林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
古本として流出してくれて..
by sumus2013 at 07:54
先日の、林さんの「神保町..
by 唐澤平吉 at 22:12
そうなんですか! それで..
by sumus2013 at 19:47
遺族からの寄贈本1万冊余..
by 唐澤平吉 at 09:00
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

方向

f0307792_20545968.jpg


『方向』2号(方向の会、一九七〇年一二月二〇日)を某書店さんが送ってくれた。同人雑誌である。ここに淀野隆三の子息である隆さんが淀野隆之名義で「「癌」とその背景 父と子の日記」を執筆しておられる。引用文中《昭和四十一年》とあるのは「昭和四十二年」の誤植。

《昭和四十一年七月七日。私は、父を亡くした。肺ガンだった。六十三歳。二年八か月にわたるガンとの闘いの終末が、やはり、死だった。
 父は、文学者だった。小説をやった。仏文学の教授として、大学生に、教えもした。その父が、肺ガンに犯されていることを知った時、私は、父にかわり、父のガン闘病の姿を、全く、冷酷なアウト・サイダーとして、記録しようと思った。
 それが"文学者である父"に対する唯一の親孝行だと考えたからだった。
 父も、毎日毎日の闘病を、文字にしていた。痛さをこらえ、顔をしかめ、一字一字を、まるで、紙に彫刻しているような、そんな姿を私は、何度か見た。
 「外村、高見、亀井。次は、俺や。梶井は結核で死によった。この時代に、結核で死ぬ者なんていよらへんやろけど、ガンは、治らんで。まあ、梶井の二倍生きられたんやから、ええけどなぁ」
 父の関西弁には、親しみと、柔らかさが有った。父の独特のひびきが有った。悲しいひびきだった。》


この雑誌には献呈署名がある。

f0307792_20545749.jpg


隆さんが父上の『青空』以来の盟友・中谷孝雄に送ったものだった。背に描かれた「ヨドノ隆三のこと」という文字は中谷によるものだろう。たしか中谷は『招魂の賦』(講談社、一九六九年)に淀野隆三を取り上げて最晩年の様子を描いていた。隆さんは中谷の作品に触発されて迷っていた闘病日記の発表を決めたのではないだろうか? また癌告知の問題にも関心を寄せておられる。当時の東大病院では告知しない方針だったようだ。ただ結局は知れてしまい、がんセンターで左肺を全摘するという大手術を受けて成功、一旦退院することができた。この闘病記には手術成功までが細かに描かれていて、臨場感がある。

本日は淀野隆三歿後四十九年、すなわち五十回忌にあたる。不思議なことに、某新聞社の記者氏より淀野隆三について取材したいという電話がかかってきた。むろん快諾したのだが、梶井基次郎をはじめとする『青空』同人たちの世話役であり、マルセル・プルースト『失われた時を求めて』の産婆役であり、戦前の左翼シンパであり、実業家であり、社会改良家であり、祇園を知り尽くした粋人であり、フィリップらの翻訳者であり、愛書家であり、明大教授であり、そして何より高桐書院の華々しい時代(火の車の時代も)を取り仕切った出版人であった淀野隆三、より多くの方々にその大きな足跡を知ってもらいたいと思う。

淀野隆三(左)と中谷孝雄

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-07 21:36 | 古書日録 | Comments(0)

夏の日々

f0307792_20051688.jpg


室生犀星『詩集いにしへ』(一條書房、一九四三年八月五日)。一條書房は昭和十八年に臼井書房と統合した。代表者は臼井喜之介。十九年に大八洲出版に再統合される(京都の主な出版社十五社の統合、代表柳原喜兵衛)。そして昭和二十年に臼井書房が再開した後も一條書房という名前は『詩風土』の初期版元としてしばらく残っていたようだ。


f0307792_20052235.jpg

本日も暑い一日だったが、神戸元町まで出かけた。戸田勝久さんの個展「POETRY FOR YOU」を見る。小品ながらじっくりと描き込まれた水彩画を中心に涼やかな扇面が何点か、タブロー二点。熱暑の昼下がり、ひととき汗を忘れる気持ちのいい展示だった。しかもそれぞれの絵には個展タイトルの通り、戸田氏愛誦の詩あるいは小説の一節が添えられている。絵と詩の対話を楽しめる仕掛け。

また、画廊の本棚には摘星書林さんが古書を出品されていて、これまたシブイものばかり。そのなかから一冊選んだのが『詩集いにしへ』ということになる。この本、題字は室生犀星だろうが、カバーの絵は誰なのか、明記されていない。


