林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


林園月令

f0307792_19510270.jpg

柳湾先生纂輯『林園月令』(万笈堂、天保二[一八三一]年序)の一。都合八冊あるらしいが、むろん均一で拾ったのはこの一冊のみ。

林園月令. [初編] / 館枢卿 纂輯 ; 伊沢信厚 参校

f0307792_19505899.jpg

詩を作る人のための袖珍(小型)アンソロジーである。巻一は春。昨日のつづきで花見はどうなのか、という話になるのだが、例えば『開元天宝遺事』(王仁裕が後唐の荘宗のとき長安にあって民間の故事を採集した書)から以下のような例文が引かれている。

《学士許慎選放曠不拘小節多與親友結宴于花圃中未嘗具帷幄設坐具使童僕輩聚落花鋪于坐下曰吾自有花裀何消坐具》

許慎は友人たちと花見に行って落花を集めさせて蒲団代わりにした。

《長安士女遊春野歩遇名花則設席藉草以紅裾逓相挿桂以為宴帷

長安の士女たちは春の野にピクニックに出てすばらしい花に出会うとそこで真赤なスカートで四方を囲み宴会の幕にする。

f0307792_19505666.jpg

要するに、桜の花とは限らないが、中国では古くから春になるとみんな酒や食べ物をもって野に出て、花や新緑を楽しみながらすごしたのである。もうひとつ例を引く。「江南春」の詩で知られる杜牧に「春日茶山、病不飲酒、因呈賓客」という五言律詩がある。『杜牧詩選』(岩波文庫、二〇〇四年)より。

 笙歌登畫船
 十日清明前
 山秀白雲膩
 渓光紅粉鮮
 欲開未開花
 半陰半晴天
 誰知病大守
 猶得作茶仙

大中五年(八五一)、茶山を仕事(製茶の監督)で訪れた杜牧は船の上で宴を張った。それが清明節の十日前……大中五年の清明節は二月二十八日(西暦四月七日)だというから、その十日前、日本ならちょうど花見頃になるだろう。しかしながら、どうやら杜牧は糖尿病だったらしく皆が酒を飲んでいるのに一人お茶で我慢している。花(桃の花か)は咲きそうでまだ咲いていない。

『陶庵夢憶』より「揚州の清明節」

清明節がどうやら日本流花見のルーツかもしれない。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-16 20:56 | 古書日録 | Comments(0)

覚えある

f0307792_17051507.jpg

今日は急に冷え込んだが、どうしたわけか近所のソメイヨシノがもう開き始めている。少し早いと思いつつも桜にちなんだ短冊をかかげる。

 覚えある山路や花に又ことし  霞丈

霞丈(でいいと思うのですが)は名古屋橦木町に住まった鈴木霞丈であろう。井上士朗のまわりに集ったグループの一人のようだ。(あくがれありく「47 山吹俳壇2」

ところで、昨秋、ツルニャンスキーのところでこのように報告した。

セルビアでは果樹の花というのは愛でるものではなかった。桜といえばさくらんぼであってそれは赤い実のイメージが第一に浮かぶ。これはロシアでも同じと沼野氏が後半の鼎談のときに補足しておられた。チェホフの「桜の園」はじつは「さくらんぼう畑」という訳の方が近いかもしれないと。

ヨーロッパやロシアには花見はないという見解である。ただし山崎佳代子さんが補足しておられたところによればセルビアに住むトルコ系の人々は花そのものを愛でる習慣をもつそうである。なるほどなあ、アジア的な価値観なのかなあとぼんやりと考えていたのだが、プルースト『失われた時を求めて5 第三篇「ゲルマントのほう I」』につぎのようにあるのを見つけて、おやおやと思った。

