林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

”らしさ”排撃論

f0307792_17504541.jpg

『婦人公論』第四百六十七号(中央公論社、一九五六年三月一日、表紙=宮本三郎)。某氏より恵投いただいた。感謝です。花森安治と鶴見和子の対談「"らしさ"排撃論」が掲載されている。これは花森のいわゆる「女装」に対する態度がはっきり表明されている重要な対談だと思う。まずは女性「らしさ」に対して論議が始まる。

花森 僕が髪を長くしていると女の子のようだと言われます。しかし、ルイ王朝時代とか、リチャード八世の映画を観れば、当時の男は僕より立派な髪をしているんですよ。生理的に、女の人の髪が長くて、男が短いということは、どんな生理学者も言わんと思うのです。それがたまたま、緑なす黒髪ということが、ある時代の男の嗜好にかなったということから、いつか女の一つのスタイルになっているだけです。女の髪は長く、男は短いというのは一つの固定観念ですよ。》

鶴見 既成のものを破壊しようとおもって、わざと赤いものを着たり、女の服装をしていらっしゃることは、こだわりをぶちこわすこだわりでしょう。
花森 そうです。たいへんなこだわりだ。僕のほんとの希望というのは、赤いものを着たい人は着る、モーニングの着たい日には着てみたり、したいというときにはしてみることですよ。こういう気持が、おそらくは二十四時間中燃えているんですね。だから、あまり僕は楽じゃありませよ。僕も紺のダブルなんか着て、白いワイシャツでグレイのネクタイでもつけていれば、同じことを言っても、あいつはなかなか優秀な編集長だとか評論家だとか言われるでしょう。そのほうがずっと楽だということはわかるのですよ。それを、あれはなんじゃいな、と言われながらやっているということは、たいへんなこだわりだけれども、僕はこのこだわりを捨てるわけにはいかんのです。しかし、そうじゃない自然な状態が近い将来にくると思うのですがね。親と子、使用者と被使用者、為政者と被統治者とかいろいろな区別や階級があるが、近頃では頭のなかでは、だいぶ均[な]らされてきたと思うのですよ。しかしそのなかで、男だから、女だからということは依然として温存されているわけだ、男の立場からも女の立場からも。》

花森の姿勢というか思考法はつねにこの弁証法的パターンのようである。対談の最後には憲法改正問題も取り上げられている。

f0307792_17504266.jpg

鶴見 最後に、憲法改正の問題が、「らしさ」に関連していちばん大きい問題だと思うのですが……。いま改正案が出ていますが、女の人たちは現在の憲法と改正案とを並べられても、実際に自分たちの生活にどういうふうに響いてくるのか、関心をもっていない場合が多いと思うのですよ。改正案の意図するのは、旧道徳の復活であり、個人の自由に対する圧迫であるということは、基本的人権を守るということが削られていることで理解できるのです。それは、親は親らしさ、子は子らしさ、夫は夫らしさ、妻は妻らしさという、上からの強制が復活することです。》

なるほど、昨今の改正論議がこの時代からの悲願だったという主張が良く分る発言である。

花森 改正するというときに、だれが改正するかということが問題なんです。信用できる人の手で改正してくれるまで待ったほうがいいということも声を大にする必要がある。それから、前の欽定憲法のときには、国民をどういうふうにしばってきたかということを、示すということをだれもやっていませんが、これは大事な作業だと思うのです。今度の改正案が、前の憲法と似ている面を、わかりやすく説明するということは大事ですね。》

信用できる人の手で改正》というのはアグレッシブな鶴見女史の発言と較べるとかなりノンポリな感じが出ている。しかしながら欽定憲法の実態を検証するという大事な作業》、こちらは『戦争中の暮しの記録』と同じ発想である。概念的な思考を先行させるのではなく事実を提示して善悪の判断に供する。いわば憲法の商品テストであろう。善くも悪くもこれが編集者・花森安治の真骨頂であった

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-24 20:55 | 古書日録 | Comments(7)

発売中です!

