人気ブログランキング |

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
more...
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
めちゃめちゃ面白いね!
by sumus2013 at 07:50
「《玉舎さんのお父さん》..
by tobiranorabbit at 22:42
有難うございます! 同じ..
by sumus2013 at 07:47
架蔵する正宗得三郎/画家..
by 倉敷から遠いで at 21:08
ロバート・レッドフォード..
by sumus2018 at 16:12
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


川柳や狂句に見えた外来語

川柳や狂句に見えた外来語_f0307792_19522281.jpg


宮武外骨『川柳や狂句に見えた外来語』(半狂堂、大正十三年九月一日)。こちらも街の草にて。まず蔵書印に注目。扉に二顆。上は「乾坤到處皆吾室」。その下の絵だけのハンコはさてどう読むのか? 花と茸・・・

川柳や狂句に見えた外来語_f0307792_19521647.jpg

川柳や狂句に見えた外来語_f0307792_19521936.jpg


「緒言」のところにも縦長の印がある。こちらは「求軟文庫」。検索すると、宮南裕著『漫話樹草譜』(宮南果、一九八〇年)が「求軟文庫」を名乗っている。同一人なのかどうか分からないが「求軟文庫」というのは偶然に重複するネーミングではないだろう。同一人と見るのが妥当かもしれない。キュウナン(求軟=宮南)ですな。

川柳や狂句に見えた外来語_f0307792_19521005.jpg


川柳や狂句に見えた外来語_f0307792_19521310.jpg

「例言」がとぼけている。外来語といっても横文字の国にかぎり、しかもエゲレス、ドイチ、フランスなどは省く。カッパ、ジバン、サラサ、ラッパなどは日本語化していて思い白くないから止める。

《○狂句集の本は凡そ三百冊ほど持つて居るが、一々検閲のヒマがなく、又其得る所は費す所を償はない不経済の事であるから、十中の一二を披見したに過ぎない、助手とても編者と同じく、それ〜〜やるべき要件があつて働いて居るのである

○出来上がつて見れば、ツマラナイものゝやうだが、文化頃の『夢之代』に「西洋人は小麦を以て常食とす、いはゆる麦団子[パン]なり」といふ奇文句があるので、パンといふ語の入つた句を探して徒労に帰したなど、読者には知れない苦心と労力はしたものである》

などと妙な弁解に努めている。小泉迂外「古俳書に現はれたる外来語ー未定稿ー」も収録されている。『風俗志林』第二巻第一号(明治四十五年二月)に発表されたものの再録である。そのなかに次のようなくだりがあった。

《○『東潮独吟披露集』(元禄七年版)にある、
   ボウブラや夜分の糸の置心
のボーブラは南瓜の事で、葡語の Abobura が転化したものである。》(p80)

現代ポルトガル語では Abóboraこのくだりを読んで、小生の父がカボチャのことを「ボウフラ」と呼んでいたのを思い出す。それがポルトガル語の「ボウブラ」からきていたことを初めて知った。元禄以前の言葉が昭和時代まで生きていたわけだ。むろん上述のように「パン」をはじめてとして、そんな言葉はかなりあるわけだが、「ボウフラ」がそうだったとは思いも寄らなかった。ソシュールは喋り言葉(ラング)は書き言葉(エクリチュール)よりも流動的だと言っているが、まあこのくらいの変化で生き残ればラングもかなりしぶといと考えていいのではないだろうか。



