人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


すべては変わりゆく

f0307792_01544584.jpg

サンジェルマン・デプレ教会の前からラ・ユヌ書店を撮影。現在、大掛かりな改装が進行中。ところが、ネット検索して驚いた。今年いっぱいの営業で閉店するらしい! 

La librairie La Hune baisse définitivement pavillon

たいした買物をした覚えはないが、サンジェルマン大通りに面していた当時の店舗でモランディの画集など何冊か求めた。最近、ラベー通りに移転して頑張っているように見えたのだが……

クリュニーからデプレ

なおラ・ユヌ書店のサイトでは、エリオット・アーウィット写真展の告知などが発表されている。どうやら写真専門のギャラリーに変身するようだ。

LA HUNE, SAINT-GERMAIN-DES-PRÉS


もうひとつがっかりしたこと。ラ・ユヌ書店の斜め向かい、デプレ教会の一角にあるアポリネール公園。このピカソ作のアポリネール記念像のかたわらに一本の樹木があった。その樹が気に入っていたのだが、いつのまにか姿を消しているではないか。今は像の後ろに菜園のようなものが作られ、その脇に若木が植えられてはいる。以前の芝生と樹木と像とのバランスが好きだったのに、誰がこんなことを。

アポリネールの記念像

f0307792_02192756.jpg

変化する、と言えば、今月フランス政府は根本的な教育方針の改革を発表した。新聞を読んでないので詳しくは分からないけれど、エリート主義を修正して全体の教育レベルを平均化するようにつとめるらしい。

それに対する猛烈な反対のデモが先日行なわれた。デモ(マニフェスタシオン)は人民の権利である。例によって交通はまったく遮断されたが……。次の写真はどちらもモンパルナス大通りとラスパイユ大通りの交差点付近。

f0307792_02282753.jpg


f0307792_02293137.jpg

「ラテン語、ギリシャ語を殺すな!」というプラカードからそれらの言語を重視しないと発表したようだな、と推測できる。


by sumus2013 | 2015-10-15 02:52 | 古書日録 | Comments(0)
<< 骨まで愛して シュールなコレクション >>