読者の方が送ってくださった写真。ありがとうございます!

f0307792_17285901.jpeg
f0307792_17290274.jpeg
ブックファースト新宿店(2016.12.24)



f0307792_17103385.jpeg
神田・東京堂書店(2016.12.20)



f0307792_17312963.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-23 17:30 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

2016年度立命館明治大正文化研究会

立命館大学の衣笠キャンパス、末川記念会館にて行われた内田明氏の研究報告を拝聴した。「近代日本の活字サイズ――神話的・「伝統的」・歴史的」。梗概は以下のような感じ(一頁目のみです)。じつにエキサイティングな内容だった。活字の書体のみならずそのサイズをここまで厳密に追求されておられることにまず驚かされた。これは小生が門外漢だということもあるのだが、専門家でもそこまでやるかというくらいの掘り下げ方である。新五号や新七号活字などJIS規格で無視されているサイズの存在も初耳で、この報告を耳にしたのとしていないのとでは、これから明治大正あたりの文献を眺めるときの心構えが違って来る、というくらいの内容であった。

f0307792_20125741.jpg


配布されたプリントも有り難い。なかで一図だけ紹介する。明治〜大正にかけての『東京朝日新聞』における本文活字の変遷。明治四十一年に旧五号(10.5ポ)だったのが十年余りの間にだんだん小さくなって7.875ポイントになるというのが凄い。またポイント活字というのも第一次世界大戦にともなう用紙の高騰もあり、旧号活字よりも小さいポイント活字を採用しはじめたのではないか(同じ紙面により多くの情報を詰め込むため)という話だった。文字の大きさひとつ取ってもさまざまな事情が(たいていはコストか技術の問題だが)その裏にはひそんでいるものである。

f0307792_20083357.jpg





[PR]
by sumus2013 | 2016-12-22 11:36 | もよおしいろいろ | Comments(2)

個展終了しました

f0307792_22003302.jpg
「樹 マロニエ・ダンド」素描


パリのリュクサンブール公園で写生しました。少し肌寒い午前中でした。ジョギングや散歩の人が次々と通りすぎるのですが、パリジャンは意外と冷淡です。イギリスの田舎町で街頭スケッチしていたときなど通る人ごとに声をかけられて閉口しましたが、それとは大違いです。ひとりだけ、のぞきこんで「トレビアン」と言ってくれた男性がいました。ほめられると悪い気はしませんね。

f0307792_22003730.jpg

なんとか個展を無事に終える事ができました。ご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。『花森安治装釘集成』もドーンと予想以上に売れました。今回はあまり会場に居らず失礼したかと思います。お許しください。今年ももうあと幾日と数えるほどになりましたが、いやあ、とにかく花森本の完成で肩の荷が降りました。上出来でいい正月が迎えられそうです。とは言え、来年三月には有楽町のアート・フェアーで個展、四月にはウィリアムモリスさんでコラージュ展、九月には京都の恵風さんで個展と小生にとっては少々タイトなスケジュールです。とりあえず正月返上で仕事しようかと思っています。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-21 22:18 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

気がついたらいつも本ばかり読んでいた

f0307792_17103625.jpg

岡崎武志『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』(原書房、二〇一六年一二月一七日、ブックデザイン=小沼宏之)。ここ数日はこの本ばかり読んでいた。面白い! 小生は現存のライターのなかでは他の誰よりも岡崎氏の文章をたくさん読んでいる(上梓の度に恵投してくれるからです)。いつも文章がうまいなあと思うのだが、今回はそれももちろんあるものの、それ以上にその文章をつむぎだす大元にあるセンスの良さ……古本、新刊、音楽、映画、落語、食べ物、都市観察、その他いろいろどの分野においても……を感じた。バラエティブックの形式によってそのセンスがいっそうキラキラ光って見えるように思う。