# by sumus2013 | 2020-06-03 19:58 | 古書日録 | Comments(0)

おやゆび姫

おやゆび姫_f0307792_17095868.jpg

小春久一郎・文、樋口富麻呂・画『名作童話絵ばなし』(昭和出版、昭和二十二年四月十日)。街の草にて。

《コハル ヒサイチロウ 昭和期の詩人,児童文学作家
生年大正1(1912)年
没年平成3(1991)年7月8日
出身地大阪市
本名今北 正一
主な受賞名〔年〕 三木露風賞新しい童謡コンクール(優秀賞 第1回 昭60年度)「ぼくはおばけ」,毎日童謡賞優秀賞(第1回)〔昭和62年〕「かばさん」
経歴 昭和10年木坂俊平らと大阪童謡芸術協会を設立。詩、曲、踊り一体の童謡運動を起こし、雑誌「童謡芸術」を19年まで発行。20年から雑誌「ひかりのくに」に童謡、童話を多数発表。49年こどものうたの会を結成、のち雑誌「こどものうた」発行。童謡集に「動物園」「おほしさまとんだ」などがある。》(コトバンク)

小春については知らなかったが絵を担当している樋口富麻呂には興味があった(富麻呂筆の美人画の一軸を所蔵しているので)。大阪出身で北野恒富の弟子。京都絵画専門学校選科を卒業。院展から新文展に出品。戦後は日展に出していたが、小松均に師事して院展に戻った。とこれはウィキの要約。挿絵など出版物の仕事も多数手がけている。

おやゆび姫_f0307792_17095553.jpg


おやゆび姫_f0307792_17095085.jpg

編輯者は熊谷鉄也(鐡也)。熊谷は自らも画家だったようで著書がいくつかある。発行者は岡本美雄=大阪市南区安堂寺町二丁目一六。発行所は昭和出版株式会社(住所は岡本と同じ)。現在も「ひかりのくに」として出版業を続けているようだ。

ひかりのくに株式会社沿革

# by sumus2013 | 2020-06-02 20:15 | 関西の出版社 | Comments(0)

諫早菖蒲日記

諫早菖蒲日記_f0307792_17092506.jpg

野呂邦暢『諫早菖蒲日記』(文春文庫、1985年8月25日)を読み終わる。いい小説を読んだなあという幸せな感じの残る名篇である。描写だけで言えば、エンタテイメント時代小説とギリギリなのだが、その陥穽へズッポリと堕ちてしまわずにふわりと跳び越える(むろんエンタメだから悪いというものでもないが)。それでいて、読者をひきつける小さな事件が継起して飽きさせない。ある意味面白すぎる(サービスが良すぎる店みたいなものです)。

ここでは内容には立ち入らず「あとがき」を少しばかり引用しておこう。

《私がいま住んでいる家は、本書の主人公藤原作平太の娘志津がくらしていた家である。》

《この家の家主さんA夫人と私は同じ棟に住んでいる。ふとしたことで土蔵に御先祖の古文書がしまわれていることを知り、秘蔵の砲術書や免許皆伝の巻物などを見せていただいた。オランダ語から翻訳された砲術教程もあった。数十冊の古文書のうちには専門家の鑑定によれば、わが国に二、三冊しかない貴重な史料もまざっているとのことである。百二十年前、諫早藩鉄砲組方の侍たちが砲術を学び、その術を口外しないこと、また奉公に懈怠なきことを誓って署名血判した誓紙もあった。血の痕は色褪せ、薄い茶色になっていた。藩士たちの名前は諫早で親しい姓名である。私の親戚知人の先祖と思われる姓も見られた。三年前のことであった。奉書紙にしるされた薄い血の痕に鮮やかさを甦らせることが私の念願であったのだが、それが本書によってかなえられたかどうか。》(p258-259)

このあとがきには《昭和五十二年、春》としてある。昭和五十一年『文學界』に発表の後、翌年四月に文藝春秋から単行本とした刊行された。初版帯付きならそこそこするが、そう高いというわけではなさそうだ(すくなくとも二度は増し刷りしている)。歿後三十年の二〇一〇年に梓書院から新装版が出ている。

