人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


チューリッヒ年代記

f0307792_20232593.jpg


f0307792_20232495.jpg


f0307792_20232363.jpg


f0307792_20232118.jpg

本棚を整理しているといいながらも、何も買っていないわけではない。最近届いたのがこの『TZARA chronique zurichoise 1915-1919』(Crisnée, Editions Yellow Now, 1979)。一九二〇年に発行された『ダダ年鑑』(DADA ALMANACH IM AUFTRAG DES ZENTRALAMTS DER DEUTSCHEN DADA-BEWEGUNG)からトリスタン・ツァラが執筆した『チューリッヒ年代記 1915-1919』だけを抜き出して復刊した三十頁ほどの小冊子。解説文にわく、

《それはチューリッヒだった、ツァラの最初期の著作が現れ、キャバレー・ヴォルテールの夜会で擬音音楽、同時ポエム、黒人の歌が朗唱されたのは。同時にアナーキストの印刷者ホイベルガー Heuberger の協力による雑誌『ダダ』も登場した。》

本家の『ダダ年鑑』はこちら。Abebooks に出ているが、さすがになあ……のお値段だ。

f0307792_20400509.jpg


by sumus2013 | 2015-08-04 21:00 | 古書日録 | Comments(0)
<< 葡語自由自在 本棚改造3 >>