   夏の日々

 いついかなる日に
 魚の泳ぎを見んとするや
 そのすがたを描かむとするや
 山河の息はけふも匂ひて
 花のごとく過ぎてゆけども
 われふたたびその山河を見ず
 また人をも見ざるなり


f0307792_20052386.jpg
左は小生、右が戸田氏

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-06 20:40 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

母音

f0307792_21021468.jpg


雑誌『ひととき』に内堀弘さんが「古書もの語り」というエッセイを連載しておられるということは以前にも触れたが、


二〇一六年六月号(ウェッジ、二〇一六年五月二〇日)では『蘭梦抄』と題して神田神保町の露地裏にあった「らんぼお」という喫茶店(じつは飲み屋)について書いておられる。昭森社の森谷均が昭和二十二年三月に開店した(詳しくは拙著『喫茶店の時代』参照)。

《森谷はこの階下で「らんぼお」という喫茶店をはじめた。そこが若い詩人や芸術家たちのサロンとなる。開店記念に配った小冊子『蘭梦抄』には、太宰治や稲垣足穂、川端康成など三十数名の作家や画家が書いていて、遠い賑わいが伝わってくるようだ。去年の夏、この「らんぼお」が出した『母音』という小冊子を古書店で見つけた。掌にのるほど小さなもので、ランボオの詩を一篇だけ綴じている。そこに、翻訳をした鈴木信太郎が森谷へ宛てた自筆署名があって、こんなものが残っているのに驚いた。

いや、これは驚く。『本の手帳別冊・森谷均追悼文集・昭森社刊行書目総覧』(昭森社、一九七〇年五月一日)の刊行書目総覧にも載っていない(と思う)。らんぼおの発行だから載っていなくても当り前だが、『蘭梦抄』については書影入で言及されているので、『母音』が出ていない理由は分らないが、鈴木信太郎がもし追悼文を寄稿していれば、きっとこの冊子について触れたのではないかと思う(残念ながら鈴木は寄稿していない)。

上の写真で絵のある表紙が『蘭梦抄』。その上になっているのが『母音 Les Voyelles』、右は『母音』の献呈・署名・印。じつは小生も『蘭梦抄』をかつては所有していた。ある目録に手頃な値段で出ていた(手頃といってもそれなりではありました)。運良く入手できて喜んでいたが、扉野良人氏へ結婚祝にプレゼントした。扉野氏くらいの古本者に古本のプレゼントというのは危険(?)が多い。しかしながら、これはさすがの氏も持っていなかったようで幸いだった。備忘のためにここに記しておく。

『母音 Les Voyelles』はランボーのなかでももっとも有名な作品のひとつ。下のような詩である。A(ア)黒、E(ウ)白、I(イ)赤、U(イュ)緑、O(オ)青。母音に色を振り分けて、そこからイメージを呼び起こす詩行をつづけている。下の図は一九五二年のメルキュール・ド・フランス版ランボー詩集より。


f0307792_21021609.jpg

これでソネ(十四行詩)なのだが、じつは次頁にもう四行続いている。マルセル・リュフ解説の『ランボー詩集』(A.-G. NIZET、一九七八年)によれば、ソネの部分は自筆原稿があり、追加の四行詩はヴェルレーヌが筆写して『母音』の次に並べて雑誌に発表した「断片 Fragment」あるいは「四行詩 Quatrain」。この小品に対しては『母音』と同じ構想による失われた作品の断片、あるいはその下書き、または独立した行詩、などといろいろな考え方がされているようだ。鈴木創士訳を引用しておく。


 星はおまえの耳のまんなかで薔薇色の涙を流した、
 無限はおまえのうなじから腰にかけて白く転がった
 海はおまえの朱色の乳房で赤茶色の雫となった
 そして「人間」はおまえの至高の脇腹で黒い血を流した。


天変地異を連想させる強烈なイマージュである。

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-05 22:25 | 古書日録 | Comments(0)

村のたんぽぽ

f0307792_20171582.jpg


堀内幸枝『詩集 村のたんぽぽ』(三茶書房、一九九一年九月一日、装幀=山高登)の恵投に与った。なんと政田岑生の旧蔵であるという。深謝です。詩人堀内幸枝については下記ブログを参照されたい。

