林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

ホテル(ブランション通り)

f0307792_19521812.jpg
「ホテル(ブランション)」油彩、F6号


【個展出品作より】
リュ・ブランションのオテル・レストランの全景はこんな感じ。風雨に晒された壁の表情がいい。一階の窓や出入口はトタン張りの板でふさがれている。そのトタンの色がまたうつくしい。赤い四角枠はメニューのショー・ケース。メニューはもうないが、メモのようなものが何枚か入っていた。

二十一世紀になって(世紀末ころから?)パリ市内の建物は隈なく洗滌されてしまったため、よほどのところでないと汚い壁というものが見当たらなくなっている。石灰岩の白っぽいハチミツ色を取り戻した建物ばかり。おそらく中心地ではマレー地区のごく一部くらいではないだろうか、暗い感じの街路というのは。都市も生き物、どんどんその相貌を変えていく。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-15 20:11 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

ランプ

f0307792_16415613.jpg


f0307792_16415930.jpg

『書窓』第十一巻第三号;通巻六十五号(アオイ書房、昭和十六年四月十一日)。A4判ふたつ折り四頁。申し込み葉書と郵便払込票が挟み込まれている。川上澄生『ランプ』が完成したということで川西英によるオマージュと柳宗悦、武井武雄、吉田正太郎の感想、そして発行人・志茂太郎の解説が収められている。

f0307792_16420354.jpg
f0307792_16420511.jpg
f0307792_16420890.jpg
f0307792_16421068.jpg

川上澄生『ランプ』は目下こちらのサイトで見ることができる。
http://www.yamada-shoten.com/onlinestore/detail.php?item_id=30192

志茂によれば「ランプ」をテーマに一冊作るというのは志茂の発案だった。ところがあまりにはまり過ぎたテーマだったせいで川上澄生は新味を出そうと苦心に苦心を重ねた。その結果四年以上の年月が費やされたということである。

《川上さんの宇都宮住ひは二十幾年にもならうか。宇都宮は僕には馴染のない土地だつたがランプがはじまつてからといふものゝ足かけ五年通ひに通つたので、ランプのために、すつかり親しい土地になつてしまつた。どの本の時でも同じであるが、出来上つてから振り返つて考へて見ると、よくもかうまで根気よくやれたものだと、吾ながらいつもつくづぐ[ママ]感心する。振返つて苦労を思出したてゐたら、又これを繰返すのかと、やらぬ先から気おくれがして、新しい仕事に出足がにぶる。本造りは、いつも前進前進で、後を振向く事は大禁物と心得てゐる。》

まさにその通り……。そして川西英はランプについてこのように書いている。

《ランプ、洋燈屋、ランプをともした部屋、ガス燈、ガス燈屋ーー総てランプの光に浮上つた美しい華やかな夢の世界で、私もガス燈屋の真似事をして遊んだ事や、ホヤの掃除に困つた事や、豆ランプを庭の石燈籠に入れたりした夕や、また蠟燭立のランプは今なほ停電時の実用として便利に使用してゐる事など、想ひ起して川上さんの魔術にかゝつてしまひました。》

川西は明治二十七年生まれなので花森安治の親の世代に近いかもしれないが、しかしこの文章を読むと、花森のランプ好きの理由が分るような気がしないでもない。また花森は川上澄生の版画が好きだったろうということも雑誌『文明』の表紙などから想像できる。とくにランプは花森にとって「暮し」を象徴する代表的なそして魅惑的な品物であったに違いない。

f0307792_16421603.jpg


f0307792_16421995.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-15 19:47 | 古書日録 | Comments(0)

ヴァン・ゴッホの道

f0307792_17001354.jpg
f0307792_17001056.jpg
林哲夫作品展 ヴァン・ゴッホの道 オーヴェール・シュル・オワーズ
2016年12月10日(土)〜21日(水)
12時−19時[火曜日18時まで/最終日17時まで]

ギャラリー島田deux
http://gallery-shimada.com

ゴッホ村に古本屋がありますよ、そう教えられて、ムラムラッと行きたくなった。ゴッホ村というのはパリの北方にあるオーヴェール・シュル・オワーズのことである。ゴッホが自ら命を絶つまでの二カ月間に七十点もの作品がここで制作された。2015年10月のある日、パリ北駅から列車に揺られて一時間弱、オーヴェールに降り立った。昼前だったため駅舎のとなりにある古本屋はまだ開いていなかった。時間つぶしにゴッホ兄弟の墓を詣でた。絶筆と言われる「鴉のとぶ麦畑」が描かれたとおぼしき道に立って、耕された大地だけが露出している風景をじっと眺めた。道端に落ちていた胡桃をひとつ拾って持ち帰った。古本屋は思ったほどではなかったが、麦畑の風は今も私のなかに吹いている。(林哲夫)

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-15 10:39 | 画家=林哲夫 | Comments(2)

第50回造本装幀コンクール

f0307792_11352523.jpg


世界のブックデザイン2015-16
造本装幀コンクール50回記念展
2016年12月3日〜2017年3月5日

印刷博物館 P&P Gallery
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/161203/index.html

