林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
イイネ!
by sumus2013 at 17:31
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 14:57
swallow-dale..
by uroburo at 01:58
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 23:23
少年少女探偵小説というジ..
by sumus2013 at 16:07
swallow-dale..
by uroburo at 12:49
宇陀児さんはそんな作家だ..
by imamura at 11:05
有り難うございます!
by sumus2013 at 08:21
よし野の花を見てよめる ..
by koganemaru at 06:55
>uroburoさま ..
by swallow-dale at 20:59
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


金沢文圃閣

f0307792_20201882.jpg

個展の搬入も兼ねて自家用車で新潟入りした。京都〜新潟は休まず走って九時間ほどだが、とうていそんな元気はなく、途中一泊を金沢で、ということにした。朝、京都を出て名神から北陸道を飛ばし、午後三時前に金沢着。繁華街・香林坊近くの某ホテルにチェックイン。小雨のなかを、何はともあれ金沢文圃閣へ。歩いておよそ二十分。

疏水沿いに閑静な住宅街を抜けて昭和通りの長土塀交差点に出ると、すぐ大きな建物が見え、まず、ガレージに山積する本の姿に吸い寄せられた。時間的に余裕がなかったので、サッとひと回りしただけ。在りし日の水明洞を彷彿とさせる蠱惑的な猥褻ぶり。本はすべて一冊二百円、三冊五百円のようだった。近ければ日参間違いなし。

f0307792_20202936.jpg

f0307792_20203346.jpg

f0307792_20202728.jpg

本店舗の方は書庫、整理室を挟んで建物の反対側の端にある。こちらは、当然ながら、いっそう凄い内容で、ちょい見ではとうてい把握しきれない。本ばかりでなく、資料類(個人の自筆日記をまとめたコーナーも)、紙モノや古道具っぽい品物も所狭しと並んでいて目眩がしそう。とにかく棚をくまなく眺めてはみたが、いちいちブツを確認する余裕もなく、古い古書目録など目についたものだけ数冊買わせてもらった。いやあ、少なくとも二三日は通いたかった。

嬉しかったのはこれ、花田清輝『錯乱の論理』(眞善美社、一九四八年二月一五日再版、表紙繪=岡本太郎、装幀=高橋錦吉)。

f0307792_20204122.jpg

初版の方は、装幀は同じく高橋錦吉ながら、デ・キリコの絵(無限のノスタルジアを使っている。再版では岡本太郎に変わったわけで、印象としてはまったく別の本。いずれ初版も手頃な値段で入手したいと思っているが、まずはこの一冊で大満足。

花田清輝『復興期の精神』(我観社、一九四六年一〇月五日)

f0307792_20203901.jpg
金沢文圃閣の全体観


[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-21 20:59 | 古書日録 | Comments(0)