永遠の少女 詩人堀内幸枝さん 西山正義

f0307792_20171041.jpg


f0307792_20171251.jpg

   遠い雨


 雨こそは
 降ってはならぬ時に
 よく降るものである

 そのあと急に日の照る三角畑

 畑は実にあざやかだった

 雨が上がって
 不意に目覚めた畑では
 葱ぼうずもホーレン草も
 急に青く匂って
 雨の上がった畑では小松菜を摘む屈[かが]んだ母の
 後姿が新鮮だった

 雨こそは
 降ってはならぬ時に
 よく降るものである
 桑の葉に落ちる滴[しずく]が丸く
 藁屋根の藁の先から落ちる滴が細く

 私はこんなに幸せいっぱいでいいのだろうかと
 何かに問いたかった
 [下略]


《同じ山梨の東郷[ひがしごおり]の出身で、三軒茶屋に、三茶書房をお持ちになり、古書の売買を通して、詩人・三好達治とも、ご縁の深かった岩森亀一さんが、かつての『村のアルバム』への好意から、この詩集を編んで下さった。》(あとがき)

とのこと。国会図書館で三茶書房を検索してみたら以下のような刊行物があった。


東京スケッチ散歩
酒井不二雄 著 三茶書房 1968

河童道
更科源蔵/著,川上澄生/版刻 三茶書房 1972

和紙年表
池田秀男 著 三茶書房 1974

昔日の客
関口良雄 著 三茶書房 1978

関口良雄さんを憶う
尾崎一雄, 岡本功司 編 [三茶書房] 1978

芥川竜之介資料目録 : 自筆草稿類
三茶書房 1981

銀杏子句集
関口良雄/著 三茶書房 1981

台所から見た文壇 : 歌文集
木山みさを 著 三茶書房 1982

木山捷平父の手紙
木山捷平/著,木山静太/著,木山みさを/編集 三茶書房 1985

木山捷平全詩集
木山みさを 編 三茶書房 1987

暮天に遠く : 歌集
池田縫子/著 三茶書房 1991

詩集村のたんぽぽ
堀内幸枝 著 三茶書房 1991

三茶書房の書皮

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-04 20:40 | 古書日録 | Comments(0)

イヴ・ボヌフォワ死去

f0307792_19224222.jpg


フランスの詩人で評論家、翻訳家のイヴ・ボヌフォワ(Yves Bonnefoy)が七月一日に九十三歳で歿した。一九二三年にトゥール(Tours)で生まれた。父は鉄道で働き、母は教師だった。ポワチエ大学で数学を学びパリへ出て続けるつもりだったが文学に深入りし方向転換、ソルボンヌで哲学を学んだという。第二次大戦直後シュルレアリスムに近づいたが短期間で離れ、ランボーに傾倒、自らの道を切り開いた。一九五〇年にモンマルトルのルピック街に落ち着いて以来そこに住み続けた。詩人としての評価を確かなものにしたのは一九五三年に刊行した詩集『Du mouvement et de l’immobilité de Douve』(Mercvre de France)。一九六〇年からシェイクスピアの翻訳を始め、一九六七年には友人たちと文学・美術雑誌『L’Ephémère』を創刊。ジュネーヴ大学、コレージュ・ド・フランスで教鞭を執った。


f0307792_19224560.jpg
イヴ・ボヌフォワ(ガリマール社のFBより)



著書は多数。日本でも翻訳されている(今、amazon.co を見ると七種の作品が陳列されていた)。小生に親しいのは上の永遠の作家叢書(ÉCRIVAINS DE TOUJOURS)のランボー伝『RIMBAUD par lui-même』(aux éditions du seuil, 1970版 )。読むというより(拾い読みくらいはしたが)絵のモチーフとしてこの本は何度も描かせてもらった(正確にはこの前に同じ本を持っていたので二冊を何度も描いた)。和訳も出ている本なので烏滸がましいとは思いつつ本書の冒頭だけ個人的な追悼の意味で拙訳してみる。

《ランボーを理解するためにランボーを読もうではないか、そこにまぎれているさまざまな他人の声から彼の声を選り分けたいものである。遠くを探す必要はない、他の場所を探す必要も、ランボー自身がわれわれに語るのだ。彼ほど、自分自身を知ってもらいたい、自分が何者かはっきりさせたい、自分自身を知ることによって自らを変えたい、別人になりたいと望んだ作家はほとんどいない、とにかくこの最も大真面目な探索をこそ真面目にとらえようではないか。わたしは提案したい、ひとつの声を見つけ出し、彼の望むものを解読し、彼の口調をよみがえらせることを、とりわけ、その有頂天、無類の純粋さ、勝利、絶望を。》


