林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
黒木書店の最後を見届けた..
by sumus2013 at 19:50
「ほんの手帖」51号のご..
by 大島なえ at 19:10
毎週通ってますので(笑)..
by sumus2013 at 17:34
前の持ち主の方から画像の..
by sumus2013 at 17:31
誰の手に渡ったのだろうか..
by 唐澤平吉 at 12:49
御教示ありがとうございます。
by sumus2013 at 17:37
淀野の色紙が出品されてい..
by 牛津 at 03:59
草書はやはり難しいです。..
by sumus2013 at 21:04
読み下しありがとうござい..
by epokhe at 12:16
明けましておめでとうござ..
by sumus2013 at 20:08
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


KATI HORNA

f0307792_23285593.jpg


f0307792_23301940.jpg


ジュ・ド・ポームで「カティ・オルナ」展などを見る。オルナ展はチラシ(上)によれば、最初の本格的な回顧展である。一九一二年ハンガリーのユダヤ人家庭に生まれ、二〇〇〇年にメキシコで歿している。同郷のロバート・キャパとは十代のころから友人だった。若い頃から写真に興味を持ち、構成主義者・活動家のLajos Kassakの影響で写真を社会改革の一手段とみなすようになる。

一九三〇年、カティはベルリンへ行きベルトルト・ブレヒトと会っている。友人のキャパとエメリコ・ワイス(Emerico Weisz)とともに、ハンガリー人シモン・グットマン(Simon Guttman)のDephot写真店で働いた。もうひとりの同国人ラズロ・モホリ・ナジのつてでバウハウスでも学んだようだ。ナチが政治的に台頭してくるとカティはブダペストへ戻る。そこでジョゼフ・ペシ(Jozsef Pecsi)とともに写真を教えた。

一九三三年末、パリへ行く。コスモポリタンな都市、シュルレアリスムの最盛期だった。シュルレアリスムはカティの仕事に大きな影響を与えた。コラージュ、二重露光、フォトモンタージュなどの技法を駆使するようになる。リュテシア・プレスのために仕事をする。

一九三七年、共和政府の招きでスペインを訪れた。三九年にかけてスペイン各地を旅し、再びキャパやチキ(Chiki エメリコ・ワイス)と合流したが、彼らのドラマティックな写真とは違ってカティは庶民生活を落ちついた共感をもって撮影している。市民戦争が勃発。カティは雑誌『Umbral』のために仕事をし夫となるアンダルシア人ホセ・オルナと出会う。三九年に二人はパリへ脱出。

ナチズムを逃れてニューヨークへ、さらにメキシコへ移る。メキシコシティのタバスコ通りに落ち着き、そこは多くの人々が集う創造の場所となった。レオノラ・カリントン、レメディオス・バロ、バンジャマン・ペレ、エドワード・ジェイムス、アレハンドロ・ホドロフスキー、前衛的なメキシコの画家、作家、建築家たち。カティはいくつかの雑誌のために写真の仕事を続け、大学や美術学校でも教鞭をとった。

というようなチラシの文章をかいつまんで紹介してみた。なかなかいい写真だ。二枚目の図版はジュ・ド・ポムの六月〜九月の展覧会案内、この表紙もカティの作品「女性と仮面」(1963)。



カティ・オルナは一階ギャラリー。二階ではオスカル・ムニョス(OSCAR MUNOS)の「PROTOGRAPHIES」展が開催されていた。ムニョスはコロンビアの映像作家。絵画と写真と映画を合体させた「プロトグラフィ」を提唱している。

f0307792_23341151.jpg


ムニョスの仕掛け絵、百聞は一見にしかずなのだけれども、あえて説明する。例えば、石の上に水をつけた筆で顔を描く、それを撮影しているわけだが、水は描いているうちに乾いて行く…描き直す…すぐに乾き始める…という映像をそれぞれ絵柄が別の五つの画面で映写する。

床にシャワーの排水穴にはめる丸い金属が置いてあり、その穴の中に水が流れて行く映像を投影する。黒いインクのようなものが水に混ざって穴の中に流れ去る(これは映像)、また最初から水が満ちてきて流れ去る。金属は実物。

細長いテーブルの上に大小の写真がたくさん置いてある。その写真をめくってゆく手が現れ、あちらこちらの写真をめくる。手と写真は映像である。天井から映写されている。机と写真が映写される白い紙(スクリーン)は実物。

