林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


和讃

f0307792_19582565.jpg

いつものぞく均一に古そうな和讃の冊子が何冊かあった。おおよそ四六判くらいのサイズ(ふつうの単行本と同じ)。かなり前に『正信念仏偈』を買って以来さほど気持ちが動くものはなかったのだが、今回はそこそこ古そうだし(幕末あたりか?)、表紙が傷んでいるわりに本文がきれいだったので求めることにした。わが家の宗旨は真言宗であって浄土真宗ではないが、そういった宗教的意味合いはゼロだということを断っておく。


上の写真、左から『正信念仏偈』が二冊、中央は『高僧和讃』二冊、右が『浄土和讃』。浄土真宗では僧俗の間で朝暮の勤行として読誦するために三帖和讃(さんじょうわさん=浄土和讃、高僧和讃、正像末和讃)と『正信念仏偈』が編まれている。教義のダイジェストである。最近の『正信念仏偈』(正信偈とも)は縦長の判でオレンジ色の表紙なのが一般的のようだ。

f0307792_19585029.jpg


f0307792_19584081.jpg
これらは『高僧和讃』より。写真では分りづらいかもしれないが本文紙はキラ引き(雲母による表面加工)なのでキラキラ輝いている。このカタカナが独特だと思う。おそらく親鸞の筆蹟を模しているのだろう。柳宗悦もこれに似た字をたくさん書き残している。

柳宗悦『蒐集物語』

f0307792_19590260.jpg


f0307792_19591202.jpg
それぞれ別の『正信念仏偈』。初めのは冒頭で二枚目は末尾。『正信念仏偈』は漢字だけから成っている。書体が違うと雰囲気も変ってくるのが当たり前ながら興味深い。


昨年末、がん予防センターで検診を受けたと書いた。昨日その結果が届いた。大きな封筒だったのでちょっとビビッたが、とりあえず異常なしだった。巻末にこう印刷されていた。

《しかしながら、がん検診は決して万能ではなく、全てのがんを発見することは困難です。何らか、自覚症状や気になることがあれば、必ずかかりつけの医師にご相談ください。》



by sumus2013 | 2017-01-19 20:33 | 古書日録 | Comments(0)
<< 青山二郎像 贋食物誌 >>