注目したのは、本書に登場する喫茶店である。岡崎版『喫茶店の時代』を読んでみたいと思うくらい色々な喫茶店が登場している。太字はコラムの見出し。

珈琲とエクレアと詩人:北村太郎が通った小町通の喫茶店
さよなら松明堂書店:鷹の台の画廊喫茶「しんとん」
パレスビル「パレ・アリス」:「パレ・アリス」で『サンデー毎日』編集者とライターの宴会
血のプロント:某所のコーヒーチェーン店「プロント」での椿事
断崖絶壁喫茶店:田端駅前「アンリィ」
中川六平:岩国の反戦喫茶「ほびっと」のマスター
"アラカン"が貫いたまことにあっぱれな人生:キッチャ店の女の子
純喫茶ラプソディ:『東京生活』吉祥寺特集第二特集「東京純喫茶」
アマンドで待ち合わせ:あまりに女子女子していたので「ルノアール」へ移動
放浪書房:鳩の街通り商店街のカフェ「こぐま」
タブレット純:たとえば喫茶店のサービスでついてくるゆで卵
牧野信一の「ハッハッハッ」:西荻の超純喫茶「ダンテ」
瀬戸川猛資:紀伊國屋書店裏に、業界人がよく使う喫茶「トップス」
国分寺名店事情:古色蒼然たる名曲喫茶「でんえん」

どうです、喫茶店の時代がすぐにも書けそうでしょ。思い出したのでついでに述べておくと、国分寺の「でんえん」では小生も絵の展示をさせてもらったことがある。武蔵美を卒業する年だったから一九七八年だろうと思う。知人に誘われてグループ展のようなものに一点出品した。このとき搬入と搬出に「でんえん」に出向いたはず。店の雰囲気はぼんやりとだが記憶に残っている。武蔵美時代には鷹の台(国分寺から二駅目、武蔵美の最寄駅)に住んでいたのではあるが、それほど国分寺については思い出がない。国分寺より新宿の方が親しいくらい。また鷹の台の画廊喫茶「しんとん」というのはまだなかったはずだ。駅前を西へ突き当たったところに「ドリヤン」という洋菓子店と階上喫茶店があった。ここは何度か入った(四年間で何度かだけですが)。松明堂書店ではよく立ち読みさせてもらった。村上龍(武蔵美中退)が芥川賞を獲ったときたしかサイン会があったような気がする。

岡崎氏の本の紹介のはずが思い出話になってしまったが、氏は国分寺在住だからどうしても懐かしい地名が登場するのである。もうひとつ身近な讃岐出身ということで「伝説の真相をつきとめて修正」で砂古口早苗『ブギの女王・笠置シヅ子』を取り上げてこう書いているのも目に留まった。

《例えば、あっけらかんとした大阪弁の印象が強いため、誤解されているが、笠置は一九一二(大正三)年、香川県の生まれ。私生児だった。生後半年で大坂の商家に養子にもらわれていく。》

《自分のものまねでデビューした美空のブギを封じた悪者・笠置という伝説が芸能界に長くはびこっている。その真相を芸能界の暗部に手を入れてつきとめることで、著者は伝説を修正した。笠置と同郷というシンパシーもあろうが、これで「ブギの女王」も浮かばれるというもの。》

笠置は香川県大川郡相生村(現・東かがわ市)生まれ。同じく東かがわ市からはソプラノ歌手の林康子(一九四三〜)も出ている。著者の砂古口早苗氏が同郷だということはやはり同郷のK氏より教えていただいたばかりだった。

《新刊、現代書館から「佐々木孝丸」評伝を出版。過去に「宮武外骨」伝や「笠置シズ子」伝を出版。讃岐人を取り上げています。今回の佐々木孝丸は父が国分寺生で少年時代に香川で過ごしたようです。著者は1949年善通寺生。》