本や雑誌を模倣した作品もあった。遠目には印刷してあるように見える本、近くでよく見ると、小さな穴が無数に開いている。しかもその穴は火で焼き切ったものである。穴の周辺が焦茶になって、すなわちドット(網点)となって、それが絵や文字に見える。

その他さまざまな視覚と現実の交錯を仕掛けた作品が並んでおり、楽しんで見られる展示だった。

f0307792_23362039.jpg


小学生の団体さん。「どう、これは何に見えますか?」などという先生の質問に子どもたちがけっこう真剣に答えていた。ジュ・ド・ポムはこういう教育的な鑑賞に積極的のようである。

【注】人名のアクセント記号は省略しました。カタカナの読みは正しいかどうか分かりませんのでご教示を。

[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-13 23:53 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

小さくて大きい刷り物


f0307792_23391315.jpg


渋い小冊子を入手。左が『AU GRAND JOUR』(Editions Surréalistes, 1927)、アラゴン、ブルトン、エリュアール、ペレ、ユニックの共同署名のある文書五編と序文が収められている。28頁、タテ16cm。タイトルは「白昼堂々」「公然と」の意味らしい。

右がブルトンの『Légitime défense』(Editions Surréalistes, 1926)。26頁、タテ17cm。『LA REVOLUTION SURREALISTE』第八号に発表された弁解の文章(「正当防衛」)。ちょっと読んでみたが難解な言葉遣いに閉口した。簡単に言えばシュルレアリスムはプロレタリア革命に合意するという再確認のようだ。むろん二者が合意するとはとうてい思えないのだが。

エディション・シュルレアリストについてはよく知らない。住所は16, Rue Jacques-Callot。ジョゼ・コルティが出版していたもののようである。


それからこちらは画家トワイヤンと詩人ラドヴァン・イヴシックの詩画集『TIR』(Editions Maintenant, 1973)の内容見本。タテ32cm。単純な構成、黒一色刷りながらこの迫力。エディション・マントナンはピエール・プクモール(Pierre Peuchmaurd, 1948-2009)が一九七二年にジョルジュ・ゴルドファン(Georges Goldfayn)、イヴシック、アニ・ル・ブリュン(Annie Le Brun)、ジェラール・ルグラン(Gérard Legrand)、トワイヤンらとともに設立した出版社。数多くの詩集を刊行した。

f0307792_23380850.jpg

f0307792_23370462.jpg

f0307792_23355544.jpg

もうひとつ内容見本。やはりトワイヤンとイヴシックの詩画集。一九六七年、エディション・シュルレアリストの発行である。

f0307792_23343004.jpg

検索してみると、

塔のなかの井戶-夢のかけら: ラドヴァン・イヴシック&トワイヤン詩画集資料編
著者 ラドヴァン・イヴシック, トワイヤン, 松本完治
出版社 エディション・イレーヌ, 2013

として日本でも刊行されていることが分かった。昨年九月に恵比寿のLIBRAIRIE6/シス書店で関連展示やトークイベントがあったようだ。
http://www.librairie6.com/information.html



[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-13 00:22 | 古書日録 | Comments(4)

クリュニーからデプレ

f0307792_23563382.jpg


f0307792_23581386.jpg


f0307792_00000668.jpg

クリュニー中世美術館の外壁。ここの目玉である「貴婦人と一角獣」が昨年日本で展示されて話題を呼んだ。本日はこの周辺の古本屋を巡る。以前しらみつぶしに回っているということで、今回はネットであらかじめ見つけておいた本を買いに行く、二軒だけ。

最初の店、「この本が欲しいのですが?」と尋ねると、しばらくあちらこちらを探して(すぐには出て来ない)やっと見つけ出してくれる。そしてネットに出ていない同じ著者の本も勧められる。一軒目では重い本だったので断った。ところが二軒目のおばさんはすごかった。店にある同一作者の関連書をつぎつぎ出してくれたのだ。著書だけでなく序文を書いている本だとか、共著だとか。細かくよく商品を把握している。何冊かは断ったが、他の店で買うことになっているタイトルを「これはね、よそでは100ユーロくらいしてるわよ」と言って差し出してくれた。たしかにそうである。サンシュルピス古本市でも90ユーロのを見かけた。恐る恐る値段を見ると18と書いてある。「この値段でいいんですね」と念押しをして調べておいた本と二冊買うことにしたらさらに15に負けてくれた。う〜む、こんな店パリでは他に知らない。リピーターになりそう。ということで名前は伏せておく(笑)。