もよおしいろいろ

f0307792_20161874.jpg
いつもより本が多い
金沢一志の出張書棚

2018年5月3日〜27日

アピエ
http://apied-kyoto.com/book.php




f0307792_20251944.jpg
『戀愛譚 東郷青児 文筆選集』
出版記念展

2018年4月28日、29日、30日

アトリエ箱庭
http://www.haconiwa-k.com/about.html





f0307792_20223133.jpg
吉増剛造

2018年4月28日〜5月13日

ART OFFICE OZAWA
http://artozasa.com






f0307792_20103418.png

Ur食堂ライブ かりきりん+扉野良人

2018年4月23日

場所:UrBANGUILDアバンギルド

http://d.hatena.ne.jp/tobiranorabbit/20180423




f0307792_19381301.jpg
保坂和志トークライブin京都

2018年4月21日

徳正寺
http://d.hatena.ne.jp/tobiranorabbit/

予約;100000tアローントコ
http://100000t.com




f0307792_16364586.jpg
京都国際写真祭

2018年4月14日〜5月13日

京都国際写真祭
https://www.kyotographie.jp


f0307792_16364172.jpg
須田悦弘 ミテクレマチス

2018年4月22日〜10月30日

ヴァンジ彫刻庭園美術館
https://www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/




f0307792_16363871.jpg
志賀直哉「ナイルの水の一滴」

2018年3月31日〜6月9日

日本近代文学館
http://www.bungakukan.or.jp




f0307792_17103071.jpg
ソール・ライター回顧展

2018年4月7日〜5月20日

伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp



f0307792_19493374.jpg
ニッポン貝人列伝

2018年3月8日〜5月26日

LIXILギャラリー
http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003923.html



f0307792_20124564.jpg

産業と美術のあいだで

2018年4月14日〜6月24日

和歌山県立近代美術館
http://www.momaw.jp




f0307792_19322170.jpg
日本タイポグラフィ年鑑2018作品展
第64回ニューヨーク タイプディレクターズクラブ展

2018年4月6日〜5月18日

竹尾見本帖本店2F
http://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/




f0307792_19495943.jpg
横堀角次郎と仲間たち

2018年3月17日〜5月29日

アーツ前橋
http://www.artsmaebashi.jp/?p=10502




f0307792_20175838.jpg

さすらいのレコード・コレクター
10セントの宝物

2018年4月21日〜

新宿 K's cinema
http://www.ks-cinema.com





f0307792_19354380.jpg
四時清賞展

2018年4月7日〜30日

天門美術館
http://tenmon-museum.com




f0307792_15231534.jpg
安部展也展

2018年3月23日〜5月20日

広島市現代美術館
https://www.hiroshima-moca.jp




f0307792_17103322.jpg
池田龍雄展

2018年4月26日〜6月17日

練馬区立美術館
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201802151518677542





f0307792_15251654.jpg
消えゆく隣人たちのポートレート

2017年12月15日〜2018年5月6日

井の頭自然文化園
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/





f0307792_18400613.jpg
通崎睦美コンサート
今、甦る! 木琴デイズvol.9

2018年5月15

京都文化博物館別館ホール
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_gallery_hall/exhi_hall/

通崎好み製作所
http://www.tsuuzakimutsumi.com

[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-21 20:19 | もよおしいろいろ | Comments(10)

林哲夫展 in 新潟絵屋

f0307792_17160107.jpg

新潟、絵屋さんでの個展

https://nabequest.exblog.jp


個展開催に合わせて、新潟で三泊、金沢で二泊してきました。道中のあれこれは、おいおいアップしていきます。

絵屋での会期は四月三十日までですが、一部の作品および新作コラージュ、デカルコマニイの展示が引き続き、北書店で開催されます。


f0307792_19451020.jpg
林哲夫展

4月17日〜30日

新潟絵屋
http://niigata-eya.jp







[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-20 20:28 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

春の古書大即売会

f0307792_16485185.jpg

2018年春の古書大即売会(京都市勧業館みやこめっせ、5月1日〜5日)の目録を頂戴した。ほとんど目録からは買っていないのだが、送ってくださる奇特な古書店さんに感謝。何か注文しましょう。

古書ダンデライオン氏が初参戦。リキの入ったいい本出している。『白崎禮三詩集』も! あがたの森書房さんは印譜をズラリ、貧生にはとても手はでないが、眺められるだけでも有り難い(会場に並ぶでしょうね)。

[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-13 16:57 | 古書日録 | Comments(0)

ヴィヨン詩

f0307792_17511826.jpg

佐藤輝夫訳『ヴィヨン詩』(青朗社、一九四六年一〇月五日)読了。訳語が擬古文なので読みやすいとはとても言えないが、それでも訳者の苦心は伝わってくる。内容はまったく単純な冗談と大ボラである。「小遺言 LE PETIT TESTAMENT」と「大遺言 LE GRAND TESTAMENT」は、友達や知人だけでなくざまざまな者たちに対して、誰にはあれ、誰にはこれ、などと有形無形の品物を数えつつ、それらを遺贈すると、滔々と述べたてて洒落のめした戯れ唄。悪態詩と言ってもいいだろう。ボードレール以降なら珍しくもないが、十五世紀である、異彩だったに違い。

OEUVRES COMPLÈTES DE FRANÇOIS VILLON

data.bnf.fr François Villon (1431?-1463?)

