人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本のなる木

f0307792_03201491.jpg


毎度のことながらポンピドゥー・センター詣で。入口に以前はなかった金属探知ゲートが設置され、係員がカバンの中を逐一調べる。目下は特に惹かれる展覧会もやっていなかったので(ウィルフレッド・ラム展など)フラマリオンの書店だけひと通り眺めて外へ出た。敷地内の隅にあるブランクーシのアトリエ(以前も紹介しました)を見ておこうと思ってそちらへ向かう階段を上がると、おや、なんと、樹木に本がなっている。

f0307792_03182042.jpg

これは何かポンピドゥーに関連のあるインスタレーションなのか、あるいは無名アーティストによる路上アートか、または単なるいたずらか…? いずれにしてもちょっと面白い。つぎつぎ本が実を結ぶ樹とは、ありがたいような、そうでもないような……


38番のバスでサンミッシェルまで。河岸の古本箱はほとんど開いていない。ジベール・ジョセフへ行こうと思っていたが、その手前にあるブーリニエ(BOULINIER)に入ってみることにする。新古本チェーンのモナリゼが潰れてその後を継ぐように頑張っているのがこのブーリニエのようだ。とにかく安い。いつも人だかりの絶えない表の均一は0.20ユーロから。これは格別の安さ。この近辺の他の古書店は(ジベールも含め)どんなに安くても0.50ユーロ。もちろん0.20ユーロでろくな本はないけれど、安いのだから何か取り柄があるかもしれない。

f0307792_03142468.jpg

一階の店内はレコードやCDもかなり揃っている。シングル盤が何百枚も入った展示台の前に張り付いている客が数人いた。地下へ螺旋階段を降りると、古書全般が手際良く並べられていて、ここにも熱心な客がじっくり本を選んでいる。白っぽい本が多いが、本当に古い本も少しは揃えている。ただその内容は期待できないレベル。セコハン中心と考えた方がいい。店内も値段は他店より格段に安い。

f0307792_03115158.jpg


f0307792_03104726.jpg

まったく期待していなかったが、いきなりシュルレアリスム特集の古書目録を発見。1ユーロはうれしい。もう一冊、Salim Jay『Merci Roland Topor』(Fayard, 2014)も格安で。これもありがたい。この店からセーヌ河寄り、目と鼻の先に一軒小ぶりなブーリニエがあるので注意。

by sumus2013 | 2015-10-17 03:47 | 古書日録 | Comments(0)
<< KAKI 骨まで愛して >>