脱線ばかりで申し訳ない、だが、本書は実際このようにさまざまな情報がぎっしり詰まったまさにバラエティブックの鑑のような快著である。


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-20 20:58 | おすすめ本棚 | Comments(10)

茗渓堂

f0307792_17451732.jpg

書皮のかかったままの文庫本を二冊頂戴した。どちらも福武文庫の澁澤龍彦。この書皮は御茶ノ水の茗渓堂である。山の本屋として知られていたが、二〇一一年に閉店した。

「山の本屋」茗溪堂 御茶ノ水店が休業

ありがとう・さようなら茗渓堂

沢野ひとしのデザインで統一されていたようだ。オリジナル栞二種類。

f0307792_17451179.jpg


f0307792_17450847.jpg

『エピクロスの肋骨』、装丁=菊地信義、カバー画=木村繁之。パッと目に付いたところを引用してみる。「錬金術的コント」より。

《……一月のことであった。雪がまるで白い蜜蜂の群のように、舞いおり、舞いあがり、歩いて行く私のまわりで、沈黙のロンド・カプリチオーソを踊っていた。私はわきの下に、古風な鞣革で装釘された、二冊の古本をしっかり抱えていた。ホールベルクの『ニルス・クリムの地底旅行』と、パラケルヅスの錬金術的著作『オペラ・オムニア』である。
 私は銀座の通りをつと折れて、行きつけのバアの扉を押し、奥まったボックスに腰をおろすと、本が濡れていないかどうかよく確かめて、テーブルの上に大事に置いた。オーバーの袖に、きれいな雪の結晶が二つ三つ、消えやらず残っているのを、ぼんやり見つめていると、トパーズ色のベルモットの反映に、長い銀の匙を光らせながら、バアテンがマルチーニをつくって、私の前のテーブルに持って来てくれた。》

《「聴かせるのはお安い御用だけれどね、あんた」とバアテンはテーブルの上の古本を珍しそうに見ながら、「その黄色くなった本は何です? またサディズムの本ですか?」
「あ、これかい。これは人間と星の運命の相関関係のことが書いてある本だよ」
「へえ、それじゃ僕の悩みとまんざら関係がなくもないね……僕は万有引力を呪っているのさ。僕は月の引力に復讐されたようなものでね……」》

……結末は内緒、だが、あまりといえばあまりな……。

レシートが挟み込まれていた。一九九一年六月一四日が第一刷の発行日だから刊行されて一月余り後に購入したものだと分る。もう一冊(450円の方)も同じく澁澤龍彦の『うつろ舟』(福武文庫、一九九〇年一〇月一六日)である。消費税3パーセントか。

f0307792_17451440.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-19 19:55 | 古書日録 | Comments(2)

パン

f0307792_20263913.jpg
「パン」油彩、F3号


【個展出品作より】
今回の出品作では一番人気。「おいしそう」という感想は素直にうれしいものだ。格別おいしそうに描こうというつもりはなかったのだが(実際のところ、絵に描いてしまったので味見はしていない)。妻の友人が「愛がこもっている」と言ってくださったとか。パンへの愛? ちなみにこのパンは京都八百一本店のザ・ブレッドで買ったもの。パンの名前は……忘れました。ドイツ風の塩まぶしパン。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-18 20:41 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

今年の収穫2016

f0307792_20465862.jpg

『BOOK5』(トマソン社、二〇一六年一二月一三日)が届いた。最終号。特集「年末恒例アンケート 今年の収穫」。昨年に続いて小生も回答させてもらっている。何を挙げたのかは、読んでのお楽しみ。それにしても収穫は人それぞれ、おもしろいなあ……。

年末と言えば、ここ何年か(調べてみると2011年から)当ブログでも個人的な古本の収穫を列挙してきたが、そのきっかけを作ってくださったyfさんが今年三月末にお亡くなりになられた。心よりご冥福をお祈り申し上げたい。

極狭私的見聞録2015

とりあえず古本で買えて良かった! と思うものを数えてみた。当然ながらほとんど紹介している。今年は百万遍の和本均一さまさまであった。『トリマルキオーの饗宴』は読んで面白かったということで。

◉『風塵』第二集、一九六九

◉『女性』創刊号、新生社、一九四六

◉『致堂詩藁』巻第十七・十八、一八三三〜三四?

