人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
窮屈な会場になってしまい..
by sumus2013 at 09:01
おつかれさまでした。開店..
by 牛津 at 17:38
ユーモアを翻訳するとユー..
by sumus2013 at 10:23
拙著、ご紹介いただきあり..
by manrayist at 08:40
どこかで見た覚えがあった..
by sumus2018 at 20:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クリップ・コンパス

f0307792_20131111.jpg


こういう道具を頂戴した。

CLIP-COMPASS
EVOL JAPAN. PATENT
UMEMOTO DESIGN

と本体に明示されている。クリップ状になった尖端部分に筆記具(あるいはカッター)などを挟んで円を描くことができる道具だ。アームの長さを調節することができる。

f0307792_20131606.jpg


UMEMOTO DESIGN という会社を検索してみたのだが、ホームページなどは見つからなかった。梅本デザインという名前は販売店サイトでは頻繁に登場していることからして、この類いの道具を現在も製造しているようではある。

外箱があれば住所など書かれているかなと思っても頂戴したのは本体だけだ。そこで画像検索を試みた。したり、梅本デザインの外箱写真をアップしているサイトが見つかった。なんと外箱にも住所は書かれていなかった。「大阪」とだけ。

ただし電話番号は明記されている。さっそくその番号で検索してみると「梅本デザイン」ではなく「エボル工業」という社名である。住所は大阪府富田林市伏山 44-605。この所番地をグーグル・マップで検索する。ところがピンポイントで反応しない(丁目の区分がないからだろう)。ということはストリートヴューが使えない。どうしてここまでアナログなのか、ちょっと不思議な気がしてくる。





by sumus2013 | 2014-09-09 20:33 | コレクション | Comments(2)
Commented by yf at 2014-09-10 13:21 x
 こういう筆記具は『画材店』に多く見かけます。画材店は「夢を膨らます」には絶好の場です、店員から「怪しげな」視線を浴びながら画材店は愉しい.

Commented by sumus2013 at 2014-09-10 19:59
画材店とホームセンターは色々な発見があって時間を忘れます。
<< ユニテ搬入準備終了 ガリマールの家 >>