人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お札展

f0307792_20293767.jpg

●お札展 お正月にちなんで、おめでたい、縁起のいいお札の展覧会
 開催中~1月17日(日)
 山崎書店二階 京都パラダイスにて 10時~6時 

おめでたい引札や紙ものがたくさん展示されていた。なかでは特に千社札のデザインに惹かれるものがあった。限られたスペースに効果的に人名や店の名前、土地の名前を配置し、人目を引く妙技。モノクロの使い方は今日でも十二分に参考にできる。

f0307792_20293587.jpg



展示の方法で山崎さんがちょっと自慢げにその工夫を教えてくれたのが、こちら。写真の恵美須引札の右上隅に注目。金属の画鋲で止めてあるように見える。しかし……

f0307792_20293156.jpg

f0307792_20293400.jpg

じつはこれ磁石なのだそうだ。まず壁に金属の画鋲を刺す。その上に展示物を重ね、上から磁石で挟む。そうすると傷つかずに展示できる。もちろん壁が金属ならそのまま磁石だけでよろしい。また硝子戸のような薄い板状のものなら両側から磁石で挟めばオッケー。なるほど冷蔵庫にレシピー・メモを留める要領である。このアイデアは拝借できる。

by sumus2013 | 2016-01-08 20:42 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 米国詩人 M!DOR! >>