春がはじまっていたのにもかかわらず大通りの木々はまだほとんど芽吹いていないパリを離れて、環状線[サンチュール]の汽車がサン・ルーの愛人の住む郊外の村で私たちを下ろしたとき、どの小庭も白い大きな仮祭壇のような花盛りの果樹で一様に飾られているのを見て、思わず目を見張った。決まった時期になると、かなり遠方からでもわざわざ見物客がやって来る特別の、詩情豊かな、短期間の、自然が催す地域の祭りのひとつと言ってよかった。桜の花は白い鞘さながらにびっしりと枝に密着して咲いているので、遠くから見ると、ほとんど花も葉もつけていない木々の間にあって、日は差してもまだすこぶる寒いこの日、ほかでは融けてしまったのに低い桜の木の枝に残っている雪のように見えた。他方、大きな梨の木は、もっと広範囲にわたってまばゆいほどの白一色で家々やつましい庭を取り囲んでいたが、そのさまは、村のすべての家や地所が同じ日に、最初の聖体拝領をしている最中であるかのようだった。》(p353-354)。

梨の花と言えば、早春のイタリア、ボローニャを訪れたときに、梨の花がまるで日本の花霞のように見えたことを思い出す。桜よりもたしかに白いけれど景色としては花見にもってこいであった。

またゴッホが「花咲くアーモンドの木」だとか「モーヴの想い出」(桃の花)を描いていることも忘れてはならないだろう。浮世絵の影響ということもあったに違いないが(プルーストの頭にもそんなイメージがよぎったか)、十九世紀のヨーロッパ人も花見はしたのである。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-15 18:36 | 古書日録 | Comments(0)

田中啓介モダニズム作品全集

f0307792_19410718.jpg


田中啓介『造園学のリボンをつけた家――田中啓介モダニズム作品全集』(善渡爾宗衛 校訂、東都 我刊我書房、二〇一七年三月一三日、表紙・扉デザイン=夏目ふみ)が届く。表紙がマーメイドの黒というのは小生好みだが、田中啓介というのはどんな人だろうと開いてみるとこれがまたタルホそのまま、いやタルホよりいくぶんか甘ったるい、しかしなかなか見所のある小品ばかりで、ほほうと思った。

巻末に付された沼田とり氏の「田中啓介メモーーアタマのひびから入り込んだのは虹ではなく空虚だった」によればその経歴などはほとんど分っていないようだ。

《田中少年は、同じ中山手通りもずっと西寄りの弁護士の書生でシナ人のような滑らかな青白い肌を持って、カドのない丸い身体付きをしていた。ある夜、中山手通りに平行した北長狭通りの小さな喫茶店の文学的会合に彼は顔を出し、会が終わってもわれわれグループに随いてきたことから、とうとう準仲間になってしまった。》(稲垣足穂「カフェの開く途端に月が昇った」)

これは大正九年か十年のことだという。その後、昭和二年頃には上京しており、昭和六年から七年初めまでの間に江古田の東京市療養所において息を引き取った。田中の詩文集『モル氏の酒場』は足穂に預けられたままアパートに放置され焼失してしまったと回想されている。

どんな作品なのか、とりあえず短いパッセージを引用してみる。

《だが彼は、自由と耽美の南京小路にむかってくねくねハガネのように変色しながらいそいでいる。
 小路は暗々の快楽。
 豚屋で透麗なヂキタリスの夢を抱き鷄の足一本五銭は安いもんだ。
 こゝでは青物屋のヂストマも小便する。
 高い赤いペンキの広告塔の地下室は、酒場とダンスホール。
 彼はそこで、五尺五寸のあらあらしい支那娘のダンサアに飛びついて、リラリラリラと月の破片の白い毒をあおり、製鉄場のものくるおしいヂャズバンドのでたらめなリズムに沈んで行く。
 交錯した足と足と足のあいだに発生したゴムマリのようにこわれかかったコルセットの空間。
 電気マッチの抱擁がが[ママ]すむと、だまって支那娘のひだにしなだれかゝり、彼女の心臓にリトマス液を注いで飛び出した。》(「かなしきドン・ヂュアン」より、初出『文芸耽美』一九二七年一二月)