◉ヴォーリズ『一粒の信仰』春秋社、一九三〇

◉蔦雨散人『浮巣集』一八三五

◉『遠西名物考』写本

◉『狂詩しやべり志題』一八六五

◉不二木阿古『ラッキーの活躍』新星社、一九三四年

◉牧野信一『心象風景』書肆ユリイカ、一九四八

◉ペトローニウス『トリマルキオーの饗宴』青木書店、一九四一


[PR]
by sumus2013 | 2016-12-17 21:01 | 文筆=林哲夫 | Comments(0)

壁(オーヴェール・シュル・オワーズ)

f0307792_20081372.jpg
「壁(オーヴェール・シュル・オワーズ)」油彩、F6号


【個展出品作より】
オーヴェール・シュル・オワーズ村のドービニー美術館からゴッホが描いた例の教会へと向かう狭い道路がドービニー通りである。教会へ向かってゆるやかな坂道になっている。その道沿いにこのような石灰岩(calcaire)のうつくしい壁がつづいていた。

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-16 20:24 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

ベルトルド・ウォルプ

f0307792_17071279.jpg

牛津先生よりFaber and Faberの絵葉書を頂戴した。深謝です。

《Faberの装幀はお嫌いですか? リードのものなど、みすず書房はそのまま使用していました。70年代のことですから、日本では余り流行しなかったのでしょうか。簡素だったのですが、今みると結構、過剰で時代を感じます。でも毎年、出す年間のFaber手帳は捨てたものではありません。》

これまでこのブログでは英国の装幀についてあまり多く触れていないかもしれない(本文末尾にリンクあり)。実際、本もそうは持っていない。この頂いた絵葉書になっているFaber and Faberの装幀はすべてベルトルド・ウォルプ(Berthold Wolpe 1905-1989)のデザインである。フランクフルト近郊のオッフェンバッハ生まれ、書体デザイナー(calligrapher, typographer, type designer)、装幀家、イラストレーター。一九三五年にイングランドに移り住み、一九四七年には帰化して英国で活躍した。

一九三二年、ウォルプはロンドンでスタンリー・モリソンからモノタイプ・コーポレーションのための文字の設計を依頼された。そして代表作のアルバータス(Albertus)が完成したのが一九四〇年。しかし第二次大戦が始まると敵国人としてオーストラリアの収容所へ送られた。四一年に許されてロンドンに戻り、フェイバー・アンド・フェイバー社の仕事を始める。アルバータス字体は非常に人目を惹いた。結局一九七五年に引退するまでおよそ1500の表紙・カバーをデザインしたという。一九八〇年にヴィクトリア・アンド・アルバート美術館で二〇〇六年にはマインツで回顧展が開催された。(英文ウィキによる)


f0307792_17065630.jpg
f0307792_17070198.jpg
f0307792_17065155.jpg
f0307792_17071818.jpg

『ゴドー…』は持っていると思ったら米国版だったが、タイトルの書体は同じ(?)だからウォルプによるものか。

waiting for godot


こちらにウォルプの紹介が出ている。

タイポグラフィ・ブログロール《花筏》


◉過去記事でイギリスの装幀などに言及したものをいくつかリンクしておく。

『エリック・ギルのタイポグラフィ』

『Introduction to Typography』

J.E.モーパーゴ『ペンギン・ブックス 文庫の帝王A・レイン』

ケネス・クラーク『ザ・ヌード』

『VIRGINIA WOOLF & LYTTON STRACHEY LETTERS』

[PR]
by sumus2013 | 2016-12-16 20:04 | 古書日録 | Comments(4)