林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
なるほど、そういうもので..
by sumus2013 at 12:26
「それ以外の二百二十部に..
by Kyo at 11:15
有難うございました。林く..
by sumus2013 at 20:15
遅くなりましたがやうやく..
by 中嶋康博 at 18:44
ご覧いただき有難うござい..
by sumus2013 at 21:00
坐る女性、馬を引く人々、..
by みなみ at 18:11
本年もどうぞよろしくご教..
by sumus2013 at 08:10
有難うございます! そう..
by sumus2013 at 08:05
珍しき ひかりさしそふ ..
by epokhe at 01:58
遅ればせながら新年明けま..
by epokhe at 01:38
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


首 No.12

f0307792_20173665.jpg

『首』第十二号(首編集室、一九六七年一二月三〇日)。首編集室=京都市北区小山元町11 安土方 坂倉行人。ゴーリー一箱古本市に参加。善行堂を覗いたときに発見した一冊。巻頭の詩は清水昶。

『清水昶詩集 暗視の中を疾走する朝』

会員名簿と執筆者の名前だけ引き写しておく。

宇佐美斉
家永温子
松島 征
有地 光
小石嘉幸
山田弘道
唐沢篤男
佐藤 徹

執筆者
清水 昶
森川慶一
岸本邦宏
太田勝也
佐藤紘雄
米村敏人


巻末「首通信3」に《「首」が季刊となってから三冊目。》《表紙装幀は前号に引きつづいて倉本信之氏による。シリーズのIIIである。》とある。また合評会の案内も掲示されている。

首12号合評会
時 1月4日(木)午後5時30分から
所 静 TEL 22-5148
京都柳小路四条上ル 京極東宝前入ル

京極東宝は一九五四年に洋画ロードショー館として開館、二〇〇六年に閉館した。「静」は現在も営業している居酒屋と同じだろうか。そこなら小生も何年か前に一度だけ入ったことがある。昔ながらの渋い雰囲気だった。

# by sumus2013 | 2019-01-19 20:46 | 関西の出版社 | Comments(0)

goreyで一箱古本市


f0307792_17410483.jpg

gorey で 一箱古本市

毎月第三土曜日ですが二月は

2月2日(土曜日)開催です

gorey

f0307792_20172514.jpg

f0307792_17320066.jpg


# by sumus2013 | 2019-01-18 20:53 | もよおしいろいろ | Comments(0)

ベーエヌの司書

f0307792_20464333.jpg


『わがヴィヨン』のつづき。

《ようやくレゼルヴにたどりつく。建築家アンリ・ラブルーストが大ホールを構築した時点で、貴重本の管理と閲覧人の監視のためにしつらえられたこの小空間がすでに出現していたかどうかは知らないが、その後第三共和制下に管理と監視のシステムが一層入念に練り上げられてきたことだけはたしかである。ガラス戸を押しあけると(ここは引くだったかな)そこに番台があって、そこにマダムが座っている。見ると、その向こうにコントロールの島が浮かんでいて、そこにもマダムがいる。この二人の女性がシステムをコントロールしていると見た。図書請求伝票にも、閲覧の理由を書かなければならない。学術調査というような漠然とした理由ではだめだと注意書きがしてある。「ヴィヨン遺言詩集の他の諸刊本とこれを較べ、異同を確認するのが目的」と書いて出したところ、島の女性、これがまた、いかにも「ベーエヌの司書」然としたインテリマダムなのだが(ベーエヌというのが、ここフランス国立図書館の巷での呼び名なのです。ビブリオテーク・ナショナルの二文字の頭文字)、この詩集の批判的校訂本はいろいろあるではないか。なにをいまさらマロのを見たいのかと追及なさる。》

f0307792_17263319.jpg


《なるほど、あなたがいろいろあるとおっしゃる校訂本に満足できるものならば、いったいだれがここまで押しかけてきましょうや。わたしは「ヴィヨン遺言詩」の日本語による批判的校訂本を作ろうと考えている。だからみんな見たいのです。マロのも、人に頼るのではなく、マロの校訂本の原本を見なければ、気がすまないのだと、なんとかかんとか理由を述べ立てて、やっと納得してもらった。納得したかどうかは知らないが、ともかく座って待っていなさいといって、わたしの書いた伝票をヒラヒラさせながら、奥に入って行った。そこでおとなしく、待っていたら、本を持ってあらわれたのはもう片方の女性、番台のマダムだった。どこで入れ替わったのか。なんか、おかしかったのを覚えている。》