喫茶店の登場している作品からも少々。

《その頃、習慣のように、おそい昼をすませてから、あてもなく、そのくせむやみに待遠しい夜になるまでの退屈な時間を、草色のフランス製の香水瓶にドアをつけたとしか思われない喫茶店ローンの可愛らしいサロンで、やけにバットの煙をふかしながらすごしました。
 その日も、サロンの中に泡だったかん高い季節の匂いを感じながら、椅子を窓ぎわにもち出してむやみに退屈していたのです。
 窓の外は、くしゃくしゃにおしつまった雑然たる屋根がキュビイズムの画面になり、高い青空をひきさいたビイルヂングの窓にはマグネシュウムの光沢が煌き、白い街路にレールがひきずり出された腸のように乱れ、電車は白い夏服の坊ちゃんのオモチャになってしまうし、波止場あたりに眼を転じると、赤や黒の腹ばかりしかみえない碇泊船のマストは鉛筆だし、おしつまって幕のように黒いマストと煙突の間に色紙の赤青白などの万国旗がひるがえり、ランチにひきさかれた波頭は、ウラボウ、ウラボウと白く光っているのです。》

《退屈にねばりついた侘しさをプレイン・ソーダに沈ませた赤いチェリイの実とつぶしているとーー》

《それが、ある日いつになく、頭の上の緑色のセイドのついた電燈のつゝましい光が、ながれるまでしゃべり込んでいたのです。
 私は街に灯がついたのをみると、いつものように立ちあがって、自慢のフランスの飛行将校の使っていたと云う皮チョッキ姿でカウンタアにぼんやり頬杖をついているそこのマネヂャアにほゝえみかけながら、口をすべらせて、こう云ったのです。
 ーーさあこれからコーモリの活動が始まるんだ。》(「彼等と私たちーー彼等は虚を把もうとしているーー」より、初出『文芸耽美』一九二七年七月)

………。

f0307792_19411211.jpg


夭折の少年ダダイストの作品集成 (かなり危険な日記帳。)


田中啓介について参考になるテキストはないかなと思って検索していると、下記の論文を見つけた。稲垣足穂の登場とその文壇的な影響について手際良くまとめられている。

「稲垣足穂の〈文壇〉時代ーー〈登記〉と〈オリジナリティ〉」高橋孝次

ここから田中啓介に関係すると思われる部分だけを引き写してみる。

《例えば足穂も執筆した玉村善之助の雑誌「GGPG」には石野重道、平岩混児、近藤正治、高木春夫、田中啓介ら、足穂の神戸人脈の人々がこぞって参加し、同時期のライバル誌でもある村山知義の前衛雑誌「マヴォ」は、同誌について「結局、イナガキタルホをボール紙製の試験官で化学的色揚げをやつただけのことさ。一種の新感覚派さ」と「ギムゲム達」を十把一絡げにして「さあ、早くお月様とシルクハットの結婚式へ行き給へ。急がないと遅刻するよ」と締めくくっている。これは、「GGPG」の執筆者をタルホのエピゴーネンとして、くさしているのである。》

《石野は「GGPG」や「文芸耽美」、「薔薇・魔術・学説」などにも作品を発表しており、タルホ式の活動写真的スラップスティックは薄く、より審美的な色合いが濃いが、神戸的でエキゾティックな世界を分かち持っていた。》

《石野、猪原[猪原一郎]以外にも、高木春夫や近藤正治、田中啓介といった「GGPG」周辺の人々による、足穂とよく似たエキゾティックな神戸の雰囲気と「月星ガス体式材料」を用いた作品が現れること、つまり、足穂の発明による「技術」(=類型)によって模倣可能とみなされることは、極端に消費され、「新しさ」の価値も低下するばかりであることを意味していた。》

《青木重雄は『青春と冒険 神戸の生んだモダニストたち』(昭和三十四年四月、中外書房)で当時[大正末頃]の足穂の人気を振り返り、「稲垣はすでに中央でも新人中の新人として認められていたから、彼の廻りにはタルホ熱にうなされた文学青少年が数多く集ってきていた。また、彼の刺激を受けた亜流文学作品が、前に述べたいろいろな同人文学誌にも無数に掲載されていた。まったく当時、イナガキ・タルホの名は神戸文学の代名詞だった」と述べている。》

