林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日常学事始・人生散歩術

f0307792_15123497.jpg

荻原魚雷『日常学事始』(本の雑誌社、二〇一七年七月一四日、カバーイラスト=山川直人、デザイン=戸塚泰雄)そして岡崎武志『人生散歩術』(芸術新聞社、二〇一七年七月二五日、デザイン=美柑和俊+中田薫)を読了。

二冊はなんだかよく似ている。まず、見た目。どちらも漢字五文字のタイトルである(ちなみにどちらの版元も五文字で神田にある)。どちらも並装でカバー・帯が二色刷りである。マットな上質紙を使っている(光沢紙ではなくコーティングもない)。どちらもカバーに人物イラストがある(表紙にもイラストがある)。装幀や装丁ではなくデザインという言葉を使っているのも共通だ。

そしてコンセプトも似ている、というか同じだな、これは。

お金はないけど、無理せずのんびり生きていく
こんなガンバラナイ生き方もある

そして、そして、何より、どちらもWEB上で連載された文章をまとめたものなのである。

ということで刊行日の早い魚雷本から紹介するが、これは間違いなく魚雷本のなかのベストじゃないか。編集者の宮里潤氏が「洗濯ネットみたいな話を書いてみませんか」と提案したことがそもそもの発端だという。宮里氏、さすがだ。これまでの魚雷本はほとんどが本と自分の関係について書かれている。それはそれでユニークな視点を持っているが、本書はリアルな実生活がテーマであり、日々さまざまな生きるという難問をくぐりぬけていく、その魚雷哲学とも言うべきその方法論が展開されていて感心させられることしばしば。

ミコーバー派とか割り勘の不条理話も印象に残るが、やっぱり本の話。「「捨てたい病」の研究」。むしょうに物を捨てたい衝動にかられるときがある。誰しも、あるはず。

わたしは古本好きの仲間うちからは、キレイ好きだといわれる。しかし、からだを横向きにしないと部屋を行き来できないような住居に暮らす人たちに褒められても嬉しくない。古本関係以外の知人が、家に遊びにくると、「倉庫みたいだね」と笑われる。
 片づけても片づけても本と紙の資料が減らない。二、三百冊ほど本を売っても、これっぽちもビフォーアフター感を味わえない。

床に積まれた本を手にとり、「もし必要なら、本棚にいれる。それが無理なら売る」と自分にいいきかせる。すると、今、本棚にある本をどれか一冊抜かないといけない。それで迷う。いつまで経っても片づかない。

そうそう、整理ということではこの難関が待っている。

今はなるべく考えないようにしているが、親が暮している乱雑きわまりない田舎の家のことをおもうと気が滅入る。帰省するたびに、「誰が片づけるとおもってんだよ」と文句をいいたくなるのだが、当然、その言葉は今の自分の住まいにも跳ね返ってくる。

みんな通る道だよ……。次に書く本は決まったな、親との付き合い方(魚雷版『シズコさん』!)、これ絶対面白い本になるはずだ。期待してます。

岡崎本はあこがれのアイドルたちの伝記である。井伏鱒二、高田渡、吉田健一、木山捷平、田村隆一、古今亭志ん生、そして書き下ろしの佐野洋子。シブイ渋いアイドルたち。

いずれも、なるべく肩の力を抜いて、風にそよぐままに生きた人たちのように思う。私は、彼らの著作や仕事から多くのことを学んだ。その意味で、井伏鱒二の小説も。高田渡の歌も、田村隆一の詩集も、私にとっては、人生の「実用書」なのである。》(あとがき)