この文庫は梁山泊の階段棚から五十円で求めたもの。読みたかったので見つけたときには嬉しかった。カバーは自分でデザインして付けてみようかと。

# by sumus2013 | 2020-06-01 17:24 | 古書日録 | Comments(0)

河口から VI

河口から VI_f0307792_20265869.jpg


『季村敏夫個人誌 河口から』VI(二〇二〇年五月三十一日、装幀=倉本修)が届く。今号も充実の内容。

 また會はむー悼松井純二十一句・・・・・・・閒村俊一
 時間差の雲ー松井純さんのこと・・・・・・・福田尚代
 池内紀さんの戦後に十年・・・・・・・・・・時里二郎
 『旅の重さ』再読・・・・・・・・・・・・・阿部日奈子
 あやめ草・・・・・・・・・・・・・・・・・季村敏夫
 二つの森と不適切阿一つの流れ(上)・・・・岩成達也
 静けさの鳴り響きについて・・・・・・・・・季村敏夫
 バウハウス周辺ーモダニズムへの視角・・・・水田恭平
 鳥たちの空、ベオグラード・コロナ日記・・・山崎佳代子
 十二歳のスペイン風邪 大伯母の百年前日記
 野田正子日記抄・・・・・・・・・・・・・・記扉野良人

巻頭、閒村氏の連作俳句は絶唱である。松井純氏の急逝については既報した。

松井純氏のこと

初めて盃を交はせしは洛中、人文書院編集者のころ
ブルトン全集未完蕗味噌舐めてをり

弔問、二月十三日白山
にんぐわつのなきがらひとつよこたはる

起きろよ
死んだ振りするのはやめよ桃の花

起きて來よ淋しすぎるぞ春の雨

君の編集になる装幀本、枚擧にいとまなし
ジョルジョ・アガンベン『開かれ』や夕霞

春月の花見小路でまた會はむ


巻末「十二歳のスペイン風邪」はすこぶる興味深い日記である。徳正寺の六角堂の奥から埃をかぶった六冊の日記帳が見つかった。扉野良人氏の大伯母「日野のおばちゃん」の日記(大正七年五月〜十一年九月、十二歳から十六歳)だった。そのなかから、当時、猖獗を極めたスペイン風邪についての記述を中心に抜き出し本書に掲載している。女学生の日常生活がよく分かる日記である。

だが、ここではあえてスペイン風邪には触れず、大正七年七月三十一日水曜日の本に関するくだりを引用しておこう。弟が学校の成績表をもらって帰った。父は中等位だなと笑っている。

《弟はよい点であったら何か買ってくれと母に云ふてゐましたので中等位と聞いて走つて母の所へ行つて何かだだをこねてゐましたがすこししてうれしさうに向のお医者様の武夫さんと云ふ六年の方と一緒に出ました。帰つて来て何を買ふたのと云つたら「本二冊」と云ふて幼年世界とトモダチと見せました。そしてこの二冊をもつてにこ〜〜して武夫さんと二階の部屋に行きました。》(p84)

『幼年世界』(1900創刊)は博文館で巌谷小波が主筆に迎えられて『少年世界』以降立て続けに刊行した児童雑誌のひとつ。『トモダチ』は二葉社の児童雑誌だが、詳しいことは分からない(海ねこさんに何冊か出ているが、なるほどのお値段)。

もう一カ所ビビッときたのは美術に関するところ。文展を見に行くというくだり。大正七年十一月三十日土曜日。

《午後和子さんと文展へ行き、美しく赤緑黄と巧に画かれた絵画を見て来た。玉舎さんのお父さんがお書きになつた収穫と云ふのも見た。帰りに沢山〜〜絵葉書を買つた。

文展で一番善かつたのは「ためさるゝ日」と云ふ[鏑木]清方さんのだつた。
[上村]松園さんの焔もよかつたが[栗原]玉葉さんや[島]成園さんや[木谷]千種女氏のも美しかつた。》(p96)

注がついていない《玉舎さんのお父さんというのは玉舎春輝であろう。

《玉舎春輝(1880-1947)は、岐阜県に生まれた日本画家。 原在泉に大和絵の教えを受け、山元春挙に写実的技法を学ぶ。早苗会展や文展で数々の賞を受賞。人物、風景画を得意とした。日本自由画壇を結成に携わり、早苗会の解散とともに耕人社の結成に理事として参加。名は秀次郎、号は臥牛、旧姓は清水。》