そのマヴォと「GGPG」の違いについて北園克衛はこういうふうに書いている。

《私たちは「ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム」」という文芸雑誌を発行した。すでに私たち未来派、表現派、立体派については精通していたし、構成派やダダ、についても知っていた。高橋新吉らのダダはどうも汚くて面白くなかった。村山知義をリイダアとする意識的構成主義はその頃のジャーナリズムをよろこばせた。三科の造形運動は、ダダと構成主義の狂暴な突風となって強烈なスキャンダルを矢つぎばやに生みだした。かれらは、地震のために到るところに捨てられた鉄骨や廃品で、芸術のスキャンダルをつくったが、そこは政治、経済、社会に対する鋭い抵抗が諷刺が露骨にあらわれていた。この三科の一群のなかからMAVOという雑誌が創刊された。しかしその詩作品はまだ文学運動以前のものといってよかった。私たちは、MAVOとは全くちがった角度で詩を考えはじめていた。何よりも先ずその態度が知的で自由であることだ。私たちはそれをロシア語やフランス語やイギリス語でなく、ドイツ語でインテリギブレ・フライトハイトと呼んでいた。》(北園克衛「昭和史の前衛運動」昭和三十二(一九五七)年三月)

土壌は同じでも咲く花はそれぞれ。「さまざまな意匠」というのか、いや「蓼食う虫も好き好き」という方がいいかも……。この引用は野川隆の評伝サイトからいただいたのだが、このサイトの情熱にも驚かされる。

變電叢書刊行準備【野川隆評伝:前期】Gの震動—1901〜1927  第三章 疾走期【関東大震災と「Gの發音の震動數と波形」たる『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』・橋本健吉・稲垣足穂・暴れる玉村善之助】


[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-14 17:53 | おすすめ本棚 | Comments(0)

あゝ無情

f0307792_20005501.jpg


ヴィクトル・ユーゴー『Les Misérables TOME1』(LIBRAIRIE GENERALE FRANÇAISE, 2009)、なんと982頁という厚さ。一年かかってしまったが、なんとか全頁をめくり終えた。読むには読んだが、単語をていねいに調べて理解したわけではないので、まあ、めくったという程度である。もちろん粗筋は子供のころからなじんでいるし、映画やドラマも見た記憶がある。原作も新潮文庫(佐藤朔訳、全五巻)を読了している。ただし三十年近く前なので改めて読み直すとほとんど断片的にしか覚えていなかったことが分った。水汲みのシーンだけはくっきりと記憶にあったのが不思議なくらい。

フランス語そのものはそう難しくはないが、とにかく饒舌文なのでむやみやたらに知らない単語が目の前を通り過ぎて行く。非常に念入りな(ようするに退屈な)描写もえんえんと続く。とくにナポレオンの戦い方などはやたらに詳しく叙述されている。そうでなければ、この四分の一くらいの分量でまとめられると思う。プロローグから神父の燭台を盗んで許されるまでがまた長い。神父の人格の説明というか前置きがこんなに長いとは邦訳で読んでいるはずなのに想像すらしていなかった。それでも読ませる。筆の力はさすが。

パリに隠れ住んでからもうまく山場をつくっている。ジャヴェールに追跡されるくだりもスリル満点。銃撃戦などがなくてもこんなに面白く書けるのだ。ジャン・ヴァルジャンが棺桶にもぐりこみヴォージラル墓地に埋葬され、マリウスがコゼットに出会うのがリュクサンブール公園ということで『Les Misérables』はパリの小説とも言える。で、千頁近く読んでやっとマリウスの前からコゼットとヴァルジャンが煙のように消えてしまうところまでたどりついた。まだまだ道のりは長い。とはいうものの第一巻のみ百円で入手したため、第二巻(TOME2)はまだ手に入れていないのである。さて、続きは読めるのだろうか。