バインダーを広げてボールペンでメモしていると鉛筆を持って来た。

《そのマダム、こんどは鉛筆を一本、指で立てて持って来て、これを使えという。その持って来方がおかしく、思わず破顔したわたしに誘われたか、向こうもニヤっと笑う。そういう、これは「ベーエヌの司書」然としたマダムとは別種の、これもまたフランス国立図書館に棲息する女性たちの、もうひとつのタイプのマダムでした。》

f0307792_17263901.jpg

《本は十三センチに八センチほどの小型本で、白羊皮装丁。背表紙に黒字で Villon 、表表紙右隅に 1533 と刷り込んであるというシックな出で立ち。こんなすばらしい装丁は小沢書店の本でも見たことない。》

白羊皮装丁とあるので、一昨日写真を掲げた『フランソワ・ヴィヨン全集』とは異なるようだ。Gallica(bnfの検索エンジン)で検索してみると、当該本はモノクロの本文ページだけしか閲覧できなかった。装丁がどうなっているかは今のところ分からない。一五四〇年版がAbeBooksに出ているが、これは赤い装幀である。さすがのお値段。

Gallica Les oeuvres de Françoys Villon


Les Oeuvres de François Villon. Les Cantiques de la Paix par Clément Marot.
Edité par Paris, Jehan Bignon, 1540

《ここでご案内しておくが、「ヴィヨン遺言詩」と名付けられる詩群は原本をもたない。いくつかの写本と印刷本が残っているだけなのである。「ヴィヨン遺言詩」と呼んでいるのは、十五世紀の末、一四八九年に、パリの出版人ピエール・ルヴェが出版した印刷本、『テスタマン・ヴィヨン』の表題に従っているだけのことである。》

《ルヴェ本ののちマロ本が出版されるまでに、パリやリヨンなどで二十種を超す刊本がかぞえられた。写本は主なものに四つあって、二つは「ベーエヌ」に、一つはその分館のアルスナール図書館に、もう一つはストックホルムのスウェーデン王立図書館にある。》

おそらく一昨日の書影は『テスタマン・ヴィヨン』であろう(引用した本に詳しい説明がないのです)。それならこちら。


なお、一番上のカラー書庫は『La Bibliothèque nationale / mémoire de l'avenir』(DÉCOUVERTES GALLIMARD,1991)より。モノクロ書影は『BIBLIOTHÈQUE NATIONALE』(ÉDITONS ALVERT MORANCE, 1924)より。以前にも一度紹介したような気はするが、まあいいでしょう。

# by sumus2013 | 2019-01-18 20:43 | 古書日録 | Comments(0)

津高家の猫たち

f0307792_17182183.jpg

外出した帰途、久しぶりに立ち寄った古書店で『津高家の猫たち』(東方出版、一九九五年一一月三〇日)を見つけた。二十四年前の今日、津高和一が自宅の倒壊によって亡くなったということは聞いていたが、その実際がどうであったか、その一端を知ることができる写真集だ。奇遇と思って購入した。(『わがヴィヨン』のつづきは明日)

吉野晴朗の写真(写真キャプション、あとがき)に、津高和一が猫について書いた短い文章が付されている。

f0307792_17181877.jpg
母屋の正面と石彫作品(1972年)と猫


津高家には主人の他に雪子夫人と十匹ほどの猫と一匹の犬が住んでいた。

《兵庫県西宮市で100年以上経っている古い農家の母屋と納屋を改築したギャラリーとアトリエが芝生の庭をL字形に囲み落ち着いた佇いを見せていた。門から続く細長い露地は外との結界になり、石畳も真・行・草と趣を異にしてやがて猫たちの遊び場の庭に入る。》

