人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
素晴らしい、というか、そ..
by sumus2013 at 08:24
「そこからさらに進むと、..
by 小林一郎 at 23:58
ゆったりと過ごせた1日で..
by sumus2013 at 16:30
1枚1枚の写真が美しいで..
by nobukoueda at 12:30
なるほど、染しと関係させ..
by sumus2013 at 08:25
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


筑摩書房図書目録

f0307792_19591165.jpg

岩波書店の目録のついでというわけでもないが、わけあってたまたま某氏より『筑摩書房図書目録』を何冊かお借りしたので、一部紹介しておく。1970、1971、1974。いずれもA5判。デザイナーの名前は記されていないが、背筋のシャンとしたレイアウトだ。

1970年版の冒頭にはこう書かれている。

《この図書目録には、戦後、筑摩書房で発行された図書のすべてが収録されています(昭和45年2月現在)。ただし、絶版本は末尾に一括して収めました。》

残念ながら1971と1974年版では《絶版本は省略しました。》となる。

f0307792_19591531.jpg


f0307792_19591633.jpg

またいずれの版にも《裏表紙の小社のマークは、青空を截る鷹をデザインしたものです。作者は、青山二郎氏。創業を記念して昭和15年に制作されました。》と書かれている。

f0307792_20163402.jpg

もひとつついでに『株式会社筑摩書房出版通信』第一号(一九四三年八月、245×167mmの紙を二つ折り四頁)と『筑摩書房新刊ニュース』一九七三年八月。182×256mmの紙を二つ折り二枚八頁

f0307792_19591870.jpg


f0307792_19592046.jpg





by sumus2013 | 2014-07-08 20:30 | 古書日録 | Comments(0)
<< 新兵器と科学戦 岩波文庫目録 >>