林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


暮しの手帖社の書皮?

f0307792_19522222.jpg

京都・誠光社での花森トークも近づいて来た(5月5日)。本日は少しおさらいをしておこうと準備していた。今回で四度目(神戸・伊丹・目黒に続いて)ながら毎回内容は変ってくる。話をするたびに削るところや増やしたい項目が出てくるのだ。もちろん中心の興味は花森のデザインや装釘におけるルーツを探すということで変らない、が、どこに比重を置くか、それが徐々に変化していく。

目黒の聴衆は、みなさん濃〜い方ばかりだったので、反応を心配したのだが、どなたにも満足してもらえたようでひと安心した。それを自信に京都でも存分に語りたいと思っている。連休中でいろいろとお忙しいでしょうが、もうこれが最後の花森トークになるやもしれません、ぜひともご来場を。午後七時からです。

ということで、何か花森に関するブツはないかと考えながら、ふとPCの後ろの壁に目をやった。暮しの手帖社の書皮が留めてある。背が焼けている。おそらく誰かが暮しの手帖社の封筒を四六判の本にちょうど合うように切ってカバーにしたのだろうと思っていた。これをどうして持っているのか……忘れてしまった。何かの本に付いていたか、あるいはどなたかに頂戴したのだったか。

じっと見ていて、おや? と思った。「美しい暮しの手帖」と書いてある……これは、ひょっとして珍しいのか。『花森安治装釘集成』を開くと、237頁に「暮しの手帖社専用封筒 表・裏」として掲載されている。また世田谷の図録を開くと、160頁に《暮しの手帖社の封筒/2000年頃に使われていたもの。/デザイン:花森安治 1969年》と書かれている。どちらも図案のなかに書かれている文字は「暮しの手帖」である。「美しい」はない。

f0307792_19522524.jpg
『花森安治装釘集成』より


なんと! これは発見だ。この書皮がこうしてここに存在するのだから図録の説明文《デザイン:花森安治 1969年》は明らかにおかしいことになる。どうしてかというと『美しい暮しの手帖』という名前は一九五三年の第一世紀第二十一号までしか使われていないからである。まあ、百歩譲って封筒にデザインしたのが一九六九年だとしよう。しかし図案そのものは「美しい」時代に作られたことはまず間違いない。としたら、案外ほんとうに書皮だったのかも、あるいは包装紙だったとか?(封筒として用いるには紙が薄いような気がする)

目の前に半年以上貼ってあったのだが、まったく気付かなかった。何事も身近なものをよく観察することが大切だなあ。

by sumus2013 | 2017-04-30 20:26 | 古書日録 | Comments(4)
Commented by 唐澤平吉 at 2017-05-01 06:38 x
この書皮?は小生も初めて見ました。珍品です。よく入手されましたね。

1969年といえば、「暮しの手帖」が第2世紀に入った年で、本誌の判型がそれまでのB5からA4変型に大きくなりました。そのために用意した封筒で、小生が入社したとき、本社は銀座にありましたから、その所在地が記載されていました。封筒には本社所在地が必ず記載してあります。

ですから、所在地が記載されていないところを見ると、封筒ではないのでしょう。「美しい」が冠してありますから、1953年ころまで使われていたと思われますが、書皮であるとしても、どのような使われ方をしていたか、小生も知りたいところです。
Commented by sumus2013 at 2017-05-01 08:17
そうでした、1969年は大判になった年でしたね。これは図柄の大きさからして書皮ではなく、おそらく包装紙だったのではないかと思います。
Commented by ゆうた(書皮友好協会) at 2018-06-24 21:35 x
「花森安治の仕事」展図録が、暮しの手帖社の通販サイトでまだ売られているので注文したのですが、無料ラッピングのオプションをつけると、「美しい」付きの包装紙で包まれて届きました。サイトにも、その画像が載っています。
http://www.greenshop.co.jp/hpgen/HPB/entries/2.html
つまり、「美しい暮しの手帖」版は、現行の包装紙ということになりますが、敢えて「美しい」付きにして復刻?したのではないかという気がしています。
一方、この絵柄をブックカバーや包装紙で使っている(「暮しの手帖」の文字はない)いわた書店の2016年のインタビュー記事 https://goo.gl/vRVjh1 によると、

「オリジナルブックカバーのデザインは、雑誌『暮しの手帖』から引用したもの。暮しの手帖社に電話で使用許可を求めたところ、二つ返事で快諾してくれたという。それから50年間、いわた書店の顔となっている。」

ということで、もし50年という数字が正確であれば、1969年よりは前ということになりますが、約50年というはなしであれば、1969年説と矛盾はしていないでしょう。
それより、岩田氏が『暮しの手帖』のどこを見たのかが気になります。
Commented by sumus2013 at 2018-06-25 20:40
御教示ありがとうございます。なるほど「あえて」復刻したとしか思えませんね。「美しい」がついているのですから美しい時代に製作したものと考えるのがやはり自然かと思います。
<< 古書研創立40周年 春の古書大即売会 犬童進一ノオト >>