人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


下鴨納涼古本まつり2015

f0307792_19155138.jpg


f0307792_19155092.jpg


f0307792_19154403.jpg


f0307792_19154239.jpg
f0307792_19154584.jpg


f0307792_19154867.jpg

午前十時少し過ぎに下鴨神社に着いた。空は翳っており、そう酷く暑くはない。到着早々のぞいた某店の画集コーナーで、画集ではなく額入りのインド民画を発見。ご主人が「これは安いよ〜」と太鼓判を押すので買うことに。大判画集程度の値段だったが、そうは言っても軽い財布、本日の予算は到着後十分ほどで消費してしまった。あとはぶらぶら流して歩いただけ。外国の人たちが目立つ。西洋人も多いが、やはり買っているのは中国の人のようだ。歩くだけとは思いつつ何十万冊もあればどうしても何がしか目にとまる。つい二冊買ってしまった。そろそろ正午、日が照りつけ始め、人も多くなり、埃と熱暑に閉口。まずまずの収穫ということで本日は引き上げる。

by sumus2013 | 2015-08-11 19:36 | 古書日録 | Comments(0)
<< 駒井哲郎展 飯田淳次さん >>