人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


浮田要三の仕事展

f0307792_20374923.jpg
f0307792_20374854.jpg


7月28日〜8月23日

大阪府立江之子島文化芸術創造センター
http://www.enokojima-art.jp/e/


f0307792_19245347.jpg


江之子島へ。「浮田要三の仕事展」。明日までということでギリギリになってしまったが、見られて良かった。素晴らしく気持ちの良い展示だった。強烈なキャラクターが揃っている具体のメンバーとしては目立たない存在だったかもしれない。作風も奇をてらうようなところは全くなく、その分どこかで見たような造形にはなっているものの、それはそれで浮田氏の個性として消化されている。材質としてもキャンバスに油絵具が基本になっており、その意味でもオーソドックスな仕事。目先をくらまそうとしていない分だけ浮田氏の人間性というものがストレートに出ているとも言えよう。八十歳代の作品もあった。まったく年齢を感じさせない。いい作家である。

浮田氏には生前一度だけお会いしたことがある。そのときの様子はすでにブログに書いた。

『ボマルツォのどんぐり』出版記念会


また大阪福島のラッズギャラリーでは浮田要三遺作展が始まった。

浮田要三遺作展
2015年9月22日〜29日
ラッズギャラリー

by sumus2013 | 2015-08-22 19:42 | もよおしいろいろ | Comments(2)
Commented by yf at 2015-08-23 04:22 x
 小生はこの福島にある「大阪莫大小(メリヤス)会館の「ラッズギャラリー」である「椿﨑和生ー美術の楽しみ展」を、拝見するのが楽しみです。西心斎橋に「ラッズギャラリー」あった頃「美術の楽しみとはなんぞや」と出かけたのですが、福島に移っても続けられています。素材をうめく生かした「作品群」です。是非にとお勧めいたします。
Commented by sumus2013 at 2015-08-23 09:46
椿﨑和生さん、いいですよねえ。
<< 鴨居玲と神戸 漱石詩注 >>