人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
窮屈な会場になってしまい..
by sumus2013 at 09:01
おつかれさまでした。開店..
by 牛津 at 17:38
ユーモアを翻訳するとユー..
by sumus2013 at 10:23
拙著、ご紹介いただきあり..
by manrayist at 08:40
どこかで見た覚えがあった..
by sumus2018 at 20:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


個展終了しました

f0307792_22003302.jpg
「樹 マロニエ・ダンド」素描


パリのリュクサンブール公園で写生しました。少し肌寒い午前中でした。ジョギングや散歩の人が次々と通りすぎるのですが、パリジャンは意外と冷淡です。イギリスの田舎町で街頭スケッチしていたときなど通る人ごとに声をかけられて閉口しましたが、それとは大違いです。ひとりだけ、のぞきこんで「トレビアン」と言ってくれた男性がいました。ほめられると悪い気はしませんね。

f0307792_22003730.jpg

なんとか個展を無事に終える事ができました。ご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。『花森安治装釘集成』もドーンと予想以上に売れました。今回はあまり会場に居らず失礼したかと思います。お許しください。今年ももうあと幾日と数えるほどになりましたが、いやあ、とにかく花森本の完成で肩の荷が降りました。上出来でいい正月が迎えられそうです。とは言え、来年三月には有楽町のアート・フェアーで個展、四月にはウィリアムモリスさんでコラージュ展、九月には京都の恵風さんで個展と小生にとっては少々タイトなスケジュールです。とりあえず正月返上で仕事しようかと思っています。

by sumus2013 | 2016-12-21 22:18 | 画家=林哲夫 | Comments(0)
<< 2016年度立命館明治大正文化研究会 気がついたらいつも本ばかり読んでいた >>