トークショー
造本装幀コンクールの50回を振り返る
 2017年1月22日(日) 15:00~16:30
 臼田捷治 (現代装幀史研究者)
 田中光則 (元平凡社取締役、元日本書籍出版協会事務局長)



***


f0307792_19523153.jpg


第50回造本装幀コンクール公式パンフレット』(造本装幀コンクール事務局、二〇一六年九月一日)。九月二十四日に東京国際ブックフェア2016会場(東京ビッグサイト)で表彰式があった。小生は都合により欠席したが、みずのわ出版社主が登壇して記念品などを受け取った。『関西の出版100』もそうだが、賞などということは一切頭になかった。こうやってほめていただけると素直に嬉しい。




[PR]
by sumus2013 | 2016-12-15 08:35 | 装幀=林哲夫 | Comments(4)

ヒトハコ創刊号

f0307792_16275345.jpg


南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。2005年から谷中・根津・千駄木で一箱古本市を開催する「不忍ブックストリート」代表として、各地のブックイベントに関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人。2016年秋、雑誌『ヒトハコ』を創刊。著書に『谷根千ちいさなお店散歩』『ほんほん本の旅あるき』ほか。


***


『「本と町と人」をつなぐ雑誌 ヒトハコ』創刊号(書肆ヒトハコ、二〇一六年一一月一〇日、表紙イラスト=ますこえり)。南陀楼綾繁氏が一箱古本市の雑誌ヒトハコを創刊した。これまでずっとヒトハコ仕掛人としての大役をになってきたわけなので遅きに失した感もあるが、まずは創刊を祝いたい。内容もじつに賑やか、どのページを開いても本と人と街そしてヒトハコの話題ばかりだ(当たり前)。東北や熊本など被災地と本の関係も教えられところが多い。平和に貢献する一種の草の根ムーヴメントと言っていいだろう。これは「もう世界に広げよう、ヒトハコの輪!」と叫ぶしかない。この雑誌を継続させつつヒトハコ伝道人としてさらなる頑張りを期待したい。

《誰にたのまれたわけでもないのですが、ずっと一箱古本市をテーマにした雑誌をつくらなければと思ってきました。「ココにこんなに面白い人たちがいるぞ!」というのを紹介したかったからであり、個人的には、これまでイベントのゲストとして招いてくれた各地の人たちへの恩返しでもありました。》

《読書はきわめて個人的な体験です。その一方で、一箱古本市はいろんな人が一緒に本を愉しむイベントです。個人の本と共有される本。その両方を、この雑誌では扱っていきます。》(南陀楼)

販売店情報などは下記をごらんください。



[PR]
by sumus2013 | 2016-12-14 21:34 | おすすめ本棚 | Comments(0)

立ち喰いそば・うどん

f0307792_21020476.jpg

「ある塵シリーズ第6回 立ち喰いそば・うどん」(入谷コピー文庫通巻74号、二〇一六年一二月二三日)。このシュールな表紙イラストは石川正一氏。塩山御大やエンテツさんにまじって小文を寄稿させてもらった。本書、読み始めてみるとあっという間に読了(十六ページですから)。なかでは松田憲省「強引そば日記」がはちゃめちゃで面白いと思った。御大の「すずらん通りのもうすぐ貯金1億円の男」はさすがだ。シャイな御大のお人柄もにじむ。その他どのエッセイも読ませる内容だった。立ち食いにドラマあり……。残念ながら以前にも紹介した通り入谷コピー文庫は限定15部なり。

「さぬきのソウルフード」と題して讃岐うどんの個人史を簡単に披露した。もちろんそのなかに立ち食いうどんも含まれている。さわりだけ引用しておく。

《 七〇年代後半、東京で過ごした。当時、都下に讃岐うどんの看板を掲げる店は一、二を数えだけだったと思う。それもいわゆる郷土料理としての贅沢うどんであって、今日のような安くてうまいというイメージではない。自然、うどんは帰省のいちばんの楽しみになった。新幹線を岡山で下車、ローカル線で宇野へ、宇野港から高松港まで連絡船なのだが、この連絡船のデッキに立ち食いうどんの店があった。乗り込んで来た客の多くが荷物を置くのももどかしいという感じでうどんの店に駆けつける。文字通り小走りだ。何日振り、いや何ヶ月振りか、はたまた何年振りか、皆一様にズルズルすすりながら「これじゃ、のう」というような顔をする。まだ、さぬきに着くまで小一時間はかかるのだが、このうどんをすすれば、もうそこは讃岐なのだった。
 お腹がおきたら(讃岐方言で満腹の意)デッキの手摺に体を預けてぼんやりと瀬戸内海を眺める。海が黄金色に輝きはじめ、島々は影絵のように徐々に濃さを増していく。船はゆっくりと進む。空が赤く染まり、紫へと変る様子に心を奪われていると、騒がしいエンジンの唸りも耳につかない。やがて夕闇が目前に迫るころには高松港に着いているのだった。》