肩の力を抜いてというのは読んでいても感じられる。次のようなくだりは漱石かと思うような名文。

人間なんて、ずいぶん窮屈な動物だと思うことがある。国籍や人種、あるいは身分に縛られ、法律に規制され、お金がなくては生きていけない。服も着なくちゃいけないし、視力が弱るとメガネも必要だ。歯医者にも通ったりして。しかも、長生きだと百歳近くまで生きなければいけない。一説によるとほかの動物なら、犬ネコで十四〜十五歳、ゴリラが三十五歳、キツネが七歳、ハムスターなら三歳、だという。これだけめまぐるしくいろいろなことをこなした上での、人間の百歳は長過ぎる気がする。
 しかし、ときに古今亭志ん生みたいな人が現れて、その窮屈な部分を打ち破ってくれる。いろいろ頭でっかちになって考え過ぎて、自分で作る壁を、最初から作らないというのか、生きる「幅」みたいなものを広げてくれる人だと思うのだ。》(古今亭志ん生

古今亭志ん生は高座で居眠りをしたそうだ。

起こそうとする客に、別の客が「寝かせといてやれ」と声をかけた。喋らないで、寝ている姿だけで客は楽しみ、満足したのだ。》(同前)

眠るといえば高田渡。同じくライブ中に酔っぱらって眠ってしまったことは伝説となっている。ところが本当に岡崎氏がインタビューしている目の前で高田渡は眠ったのだ!

その伝説を目撃できた。かなり酒が進み、言葉が途切れて沈黙したかと思うと、身体が傾き、やがて小さないびきが聞こえ始めたのだ。ライター生活、この時十年目で、何百と取材をこなしてきたが、取材対象が眠ったのは初めて。しかし、うれしかったなあ。》(高田渡)

……すごい、というのかほんとにガンバラナイで生きているのかもしれない。あるいは単なる飲んべえなのかも。飲んべえと言えば、岡崎氏が取り上げている男たちは全員大酒飲みだ。岡崎氏自身も酒を休む日はないという暮らしのようである。また魚雷氏もよく飲んでいるようだ。なんだかんだ理屈をつけてみても、結局、酒こそが、とりあえず、ひととき「のんびり生きる」ための魔法なのではないか。

魚雷本の「あとがき」にこうある。

生活を疎かにすると、気持ちが荒む。かといって、過度にストイックな暮らしは長続きしない。のんびり寛げる環境を作るのは簡単なことではない。
 無理のない快適な生活ーーそれこそが「日常学」の目標だとおもっている。

二冊は似ていると書いたが、岡崎本は日常を逸脱した酒豪伝だ。その意味では対極にある内容とも思えるのである。


[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-30 21:17 | おすすめ本棚 | Comments(2)

詩草

f0307792_18574950.jpg

菊池蘭蔵藁『詩草 岐山木蘇先生批』。久し振りの漢詩集、というか詩稿を入手した(三月の三宅三郎(半聾)『片仮名付百人一詩次韻集』以来

木蘇岐山は大正五年歿、美濃の人。名は牧、字は自牧、別号に三壺軒主人、五千巻堂主人。晩年には大阪毎日新聞の詩欄を担当した。

菊池蘭蔵については『ふるさとの人物』(珠洲市、一九六八年)に略伝が出ている。ほぼ独学の人のようだが、なかなか面白い生涯を送ったようである。

f0307792_18575132.jpg


f0307792_18575338.jpg


f0307792_18575521.jpg

菊池蘭蔵は日清戦争に従軍したそうだから、上の「攻撃平壌之夜」「題裘」から「従王師於冰雪中墮武敏」「二月四日」「招魂」と続く諸篇はその時期に作られたのか。伝によれば戦地から郷里に送った詩稿を

木曾岐山(漢詩をよくした画家)に見せたところ、支那の大家の物したものだろうといってきかなかったという。

とあるが、もしこのノートの朱が岐山によるものと考えるなら、はたくさん付いているものの添削も甚だしいので、そこまで礼賛したものかどうか。

f0307792_18580110.jpg

「回文」と題された作があり《円転滑脱、如珠走盤、是為回文正躰/丁酉夏七月初二》と達筆の朱が入っている。丁酉は明治三十年。とすれば日清戦争(明治二十七、二十八)から三十年までの間に作られたノートということになるのであろう。

f0307792_18580442.jpg

「名 鼎」と「字 子〓[タン;髪のたれさがるさま]」と題された七言絶句。自分自身の幼少を歌ったと思われる。とすれば《壬戌予生海隅》の「壬戌」は文久二年(一八六二)である。明治三十年には三十五歳ということになる。伝には六十で歿したとあるので歿年は一九二二年(数えなら一九二一年か)。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-29 20:16 | 古書日録 | Comments(2)

