林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

風塵第二集

f0307792_19333571.jpg


『風塵 第二集』(山王書房、一九六九年二月)。限定七十部の俳句集。製作は東京都世田谷区太子堂の学書房。風塵同人は斎藤好光、関口銀杏子、萩原杜哉、佐久間茂高、山本游魚、宮沢良豪、古川巧。銀杏子こと山王書房主・関口良雄は「侘助」と題して九句を出している。『第121回五反田遊古会古書販売目録』(二〇一六年七月)より、月の輪書林の出品。この目録の月の輪さんのページでは他に八木福次郎旧蔵本がかなりの数出品されており、それがまた古書目録を中心としてさすが八木さん旧蔵という渋い本ばかりだった。


f0307792_19333998.jpg

f0307792_19334187.jpg


 枯蓮もベンチの人も動かざる

 芒野に長子と馳けしことなども

 侘助や犀星亡き後も庭に咲き

 断崖の梅は斜めに咲きにけり

 北風に尻もちあげてペタル踏む

 北風やとびこびざまにコップ酒

 熱燗に饒舌の悔残しけり

 極まるや東西南北風邪に伏す

 階下より妻の声する風邪の床



《とびこびざま》はママ。『銀杏子句集』(三茶書房、一九八一年)にはこれらの句は採られていないようである。銀杏子は「ぎんなんし」と読ませるようだが、小生はいつも「いちょうし」と読む。ほろ酔い加減で「いい調子」というのが関口良雄に似つかわしいと思うからだ。

f0307792_19334312.jpg
『Rewind 1969-2004 東京古書組合南部支部創立35周年記念写真帖』
(二〇〇四年)より、昭和四十年代の関口良雄


山王書房店主関口良雄



[PR]
by sumus2013 | 2016-07-31 20:36 | 古書日録 | Comments(0)

浜宿は

f0307792_16570813.jpg



  浜宿はつるものゆれて涼しけれ
                 雨



署名は「雨」と読んだが? 作者も分らず、時代もそう前ではないと思うものの、この字が気に入っている。

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-30 17:00 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

蛙なくや

f0307792_19343708.jpg



年初には短冊をつぎつぎ紹介したのだが、四月二十一日の保光以来途絶えていた。買えないのだから紹介できない道理。そこで短冊箱をかきまわして、かなり前に求めたものを掲げてみる。


  蛙なくや闇にをしえ〓 潭[潦]


署名は薫風園老生でいいだろう。どなたなのか不明。ようやくカムバックしたので拙い読みを披露する。〓のところは「之」か。「志」ではないかというご意見もいただいた。また下五は「」に見えるのだが、だとすれば、どう読むのだろう。ふかきふち? これも「潦(にわたずみ)」ではないかというご意見をいただいたので附記しておく。潦の意味を「たまりみづ」とする字書もあるから、あるいはこちらの方が妥当かもしれない。

鳴蛙
http://sumus.exblog.jp/18660956/

***

七月二十日の天声人語に「自信なさげ」と使われていて、ちょっと驚いた。「自信なげ」であろう。しかし、若者言葉としてならともかく、天声人語が使うのだから一般に通用していると思うしかない。ら抜き言葉もほぼ年齢に関係なくごく普通に使われているようだし、みんなが使えば正しくなる……とは言え、何が正しくて何が正しくないかも分らないのではあるが。


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-23 20:20 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

室生家の料理集

f0307792_20470672.jpg



室生洲々子『をみなごのための室生家の料理集』(龜鳴屋、二〇一六年六月一九日)。絵=武藤良子。武藤さんから龜鳴屋さんの仕事をしたと聞いていたが、こんな形になって出来上がって来るとは想像しなかった。すばらしい。『コペ転』とはまた違ったムトーさんの才能が発揮されている。

『をみなごのための室生家の料理集』 室生洲々子著 最新刊


室生洲々子は室生朝子の娘で室生犀星の孫である。十歳まで室生犀星が終の住処とした東京南馬込の家で暮らした。現在は金沢に住み、室生犀星記念館名誉館長。本書は二十三の料理について簡単な説明と料理手順が記されており、対面ページに武藤さんのカラー挿絵が添えられる。