f0307792_17512090.jpg


参考までに「文庫」が登場する連を引用してみる。「大遺言」より。

八八 この人に、われは與へる、わが文庫と
   《ペ・トオ・デァブルの物語》を。
   抑ゝこれはギイ・タヴァリーが
   (此奴ぬけぬけ一切を皆漏らしたる男なり)
   浄書したもの。假り綴ぢのまま、机の下に置いてある。
   雑作な言葉で綴つてはあれど、題目は
   いとも名高いものだから、言葉の綾の
   未熟さは、みな補つてあまりある。

LXXVIII.
   Je luy donne ma librairie,
   Et le Rommant du Pet au Diable,
   Lequel maistre Gui Tabarie
   Grossoya, qu'est hom véritable.
   Par cayers est soubz une table.
   Combien qu'il soit rudement faict,
   La matière est si très notable,
   Qu'elle amende tout le meffaict.

原文も掲げてみたが、詩の番号が異なるのは、両者が用いたテキストが異なっているのだろう。引用したグーテンベルグ・プロジェクト(あちらの青空文庫)のテキストはフランス国立図書館の蔵本を写したようであるが、佐藤はロニョンとフーレにより刊行された批評版(一九三二年第四版)を底本としたとしている。まあ、小生にとってはどちらでもよろしい。それより、古フランス語の綴りも案外と面白いものだ。リブレリ(librairie)は昔も今も変わらない。日本語としてのリズムを整えるために佐藤がかなり大胆な意訳調を採用していることが分かる。戦前の傾向からすれば自然な態度かとも思う。

もう一箇所「書棚」という単語が出ているところを。「小遺言」より。

三六 祈りてあれば、酒汲みし覺えのなきに
   わが精神[こころ]、縛められしごとくなりて、
   ふと假睡[まどろ]みぬ。
   時しもあれや、記憶姫、書棚の中にて
   手を取り上げつ、また置きつ、するを感じぬ、
   そのつかさどる諸機能を、ーー
   すなはち正邪兩面の知覺機能、
   その他のしかじかの知性機能、

XXXVI.
   Cela fait, je me entre-oubliai,
   Non pas par force de vin boire,
   Mon esperit comme lié;
   Lors je senty dame Mémoire
   Rescondre et mectre en son aulmoire
   Ses espèces collaterales,
   Oppinative faulce et voire,
   Et autres intellectuelles.

書棚は「aulmoire」であった。これは現代フランス語の戸棚(armoire)に相当するようだ。本を読んでいると眠たくなるということを、遠回しに表現した一節である。他にも《読むことの大義なおれ》などという詩句も出ているので、とびきり熱心な読書家、勉強家でなかったことは確かかもしれないが、むろん韜晦ということもあり、本好きだったような様子が随所にうかがえるように思う。

最後に「大遺言」「小遺言」以外の詩篇から「バラード」(かなりの数のバラードを残しているが、この作品は「バラード」とだけ題されている。本書では《ブロア詩會にて歌へる》と頭注が加えられている)の一部分。

   泣きながらわれは笑ひ、希望なくして待つ。
   悲しき絶望のうちにあつて慰樂を捉へ、
   樂しみ戯れてしかも悦び一つをえず。
   力なく權力なくして、われは強く
   萬人の詩彈を受けつつ而も歡び迎へらる。
   不定[ふじやう]なるものの他に、確實と思はれるものはなく、
   自明なるものを除きては、暗しと思はれるものもなし。

このアンビヴァレンスがまだまだ続く。まさに「さかしま」なる詩人である。

なお、本書の発行人は吉井省三、発行所住所は東京都麹町区富士見町二ノ二。印刷所は行政学会印刷所(立川市曙町三ノ五五、石上利雄)。青朗社には下記のような出版物がある。『ヴィヨン詩』は少なくとも二度は版を重ねたようだ。

