人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


荷風とスバル

f0307792_20255245.jpg

市中に所用あり。祇園祭気分に人出多し。コンチキチンのBGMを脇目に野暮用を済まし、しばらくぶりでアスタルテ書房に寄って店主の様子をうかがう。お元気そうではあったが、水曜日に検査入院するそうだ。これは短期間の予定とか。バルチュス展、もうすでに二度足を運んだ、あと一、二度は行きたいという熱心からして心配無用だろう。

これまでよりこまごまとしたものを店にたくさん並べている。「こうなったら何でも売りますよ」と。ただし看板でもある澁澤龍彦の色紙「魔」はまだ手放さない。欲しいと言う客は少なくないのだとか。小生は金子國義の鉛筆デッサンなんか欲しいもの。しかしちょっと手に余るので店の中央に積まれた百円均一を熱心に漁る。かなりいい本が混じっていた。それらを数冊とトミカのスバル360(これも百円)、そして永井荷風の肖像写真(これは百円ではありません)を手に入れる。

f0307792_20254340.jpg

パッと見に印刷物かと思ったのだが、そうではなく、どうやらオリジナル写真を複写したもののようである。ペーパーは「HAPPINESS Super Premium Paper」という銘柄。これを検索してみるとdigipriのサイトにこのように書かれている。

プリントは当社オリジナルブランド製品「HAPPINESS Super Premium Paper(ハピネス スーパー・プレミアム・ペーパー)」にフィルム写真と同じ現像処理、塩化銀を元に画像を形成する「銀塩プリント」でプリントします。このため色の再現力に優れ、高精細で長期保存に適しています。

ということはデジタルプリントであったか。オリジナルと比較しないと本当のところは分らないが、この仕上げを見る限り悪くないように思う。店主の言では永井荷風に関する展覧会の折りに配布されたもののようだ(この件については検索不十分のため不明なままです、御教示を)。

なおデジプリの親会社はビスタプリントジャパン。そしてビスタプリントジャパンはビスタプリント(オンラインプリント企業として世界展開している、1995創業)と日本最大手の写真プリントチェーンのプラザクリエイト(1988年創業、パレットプラザ、55ステーションを日本全国にFC展開)が今年の三月に設立した合弁会社、とのこと。

こじつけながらスバルと言えば「パンの会」には荷風もときおり顔を出したらしい。



by sumus2013 | 2014-07-22 21:18 | 古書日録 | Comments(0)
<< X線及ベックレル線 清宮質文のガラス絵 >>