《「ひろず」をはじめ、祖母、母が作る料理は金沢の家庭料理が中心であった。そして祖父は生涯故郷金沢の味を大切にしていた。》(我が家の味)


f0307792_20111678.jpg


《水が綺麗な金沢は、お豆腐がとても美味しい。夏になると茶碗豆腐と言う丸い豆腐が店頭に並ぶ。中に辛子が入っているものもある。お豆腐の薬味というと生姜が一般的だと思うが、金沢では辛子が一般的らしい。このことは金沢に住んで初めて知った。ちょっとしたカルチャーショックを受けたが、近頃では辛子のほうが口にあってきたから不思議である。(我が家の味)

f0307792_20111539.jpg


《祖母は明治生まれにしてはハイカラな人で、天火を買い、鳥を焼いたり、ケーキをつくり家族を楽しませていた。この料理集で紹介したフレンチ・トースト・ウィズ・ハンバーガーも祖母が考案したひとつだ。そんな祖母に育てられた母は食に対する好奇心が非常に旺盛で、料理上手でもあった。》(あとがき)

この「フレンチ・トースト・ウィズ・ハンバーガー」はどんなものかと言うと、

《祖母が軽井沢で、中華のシェフから教わった料理。室生家の母の味。子供達の大好物。

材料 ひき肉(牛または豚、あいびきお好みで)、玉ねぎ、サンドイッチ用の食パン、お塩、コショウ、ナツメグ、小麦粉、玉子、パン粉、油

作り方
1 玉ねぎをみじん切りにして飴色になるまで炒める。
2 ひき肉を加えさらに炒め、お塩、コショウ、ナツメグを加える。
3 パンは耳を切り落として4つに切る。そのひとつに2をのせ、ナイフで押しつけるようにしてパンに固定する。
4 粉、とき卵、パン粉の順に衣をつけ焦げ目がつく程度に揚げる。油に入れる時は、パンの方を下にしてすべり込ませる。油を切る時は肉の方を下にするとよく切れる。

食べる時はからし醤油で。不思議とソースはあいません。》

うむむ、おいしそうだが、これはなかなか……である。

なお「フレンチトースト」の「フレンチ」はフランスのことではないらしい。ニューヨークの酒屋の店主ジョーゼフ・フレンチが命名した、という説や、ジャーマン・トーストと呼ばれていたのを第一次世界大戦のときにフレンチに変えたという説もあるらしい。かなり古くからあった料理のようだ。フランスでは「pain perdu いたんだパン」(固くなったパンがミルクや玉子でよみがえるところから)あるいは「pain doré 黄金のパン」などと呼ばれる

一例としてリンクしておく。

Recette du pain perdu au chocolat



f0307792_20111359.jpg

f0307792_20111158.jpg


武藤さんの挿絵はリトグラフのような味わい。オリジナル・リトグラフ入の特装本を作ったらステキだなと思ったりする。


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-22 20:22 | おすすめ本棚 | Comments(2)

倉田啓明綺想作品集

f0307792_20311459.jpg


『わが屍に化粧する―倉田啓明綺想探偵作品集―』(盛林道ミステリアス文庫、二〇一六年七月二一日)が届いた。倉田といえば『地獄へ堕ちし人々』(春江堂、一九二二年)に驚くような値段が付いているし、龜鳴屋さんでも傑作集を出している(完売)くらい奇特な作家のようだが、むろんどちらも所持せず、名前くらいしか知らなかった。いろいろな顔(作風)を持つ作家のようだということが本書を読んでいて分ったのはたいへんな収穫だ。

わが屍に化粧する―倉田啓明綺想探偵作品集―

目下のところ倉田啓明のウィキにも生年ははっきりと書かれていない。歿年はもちろん不明。ところが本書の解説片倉朝弥「本朝ぎさく気質」がなんとも執拗な追求ぶりで、とにもかくにも生年を記した資料を見つけておられる。

《倉田啓明 名は潔[きよし]。明治二十四年九月八日生。立教学院出身。「社会学体系序論」及び小説「地の霊」外五六編の作がある。現住所、日本橋浜町一ノ一七巴館》(『文章世界』大正三年三月十五日号「現代紳士録」)

これだけ分ればたいしたもの。ただ、それでも歿年はまだ不明のまま。

《探し出せた最後の小説は「仇討ち三味線」(『日の出』昭和十二・四)である。その後の消息は、杳として知れない。》

作品の評価についても片倉氏の一文を引いておく。

《倉田啓明が、谷崎潤一郎のような大作家に数えられることは今後も絶対にないだろう。一瞥すれば分るように、彼の作品には普遍的な芸術性というべきもは存在しない。あるのはただ、その場その場のモードに合わせて見繕った、一時的に消費されるだけの消耗品の味わいである。
 もっとも、その振る舞いを彼ほど突きつめたのは稀有な例だろう。生来の器用と無節操とで、明治末のデカダンスから大正の革命思想、昭和初期のモダニズムへと他の追随を許さないほど幾度も変化[へんげ]を繰り返した生涯は、倉田啓明という一人物に留まらず、彼の駆け抜けた時代をも雄弁に示すに至っている。普通は否定的に受け取られる変わり身も、彼の場合は魅力の一つとして特筆すべき域に達しているといえよう。大作家を読むのとはまた違った楽しみが、そこにはあるように思う。》