《秋には庭での個展や架空通信講座を催し建物、庭すべてが開放され、あらゆるジャンルの人々が集いこの時ばかりは猫たちよりも人間が多い津家であった。
 多くの人々の心の軸になっていた家は平成7年(1995年)1月17日午前5時46分の阪神淡路大地震のため倒壊、津高和一先生・雪子奥様が亡くなられた。そして一瞬のうちに先生の美意識で構成されていた空間も消滅してしまった。
 しかし幸いにも10匹の猫たちと震災3日後に瓦礫の下から救出された老犬モミはみんな無事だった。その後被災動物救援団体の人達にも手伝っていただき、今では静岡、高山、石川、和歌山、京都などで心優しい里親のもとで元気に暮らしている。》

以上は吉野晴朗「あとがき」より。津高家の猫の写真集は地震の前から企画されていたそうだ。

f0307792_17181583.jpg
先生の朝食後、猫たちは新聞に興味がない


f0307792_17181101.jpg
ミケコ家族と老犬のモミ、夏は玄関が涼しい



震災後、母屋の正面は下のようになってしまった。津高家の猫たちは二週間ほどの間にポツポツと自宅に戻ってきたのだそうである。

f0307792_17180724.jpg



毎年、震災のメモリアル・デイに合わせてギャラリー島田では津高和一の追悼展が開催される。今年は津高和一展 津高和一を偲んで、豊富な資料とともに」(1月19日〜30日)である。

ギャラリー島田

f0307792_17175938.jpg


# by sumus2013 | 2019-01-17 20:25 | 古書日録 | Comments(0)

ミッテラン図書館

f0307792_17094236.jpg

堀越孝一『わがヴィヨン』(小沢書店、一九九五年八月三〇日)冒頭にパリの旧国立図書館が登場する。一九九二年夏のこと。堀越氏は帰国直前にクレマン・マロが一五三三年に刊行した『フランソワ・ヴィヨン全集』を閲覧した。上写真がその『Oeuvres complètes de François Villon』(『La Bibliothèque nationale / mémoire de l'avenir』DÉCOUVERTES GALLIMARD 88,1991,より)だと思う。

f0307792_17094510.jpg
大閲覧室
設計はアンリ・ラブルースト Henri Labrouste


f0307792_17095040.jpg
コントロール(番台?)


《今日は、特別閲覧室、レゼルヴといっているが、そっちにじかにいくからと番台のマダムに断って、すんなり第二帝政様式の鉄傘下に足を踏み出す。レアル(いまはフォーラムなるショッピングモールに変貌してしまった往時の中央市場)やエッフェル塔に先駆けるパリ市最初の鉄骨建築の大ホールである。いつもはこの閲覧室に座席をとるのだが、今日はまっすぐ突っ切って、奥のコントロール、といっているけれど、さて、なんというのか、閲覧人図書出納管理機構とでもいうか、その番台の脇の石段をトントンと登り、腰高の鉄柵を押しあけて(たしか押したと思ったのだが)、迷路を右手にとると思い鉄板のドアがある。そいつを肩で押しあけて(いやまあ、そんな気分だということです)、たまたまそこで人に出くわすと、パルドン、メルシの応酬があって、そこでようやく階段にたどりつく。余計なことだけれど、セーヌ上流のベルシー河岸の方に計画中の「ミッテラン図書館」(いや、他意はありません。ミッテラン大統領の時代に多分竣工するであろう新国立図書館というほどの意味です)では、たぶんこういうのんびりした雰囲気はなくなるでしょうね。なにしろここは第二帝政の世界なのです。》

第二帝政というのは日本で言えば幕末・維新の時期にあたる。堀越氏は皮肉っぽく書いているが「ミッテラン図書館」という呼び方は、その後定着しているようだ。二〇〇六年にそこで貴重書を閲覧された冨岡郁子さんのエッセイにも出てきた。

