林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


モナミの思い出

f0307792_16154077.jpg

『本の雑誌』41(本の雑誌社、一九八五年四月二〇日、表紙デザイン=亀海昌次、表紙造形=沢野ひとし)。「青木まりこ現象」特集号。「青木まりこ現象」についてはあらためて。今は沢野ひとし「神田川の思い出」に東中野モナミが登場しているので、その部分を引用しておく。

僕が小学校の頃の遊び場所は、東中野にあったモナミという西洋料理店の裏庭であった。モナミはその当時活躍していた文化人のたまり場で、とりわけ作家、編集者たちが出版パーティーなどで利用していて、人気のあった店である。店の中は落ち着いた油絵が飾られ、窓には白いレースのかかった上品な雰囲気の店であった。そのモナミでコックをしている人の子供の小田切君が僕とクラスが同じであったために、僕は年中モナミの裏庭で遊んでいた。
 ある日その裏庭のとなりにアメリカ軍が使った軍用品が大量に隠されているという噂が耳に入った。厳重な柵が設けられ、中をのぞくこともできなかった。柵には危険と大書された札がかかっていたが、僕と小田切君は庭の木の上に登り、その柵の中をのぞいた。
「アッ、毒ガス用のマスクがたくさんある」
「本当!」僕は小田切君がのぞいている位置まですぐに登りたかった。
「どんなマスク?」「黒いゴムでできたマスクだ。あれは戦争の時にかぶる毒ガス用のマスクだ」

沢野ひとし氏は一九四四年生れなので、これは一九五四年かその前後のことだと考えていいだろう。そのマスクを盗み出して、となり町の中学生たちとのけんかにそれをかぶって参戦し、バツグンの効果をあげたものの、警官がやってきたため、その夜、沢野氏らは神田川へマスク捨ててしまった……というような思い出である。とにかくもモナミのとなりにそんな軍需物資が保管されていたとは。少しだけ検索してみると下記のような説明文を見つけた。なるほどそうだったか。

中野区は都内の西部に位置し武蔵野台地の一角に位置します。江戸時代は畑作農業と味噌・製粉・醤油醸造など食品工業が発達し、江戸町民の食生活を支えました。明治中期以降、都心からの転居者が急増し、関東大震災以降は浅草から寺院が多数移り住み「小京都」の風情と為りました。戦前は陸軍が駐屯し「帝国軍人の街」と言われ、戦後は米軍が駐屯し米軍の物資横流しが有り闇市が形成され、その過程で駅周辺を中心に商店街が確立しました。》(記:田口憲隆)

銀座の「モナミ」/東中野のモナミ

東中野のモナミに関して下記のサイトを御教示いただいた。

軍人とアナキスト―東中野縁起⑦

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-26 16:52 | 喫茶店の時代 | Comments(0)

名画座手帳2018

f0307792_17093198.jpg



『名画座手帳2018』(往来座編集室、二〇一七年一〇月二二日)。企画監修=のむみち、編集=朝倉史明、本文デザイン=戸塚泰雄(nu)、表紙レイアウト=往来座編集室、発行人=瀬戸雄史。

名画座手帳2017

映画手帳と名づけられているのだが、べつに映画鑑賞だけに使う必要はない。スケジュール手帳としていかにも便利そうだ。映画関係者の生没年がカレンダーの下の部分に記入されている。例えば、本日、10月25日はシブイ、三浦光雄、斎藤良輔、池広一夫が生れ、棚田吾郎、池谷仙克が歿している、というぐあい。他の附録記事も「"あの時代"の物価表」などいろいろと役に立ちそう……(たぶん)。


f0307792_17093630.jpg


f0307792_17093903.jpg
右が、『名画座手帳2018』と同じく、のむみち氏製作の『月刊フリーペーパー 名画座かんべ』通巻70号(二〇一七年一〇月)、左は『おあしす増刊号』(嵐くすぐる、往来座編集室)。『名画座かんべ』のエネルギーには圧倒されます。

のむみち (@conomumichi) | Twitter

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-25 20:10 | おすすめ本棚 | Comments(0)

第51回造本装幀コンクール

f0307792_17020948.jpg

第51回造本装幀コンクール公式パンフレット』(造本装幀コンクール事務局、二〇一七年一〇月一日)。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-25 17:06 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