それにしても「ためさるゝ日」と「」が同じ会場に並んでいたとは思いもよらなかった。こういうところが日記の醍醐味だ。他に院展も家族といっしょに出かけている(和ちゃんと一度行って二度目)。

《院展は面白かつた。けれどくど〜〜した画であつていやらしかつた。父は院展の画は皆これだと云はれた。弟もわけもわからずにこれへたとかあれが上手とか云つてゐた。》(p90)

京都のファミリーの代表かどうかはおくとしても、なんとなく京都人の趣味嗜好が分かるような気がする。その他、大正時代の生活の細部についてさまざまに教えてくれる貴重な日記。まとめて翻刻刊行されると聞いた。


# by sumus2013 | 2020-05-31 20:47 | おすすめ本棚 | Comments(2)

街の草へ

街の草へ_f0307792_18582770.jpeg

再開した武庫川の街の草さんへ。開店直後に到着。まだ店内の本を外へ出していなかったため店の中は本が積み上がって断崖絶壁を作っているような状態だった。コロ休中はネット販売に忙しく、買取もあったそうで、いつにも増して大量の本であふれていた。そんな隙間をぬって、雪崩を引き起こさぬように、そろりそろりと掘り起こし作業を。その収穫についてはまた後日。エッセイ集の話も少し。前向きに。

その後、甲子園のみどり文庫さんへ足を伸ばす。こちらもネット販売が伸びたそうである。これまでネットで買っていなかった新規の購買層が増えたらしい。コロナ・エフェクトだ。阪神電車および阪急電車、いつもの土曜日よりは少な目のような気はしたが、それなりに乗客は乗っていた。

街の草へ_f0307792_19040967.jpeg


街の草へ_f0307792_18590324.jpeg


街の草へ_f0307792_19124561.jpeg


街の草へ_f0307792_18595319.jpeg

# by sumus2013 | 2020-05-30 19:14 | 古書日録 | Comments(0)

カツベン 詩村映二詩文 近刊!

カツベン 詩村映二詩文 近刊!_f0307792_20560273.jpg
6月20日頃出来
ご予約受付中

カツベン 詩村映二詩文
季村敏夫 編 林哲夫 装幀 みずのわ出版 刊
四六判フランス装232頁
ISBN978-4-86426-040-4 C0095
カラー図版70点余
税込定価2,970円(版元直送、送料無料)

*詩篇 早春/北よ!/敵/催眠術/海愁/日記/望郷/虚身/屍風/亡命/白日/秩序/俗情/孤独/夢牀/童話/日蝕/月蝕/挽歌/倫理の小径/ロマン/廃園/一飛行家の家計簿/暦/天の花/一線の上/仮説/退屈/旅行記/静脈/掌の皇帝/アルヂヱリア紀行/青い村落/遠郷/風土病/花信/啓示/崖/地球説/帝王の門/生物学/遺失/漂流記/世紀/迷信
*散文篇…白い雲の精神/詩の陥穽/飯田君の死の直前/偏綺舘れびゆう/カツベン行進曲/赤い風車
*参考作品―水蔭萍(本名、楊熾昌)
*解題―雲の精神 季村敏夫  
*資料篇 詩村映二関係/活弁士/活弁士一覧/トーキー反対争議ほか/湊川新開地/映画雑誌/主要映画館/映画館一覧
*関連年譜
*生きる姿―あとがきにかえて


みずのわ出版
https://mizunowa.hatenablog.com


# by sumus2013 | 2020-05-29 20:58 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

DICTIONNAIRE ABREGE DU SURREALISME

DICTIONNAIRE ABREGE DU SURREALISME_f0307792_19364452.jpeg

『DICTIONNAIRE ABRÉGÉ DU SURRÉALISME』(José Corti, 1969)、『シュルレアリスム簡約辞典』(江原順訳、現代思潮社、一九七一年)の元本である。版元はジョゼ・コルティ。これまでも何度か言及しているし、回想録もパリで買ってざっとでも読んだから、なんとなく親しい感じをもっている。