紫水晶第13号

f0307792_20320788.jpg

佐々木桔梗発行の書物誌『紫水晶』第十三号(プレス・ビブリオマーヌ、一九六三年十二月)を頂戴した。頂戴してばかりで恐縮、深謝です。中綴じ十二頁。本文は手漉和紙(耳付楮紙)、活版刷(仁川堂川橋得三郎)、図版は別刷り貼り込み。限定130部。特集「愛書巴里・東京」と題して発行者架蔵の珍書を紹介している。ジャン・コクトオのデッサン集『おかしな夫婦 DRÔLE DE MÉNAGE』、神戸で発行されたシュルレアリスム詩誌『海盤車[ヒトデ]L'ÉTOILE DE MER』の「ポオル・エリュアール頌」(一九三二年)。近岡善次郎の『唖の画家 PEINTRE MUET』(私家版、一九五九年)、都筑道夫・真鍋博『クレオパトラの眼』(朝日出版、一九六一年)など。他に八木福次郎「荷風本二、三」の寄稿もある。

ここまで自慢できるほどの本は持っていないけれど、ちょっとこの真似をして粋な冊子を作ってみたいな、と思わせる一冊である。

f0307792_20320903.jpg


f0307792_20321189.jpg
f0307792_20444034.jpg

巻末「アメチスト・サロン」という雑報欄がまた興味深い。

熱田図書館で松尾禎三コレクションの「ぼく東綺譚展」/みちのく豆本から斎藤磯雄『ふらんす詩選』/水曜荘主人酒井徳男『蕎麦猪口版画集』/宮崎大学図書館で山下イワオのコレクション「一字題名本展」開催/花柳章太郎『わたしのたんす』(三月書房)/関西ライカクラブの機関誌『LEICA CLUB KANSAI』/池田満寿夫個展(日本橋画廊)パンフレット/北川冬彦詩集『蟇仙人』限定版/庄司浅水『わが愛書の記』限定版(帖面舎)……などなど。

池田満寿夫個展パンフレットに瀧口修造が寄せた詩「朝食のときから始まる池田満寿夫についての言葉」を著者は引用している(最後の部分だけ)。ネット上には出ていないようなので引き写しておく。ただし小生が適当と思うところで改行した。

………かれは鳥である。
ちょうど壁の前に降りるように
金属板の上に降りてきた鳥である
かれが鳥に似ているって?
私は似ていることを望みたい、すくなくとも。
ある行為をする鳥。恋をする鳥。ふたたび恋をする鳥。
あなたであり、私であり、同時に私たちの前にいる画家であるMであり、Iである鳥


f0307792_20321658.jpg

奥付のカットは北園克衛だそうだ。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-28 21:42 | 古書日録 | Comments(0)

テニスの仕方

f0307792_16335143.jpg

針重敬喜『硬球・軟球 テニスの仕方 アルス婦人叢書』(アルス、一九二四年八月一五日)を頂戴した。深謝です。これは意外な珍本かもしれない。

著者の針重敬喜(1885-1952)は山形生れ、米沢中から早稲田大学英文科に入り本格的にテニスを始めた。卒業後、読売、東京日日を経て明治四十五年に押川春浪の武侠世界社に入社。押川亡き後は実質上の社主を務めた。大正十二年に退社しテニス雑誌『ローンテニス』を発行。日本庭球協会の理事・顧問。プレーヤーとしても活躍。画家の小杉放庵とダブルスを組んだという(以上ウィキを要約)。とすれば本書は武侠世界社を辞めた直ぐ後に執筆した本ということになる。

f0307792_16335498.jpg


f0307792_16335700.jpg

アルス婦人叢書だから巻頭口絵には女子選手の写真が掲載されている。テニスの歴史にはまったく不案内なのでこころもとないが、羽仁は自由学園の羽仁説子、梶川は女子の草分け梶川久子かと思う(本書には名字だけしか記されていない)。また一番多く九枚の写真が使われている黒井選手は大正十三年の第一回全日本女子選手権で優勝した学習院の黒井梯子であろう。当時の花形だった。それにしてもこのスカートの長さ……