ルンルンとその店を出た。ふと向かいのモダンな古書店の飾り窓を見るとクロード・ペリュ(Claude Pélieu, 1934-2002)の小特集があって目が釘付けになる。ペリュはアドリアン・モニエの「本の友の家」で働いていたことがある詩人。シルヴィア・ビーチの親戚のメアリー・ビーチと結婚して一九六三年にサンフランシスコに渡りニューヨークやハワイに住んだ。メアリーはペリュの『Automatic Pilot』を英訳し出版(City Lights Books, 1964)、またペリュとともにバロウズ、ボブ・カウフマン、ギンズバーグなどをフランス語に翻訳している。ペリュは著書も多いが、晩年はコラージュ作品も多数制作した(プレヴェールの影響もあるようだ)。そのペリュの著書はもちろん写真、デッサン、書簡など、こじんまりと、だが、濃い展示だった。

f0307792_00010654.jpg

こちらはジャコブ通りの自筆もの専門店。飾り窓に有名人の写真がズラリ。値段は示されていなかったが、きっとお高いのだろうと思われる。ビートルズのマジカル・ミステリー・ツアーのときの写真にブルトンの晩年の肖像(となりはフランシス・ベーコン)。

f0307792_00045843.jpg
f0307792_00054149.jpg

ラ・ユヌ書店、去年改装工事中だった建物の方はすっかりきれいになっている。ただし去年工事していなかった壁面を現在修復している。

f0307792_02433021.jpg


ピカソのアポリネール記念像。これまで何度も紹介しているが、このサンジェルマン・デプレ教会の片隅にある公園がなぜか気に入っている。

f0307792_02422814.jpg


[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-12 00:35 | 古書日録 | Comments(0)

梅雨?

f0307792_00155311.jpg


本日、朝から雨、曇り、雨、小雨、曇り、雨、土砂降り、小雨、曇りとめまぐるしい空模様。今日までだという知人の知人(日本在住の日本人女性)の絵画個展をヴォルテール(11区)の小さな画廊(日本人女性が経営しておられる)まで出かける。

メトロではなくバスを乗り換えて(どちらもナヴィゴ[NAVIGO]というパスを持っていれば何度でも乗り降りできる)。乗り換えはバスティーユ広場(上の写真)。ここでガンベッタ行きに乗ってロケット通りという一方通行の路をたどる。ロケット通りにはエスニックなレストランが連なっている。インド、パキスタン、タイ、カンボジア、そして寿司屋や焼鳥屋も。活気のある街。そこで一軒、途中下車してチョコレート店に立ち寄った(それについてはhttp://madame100g.exblog.jpでいずれ報告があると思います)。

そのときロケット通りにおしゃれな新刊書店を見つけた。ショーウィンドにセリーヌの本をあれこれ取り揃えて並べてある。その真中に告知のプレート、いわく18日にアルチュール・ラリュ(Arthur Larrue)によるアニメ操作(? manoeuve animée)でセリーヌの『夜の果てへの旅』をやります。

f0307792_00184836.jpg

アルチュール・ラリュがどういう人物なのか検索してみると、ロシアのサント・ペテルスブルグでフランス語を教えながら小説を書いている青年だ。昨年『Partir en Guerre』という作品を発表している……というのはまあいいとして、このアルチュールが水木しげるの『ヒットラー』(Cornélius、2011)を書評しているページがあったのには驚かされた。というか『ヒットラー』が仏訳されているのが意外だった。

そういえば以前にも林静一『赤色エレジー』をラ・ユヌ書店で見つけたことがあったが、よく見ると同じ出版社ではないか。FACEBOOKでその出版活動がよく分かる。
https://www.facebook.com/pages/Éditions-Cornélius/130200907029654

日本で考えるよりも日本はフランスに深く根を張っているのかもしれない。……とこのブログを書き終わった午後八時、昼間の雨は何だったのかと思うような晴天である(空が暗くなるのは午後十時にもなってからです)。



[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-11 00:22 | 古書日録 | Comments(0)

サンシュルピス最終日

f0307792_02533325.jpg


さて、本日月曜日(祝日)がサロン・ド・ラ・ビブリオフィリの最終日。明け方に激しい雷雨があった。地方では大きな雹(ひょう grêl)が降ったそうだ。昼過ぎに会場を最後のひと回り。雨に打たれて売り物にならなくなった雑誌などが陰干しされていた。

f0307792_02542874.jpg

上の写真は晴れているとき。この後しばらくして雨が降り出した。青空古本市の泣き所。ただ、ある古本屋さんによれば、今回の売り上げはなかなか良かったとのこと。最終日なので投げ売りになっているかと思ったが、予想したほどではなかった。