ジョゼ・コルティ回想録『取散らかった思い出 Souvenirs désordonnés』

ジョゼ・コルティの回想におけるクルヴェルの死の前後

ル・ヌーヴォ・コメルスとはジョゼ・コルティの刊行物

実はこの本もパリで何度も見かけた。欲しかったのだが、微妙に高いのだ。買えないわけではないにしても、もうすこし安い値でなんとかならないか・・・などと逡巡しているうちに買わずに帰ってしまった。

それが、ひょんなことで知った京都の某書店目録に出ていた(一度ももらったことのない目録を知人からもらった)。けっこう安いな、ふんふんふん、などと流し見していたら、シュルレアリスム関係の本が何冊が出ているのに気づいた。『シュルレアリスム簡約辞典』もあるじゃないか、この値段なら即注文だ! というわけで目出度く入手できたのであった。表紙は多少焼けているものの、本文はきれいなまま。表3に鉛筆で「¥3,460-」と記されている。輸入されたときの価格だろう。同じく鉛筆で日付あり。こちらは旧蔵者による購入日か。

 le 1 octobre 1972

邦訳が出た次の年か・・・

# by sumus2013 | 2020-05-29 20:13 | 古書日録 | Comments(0)

随筆 柚の木

随筆 柚の木_f0307792_19570915.jpg


川瀬一馬『随筆 柚の木』(中公文庫、一九八九年八月一〇日)。しばらく前に読み了っていたのだが、ちょっと自慢話めいたアクがあるのが気になった。まあ、そこがいいとも言えるし、たいていの書き物は自慢話だから別にそれで悪いと言う訳ではない。

《私が、全国各地の公私の図書館・古社寺の書庫・個人の文庫等を廻訪して、したしく手にした古書は、詳しく数えることも出来ないが、恐らくは百万を遥かに越える数字に達すると思う。

その中で、特に各種の史的研究の対象となるべき善本類は、約一割くらいなものであろうが、精査してノートに書き留めてあるものだけでも、数万に上がっており、参考のために写真に撮影したものも数千に及んでいる。》(p49-50)

とまあこんなぐあいである。《国文学界・書誌学界の最高権威である著者》(カバー表紙4側)だからこのくらいは当たり前かも知れない。ここでは書物ではなく『喫茶店の時代』に関連するところを二点ほど引いておく。まずは新宿中村屋。

《私は先年、新宿中村屋の相馬家の仏教講話の月例会を聴講させて貰ったことがある。その席は催主の家族の他に各種の人が交じっている十数名の老若男女の顔ぶれで、講師は矢吹慶輝博士であったが、最初の晩に、講話が終ると、一番上席の方に坐していた老人が、矢吹博士に向かって、極めて率直な態度で質問を発した。それは私共が聞きたいと思っていることを代りに尋ねてくれるような質問で、有難いわけではあったが、矢吹博士との応答を聞いていると、その老人は、思想家か、ジャーナリストらしく察せられ、何事にも一見識を以て、鋭い頭で応対を組織的にグングンと押し進めて行くところは、いかにも異常な人と思われた。しかしながら、物の考え方が今まで私の接した老人階級とは全く違っていて、極端な社会主義を信奉する人のようにも見えるが、結論を聞いていると、そういう思想に賛成していないことも確かである。定めし名の有る人であろうとは思ったが、一向に見当がつかないままに、帰途を待ちかねるようにして、同行者にその名を問うと、「あれが有名な木下尚江翁ですよ。」とのことに、なるほどと直ちに合点がいったのである。

若い頃には幸徳秋水等と行動を共にし、後に転向した木下氏であるが、その主義は棄て去っても、もとの思索体系まで根底から改めることは出来にくいものと見える。》(p121)