学習院大学硬式庭球部 部の歴史

f0307792_16340077.jpg

男子では熊谷選手(熊谷一弥、大正九年アントワープ五輪で銀メダルを獲得=日本スポーツ界初のオリンピック・メダル)と福田選手(福田雅之助、大正十一年全日本選手権初代の覇者)のプレー写真が掲載されている。

テニスは最初英国で創められたものであります。只今のものとは様式が違つて居りますが、それが時を経るに従つて現在のものゝやうに変つて来たのであります。日本に伝はつたのは明治十二年頃とも云ひ、十八九年頃とも云ひ、伝へた方は東京高等師範の教授でもう故人となられた坪井玄道氏とも云はれ、又他に二三の人が数へられますが、判然した事は解りません。何れにしましても早くから東京高師、並に今の一ツ橋の商科大学(元の東京高商)などに広く行はれ、それから慶應、早稲田、各種専門学校から各地方の学校に行はれるやうになり、更に個人、倶楽部などにも流行するやうになりまして、現在では都鄙到る所行はれない所は無い位普及して居ります。》(テニスの大要)

日本へのテニス伝来(日本テニス協会)

本書の奥付に見える発行所住所は東京市小石川区表町一〇九番地。アルス婦人叢書」は大正十二年に創められ昭和三年刊までは確認できる第三篇『新しい編物』(大正十二年五月十日発行)奥付に記された住所は京橋区尾張町新地五号である。

アルスは大正十一年三崎町通りの割烹学校の二階にあったと柴田宵曲が書いているらしいが、それは当時のアルスの奥付によると神田区中猿楽町十五番地で、大正十一年の中頃(?)にはそこから銀座尾張町に引っ越したと思われる。そして関東大震災によって小石川へ移転した。

検索してみると中猿楽町十五番地は日東通信社所有の建物だった。それを大正十年七月に日華学会が購入している。三階を借りていた東京割烹学校は移転を余儀なくされたらしい(日華学会第五回報告)。アルスについてこの報告書には書かれていないようだが、さて?

f0307792_16340480.jpg


f0307792_16340653.jpg


[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-27 20:50 | 古書日録 | Comments(0)

働く人

f0307792_19455053.jpg

先年、日本でも展覧会のあったカイユボット作「建物のペンキ塗り」(一八七七年)。パリだろうと思うが、このだだっ広い通りはどこだろう? さて、この絵から百四十年を経て現在のパリで働く人たちは……と思うと、ほとんど変ってないかも。

f0307792_19485783.jpg
サン・メリ通り Rue Saint-Merri


f0307792_19485996.jpg
ボーヌ通り Rue de Beaune


f0307792_19490237.jpg
BHV(べアッシュヴェ=百貨店)のハンバーガーショップ



[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-26 19:58 | 巴里アンフェール | Comments(0)

岩淵龍太郎先生を偲んで

f0307792_19325883.jpg

今年の一月五日に催された「岩淵龍太郎先生を偲んで〜コンサートと感謝の会」での演奏がCDにまとめられた。そのパンフレットに続いてCDのジャケット、冊子、盤面のデザインもさせていただいた。CD製作サイトというのを初めて使ったのでちょっともたついたが(冊子はイラストレーターで面付けしないといけなかった)何とか仕上がりました。

岩淵龍太郎先生を偲んで〜コンサートと感謝の会

[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-26 19:38 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

第51回造本装幀コンクール

f0307792_20555164.jpg

「花森安治装釘集成」が、第51回造本装幀コンクール日本書籍出版協会理事長賞(専門書=人文社会科学書・自然科学書等=部門)を受賞しました。とりいそぎ、ご報告いたします。


[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-26 17:35 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)

開店いたしました!

