林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですか! 初代は..
by sumus2013 at 21:05
平成になって、鹿児島では..
by swallow-dale at 20:45
彙文堂さん、今も営業され..
by sumus2013 at 07:58
しばらく忘れていた『江南..
by swallow-dale at 23:42
『江南春』はいいですねえ..
by sumus2013 at 11:27
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書影の森 いよいよです!


先行発売決定!
東京堂と善行堂で30日午後~
北書店で1日か2日から


f0307792_09172788.jpg


みずのわ出版


本書は、筑摩書房の装幀に携わった幾多のデザイナー、編集者、社内デザイナーの仕事の紹介をとおして、魅力あふれる豊かな実りの系譜を展望しようと企図した。そのことで、わが国の出版文化史に類いない光芒を放つとともに、出版界のひとつの指標となっている同社の装幀が果たしている役割を多角度から浮き彫りにできれば、と思う。

筑摩刊行本の装幀は幾多の社外デザイナーがかかわったり、専門に近い社員もしくは専門スタッフを中心とする社内装幀であったりするが、一貫して独自の品格とクォリティをたたえている。いっときの流行を追わず、奇をてらうことのない節度ある手法に基づく端正なたたずまいは、多彩な交響にあってもおのずと格調高い《筑摩カラー》を形成しているといってよいだろう。

充実した社内専門スタッフと幾多の有能な社外デザイナーの登用。この両輪こそ筑摩カラーの源泉だろう。筑摩書房の装幀にかかわった中には、社員ではあったが吉岡実のような詩人、加納光於、柄澤齊のような版画家、風間完のような挿絵家、中川一政、司修のような画家、久保孝雄・制一親子のような彫刻家、フランス文学者の渡辺一夫、編集者出身である花森安治、田村義也、絵本作家の安野光雅、コラムニストの天野祐吉のような名うての文化人でもある人たちがいる。デザイナー、装幀家以外の、こういった多士済々の才能によっても支えられてきたのだ。筑摩書房はわが国の装幀文化が、分野を問わず広く門戸を開いてきたよき伝統を体現してきたのであり、まさにその歩みは、装幀文化の縮図であり、みごとな見取り図だといってよい。実際、私はこれほどのロールモデルをほかに知らない。筑摩本の時代性を超えた功績であり、並びない魅力である。

書物が時代の産物であると同じく、装幀もまたそれぞれの時代の文化状況を刻みつけている。各時代の嗜好や背景にある印刷技術の変遷が、リトマス試験紙のように如実に映し出されているのだ。そのため、経年による劣化状況も手がかりになるとはいえ、装幀を一瞥すると、奥付で確認するまでもなく、その書物が生まれた年代におよその察しがつく。本書は装幀に限定してはいるとはいえ、筑摩書房という並びない舞台上で演じられた出版デザイン史のドラマであり、もうひとつの出版文化史として眺めていただければ幸いである。(著者)

***

f0307792_16502941.jpg

表紙廻りのプルーフが届いた。幅広の帯に掲載全タイトルを印刷してみた。これでほぼ工程は終了、後は印刷製本にかかるだけということになる。なんとか早めにコストを出さないとみずのわ出版の存亡にもかかわる。予約特価はぜったいにお得です。何とぞよろしくお願いいたします!

by sumus2013 | 2015-04-28 21:12 | 装幀=林哲夫 | Comments(6)
Commented by 小林一郎 at 2015-04-02 22:44 x
お疲れさまです。
2月初め、林さんのブログで刊行予定を知るや、
直ちにみずのわ出版に2部予約いたしました。
本日、柳原さんからチラシを添付したメールをいただきました。
確認の意味もこめて、再度「2部」申し込みました。
間に合えば、4月末の定期更新で刊行を報知する予定です。
写真で見るかぎり、林さんの装丁も力が入っていますね。
(力んでいるという意味ではありません、もちろん)
4月末が待ち遠しいです。楽しみにしています。

Commented by sumus2013 at 2015-04-03 08:51
ありがとうございます! なんとか無事着地できればと念じています。
Commented by 唐澤平吉 at 2015-04-03 09:22 x
みずのわの柳原さん、南陀楼綾繁さん、小生の3人で、塩尻市の古田晁記念館を訪れたことがありました。記念館の展示物は諸作家の自筆原稿(臼井吉見の血染め原稿もある)や書簡がおおく、刊行物はスペースのかげんで少ない印象でした。それだけに臼田さんの本書はたのしみで、記念館のみならず、日本の<紙>の出版文化に華をそえるものと存じます。喝采!
Commented by sumus2013 at 2015-04-03 14:07
御期待に添えるものかどうか心配ですが、精一杯作らせてもらいました。『古田晁記念館資料集』はよさそうですね。未見ですが。
Commented by yf at 2015-05-01 09:52 x
 やっと出来ましたか。みずのわ出版の柳原様のご苦労をお察し致します。「東京堂、善行堂」様で先行販売、これは一寸、お気持ちは判りますが、予約者を第一でしてほしいものです。
 届くのを首を長くしてお待ちしております。
Commented by sumus2013 at 2015-05-01 09:58
ご予約深謝いたします。すでに発送されていると思いますのでしばしお待ちください。
<< どうなとなれ 果樹園まで >>