これまで毎日手に取って、値段が書いていないので、どうしようか迷っていた本を、最後に手に取ってページをめくってみると、見返しでも、扉でもなく、中ほどのページに書いてあった。これは異例のこと。それが5ユーロだったので迷いなく買う。

会場で落ち合ったNさんの事務所へお邪魔させていただく。

f0307792_03004666.jpg

いろいろと情報交換およびコレクション拝見した。そのなかで、おお、こんなところにこんなものがと思ったのがこちら。ボン書店の本! 『L’ÉCHANGE SURRÉALISTE』(一九三六年)。

f0307792_02551496.jpg


f0307792_02570450.jpg


f0307792_02583723.jpg


f0307792_02594209.jpg


f0307792_02561579.jpg

検索してみると、今年の二月に AUCTIONART で売り立てがあり(Collection Gisèle et Mario Prassinos)、1200/1500ユーロのエスティメートだったものが、2059ユーロで落札されていることが分かった(もちろんこの本ではありません)。シュルレアリスム資料としてではあろうが、ボン書店の出版物がフランスでもかなり高い評価を与えられていることが分かる。




[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-10 03:46 | 古書日録 | Comments(2)

ファトラ

f0307792_04140254.jpg

f0307792_04112815.jpg


f0307792_04004697.jpg
f0307792_04030913.jpg
f0307792_03593648.jpg

ジャック・プレヴェール『ファトラ Fatras』(Gallimard, 1966)。サンシュルピス古本市にて。二〇一一年に買うはずだったのが、古本屋で本が見つからず、結局は買えなかった一冊http://sumus.exblog.jp/17308699/)。それがフッと目の前に現れた。さすがに迷わず購入。E.O.(初版)ながら、これは普及版3000部。他に緑の布装上製本が100部発行されており、そちらも見かけたが、なかなかのお値段であった。

二〇一一年には『ファトラ』が買えなかった代わりにフルカラーのコラージュ集を買った。

『ジャック・プレヴェール・コラージュ』(Éditions Gallimard, 1982)
http://sumus.exblog.jp/17346127/

コラージュそのものを味わうなら画集の方だろう。ただ、この『ファトラ』のモノクローム印刷にもまた別種の趣がある。コラージュというより絵のような感じが強くなって不気味さは増しているような気がする。

***

f0307792_04163438.jpg


フランスで弁当(bento)が流行っているということを聞いていたが、サンジェルマン・デ・プレのモノプリ(MONOPRIX)でこんなコーナーを見つけてしまった。秋美……?



[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-09 05:01 | 古書日録 | Comments(0)

サンシュルピス4日目


f0307792_02491091.jpg


f0307792_02502122.jpg


恒例のモンパルナス墓参。ローラン・トポールとマン・レイ。ぶらぶらとダンフェール・ロシュローまで歩いてメトロに乗ろうかと思いながら、ふと気が変わってRERのB線という鉄道に乗ってリュクサンブール公園下車。観光客多し。サンシュルピスまで歩く。昨日と同様に気温が高く陽射しも強い。

f0307792_02413978.jpg


f0307792_02431090.jpg


f0307792_02441123.jpg


f0307792_02445484.jpg


f0307792_02455265.jpg


f0307792_02463964.jpg

さすがに四日間続けて会場をうろうろしていると目が慣れてしまう。新しい出品はないかと注意しながら、まだのぞいていなかった店で欲しかった本を発見したりする。ただし高価過ぎて買えないのでパスして、今日は何も買えないかなあ……ややしょぼくれながらある店の平台に目をやると、ブキニスト(セーヌ河岸の古本屋)についての本があった。素朴な感じの版画で飾られて写真も載っている。ただし30ユーロだ。何年か前なら即購入したと思う。しかし今はこの値段ではどうしたものかと考えこんでしまう。

頭を冷やすべくその平台のすぐ前にあるベンチに腰を下ろした。資料として使えるかもしれないな、でも30はどうかな20くらいなら有り難いな、値切ってみるのもいいかな、などと自問自答しつつ、会場写真を撮るためよそ見したその直後、例の本のあった場所に本がない! え、どうしてと目が泳ぐ。店の奥にその本を手に持って主人に支払いをしている中老男性がいた。やられました。