DRAWING OR DEATH

f0307792_20090225.jpg


日本画の粉本(下書き)。かなり大きな薄い和紙、その両面に墨で牡丹が何種類か描かれ、一部は彩色されてもいる。ある古書店の紙物箱で見つけたもの。学生だろうか、あるいは若い画家かもしれない。画学生とすれば、かなり上手である。

f0307792_20092525.jpg
f0307792_20091547.jpg


紙の端に「DRAWing or Death」(素描さもなくば死)と書き付けてある。意気込みがすごい。

f0307792_20091757.jpg


大正七年五月四日と六月二日の日付。御池柳馬場の住所(京都市内です)。作者の名前があったらなあ……。大正七年というと、入江波光、小野竹喬、土田麦僊、野長瀬晩歌、村上華岳、榊原紫峰らが国画創作協会を結成した年である。「DRAWing or Death」の意気込みもそういった画壇の新風を反映しているのかもしれない。


[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-24 20:27 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

淀川左岸

f0307792_20015778.jpg

真治彩さんより、ぽかん別冊『淀川左岸』(ぽかん編集室、二〇一七年一〇月七日、六〇〇円)が届いた。A5判、本文二十八頁。美しい表紙だ。『遅れ時計の詩人』出版記念と副題があり、山田稔、佐久間文子、樋口塊、畠中理恵子、扉野良人、真治彩、伊東琴子、服部滋、能邨陽子、そして坪内祐三「編集工房ノア探訪記」(『本とコンピュータ』二〇〇二年秋号より転載)という内容である。真治編集長の行動力に感心することしきり。

涸沢純平『編集工房ノア著者追悼記 遅れ時計の詩人』

伊東琴子さんが編集工房ノアが最初に入ったビルに今現在住んでおられるというのは驚いた! また能邨さんの書店人としてのスタート時代が語られている。これが面白い。出だしのところだけ引用してみよう。

九八年秋、京都の本屋・恵文社一乗寺店でアルバイトとして雇われた私に一番最初に課せられた仕事は、主に日本の文芸が集る棚を作り変えること、だった。ふつう入ったばかりの人間にそんな大切な指示は出さないと思われるが、取次の配本をいっさい受けない、というスタイルでやってきた店だけにそのあたりも妙におおらかでアバウトだった。「できるやろ?」「え?」といったやりとり。取次の意味もろくに理解していない新人にやらせる仕事でもなかろう、と思うのだが、振り返ればその大雑把さに感謝したくなる。当時二十代後半。

そこで思ったのは「じゃあ山田稔の本を入れてみよう」だったそう。恵文社一乗寺店、すごすぎる。もちろん本冊子も恵文社一乗寺店で販売されていると思いますので、ぜひお求めいただきたい。

ぽかん編集室

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-21 20:41 | 古書日録 | Comments(0)

間叟

f0307792_19341522.jpg

最近求めた漢詩のマクリ。状態は良くないが、ちょっと特徴的な書き振りに惹かれた。

 読書学剣不成家
 老在浪游徒自嗟
 幸有北陲能待我
 青嚢独従使信槎
      間叟

と読んでみたが、どうだろう、御叱正を乞う[コメント頂いた通りに訂正しました。深謝です]。間叟は新楽間叟(にいらかんそう, 1764-1827)か。

新楽子固は幕臣新楽間叟。享和3年蝦夷地奉行戸川筑前守安論に雇医師として随行、蝦夷地に赴き、択捉島にも渡り、文化3年江戸に戻る。

詩に《北陲》(北のほとり)とあるのもうなずけるように思う。

本日所用があって自家用車で出たので金福寺まで足を伸ばして戸田勝久さんと衣-hatori-さんの二人展を見る。会場はギャラリー竹十と名付けられてはいるが、個人の住宅を展示のために公開しておられるのだった。戸田さんの絵はこういうところによく似合う。人形たちも、これはなかなか一言では表せないが、例えば「ベルメールのフランス人形」といったおもむき。杉苔の庭があり、その奥の茶室には蕪村の軸が……。すでに紹介したように金福寺には蕪村の墓がある。戸田好み極まれり。

金福寺

ちょうど扉野良人氏が来ており、寺宝の短冊帖を持参していた。皆で拝見する。おおよそ幕末から明治あたりのもののようだ。なかに蓮月尼の短冊が二点見えた(下写真の右端と左端)。蓮月は見ると欲しくなる。都合でゆっくりできなかったのが残念だったが、嵐の前にいいものを見させてもらった。

f0307792_19341198.jpg


[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-20 20:54 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