f0307792_19304075.jpg

麥書房の開店チラシ。某書店さんより頂戴した。深謝です。ガリ版刷りの一枚(タテ183ミリ)。裏面は白。小田急梅が丘駅下車三分。羽根木公園に接して店があった。ただし山下武『古書のざわめき』によればそれ以前(昭和四十年頃)には中目黒の商店街で店を出していたようである。

梅ケ丘の店舗は公園の土手に面したさびしい場所で、昼でもまったく人通りのない、およそ商売には不向きな場所だった。店主もそこのところは百も承知で移転したはずで、まもなく「サロン・ド・ムギ」という通販目録を発行し始めた。A5判の瀟洒な孔版刷ながら、蒐書傾向に独特な味がある。値付けは他店より二、三割高。しかし面白い物も出るので毎回のように注文したが、顧客も多いとみえクジに外れることのほうが多かった。

そのうち彼は立原道造の著作の刊行に熱中して古本屋稼業の方は開店休業の有様となり、いつしか店も閉めてしまった。
 その兆候が最初に表われたのは、店の棚の半分以上を新聞紙で包んだ文芸雑誌のバックナンバーが埋めるようになった頃からである。呆れ顔で棚を眺めている僕に向って彼の言った言葉がいまも耳に残っている。
「単行本より雑誌が貴重です。単行本は売ってもまた手に入りますから」
 ほどなく彼が道造の著作集や書誌類の出版を始めたことで、その理由がはじめて納得いったことだった。

麥書房堀内達夫については田村七痴庵が『古書月報』404号にその伝を執筆しているようだが、今手許にないので、このくらいの紹介でお茶を濁しておく。



[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-25 20:00 | 古書日録 | Comments(2)

ラ・エー(垣根)

f0307792_19513186.jpg

パリで頂戴したDVD「LA HAIE(垣根)」(2011)。じつに面白い作品だと思った。アラン・ドゥアイー(ALAIN DHOUAILLY)氏のシナリオ、撮影、監督。奥さんのキョウコ(KYOKO NAGASAWA-DHOUAILLY)さんも協力されている。そう、お二人は古本屋さんである。だから知り合った。いや、もともとアランさんはテレビ局で番組制作に携わっていたそうで(一九七〇年代〜八〇年代)、そちらが本業と言えば本業なのだ。

フランス中央部にあるクルーズ(CREUSE)という地方が舞台。農耕には適さない土地柄で昔からおもに牧畜で支えられてきた。その片田舎で隣り合わせに農業を営むロジェとセルジュの物語。ロジェは引退した老農夫で一人暮らし、セルジュは意欲的な若い農夫で恋人と住んでいる。セルジュはロジェに機械を入れて大々的にバイオ燃料用の菜種を作るから土地を売ってくれという。しかしロジェはうん(ウィ)と言わない。バイオ燃料は環境を破壊するからだ。

ロジェは二人の農地の境に垣根を作ろうと決心する。それは金網や有刺鉄線ではなく、境界沿いに生えている灌木をそのまま利用して編み上げる自然の垣根である(これは生きた竹を折り曲げて垣根に使う桂垣と類似したやり方)。ロジェは村人たちに援助を頼むが、どの家もいろいろな理由で(主に老齢化)断り、誰も手伝ってくれない。おそらく昔は村の皆が互に助け合ってそういう作業を行ったものであろう。ロジェはひまをみては少しずつ垣根を作って行くが春までに間に合うのだろうか……

垣根を作っている間にもさまざまな事件が起きる。それは事件というほどでもない、しかし本人にとっては大きな出来事、例えば飼い猫の死、例えば昔から知合いの女友達にいっしょに暮そうと言われるとか、セルジュの恋人が都会へ去ってしまうとか……

映画というよりもTVのドキュメンタリー番組を見ているようであり(むろん出演者はみなコメディアンで、素人ではない)、また撮影しているアランさん本人もロジェの映画を撮りたいとやって来た監督としてチラリと登場するというメタ・フィルムのような仕立てにもなっている。頑固な老農夫をユーモラスに描きながらフランスの農業問題や環境問題を正面からリアルに捉える意欲作である。