フランス語で読んでいる間に子供向けの日本語版を二冊求めた。森田思軒『哀史』そして黒岩涙香の『噫無情』(『萬朝報』明治三十五〜三十六年連載、単行本は扶桑堂から三十九年に前後篇二冊刊)をはじめとして数多くの邦訳が出ているので蒐集アイテムとしてはかなり魅力のあるタイトルだろう。小生が求めたその一冊は

f0307792_20014514.jpg

ヴイクトル・ユーゴー『あゝ無情』(諸星洪 編、玉川出版部、一九四八年三月五日)。この本は一九七七年に『レ・ミゼラブル あゝ無情』(玉川こども図書館)として再刊されているようだ。ユーゴーの肖像口絵、他に「天使にかこまれるユーゴー」というカラー図版も巻頭に配されるなど時代を考えるとなかなかの豪華版。本文にも挿絵が随所にある(作者不明)。

f0307792_21201466.jpg

f0307792_20015779.jpg

もう一冊はこちら

f0307792_20013966.jpg

ユーゴー原作・山田継雄著『新月少年世界文学 ジャン・ヴァルジャン物語』(新月社、一九四九年八月五日、装幀・挿絵=黒木実)。水汲みシーンが表紙になっている。山田継雄著とあるように翻案である

ついでにどんな訳本があるのか国会図書館で検索してみると、気になる著者名をいくつか見つけた。吉田絃二郎『ああ無情』(光洋社、一九五一年)だとか富沢有為男『あゝ無情』(少年少女新選世界名作選集、一九五八年)だとか伊藤佐喜雄『児童世界文学全集 あヽ無情』(偕成社、一九六〇年)である。プルーストの井上究一郎も『レ・ミゼラブル』(河出書房新社、グリーン版世界文学全集)を訳していた。フランス文学のドル箱(フラン箱?)だったようである。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-13 21:19 | 古書日録 | Comments(0)

鑛物標本

f0307792_12041630.jpg

『鑛物標本』(大日本レトロ図版研Q所、二〇一七年二月二七日)が届く。昭和十年代末に作られた木箱入り鉱物五十種集合標本の鉱物をひとつひとつ同時期の鉱物図鑑の図版とともに紹介する、という凝った造りの図録である。鉱物好きにはたまらん。小生、さほど理科は得意というわけではなかったが、岩石や植物の美しさには魅了されてきた。この五十種集合標本は見事だ。思わずジョゼフ・コーネルを連想するほど。

《本書に掲載した標本及び図版出典文献は、すべて大日本レトロ図版研Q所の所蔵資料です。またその撮影も当研Q所で行いました。また参考資料につきましても、古い書籍に関しては当研Q所架蔵のものがいくつもあります。当研Q所では、主として西暦一八六〇年代後半から一九二〇年代前半に日本国内で刊行された、自然科学・医学・薬学・地理学・女子教育・名所案内・商業デザインなどの分野の魅力ある図版を含む書籍・雑誌類や器械カタログ類、新語流行語を含む日本語の字書辞典類などを中心に、独自の視点で資料を蒐集しております。》

今後もさまざまなテーマのヴィジュアル資料を編纂するとともに資料公開も予定しているそうだ。大日本レトロ図版研Q所の活動に注目すべし。販売などについての問い合わせは下記へ。

大日本レトロ図版研Q所Lab4RetroImageJP

大日本レトロ図版研【きゅー】所

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-11 16:00 | おすすめ本棚 | Comments(0)

本の柱

f0307792_20351437.jpg

所用あって岡崎公園方面へ。古書ヘリングに立ち寄る。本がますます殖えている。天井までとどく本の柱が何本も! これが全部売れたらねえ、などと益体もない妄想話に興じる。

