the sound stan ... >>