「ラ・エー」はコメディである。そのいちばんの狙いは笑いを誘うことである。だが、コメディにおいてはしばしばそうであるように、笑いの裏に、われわれ皆に関わりのある重い主題が感じられる。》(ジャケットより)

【ほんのシネマ】
ロジェ(俳優はルネ・ブールデ RENÉ BOURDET)が打合せに来た監督に自分の本棚と亡妻ミレイユの本棚を示す始まってすぐの場面。英語字幕のついているヴァージョン。

f0307792_19513438.jpg


f0307792_19513680.jpg


f0307792_19513926.jpg


f0307792_19514282.jpg

アランさんは久々に新作に取り組んでおられる。ブラッサンス公園で店番している間にもPCに向ってシナリオに手を入れておられた(のだと思う)。どんな作品になるのか、楽しみに待ちたい。本格的に撮影にかかれば古本屋はお休みするようだけど……


[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-24 21:45 | 古書日録 | Comments(0)

石原輝雄●初期写真

f0307792_16555582.jpg

石原輝雄『石原輝雄●初期写真 1966-1972』(銀紙書房、二〇一七年八月二七日)。本書については石原氏のブログをご覧ください。ますます製本の腕を上げておられるのにまず脱帽である。二十五という部数ではもったいない。とは言うものの、手作りでこの厚さ(144頁)となれば、数に限りがあるのも致し方ないのかもしれない。

銀紙書房の新刊『石原輝雄 初期写真 1966-1972』は品切れとなりました。

石原氏の初々しい写真が魅力的。年末恒例、京都写真倶楽部の展示ですでに発表されている写真もあるが、とにかくマン・レイ蒐集家である以前に氏は写真家(写真小僧と言った方がいいかな)であった、ということがはっきり分る。

f0307792_16562371.jpg


f0307792_16562568.jpg


f0307792_16562733.jpg


f0307792_16562911.jpg

上から順に「高校生写真」「名古屋10.21」「SL」「飛行機雲」からそれぞれ一点ずつ選んでみた。名古屋桜山付近の日常風景を切り取った「Halation」シリーズもいい。自らも書いておられるようにまさに「マン・レイ狂い」の原点であろう。

本書には、目玉として、当時、中部学生写真連盟の顧問をしていた山本悍右の文章が二篇収められている。最近、再評価いちじるしい山本悍右の写真論もじつに興味深い。「高校生写真のこと 技術は君たちにとって何か?」より。

カメラは現代の機械時代の生んだ、最も撮った尖端的な機械という名の道具です。道具はそれを生んだ時代と社会に、密接に結びついているのだと言えます。第三の手として使われるであろうカメラは、使われるその時に、ぼくたちと社会を固くつなぐ役目を果すものです。

 技術を知ることによって、写真により以上の期待をかけることが可能になるでしょう。写真を楽しくしなければいけません。毎日の生活を楽しくすることと同じよう。写真を楽しんで使うこと。写真が面白くてしかたがないようにすること、そうすることが、またサークルの意味でもあります。

もう一篇は大学生向け。「闇の中の二枚の証明書」。「ポチョムキン」、ロブグリエ、アラン・レネらを実存主義批判的な観点から論じている。

内部と外的世界との関係を、それが持つ意味を拒絶しあるいは剥奪して現実の前に立つとき表現ギリギリのところで、物体と対決しているのである。必然的にそれはメチエの技術への厳しい反省をともなうだろう。そこから新しいマニエルの反省に結びつくのだろう。このことは単純に、これらの仕事がそれだけで終るのではないかという懸念をもつ。それに対してイヨネスコが答えている「想像は創造である。」という言葉を置いておこう。

この問いかけは、今もって(いや何時の時代にも)有効な、すなわち本質的な問題であろう。どちらのテキストにおいても山本悍右は「技術」というものを重く見ている。これもまた作家の本質的な部分に触れるのではないかと思う。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-07-23 20:11 | おすすめ本棚 | Comments(2)