ヴィヨン詩
佐藤輝夫 訳 青朗社 1946

大阪今昔 : 随筆
長谷川幸延 著 青朗社 1946

放送文藝の研究
南江治郎 靑朗社 1948

ヴィヨン詩
佐藤輝夫/訳 青朗社 1948

「巣」について
五十公野清一(いずみの せいいち)/著 青朗社 1948

和田伝 著 青朗社 1948 (書下し長篇選書)

ヴィヨン詩
ヴィヨン 著,佐藤 輝夫 譯 青朗社 1949

[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-12 21:37 | 古書日録 | Comments(0)

岡崎和郎/瀧口修造

f0307792_16561727.jpg

『to and from Shuzo Takiguchi / to and from Kazuo Okazaki』(ART OFFICE OZASA inc.、二〇一八年一月、デザイン:西岡勉)が届いた。昨年一月に開催された展覧会のカタログ。

デュシャン生誕130年記念「瀧口修造・岡崎和郎二人展」

一年以上経ってやっと出来上がったわけだが、時間がかかったのもむべなるかな、これがかなりの意欲作。デザインは西岡勉氏。国立国際美術館や京都国立近代美術館の数々のカタログをデザインしておられ、その斬新さにはいつも感心させられる。本カタログでも、作品図版をあえて4色にせず、二色刷の版画のような効果を持たせている。

f0307792_16563286.jpg
瀧口修造の詩(英訳)「彼の微笑、それから 岡崎和郎に」

f0307792_16564789.jpg
f0307792_16565195.jpg

f0307792_16565360.jpg

f0307792_16565641.jpg
f0307792_16565935.jpg


そして、造本にも工夫が凝らされている。ハードカバーで言うところのホローバック(背と表紙が接着されておらず、本を開くと空間ができる、開閉が容易になる)だが、閉じているときは並製のくるみ表紙のように見えるところがミソ。厚紙の表紙の上に厚手の上質紙を貼付けつつ、背の部分だけは糊を着けずに、トンネル状に折目から開くような仕掛けである。内側の朱色も利いている。

f0307792_16570477.jpg

f0307792_16570226.jpg

カタログそのものがオブジェと呼べるような作品になっている。

[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-11 17:25 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

稿本董一句集

f0307792_20041640.jpg

『稿本 董一句集』(私家版、平成二十八年六月)なるものを頂戴した。というか、 董一氏に句集はないのですかと尋ねたら、二年前に五人ほどに渡した手製の句集があるとおっしゃるので、送っていただいた。それはA5判八頁(A4二枚重ね二つ折)におおよそ百五十句(?)ほどが収められている。

これが素晴らしい句集であった。拙ブログでも当初は毎日、拙作俳句をタイトルとしていた時期があったが、俳句を考えるだけで一日が過ぎて行くようなことがあり(その頃から董一氏にはいろいろご教示をいただいたものである)、俳句をタイトルにするのは止めにした。自然、句作からも遠のいた。

daily-sumus 2006年4月


『稿本 董一句集』より。


 用水の涯はうごかぬ春の雲

 飛ぶ鳥の背に誰もなし三島の忌

 ドアの外の空のどんぶり猫の恋

 タクシーの次々入りぬ芒原

 春泥やひねつて閉ぢる紙袋

 雛壇の裏へとコイン転がれる

 マネキンの脚投げ出せる薄暑かな

 漱石忌書類袋の底の砂

 五月雨に犬濡れてゐる鎖もまた

 東京に立て掛けてある日傘かな

 秋旱目薬壜のなかの泡

 靴履けば靴に従ふ三島の忌

 箸先に chalaza 絡みぬ遠雪崩


優劣つけがたい秀句が並んでいるので、目に付いたものを引いてみたが、いかがであろうか。なかなかでしょう。

この句集をこのままにしておいては、いずれどこかに紛失してしまう。なにしろ紙モノで机辺はあふれている。そこで厚手の画用紙で表紙を作ってみた。以下その手順。

1)これが本文である。
f0307792_20041952.jpg


2)これが表紙の画用紙である。天地は本文よりわずかばかり大きめにカットする。左右は両袖を折り返すように画用紙サイズいっぱい使う。
f0307792_20042234.jpg
f0307792_20042565.jpg