忘れたころに全文アップします。

***

f0307792_21020844.jpg
「ホテル(ブランション)」油彩、変型0号


元屠殺場だったジョルジュ・ブラッサンス公園はかなり広い。最寄駅もいくつかあるが、古本市にはトラムのポルト・ブランション駅がもっとも便利。駅から歩いて一分。その途中にあるこの建物、昔はホテル・レストラン・カフェで賑わっていたものと思われるが、現在は空きビル。そのうらぶれた感じがたまらない。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-14 21:29 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

ゲルマントのほう1

f0307792_18013119.jpg

プルースト『失われた時を求めて5 第三篇「ゲルマントのほう I」』(高遠弘美訳、光文社古典新訳文庫、二〇一六年一二月二〇日)。巻数で言えばまだ三分の一を超えたところ(全十四巻!)。これまでは毎号読破してから紹介していたが、今回は早めに。

自宅から神戸のギャラリー島田まで電車と徒歩で一時間四十分ほどかかる。どの本を鞄に入れて行けばいいのか、いつもはあれこれ迷うのだが(単行本は重い、文庫本で適度な厚みでそれなりに面白いもの、車中で読んでいても不自然でないもの)、今回は出来したばかりの「ゲルマントのほう I」にすんなりと決まった。往復三時間、加えて画廊にいるときにも人の来ない時間帯もかなりある。相当に読めるはずだが、帰りはだいたい舟を漕いでいるので読書は無理、画廊でも落ち着いて読める時間はそう多くはない、結局、往きの電車での一時間ほどがもっとも集中できるのだった。

冒頭はパリにおける主人公一家の老女中フランソワーズの描写である。これがなかなかに観察の行き届いた巧妙な語り口、非凡な視点を持っている。近年放映された英国のTVドラマでは白眉といえる作品に「ダウントン・アビー」があるが、これがヨークシャーの宏壮な館に住む伯爵一族の第一次世界大戦前後を描いた内容で、召使いという職業にどういう序列があるのか、どういうシステムで成立っていたのか、ということが実によく分る。貴族階級が没落してゆく様子も具体的かつドラマチック(ドラマですから)に描かれている。「ダウントン・アビー」を見ていた目でこのあたりのフランソワーズ(彼女は名料理人なのだが「ダウントン・アビー」にも頑固な名コックの女性が登場する)や近隣の召使いたちについての描写を読むと何気ないプルーストの記述になるほどと頷けるものがあったりする。やはり奥深い小説である。

***

f0307792_18013669.jpg
「ジョルジュ・ブラッサンス公園にて」F4号

ひいきのブラッサンス公園の古本市で買った古めの(十七〜十九世紀)革装本など。今回の展示では古本の絵はこれだけです。


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-13 20:38 | おすすめ本棚 | Comments(2)

f0307792_19215922.jpg
「猫」油彩、変型3号

ブールヴァール・サンミッシェルで見かけた猫……と言いたいところですが、近所の飼い猫くんです。

f0307792_19220340.jpg

地下一階ではパリつながりの「西村功展 パリ、神戸、そして若き日々に」開催中。パリや神戸の風景画ばかりでなく、珍しい初期デッサンの力作を見ることができます。


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-12 19:29 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

パテーベビーの値段

f0307792_20480281.jpg
昭和2年4月10日 東京朝日・夕刊

パテーベビーの値段が分らないと書いたところ、本日、画廊へ新聞広告のコピーを持参してくださった方がおられた。これは有り難い。朝日新聞社の朝日聞蔵IIで検索してくださった。図書館へ出向けばこの検索エンジンを使うことができるのだ。広告も拾ってくれている優れもの。

f0307792_20475959.jpg
昭和4年12月21日 東京朝日・夕刊



f0307792_20480485.jpg
昭和6年9月17日 東京朝日・夕刊


時代とともに(普及とともに)値下げされているが、昭和二年の当時は撮影機と映写機とを両方買えば、百八十円という高額であった(最後の値下断行!)。ざっと現在の価値で六十万円前後である。普及し始めの頃のパソコンのようなものだったか。旧制中学入学祝いに(落ちたら買う約束だったそうだが)買い与えられるのだから、やはりそれなりの資産があったことは間違いない。



[PR]
by sumus2013 | 2016-12-11 20:58 | 古書日録 | Comments(0)

ふだん着の英国

f0307792_08490324.jpg

ギャラリー島田一階の個展会場入口。花森集成も積み上げております。トークショーの後にも多くの方にお買い上げいただきました。ありがとうございます。

f0307792_08490652.jpg

ギャラリー島田のオーナーは島田誠さん(元・海文堂書店店主)ですが、花森安治の装幀した『ふだん着の英国』(暮しの手帖社、一九五五年、集成086)の著者・島田巽氏は島田さんの伯父にあたるそうです。朝日新聞社勤務で笠信太郎とも親しかったとのこと。この本も三冊所蔵しておられるとか。そうだとを知って、さっそく一冊、トークのときにお借りしました。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-11 08:56 | 古書日録 | Comments(0)