林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小学理科書

f0307792_16342412.jpg


小野太郎編述『小学理科書』(集英堂本店、一八八七年三月出板)巻一〜四。見かけは洋本だが本文は和紙の袋綴じに刷られた(活版と思われる)和本仕立て。ただし糸ではなく針金で二箇所を止めてある。大高泉「明治の理科教科書と「理科」の出現」(検索してください、PDFで読めます)によれば「理科」という教科は明治十九年の小学校令によって出現した。体系的な科学を教えるというよりも日常に身近な知識としての科学教育である。それが明治二十四年の小学校教則大綱によって明確に規定された。

《理科は、通常の天然物・及び現象の観察を精密にし、其の相互・及び人生に対する関係の大要を理解せしめ、兼ねて天然物を愛する心を養うを以って要旨とす。》

本書はこの「理科」教科書として最も早く刊行されたもののひとつのようだ。小野太郎については例によってよく分らないが、本書の他に訳書が少なくとも二種はある。英語が堪能だったと推測される。

化学問題
羅斯珂(Roscoe, Sir Henry Enfield) 著,小野太郎 訳,杉浦重剛 閲 井上蘇吉 1884

論理原論
ホウエトリー(Whately, Richard)著,小野太郎 訳 佐久間剛蔵 1888

巻之一の口絵。「東京國文社石版部」とあるようだが、図版は銅版画であろう。

f0307792_16595499.jpg
f0307792_16595777.jpg

巻之一の内容は植物全般について。

f0307792_17061914.jpg

f0307792_17070965.jpg
f0307792_17071194.jpg

重厚な検印紙には出版社の印が捺されている。奥付は四冊ともに共通。巻之二は動物および人体解剖。この図版がシュールで興味深い。口絵の動物図。なかなかよくできている。下部に「知新堂銅版彫刻」とある。知新堂は中山耕山が明治十年に設立したものという。

f0307792_17103538.jpg
f0307792_17103703.jpg
f0307792_17103945.jpg

f0307792_17201628.jpg


巻之三は鉱物、金属、水、大気、音響など。

f0307792_17202635.jpg
f0307792_17203701.jpg


巻之四は燃焼、天体、時計、蒸気、磁石、電気など。この口絵も素晴らしい。

f0307792_17222342.jpg
f0307792_17232672.jpg
f0307792_17232993.jpg
f0307792_17233137.jpg

最後の図、右は炭素棒による発光の様子。

《此燈ノ光力ハ大ナルモノニシテ、殆ド太陽ヲ除クノ外、之ニ比スベキモノナシ》《之ヲ通常ノ燈火ニ供スルニハ、其光輝劇烈ニ過ギ、且ツ費用ノ多キヲ以テ、他ノ方法ヲ藉ラザルベカラズ》

明治の夜はよほど暗かったようだ。左はイデソン氏(エジソン)の装置。

《此器一箇ヲ以テ、百箇ノ燭火ニ比スベキノ光輝ヲ発ス、我国ノ郵船会社ニ於テ、薩摩丸其他ノ船ニ装置セル燈火ノ如キ是ナリ、》

蛇足ながら日本で最初に電灯が灯ったのは東京木挽町の電信中央局開業日である明治十一年三月二十五日(これが電気の日の由来)。明治十五年十一月一日には銀座二丁目の大倉組の前で電灯がついた。明治十九年七月には初の電力会社「東京電燈」が開業。翌年一月、鹿鳴館で点灯させたのが初仕事だそうだ。『小学理科書』が刊行されたのはその二ヶ月ほど後ということになる。

by sumus2013 | 2015-11-28 17:45 | 古書日録 | Comments(0)
<< うどんと古本 手のなかの眼 >>