BnF(フランス国立図書館)の発行する雑誌『Chroniques クロニック』78号

また、実際のところ、ミッテラン大統領は読書家だったようで、昨年十月には旧蔵書のうち現代の初版本や原稿類などのオークションがオークションハウスPIASAで開催された。文人たちとの交友関係もあったのだろうが、それ相当なコレクションと言っていいようだ。下記サイトから目録を見ることができる。


つづく

# by sumus2013 | 2019-01-16 17:22 | 古書日録 | Comments(0)

もよおしいろいろ

f0307792_20482125.jpg
クリエイター100人からの年賀状展
2019年1月23日〜2月28日

見本帖本店




f0307792_16352703.png
DOORS
タダジュン版画展
2019年1月18日〜2月3日

iTohen
http://itohen.info/exhibition/2018/12/30/doors/





f0307792_17220430.jpg
吉田謙吉と12坪の家
2018年12月7日〜2019年2月19日

LIXILギャラリー
www.livingculture.lixil/gallery/





f0307792_17220794.jpg
高須賀優
「なにもののためでなく 自分のためでもなく」展
2019年1月12日〜22日

東京両国シアターX(カイ)ギャラリー
https://www.sumida-bunka.jp/faci/シアターxカイ/




f0307792_20121149.jpg
岡上淑子 沈黙の奇蹟
2019年1月26日〜4月7日

東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/190126-0407_okanoue.html





f0307792_17021180.png
杉本秀太郎邸

竹林の隠者と洛中生息者 
富士正晴、杉本秀太郎
2019年1月5日〜3月27日

富士正晴記念館
http://www.lib.ibaraki.osaka.jp/?page_id=181









# by sumus2013 | 2019-01-15 20:52 | もよおしいろいろ | Comments(4)

冬の古本市

f0307792_20450772.jpg
第5回古書会館de古本まつり
http://koshoken.seesaa.net/category/23649937-1.html


# by sumus2013 | 2019-01-15 20:47 | もよおしいろいろ | Comments(2)

奇想の系譜さらに

f0307792_19554594.jpg

引き続き、辻惟雄『奇想の系譜』について。なるほどと思った見解を三つほど引用してみる。そのひとつが曾我蕭白の「群仙図屏風」に自画像が描かれているという説(憶測)!

《さしずめ江戸版グリューネワルトといったところだ。その右の、鳳凰に簫を吹いて聞かせる漢王の赭顔も、京劇の役者が隈取したように人間離れしている。右端には麻衣とおぼしき鎖帷子のような衣を着け、髪もひげも茫々の、香具師の親分然とした人物(麻衣子か?)が小手をかざしてあたりを睥睨しているが、このあたりがことによると蕭白の自画像のつもりかも知れぬ。》

上の図がその香具師の親分である。全体はこんな感じ。

f0307792_19554989.jpg
「群仙図屏風」右隻


蕭白は円山応挙を軽く見ていたが、池大雅には一目置いていたらしい。

《ところが一方で蕭白は、同じく当時の売れっ子である池大雅とは、ふしぎにうまが合ったらしい。大雅がある時、そば粉を得たので、一度食べに来られよと蕭白をさそった。蕭白はすぐに応じて大雅の家を訪れ、雑談に時をすごしたが、あまりにも話に熱中しすぎて、ついにそばを食うのを忘れてしまった。おそくなって帰るというときに提燈がない、大雅が行燈をさし出すと蕭白はそれを持って帰った、という話は有名である。》

二人の画風はかなりへだたっているように見えて、じつは共通の絵画に対する問題意識があったということだろう。だから話が合った。大雅のアトリエについては以前紹介したことがある。

『零録』2 池大雅

『近世畸人伝』池大雅

もうひとつは、歌川国芳とアルチンボルドとの関係。

《国芳は、苦心して集めた西洋画や絵入新聞などを大切にしていて、訪れる人に見せ、自慢かたがた、自分はこれに倣おうとするがとても及ばないと嘆息したという。おそらくそうした秘蔵のコレクションのなかに入っていたであろう、ジュゼッペ・アルチンボルドの流れを汲む〈合成された顔〉の翻案かと思われるのが、裸体で肖像や幽霊を合成した嘉永年間の〈工夫絵〉のシリーズ(「人かたまって人となる」、「みかけはこはいがとんだいい人だ」、「人をばかにした人だ」、「かさねのぼうこん」など)なのだが、ここでは、ヨーロッパ原産の奇怪な幻想をフンドシ、チョンマゲの純江戸的意匠へと鮮やかにスリ替えてしまった国芳の機知に刮目すべきだろう。