知っておくと得になること全集

f0307792_20155429.jpg

『婦人ポケット經済讀本 知っておくと得になること全集 婦人倶楽部三月號附録』(大日本雄辯會講談社、昭和十年三月一日)を頂戴した。深謝です。272頁の厚冊で、食料品の見分け方、調理法、お勝手道具の上手な使い方、電気・水道・燃料、家具、家屋・建具、洋服・毛糸類、洗濯、シミヌキ、衣類の手入・保存法などなどから貯金の方法まで、家庭を預かる人間が知っておくべき知恵がギッシリ、という感じの小冊子(タテ9cmほどです)。

f0307792_20155981.jpg
見返しの見開き

f0307792_20160471.jpg


ふと目にとまったのが「美味しいバナナの見分け方」。《黒い細かい斑點》というのは「シュガースポット」と呼ばれてバナナが熟れ切った目印のようなもので食べごろを示すそうだ。《なるべく丸味のあるものが美味しい》これは角張ったものは若くてまだ熟していないという意味。だいたい今日言われているのと同じだが、色味については少し違う意見もあるようだ。

f0307792_20161132.jpg

黄色が鮮やかなものは美味しそうに見えますが、あまり美味しさには関係ありません。それよりも柔らかさと、色でいうと軸に近い部分の色をみましょう。軸の方がしっかり色ついてきていれば、食べ頃が近いバナナで、青臭みが少ないバナナです
http://www.inazawabanana.com/バナナ雑学/甘くて美味しいバナナはどれだ!栽培者だから分/

ひと昔前にはバナナが贅沢品だったという回想をよく聞いたものだが、この記事で判断するかぎり、昭和十年の時点ではそれほど特別な果物だったようには思えない。で、検索してみると納得である。バナナの商業輸入は明治三十六年が最初だそうで、大正十四年に台湾青果株式会社が設立されバナナのセリが始まった。昭和十年に築地が開場。昭和十二年には戦前におけるバナナ輸入のピークがくる。そういう流れがこの記事にも反映しているのである。

バナナの歴史

戦中に徐々に姿を消し、戦後になっても外貨不足からバナナ輸入も制限された。その時代しか知らない人たちがバナナ高級品説を唱えているわけである。昭和三十八年にバナナ輸入は自由化される。以後誰にでも親しまれる果物になったのである。

本冊子には、この他にもいろいろ戦前の暮らしをしのぶアイデアが満載。ちょっと首をひねるもののなくはないけれど、またいずれ機会があれば紹介してみましょう。

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-19 21:06 | 古書日録 | Comments(0)

定本市島三千雄詩集

f0307792_19591198.jpg

『定本市島三千雄詩集』(市島三千雄を語り継ぐ会、二〇一七年一一月一〇日)が届いた。市島は新潟の詩人で齋藤健一さんたちが熱心に顕彰につとめておられる。小生も新潟へ出向いたときには、いろいろ縁の場所を案内していただいた。なつかしい新潟の雪、傾く防風林、詩碑。下の白い冊子は『詩誌「新年」への想い』第五号(市島三千雄を語り継ぐ会、二〇一七年一一月二〇日)。

「詩誌「新年」と新潟の4人の集まり展」

市島三千雄の作品を一篇だけ引いておく。全文。


   痩せて悪智慧がある

 痩せてゐる
 其の上悪智慧があつて
 母はいつも泣く
 上等なペンと時計を買つてくれた。

 試験の點を言われてのち、一時間の課業をつぶして
 先祖代々の履歴をぬいて、母をぬいて先生にしかられて
 
 其の意氣を持つて其の意氣を持つて
 此の暴風[あれ]た堤を横にくたばれ
 貧弱に痩せてくたばれ。


《平生の暮らしの中、市島三千雄は踠き忍耐した。いらだち、せいて気をもむのであった。
 若さが有する道理上からもあったのだろう。彼は専心し、詩を書いた。生涯における二十一篇の作品。身体の全部であった。
 文字に残らずにおわった思考と実験。不可思議な実体が絶えずして忘れることをおさえとどめるのである。》(齋藤健一「後記」)