途中、水明洞の跡には自転車屋が開店しているのを確認。うどん屋のところも水明洞二号店だった。中井書房さんはがんばっておられる。

f0307792_20351662.jpg

ヘリングからの帰宅途中にも二軒ほどのぞく。その一軒目でのできごと。一人の外国人、小柄な白人(おそらく英米の方)の中年男性、が手提げ袋を持って入ってきた。まっすぐ帳場へ。
「じつはこんな本があるんですが……」
流暢な日本語で袋から取り出したのは大判の世界美術全集の一冊。
「あ〜、これはねえ……」
と店主はしぶい顔。
「お金いりません。本が好きなので捨てることができないのです」
「お気持ちは分ります……けどねえ、これは……」
さらに底の方から単行本のひとくくりを取り出す。
「とても面白い、いい本です」
ちらりと見ると吉川英治の『宮本武蔵』である。
「うーん、これもちょっと……」
「これ、面白い本です」
「そうなんですけどねえ……」
「本が他にもいっぱいあって、スペースがなくて置いておけないのです。お金はいりません」
「うーん、でもねえ……」
「どこか、他にもらってくれるところありますか?」
ご主人はこのまま突っぱねてしまうのか、ハラハラしなが聞き耳を立てる。
「わずかで申し訳ないですけど、300円でいいですか」
「お金はいいです」
「いいえ、うちも商売なのでお払いします」
やれやれ、ご主人の英断(?)で一件落着。男性は満足そうに三百円を受け取って帰って行った。こちらも何とはなしにホッとした。均一に出せば売れるかも(売れないか……)。
二三の雑本などを求めて支払いのときに
「この前も変ったお客さんが来てましたよね」
と水を向けると
「そういえば、そうですね、お客さん(小生のこと)が見えてるときに限ってですよ(笑)」
え、変な客を呼ぶ変な客……。

いろんなお客さんが来ますね…

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-10 21:22 | 古書日録 | Comments(0)

木と石

f0307792_21000193.jpg
f0307792_21000723.jpg


林哲夫「木と石」
2017年3月17日(金)・18日(土)・19日(日)
アートフェア東京2017 ブースNo.N77

アートフェア東京2017
https://artfairtokyo.com


f0307792_20583661.jpg

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-09 21:39 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

風来坊ふたたび

f0307792_20234781.jpg

岡崎武志『詩集風来坊ふたたび』(古書善行堂、二〇一七年三月二八日)の本紙校正が届いた。とくに問題はないようなのでこのまま製本の工程へ進む。二十日過ぎには出来するのではないかと思う。ご予約は古書善行堂へ。

カバー、表紙も含めて写真を九点ほど使用している。詩(全体に散文の歩調である)のじゃまにならないよう、できれば相乗効果が出るようにとこころがけた。

f0307792_20234538.jpg


f0307792_20234015.jpg


f0307792_20233813.jpg


f0307792_20233464.jpg

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-09 20:33 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)

石神井書林古書目録第伍號

f0307792_20372267.jpg

『近代文学古書目録石神井書林・在庫書目第伍號・昭和伍拾玖年神無月』(石神井書林、一九八四年一〇月)。この第五号が加わって三号から八号までは揃った。

『石神井書林古書目録』

『石神井書林在庫速報』臨時号

f0307792_20372496.jpg

小生の興味の範囲で言うと北園克衛のページがやはり気になる。

《168 ハイブラウの噴水 カバ 北園 克衛 昭和16 三〇、〇〇〇
「天の手袋」以降の随筆詩論を集成したもの。モダニズムの雰囲気を鮮烈なイメージで表す表紙の装幀は著者自身による。稀に見る極美本。〈写真ー9頁〉》

《170 黒い火 特製30部 函 北園 克衛 昭和26 四〇、〇〇〇
「夜の要素」他衝撃をもって迎えられ12篇の詩よりなる。著者の詩法のひとつの頂点に至ったともいえる一詩集。本書は限500部の内の特製30部本。著者肉筆デッサン(四色彩色)入。署名入。厚表紙装本文コットン紙二色刷。稀本。〈写真ー9頁〉》

f0307792_20372603.jpg

最終ページに写真の出ている『茶煙亭句帳』もちょっと凄い。

《茶煙亭句帳 折帖仕立による肉筆連句帖(15名) 四五、〇〇〇
巻頭に「昭和19年於大森茶煙亭」とある。執筆者は以下の各氏。瓦蘭堂(北園克衛、肉筆絵入)・城左門・茄号(那須辰造)・安住敦・安藤一郎・近藤東・高祖保・鬼子(乾直恵)・茶煙亭(岩佐東一郎)他増雄騒々亭らの名が見られる。巻末に蒐文洞(尾上政太郎)の歌一首を収める。〈写真ー64頁〉》