f0307792_19555870.jpg
歌川国芳


f0307792_19555554.jpg
アルチンボルド

嘉永(1848-1854)頃ならアルチンボルドが国芳に影響を与えていたとしても何の不思議もないか。アルチンボルドといえば図書館員の肖像というのもありました。いつ見てもすごい・・・

f0307792_19560186.jpg


# by sumus2013 | 2019-01-15 20:37 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

奇想の系譜

f0307792_16324067.jpg

あまりに有名でつい読みそびれていた辻惟雄『奇想の系譜』(ちくま学芸文庫、二〇〇六年四月十日五刷)をようやく。この文庫(定価1300円)も五刷とは、さすがだ。今となっては特段目新しい内容でない、というか、現在はこの本に登場する絵師たちが展覧会でも花形の地位に着いているのである。なかでも若冲の人気はひときわ高く、異常とも思えるほどだし、国芳も、狩野山楽、山雪もしかり、長澤蘆雪、岩佐又兵衛、曾我蕭白もそうである。初版は一九七〇年、要するに本書が昭和末期から平成にかけて(世紀末でもあった)の日本の近世美術の評価、方向性を定めた、と言えるわけだ。

これらの絵師たちはいずれも在世中はその「奇想」によって高い人気を博していた、ある意味スーパースターだったのだが、明治維新後にその存在が無視され始めることになる。なんとなく、短絡的に、軍国主義の風潮によって消されてしまうように見える、と推量しておく。だとすれば、彼らの桁外れなイメージというものは「平和」の産物なのかもしれない。血と異形に飢えた(あるいは脅かされた)平和である。

ということで、雲遅空想美術館の所蔵庫より、先年、ある古書店で求めた蕭白らしき掛軸を出してみた。

f0307792_16321494.jpg

ご覧の通り、宝玉?を見つけた蓬髪で異貌の人物が描かれている。印のひとつは蕭白と読めるように思うが、いかが。

f0307792_16321943.jpg


f0307792_16322339.jpg

本物なら、まさにお宝発見であるが、残念ながら、これは木版画なのだ。いつ頃作られたのか、手掛かりも何も見当たらない。そう新しいとも思えないけれど・・・乞ご教示。摺りはなかなかだと思う。

# by sumus2013 | 2019-01-14 17:30 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

A FAR ROCKAWAY OF THE HEART

f0307792_17003965.jpg

元ユニテさんの解体市に品物を出させてもらい店番をしていたため、京都マルイの新春古書市へ行くのが今日になってしまった。もう何もないかと思ったが、さすがにそんな心配はいらなかった(明日まで)。

ブルトンの『狂気の愛 L'amour fou』(folio, 1978)はちょうど原文で読みたかったもの。ファーリンゲッティの詩集『A FAR ROCKAWAY OF THE HEART』(NEW DIRECTIONS, 1997)も、ちょっと読んでみたいと思って購入。

Lawrence Ferlinghetti

その後、河原町通り沿いの肉屋でコロッケを揚げてもらっている間に少し読み始めてみる。


  # 3

A native-born New Yorker
I was from the Lower Inside
a part of town much favored by
addicts of the subjective
(a subjective group always being in investigated)
as well as buddhists
and their lower chakras
and others seeking salvations
from various realities
virtual or actual
And losing track
of where I was coming from
with the amnesia of an immigrant
I traveled over
the extrovert face
of America
But no matter where I wandered
off the chart
I still would love to find again
that lost locality
Where I might catch once more
a Sunday subway for
some Far Rockaway of the heart


うまく反映されなかったが、実際にはそれぞれの行によって行頭にそれぞれ違ったスペース(アキ、字下げ)がある。

# by sumus2013 | 2019-01-13 17:32 | 古書日録 | Comments(0)