人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
窮屈な会場になってしまい..
by sumus2013 at 09:01
おつかれさまでした。開店..
by 牛津 at 17:38
ユーモアを翻訳するとユー..
by sumus2013 at 10:23
拙著、ご紹介いただきあり..
by manrayist at 08:40
どこかで見た覚えがあった..
by sumus2018 at 20:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


花森安治の編集室 文庫版

f0307792_20395617.jpg


唐澤平吉『花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々』(文春文庫、二〇一六年四月一〇日、カバーデザイン=大久保明子)読了。単行本はかつて紹介したことがある。

唐澤平吉『花森安治の編集室』(晶文社、一九九七年)

先日紹介した津野氏の花森伝が資料を集めて描いた、花森像の不完全なジグソーパズルのようなものだとすれば(唐澤氏によると花森はジグソーパズルに夢中になったことがあってその普及に貢献したそうだ。伝記に完全は在り得ない)、唐澤氏の本は身近に接した人が描いた花森の優れた似顔絵のように思える。どんなに似ていようとも似顔絵が本人でないことは言うまでもないが、それとは別に似顔絵は描いた作者の素顔も描き出す。その意味で本書は二重に興味深い読物になっている。

どこを取っても花森と唐澤氏はドラムの皮の表裏のように一体となって現れる。打てば響くというのか、打たれたことによって響くという方がいいのかもしれない。

例えば昭和四十六年、唐澤氏は暮しの手帖社の面接試験を受けた。一次試験が作文提出、二次試験が面接。面接に進んだのは三十人ほど。その中から四人が採用された。面接での花森と唐澤氏のやり取りの一部を引用してみる。参考までに唐澤氏は一九四八年生まれ。

「最初から関西大学を志望していたの」
「いや、京大を二回受けたんですが、京大のほうでは来るにはおよばずということで」
「行かんでよかった。京大なんか行ってもろくなことないよ」
「そうですか」
「そうだよ。それにしてもきみは趣味が多いな。音楽はジャズ、それとも」
「クラシックです」
「喫茶店で聞いていた」
「いや、あの雰囲気は好きじゃないんです。アパートで聞いてました」
「アパートはどんな部屋」
「四帖半と三帖の部屋に台所がついていました」
「へえ、そりゃきみ、大名じゃないか」
「映画でいちばん印象にのこっているのはなに」
「うーん、『俺たちに明日はない』ですね」
『俺たちに明日はない』か、どうして
「あの映画から、アメリカ映画が変ったと思いましたけど。あとは……」
「うん、亜流だな。ところできみは趣味に読書をあげてないけど、本なんか読まないの」
「学生にとって、読書が趣味といえるかどうか」
「そうか、学生が本を読むのが趣味ではおかしいな。それで好きな作家は」
「北村透谷……」
「アッハッハ、こりゃまた古いなあ。透谷のどこがいい」
「……文体でしょうか」
「うん、透谷はハイカラだね。もうちょっと新しいひとでは」
「キタ、キタ……北杜夫さん」
「ほう、どうして」
「おかしなこともいっぱい書いていますが、小説はマトモでしょう」
「そうね、ほかには」
「柴田翔さんなんかも」
「アッハッハ、明日がなくても『されどわれらが日々ーー』というわけだな」
「ま、そういうわけでも……」

なかなかの臨場感。花森の独断が垣間見えるし、あからさまに食い違う世代感覚が面白い。しかも、ちゃんとオチまでついている。

この後、無事めでたく入社の運びとなるのだが、いざ入社してみると、そこは入社前に想像していたものとは全く違っており《自分の想像がいかに貧しいものか、現実によってしたたか味わうことになりました》、ということでその顛末はぜひ本書でお読みいただきたい。どうして『暮しの手帖』があれほどユニークだったのか、それがはっきり理解できる。

昨年来、富士正晴についていろいろ調べたり考えたりしていたので、そういう観点からもこの評伝(ではないか)は参考になった。富士と花森は神戸三中に同時期に在学していた(花森が二歳上)。その二人に共通することが少なくとも二つある。ひとつは二人がともにきわめてユニークな雑誌を創刊したこと、そしてそれが今日までどちらも発行を続けていること。

もうひとつは慰安婦について。本書によれば花森は《明日死ぬかもしれないというときにでも、ぜったいに慰安婦を抱きにいかなかった男たちがいた》ということをひんぱんに、いささか強調しすぎるくらい語って聞かせ、男女の関係については潔癖だった。富士正晴は戦争に行くとき絶対に人を殺さない、そして強姦はしないと誓ってその通り実行したらしい(よく実行できたものだ)。

二人が似ている、とは思わない。しかし人並みはずれて分裂的なところと偏執的なところを持ち合わせているように見えるところに通底するものがあったという気がしないでもない。



by sumus2013 | 2016-04-10 21:56 | おすすめ本棚 | Comments(4)
Commented by 唐澤平吉 at 2016-04-11 08:48 x
早々とご紹介いただき、ありがとうございます。身に余り、うれし恥ずかし、であります。ところで神戸三中といえば、あの淀川長治が、花森の上級にいましたね。
Commented by sumus2013 at 2016-04-11 09:38
神戸三中は人材を出しておりますねえ。中内功、大森実、宮崎辰雄(元神戸市長)……。現在は長田高校となっていますが、その近くに十年ほど住んでおりました。
Commented by 岩田和彦 at 2016-04-11 10:50 x
これは読まなくては!と興味津々、楽しみです。
Commented by sumus2013 at 2016-04-11 19:59
花森のムチャぶりが痛快です!
<< こころに効く「名言・名セリフ」 無花果観桜会2016 >>