定価2500円(税込・送料無料)、御注文は「市島三千雄を語り継ぐ会」まで
950-0051 新潟市東区桃山町2-127 齋藤健一方

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-18 20:33 | おすすめ本棚 | Comments(0)

躍るミシン

f0307792_19460407.jpg

伊藤重夫さんの『踊るミシン』(初版は北冬書房、一九八六年一一月三〇日)が復刊された。伊藤さんには『ARE』八号(一九九七年六月一日)「すべてはマンガのために生きている」特集で大西隆志さんとふたりしてインタビューさせていただいた。その記事のために『チョコレートスフィンクス考』(跋折羅社、一九八三年八月)とともに二冊手に入れ、今も架蔵している。最近ではかなりの古書価になっていた。しかしやはり復刊は目出たいです。

伊藤重夫『踊るミシン』

[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-18 19:57 | おすすめ本棚 | Comments(0)

海ねこ/青猫

f0307792_19460898.jpg


海ねこさんより最新目録届く。《スイス、ウィーンで買い付けてきた絵本、大正・昭和初期の絵雑誌などなど、新蒐品735点を掲載しました。》とのこと。いつものことながらフルカラーの書影が素晴らしい。めくっているだけで目の保養になる。でも、めくるだけじゃねえ……何か注文したい。

古本海ねこ

f0307792_19461196.jpg

しばらく前になるが、某氏が青猫書房の目録を整理したファイルを送ってくれた。七冊。上の写真に写っているファイルでは、B5判の用紙に裏表印刷で十四枚(二十八頁、未綴)という形式になっている。並んでいる本も見応え十分ながら、店主のエッセイ「青猫愛書閑話」が読みモノである。各地の古書店などをセドリして歩く様子を淡々と描いているなかに、自ずからなる喜怒哀楽がうかがえる。古書好きなら激しく同感するに違いない。一例を。第252号(平成十五年二月一日)より。

渡辺順三の大地堂書店は下北沢に在って、それと知らずに何度も店舗を覗いた。もう30年以上の以前の話だが、店の雑然とした佇まいはしっかり覚えている。間口4間の奥行きの少ない店で、壁三方は書棚だが、日暮里の鶉屋書店がそうだったように中棚を作らず、中央が平台になっていた。恐らく万引き警戒の死角を作らない配置なのだろうが、平台から山積みの本が溢れ、店舗の半分はどうしようもない雑本で埋まっていた。初めて見る詩集や歌集がふんだんに在って、此処の主人は何物だろうと疑問を抱いた。月に1度は草臥れた背広を着込んだ中年男たちがひとり二人と店主に挨拶して奥に消えていった。その光景が何とも不思議で仲間でない寂しさを覚えたものだが、それは単に同好の楽しみ、歌会を開いていたに過ぎなかった。

この後につづく渋谷・中村書店の回想もいいのだが、それは省く。大地堂書店については山下武『古書の味覚』(青弓社、一九九三年)にも出ているので参考までに引用しておく。

ぼくが下北沢の大地堂に足を運んだのは昭和三十年代前半からで、たまたま下北沢が通勤電車の道筋にあるためだった。下北沢というのは妙な町で、古本屋は何軒かあるにもかかわらず、これといった買い物をした記憶がない。
 丸井の先を行くと、古ぼけたという形容がまさにピッタリはまる古本屋があり、中年過ぎた夫婦が交替で店番していた。それが大地堂だった。店の棚は雑然として、値付けはマアマアだが、目を引くような本がない。時代がまだ高度成長期のこととて戦前の本が結構多く、プロレタリア文学関係の本が目についた。林氏が「戦旗」に作品を発表した詩人の仁木二郎と知ったのは後年のことである。何やら一癖ありげな風貌ながら、そのころはもう古本屋のオヤジが板につき、「何かお探しの本でもありますか」などと気軽に話かけてくる。
「黒島傳治の『豚群』を探してます」と返辞したことから、以来、大地堂へ寄るたび「『豚群』は見つかりましたか?」と聞かれるのに閉口した。

文中「林氏」とあるのは林二郎氏で『日本古書通信』に大地堂の開店から閉店までの経緯を書いていたそうだ。それを読んでの回想である。同じ店について書いても、それぞれ目の付け所が違っているのが一入面白い。



[PR]
# by sumus2013 | 2017-10-17 20:35 | 古書日録 | Comments(0)