人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブラッサンス公園再訪

f0307792_00020562.jpg

土日のどちらかはやはりブラッサンス公園へ足が向く。先週出ていた安売りの店、今日も出ていてホクホク。状態は良くないながらかなり珍しい小型本を一冊発見。よっしゃー、これだけで来た甲斐があったというもの。

f0307792_00032440.jpg

先週、絵本まつりをやっていた場所で今日は安売り大会が。一区画をロープで仕切ってそのなかに段ボール箱をずらりと並べてある。レジには1kg5ユーロの表示(Kaki より安い!)、そしてそのとなりに計量器(スーパーで肉や果物を量り売りするときに使っているのと同じ)、いやあ、これはパリでは初めて目にした(京都の百万遍古本まつりでも量り売りやっていたことがあった)が、薄い軽い本ならたくさん買えるなあ……とはいえそういう本はあまりなかった。

f0307792_00045904.jpg

ひと通り見て帰ろうかなと思ったら「日本語」と小さな張り紙のある店が目にとまった。店番をしている女性、なんと日本人の方である。今まで何度も通っているのに気がつかなかった(日本人女性がおられるというのは聞いてはいたけれど)。先週の絵本まつりのときにも店番しておられたというが、見過ごしていた(本しか見ていない…わけでもないが)。

お話をうかがうと三十年以上フランスに住んでおられ二十年前から古本屋の女房(ご主人はフランス人)、そして店売りを止めてネット販売に移行した八年前からブラッサンス公園に毎週出店しておられるとのこと。今まで気づかないとは節穴だった……

f0307792_00062882.jpg

絵本がご専門とのことで、海ねこさんもよくご存知だった。いい絵本ありました。いろいろお話をうがかったので、またいずれ報告するかもしれない。

by sumus2013 | 2015-10-19 00:23 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 海ねこ at 2015-10-29 23:01 x
またキョーコさんにお会いになるようでしたら、宜しくお伝えください。パリ、いいなー、行きたくてウズウズしております。
Commented by sumus2013 at 2015-10-30 03:08
りょーかいです。お元気そうでした。近々日本にも来られるそうです。パリいいですよ〜、円がもう少し高ければサイコーなんですが、今ちょっとキビシイです。
<< 蚤の市見るのみ KAKI >>