「これ探してたんだよ」と言ったのかどうか、嬉しそうなそぶりの男性は支払を済ませて大事そうに本をカバンにしまい込んだ。この人、どこかで見たような気がする……そうか、高橋輝次さんにそっくりだ! パリにもいたのだ、古本資料を集める高橋さんのような人が。みょうに納得。高橋さんに譲ったと思えばさほど悔しくもない(と負け惜しみ)。




[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-08 03:37 | 古書日録 | Comments(0)

西荻街角ミニミニふるほん市

f0307792_19544225.jpg

6月7日、8日

西荻茶散歩イベントとして、今年も「西荻街角ミニミニ古本市」を

店内で開催致します。

参加店は以下の通り

■聖智文庫

古書善行堂

林哲夫

古書あやかしや

■アカミミ古書店

古本屋ツアー・イン・ジャパン

+α

是非、宜しくお願い致します。


盛林堂書房

http://d.hatena.ne.jp/seirindou_syobou/20140604/1401874258



[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-07 19:57 | もよおしいろいろ | Comments(0)

サンシュルピス3日目

f0307792_23155579.jpg

三日目(搬入日を入れると四日目)。知恩寺でも、アルバイト時代を除けば、毎日通ったことはない。今日はまた28度という気温にこの快晴ぶりで、ちょっと陽射しがキツすぎるくらい。平台の本にはあまり良くないようだ。表紙が反ってしまう。

f0307792_23145174.jpg


f0307792_23133739.jpg

おお、どこやらで見たことのあるアンリ・ミショーが!
http://sumus.exblog.jp/18540388/
日本で買った値段の倍以上している。

f0307792_23165321.jpg

f0307792_23184810.jpg

f0307792_23175636.jpg

広場の中央にある噴水モニュマン(一番上の写真で塔のように見える)。この周りをテントが囲んでいる。

f0307792_23204436.jpg


f0307792_23194608.jpg

絵本の類いは出品が多かった。しかし少しいいなと思うものは100ユーロを下らない。容易に手が出せなかった。

f0307792_23232530.jpg


f0307792_23243082.jpg

本日のミス(でしょうたぶん)はこちらのお嬢様。高級店のファミリーかスタッフのようだった。

f0307792_23253596.jpg

『サロメ』(ボドリーヘッド、一九〇七年)の値段を尋ねると、ショーウィンドウから取り出して自由に見てくださいと言われ、冷やかしなのに申し訳ないと思いつつ、ゆっくりページをめくった。そしてこの目録(PC出力の冊子)をもらった。状態は良かった。1,350ユーロはかなり力の入った付け値かもしれない。単純に比較できないものの、AbeBooks UK に440ポンドで出ている。


[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-06 23:48 | 古書日録 | Comments(1)

サンシュルピス2日目

f0307792_00054668.jpg

二日目は昨日と打って変わって気持ちのいい青空になった。気温も最高が20度、日陰ではやや肌寒いくらい。古本に没頭するにはもってこいである。

f0307792_00031219.jpg


f0307792_00140797.jpg

f0307792_00124247.jpg


f0307792_00150929.jpg

バゲットをかじりながらワインを。顧客にもふるまっている。ここの主人はだいぶ出来上がっていた。ワインどころか昼食も用意してピクニックよろしく近隣の古書店主たちがテーブルを囲んでいる。午後二時前後、あちらでもこちらでも堂々と古本に囲まれて食事をしていた。

f0307792_00163709.jpg


f0307792_00191953.jpg

f0307792_00204026.jpg

f0307792_00214777.jpg


f0307792_00230282.jpg

f0307792_00241351.jpg

f0307792_00245265.jpg

こちらが本日のミス(ミセス)古本市でございます。

写真ばかり撮って古本を見る暇がなかったかと? 今日は平台が開いていたので安いところばかりを漁っていた。ただ、本としては「買いたい!」というものは高過ぎて、これぞというものはなかった。地方から来ている業者がやはりパリの業者より数段安い。1ユーロのパリ絵葉書が一箱……たぶん二千枚ほどか……決まりきった絵柄がほとんどだったけれども、通信欄の文字がきれいなものや、名所以外の写真をじっくり選ぶ。1ユーロということで次々に手を伸ばす客が多い、アメリカ人の女性二人がけっこう食いついてきたが、こちらはマイペースで全てチェックしてしまう(三十分ほどかかりました)。







[PR]
# by sumus2013 | 2014-06-06 00:46 | 古書日録 | Comments(2)