《矢吹 慶輝(やぶき けいき、1879年(明治12年)2月13日 - 1939年(昭和14年)6月10日)は、日本の宗教学者、社会事業家。福島県出身。旧姓は佐藤。号は隈渓。東京帝国大学卒。宗教大学(現大正大学)教授となり、欧米に留学。敦煌出土の仏典を研究、1925年「三階教之研究」で学士院恩賜賞受賞。勤労児童のための三輪学院を創設、東京市社会局長。1939年、狭心症のため死去。》(ウィキペディア「矢吹慶輝」)

先年とあるが、木下尚江の歿年が昭和十二年なので、それ以前の話だということになる。中村屋のサロンとしての熱気が伝わる証言だと思う。もう一カ所中村屋は登場している。「饅頭合」のなかに次のようにある。

《新宿の中村屋で売り出して一般に人気のあった支那饅頭は肉入りと小豆餡入と二種類あったが、餡入の方は餡に何か工夫があったと見えてねばり気のある漉し餡でおいしかった。》(p262)

もうひとつは茶粥である(茶粥は『喫茶店の時代』28頁に登場)。「大和の茶粥」。京・大阪・大和は粥食が多いが、それは古風が残っているからで、一般に米を白く搗いてふうわりとした飯をたくようになったのは江戸時代からのことで、それ以前は、粥か、蒸した強飯[こわいい]だった。固粥[かたかゆ]が現在の飯に近いものだったが、やはり粥の類であった。「いい」というのは必ず蒸したものを指した。

《大和でする茶粥は、かしいだ白米と一緒に少量の番茶を袋に入れて前夜から仕掛けておいて、翌朝たくのであるが、茶が入ると米がしまってどろつかず、さらりとした粥になるのが特徴である。それ故に茶の分量が多過ぎると米がしまりすぎていけないし、また上茶では苦味が強くなるから番茶に限る。無論少量の塩を加える。

夏の朝などはこれを嘗[こころ]みると、食欲をそそってよいものである。そして、餅を焼いて茶碗に入れ、上からかけて喰べるか、かき餅を焼いて同じようにすると一層よく、それならばわざわざ客に饗しても、大いに喜ばれるにきまっている。》(p277-278)

これらはぜひとも補足しておきたい描写である。

# by sumus2013 | 2020-05-28 20:05 | 喫茶店の時代 | Comments(0)

MARCUS BEHMER

MARCUS BEHMER_f0307792_19455117.jpeg

『DEUTSCHE KUNST UND DEKORATION』SEPTEMBER 1912, VERLAG-ANSTALT ALEXANDER KOCH.

均一棚で見つけたダルムシュタットで発行されていた美術雑誌。タイトル通り、ファインアートとともに建築や工芸の記事も盛り込んでいる。第一次世界大戦直前のドイツ美術界の様子を垣間見ることができるようだ。

この号ではドイツのデザイナーでありイラストレーターだったマルクス・ベイマー(MARCUS BEHMER 1879-1958)のページが素晴らしい。

MARCUS BEHMER_f0307792_19461920.jpg


MARCUS BEHMER_f0307792_19460707.jpg


MARCUS BEHMER_f0307792_19460315.jpg

ドイツ語はよく読めないので英語のウィキによれば、ベイマーはワイマールに生まれた。父も画家で親戚にも詩人やアーティストが多かったらしい。一九〇三年にインゼル出版から刊行されたワイルドの『サロメ』に挿絵を描いたのが出世作となった。オーブリー・ビアズレーに強く影響された仕事だった。その後は、印象派やウィーン分離派の流れのなかで書物関係の仕事を続けた。私生活ではホモセクシュアルの罪で収監されたりもしたのだという。


MARCUS BEHMER_f0307792_20214615.jpg
SALOME, INSEL-VERLAG


本書のエクスリブリスや書物のボーダーのデザインを見ると、ウィリアム・モリスの影響が明らかだが、描写はモリスよりも繊細で、それなりのオリジナリティを打ち出している。ところがなぜか日本ではほとんど知られていないようだ(検索しても日本語ではほとんどヒットしない)

