人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


彩色ある夢の破片

f0307792_17225543.jpg

石野重道『彩色ある夢の破片(かけら)』(書肆盛林堂、二〇一五年七月二七日)が届いた。これまた意想外の豆本仕立てで夢のかけらを透かし眺めることができるとは思ってもみなかった。

《石野重道 『彩色ある夢の破片』》が無事に出来上がりました。

さまよえる古本屋


例えば「モル博士と、その町」より。

《三人の少女が、アメリカンピンクの帽子をきて、白く、ふち取つたセルジアンブルーの上衣に、ネズミの長靴を軽く穿いて、丁度三匹の胡蝶のやうに三つの家からとび出して、三角のひろ地で、踊りながら歌を、空気にまきつゞける、まはりの家々からは、人々がポコン、ポコンと眺めてゐる。その時、ジヨラル・モル博士は、重い書本を抱いてやつて来た、それから曲り角のテイラーに、入つた、ーーさうして、モル博士は、新しい装ひに外に出て 三人の踊り手は、と云つたやうに、頸をかしげてゐたが、コンクリートの上に、三つのネズミの靴が、彫りものゝやうに残されてあるのを見るのであつた、丸い窓の頭もなかつた、さうして博士の新しいまとひは、はげて古くなつてゐるのであつた。

ジヨラル・モル博士は、書斎に様々の書物にとり囲まれて、さうして古びた一書に、異様な目をはらつて、のぞき込んでゐるやうである。しかも数多き此の書斎の書は、何も書いていない白紙である。

タルホよりももっとずっとセルロイドっぽい(ブリキっぽい)情景がたまらん。


by sumus2013 | 2015-07-28 17:41 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 猛暑お見舞い申し上げます カフェー巡礼 >>