人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スキャンダル

f0307792_20345766.jpg


浅川マキ「スキャンダル 京大西部講堂1982」(pignose redord, 2011)を聴く。浅川マキのファンではないのでこれをどう評価したらいいのか迷う。バックバンドは凄い。近藤等則、本多俊之、渋谷毅、飛田一男、川端民生、つのだひろ。とくに近藤等則がミンガスのように吹きまくっているのが耳に残る。CD一枚に収まる所を二枚に分けてある。こだわりがあるのだろうと思うのだが、一枚に収めてもらった方がありがたいな。

浅川マキ スキャンダル 京大西部講堂 1982

f0307792_20345953.jpg


f0307792_20350144.jpg


ジャケットのデザインがいい。クレジットは「Design by Jeff」とあるだけ。ジェフ?

京大西部講堂と言えば、初めて京都に住んだ頃(三十五年ほど前のこと)、百万遍へ車で来たときにはそっとここの前庭に停めさせてもらった。もちろん無断で。その時期のイメージがずっとあるのだが最近は足を運んでいないのでどうなっているのか知らない。まだ建物は健在のようだけれど。

by sumus2013 | 2016-06-06 20:59 | おととこゑ | Comments(0)
<< 損をしてでも良書を出す 魚藍 >>