例えば『ビアズリーと世紀末展』図録(同展実行委員会、一九九八年)にはめぼしいビアズリーの追従者たちが集められているが、マルクス・ベイマーの名前は見えない。今、「MARCUS BEHMER」で画像検索すると多数のイラストレーションが現れるので、ご興味のある方は是非どうぞ。これからもっと注目されていい作家ではないだろうか。

# by sumus2013 | 2020-05-27 20:38 | 古書日録 | Comments(0)

三体詩

三体詩_f0307792_19475030.jpeg

ひさしぶりの双白銅文庫。貞享五年(一六八八、元禄元年)に出た『三体詩』二冊を求めた。架蔵の和本では古い方になる。虫損がはなはだしいが、双白銅どころか一冊100円、二冊で双白銅(200円)なのでいたしかたない。

きれいな版面をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

三体詩法. 巻之1-3 / 周弼 選 ; 円至 註 ; 裴庾 増註
高麗橋筋上人町(摂陽) : 塩屋七郎兵衛, 貞享5[1688]

本当は三冊で揃い。なにしろ三百三十二年前に刊行された本だ、二冊あるということで満足しておこう。『三体詩』(さんたいし、さんていし)は唐詩のアンソロジー。

《中国,南宋の唐詩選集。「さんていし」とも読む。周弼 (しゅうひつ) の編。3巻。淳祐 10 (1250) 年頃成立。原名『唐賢三体詩法』。唐詩のうち七言絶句,七言律詩,五言律詩の3つの詩体の作品から選び,書名もそれによる。各体ごとに構成や表現方法により6~7に小分類され,唐詩を学ぶ基準とされる。 167人の詩 494首を収めるが,李白,杜甫は1首もなく,中唐,晩唐,特に晩唐に重点がおかれ,初唐,盛唐を中心にした明の李攀龍 (りはんりょう) の『唐詩選』と好対照をみせている。日本では室町時代に翻刻され,特に禅僧の間で愛好されて,江戸時代を通じて多くの注釈書類も出された。》(コトバンク)

三体詩_f0307792_19474579.jpeg


三体詩_f0307792_19474111.jpeg


三体詩_f0307792_19473149.jpeg


三体詩_f0307792_19471624.jpeg


三体詩_f0307792_19471077.jpeg


三体詩_f0307792_19470451.jpeg
下巻の奥付


『三体詩』とは直接関係ないが、先日取り上げた井伏鱒二の「サヨナラダケガ人生」という言葉も唐代の詩人于武陵(うぶりょう)の詩「勧酒」(かんしゅ)に付した「人生足別離」を《「サヨナラ」ダケガ人生ダ》と和訳したものだった。それらの軽妙な訳詩が収められたのが『厄除け詩集』で、それには先例があったということは三年ほど前に触れている。

井伏鱒二の『厄除け詩集』

ただし漢詩(とくに広く巷間に流布した唐詩)を平明に訳するということは江戸時代にも盛んに行われていた。林望『書薮巡歴』(新潮社、一九九五年)に次のように書かれているのを見つけたのでメモしておく。『唐詩選』の魏徴「述懐」を服部南郭が平明に講説した一節《さてさて、なげかわしいことぢや、まだ世がしづまらぬ》云々を引用してこう続けている。

《かくのごとく、漢文漢詩を対象とする講説を筆記するという営為から生まれた抄物というジャンルが、一種独特の口語を交えた文体を産み、それが、かかる注釈講釈のスタイルとなって、ずっと江戸時代を通過していったのである。》(p199)

井伏鱒二がパクったとかどうとかではなく、そういういかにも日本らしい外国文学の取り入れ方の伝統があり、その延長上に『厄除け詩集』もあるということである。

# by sumus2013 | 2020-05-26 20:30 | 古書日録 | Comments(0)