3)そこへ模様をつける。あまり手の込んだデザインではなく、あっさりとアクリルのインクを垂らすくらいがいい。
f0307792_20042823.jpg


4)表紙に本文を麻糸で綴じ付ける(三つ目とじ)。麻糸はたまたまそこにあったもの。やや太目の色糸でも良かった。三つ目とじは山崎曜『手で作る本』(文化出版局、二〇一七年)を参考にした。
f0307792_20043065.jpg
f0307792_20043389.jpg
f0307792_20043692.jpg
f0307792_20044125.jpg


5)表紙にタイトルを貼付ける。題簽は本文タイトルをコピー(少しだけ拡大してもいい)して切り抜く。手書きでも可。
f0307792_20044357.jpg
f0307792_20044695.jpg


自家用の他に何冊か作ったので董一氏へお送りしようと思う。

 真上から屑籠を見る日永かな  董一

[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-10 20:53 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)

帝塚山派文学学会 紀要第二号

f0307792_17503914.jpg

『帝塚山派文学学会 紀要第二号』帝塚山学院、二〇一八年三月三一日
A5 並装 本文168+8pp

「杉山平一先生の思い出」杉本深由起
「杉山平一と花森安治」山田俊幸
「父庄野英二を語る」小林晴子
「詩的流れとロマンチシズム」湯淺かをり
「詩人の観照」福島理子
「阪田寛夫、〈周りの人〉を書く」中尾務
「父阪田寛夫を語る」内藤啓子
「庄野英二の『帝塚山風物誌』」高橋俊郎
「阪田寛夫の授業を聞く」河崎良二、他

中尾氏より頂戴した。深謝です。「阪田寛夫、〈周りの人〉を書く」は講演会の記録である。富士正晴とのやりとり、能島廉との関係を丁寧に調べ上げておられる。

巻頭は杉山平一特集の趣きあり。杉山さんの学生時代の写真、美男子だ! 

「庄野英二の『帝塚山風物誌』」に藤沢桓夫と山口瞳が将棋を指している写真が載っていた。名人戦で使うような将棋盤を囲んでいる(会場は料亭「鉢の木」、そこは実際に将棋名人戦の対局場として使われていた、旧・帝塚山学院短期大学蒲田学長邸)。これは棋譜が残っているかもしれないな……。


[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-09 20:01 | おすすめ本棚 | Comments(0)

富士正晴資料整理報告書第23集

f0307792_17424081.jpg


『富士正晴資料整理報告書第23集 総集編(総合目録)』茨木市立中央図書館併設富士正晴記念館、二〇一八年三月九日 A5 並装 本文16pp 
http://www.lib.ibaraki.osaka.jp/?page_id=179

《「富士正晴資料整理報告書」は、この号で最終号となりますが、出版物の発行は継続して行い、郷土の作家富士正晴とその作品をより多くの方に知っていただきたいと願っております。》(まえがき)



童話、詩、小説「阪田寛夫、富士正晴」展
f0307792_19580246.jpg
f0307792_19580404.jpg
2018年3月29日〜8月1日

富士正晴記念館
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kurashi/bunka/gejutsu/shisetsu/fujimasaharu/index.html


[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-09 19:52 | もよおしいろいろ | Comments(0)

写真風景 横山裕一

f0307792_11471390.jpg


横山裕一『写真風景』中松商店、二〇一八年一月一日、限定250
デザイン=中松商店意匠部 A5 中綴じ 本文8pp 全カラー

《収録された写真は、横山さんが絵を描くための資料として撮影したものですが、自立した美しさ、強さを感じたため、展覧会を企画、開催しました。》本書はそのパンフレットとして製作されたもの。そして《今回は、都内のいくつかの書店に卸してみました。営業活動、思ったより楽しいものでした。》と中松氏の手紙にあった。小生も似たような写真を撮っているので(ご興味のある方はFaceBookの林哲夫で検索してください)、横山氏の視点を非常に面白く感じる。

f0307792_19492683.jpg


[PR]
# by sumus2013 | 2018-04-09 19:50 | おすすめ本棚 | Comments(0)