64頁右上の『ゲエテ頌』は江川書房の限定100部本。本文耳付き雁皮紙(目下「日本の古本屋」に一冊出ている……六万円也)。

裏表紙の見返しに自家出版物の広告。〈現代短歌館叢書1田島邦彦第一歌集『晩夏訛伝』と現代短歌館叢書2〉村野幸紀第二歌集『メヌエット』。他に取扱出版物として喇嘛舎、なないろ文庫、友愛書房の刊行書が並ぶ。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-08 21:16 | 古書日録 | Comments(0)

ビーズ

f0307792_20241161.jpg


このビーズのブレスレットはパリのアフリカ・オセアニア美術館(musée national des Arts d'Afrique et d' Océanie)のミュージアム・ショップで求めたもの。一九九八年春のことだからもう十九年前になる。アフリカのどこだったか、今ちょっと忘れてしまったが、このシブ派手にすっかりまいってしまったことを思い出す。

この美術館はパリ市内の東の端、十二区、ポルト・ドレーにあった。一九三一年の植民地博覧会の会場として建てられ、その後、植民地博物館(musée des colonies)、海外フランス領博物館(musée de la France d'outre-mer)そしてアフリカ・オセアニア美術館として二〇〇三年まで使われていた。その後、ケ・ブランリ美術館(musée du quai Branly、二〇〇六年開館)ができることになったためアフリカ・オセアニア美術館の収蔵品もそちらに移された。二〇〇七年から移民歴史博物館として再開しているそうだ。

そのときちょうど閉館時間が迫っていて(時間を勘違いして遅れた)三十分くらいしか残っていなかった。小走りにその豊穣なアフリカおよびオセアニア美術の展示を見て回ったため息があがってしまったほどだった。しかし見ておいて良かった。ケ・ブランリの方がもちろんずっと規模も大きく収蔵数も桁違いなのだが(アンドレ・ブルトンのコレクションも一部はここに収まっている)、とくにアフリカ美術のまとまった展示を見たのは初めてだったので印象はずっと深いものがある。

ミュージアム・ショップも品揃えのセンスが良かった。この点でもお土産屋然としたケ・ブランリより上等だったような気がする。そこで、あれかこれか目移りしながらこのブレスレットに惹きつけられたというわけだ。直径は五センチ。なんとか小生の腕にもはまる。

f0307792_20242434.jpg

国立民族学博物館の『月刊みんぱく』四七四号(二〇一七年三月一日)ビーズ特集。だから上のブレスレットを取り出してみた。六月六日までやっているビーズの展覧会、これは見ておきたい。

開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」

《かつて、ダチョウの卵殻からできたビーズは人類が最初に作ったビーズであるといわれていた。四万年も前のことである。現在では、貝の方が古くて、一〇万年も前のことになっているが、いずれにしても、わたしたち人類が誕生してから現在まで、ビーズは存在し続けてきた。》

《世界中のビーズをみていると、人類によるものともののつなぎ方には、普遍的な特性がありそうだ。一列にして円状にするのが、どこでも基本のようである。しかし、その形は類似していても人びとはそれぞれ独自の意味づけをおこなってきた。古代エジプトでは、青緑色のファイアンスビーズが使われており、死からの再生のための祈りが込められている。チベットでは、石でできたビーズは魔除けである。数珠[じゅず]は、仏教では一〇八個をつなげることに意味をもったりするほか、イスラーム教、キリスト教のカトリックでも共通にみられ、人びとの祈りの場面には欠かせないものだ。》(池谷和信「世界はビーズでつながっている」より)

[PR]
# by sumus2013 | 2017-03-07 21:25 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)