人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古本河岸

f0307792_02473839.jpg

サンポールからサンミッシェルまで散歩。何年か前にサンポールの古本屋を軒並み回ったが、今日はブラブラするだけ。サン・ポール通りにあった英文書籍の書店「The Red Wheelbarrow(赤い手押し車)」は閉店して古物屋になっていた(二〇一二年のことらしい)。フーカード書店は健在だった。ただし開店していなかった。

フーカード書店

下はサン・ポール通りとつながっているシャルルマーニュ通りの古書店。午後二時ちょうどくらい。書店主が昼食から戻ってきた。

f0307792_03104027.jpg

セーヌ河の中之島サンルイ島を横切ってトゥールネル河岸を歩く。ノートルダム寺院に近くなるにつけて観光客も増えてきて、ブキニスト古本箱もいくつか開いている。

f0307792_03085435.jpg

さすがにこのあたりで何か買おうとは思わないが、おやっと思うような本を置いている店もあった。シェイクスピアー書店はいつもながらの賑わい。店頭で記念撮影する人たちがこんなに多い古本屋も珍しいだろう(以前も紹介したので写真は略す)。


by sumus2013 | 2015-10-21 03:33 | 古書日録 | Comments(0)
<< 30年代美術館 書架彷徨 >>