Mort d’Yves Bonnefoy, poète, traducteur et critique d’art

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-03 19:54 | 古書日録 | Comments(0)

養病行遊

f0307792_21342081.jpg
f0307792_21341972.jpg


七言律詩のマクリ。年初だったか、某書店にて。落款は香川景徽[御教示いただいた]、印は「景緊」「公琴」だろう。香川景とくれば香川景樹のファミリーなのかとも思うが、これまた検索してもはっきりしない。詩の方も難しい字が多くて良く読めないが、例によってめくらめっぽうで。乞御教示。

養病行遊洛水淡
春芳一転入南薫
九潮斜別千章楼
12高飛五彩雲
北海猶応傾34
東山5又6紅裙
杜鵑留後7亭夜
莫使僕帰啼向君

寄憶白8君在京

12は菱闕、34は碧甕、5封?、6破、7郵、8麟、という御教示をいただきました。なるほど、改めてお教えいただくと弁別できないほど難しい字ではない、字書の引き方を工夫しないといけないようだ。

別の方より御教示いただいた。北洛としてあったところは北海(なるほどそうですね)、杜鵤としてあったところは杜鵑(たしかに)、そして6は酔であろうと(酔か破は迷ったのです。「、」があるので酔ですか)、7の次「亭」は「寄」であろうと(ただ後書きにある寄のように「、」がないので亭かと思いました[、がなくても寄の例もありますが]、また郵亭という熟語もあります)。

なお、よくよく紙背を眺めていたらエンピツで小さく《香川公琴 大阪ノ人 小竹門人》と隅っこに書かれていた。これだけ分れば上出来だろう。

さらにデジタル版日本人名大辞典に香川琴橋が立項されている(と御教示いただいた)。

香川琴橋 かがわ-きんきょう
1794-1849 江戸時代後期の儒者。
寛政6年生まれ。安芸広島藩浪人の父北川五助(介)にしたがって大坂に出,香川子硯の養子となる。劉琴渓にまなび,家塾をひらいた。嘉永(かえい)2年10月18日死去。56歳。名は徽。字(あざな)は公琴。通称は一郎。著作に「浪華名勝帖」。


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-02 22:06 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

ルネサンス期の書斎

f0307792_20593806.jpg


f0307792_20594039.jpg
HERODOTUS『Historiae』(Venice: Johannes & Gregorius de Gregoriis, 1494)


昨日のつづきということで、ルネサンス時代前後の書斎を描いた挿絵をいくつか紹介しておく。これらはかなり前にコピーで収集したもの。出典をメモしていない図もある(人ごとではないのでした)、あしからず。上とすぐ下は古書目録(サザビーズ?)からだったと思う。


f0307792_21065105.jpg
リンク先で引用しておいたJUVENALIS『Satyrae』(Venice: Johannes Tacuinus de Tridino, 1498)の全図。



f0307792_21105986.jpg
AUGUSTINUS『De Civitae Dei』(Venice: [Bonetus Locatellus] for Octavianus Scotus, 1489).




f0307792_21193684.jpg
《ミラノでの木版画の入った初めての本。パオロ・アッタヴァンティが1479年に印刷した『教会法全書』》



f0307792_21212453.jpg
《サヴォナローラによる大量の小冊子がフィレンツェで出版された。修道院の彼の独室にいる改革者(サヴォナローラ)を描いたこの挿絵は1496年の『簡素であるべきキリスト教徒の生活』からとったものである》



f0307792_21153612.jpg
《1497年にフェラーラでロレンティウス・デ・ルベイスによって印刷された聖ヒエロニムスの『書簡』の版からの木版画》、足許にライオンが控えている。



f0307792_21232675.jpg
《『阿呆船』のブック・コレクター(1509年版、イギリス)》。『図説本と人の歴史事典』(柏書房、一九九七年)より。フールズキャップ



f0307792_21264586.jpg
少し古くなるが《聖書を転写するカシオドールス(7−8世紀、イギリス)》(同前)。足許に開かれているのがウルガータ聖書で戸棚に並んでいるのはカシオドールス自身による『新聖書(ノウェム・コディケス)』であろうとのこと。

ついでに昨日のヒエロニムスの書棚に筆記具らしきものが置かれていた。おそらく鵞ペンとペンナイフだろうが、それはこのようにペン先を削りながら使うのである。

f0307792_21331315.jpg


f0307792_21331564.jpg
鵞ペンを削る聖マルコ(15世紀、フランス)》(同前)




[PR]
by sumus2013 | 2016-07-01 21:42 | 古書日録 | Comments(0)