日本人の変わり身の早さに遅れまいと必死だった……そんな風にも思えて来る。

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-21 21:03 | おすすめ本棚 | Comments(0)

キュービックMAP

f0307792_20145358.jpg


『Hanako キュービック MAP』(マガジンハウス、一九八九年七月一四日)の「銀座」と「原宿・青山」の二冊を頂戴した。少し前にロンドンのポップアウト・マップを紹介したのだが、それよりも先んじているようだ。しかも一冊で三つのパート(京橋〜銀座三/三〜六/六〜八丁目)が順次飛び出てくるという仕掛けなのも手が込んでいる。

LONDON UNDERGROUND POPOUT MAP


f0307792_20144612.jpg


f0307792_20144487.jpg


f0307792_20144259.jpg


定価580円。当時としては(今でも?)これはけっこういい値段ではないだろうか。

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-20 20:25 | 古書日録 | Comments(0)

白紙ふたたび

f0307792_16434374.jpg

ジャン・コクトオ『白紙』(堀口大學訳、第一書房、一九三二年八月一五日)。ホリデイ叢書の一冊。『白紙』についてはこれまでも何度か取り上げた。

ジャン・コクトオ『白紙』

キャルト・ブランシュ

第一書房にしては版面がなかなか面白い。判型もタテ157ミリと四六判より天地は短く、正方形に近いサイズである。前書きで堀口はこう書いている。

《長谷川巳之吉が云ふ
 ーーコクトオを訳すことは無駄だからおよしなさい。コクトオのよさは日本人には分りません。コクトオの本ばつかり出してゐたんではあなたも私も破産します。」
 その長谷川君の手で今度また白紙が出る。》[太字はママ]


f0307792_16434587.jpg

文学・美術・音楽・演劇などに関して面白い話が詰まっている。コクトオがちゃっかり自分たちの出版社人魚書房の宣伝をしているページもある。

《人魚書房が、ラウル・デュッフイの絵入り本のマラルメの戀歌の近刊を予告してゐる。》《同じこの人魚書房から、近く出版される筈のもの、ブレエズ・サンドラルとフエルナン・レエヂエの世界の終りと、マックス・ジヤコブのシネマトと、アンドレ・サルモンのプリカッズと他に楽譜が二三。ストラヴインスキイのラグ・タイムはピカソの表紙を飾つて。次いで出るのがエリック・サティのソクラテス。》

「シレーヌ」という出版社について

一九一九年五月十二日の記事はマチスの展覧会。

《ベルネエム・ジュウヌ画廊で目下開催中の、アンリイ・マチス近作展覧会はなかなか面白い。これで見ると、以前日向であばれてゐた野獣[フオヴ]が、音なしいボンナアルの小猫になり変つたかたちだ。》

同じく五月十九日。パラアドが再演されたことについて。

《こんな次第で、日曜日、名作曲家ガブリエル・フォレを喝采した聴衆は、敵意も示さず、我慢してパラアドを聴いてくれた。ところがこのパラアドたるや、二年前の千九百十七年には、世間から完全に呪はれて、僅にポオル・スウデイ氏が、作曲をしたサッティと、装飾をしたピカソと、脚本を書いた僕と、この三人は、独逸人でもなく、と云つてまた罪人でもないと云つたのが、あの当時の最大の讃辞だつたのだ。》《パラアドと、それからこの秋に上演される筈のソクラテスとが、新しい時代と、わが国産の音楽を準備する。》

Picasso and Dance. Parade, 1917


f0307792_16434712.jpg

これはまったく同感。

《然るに、詩といふは、実は遠大な地口だ。詩人は世界の綴り字[ジラアノ]を綜合したり、分解したり、裏がへしにしたりする。だが、この事を知つてゐる人は少ししかない。その理由は、一つの面から他の面へ飛躍する身軽さを持てゐて、その間に介在する美妙な関係の電光石火的な妙諦を味ひ得る人が極めて少いからだ。》

f0307792_16435075.jpg

ホリデイ叢書の広告。右頁はすべて新刊となっており、国会図書館で確認できた。左頁は「近刊」……これらのタイトルが出版されたのかどうか。『左手神聖』と『艶文蒐集』は刊行されている(ホリデイ叢書ではヒットしないが共に一九三二年刊)。『アポリネエル詩抄』は既刊書である。それ以外は?

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-19 17:28 | 古書日録 | Comments(0)

DADA 100

f0307792_20233536.jpg


ダダ新聞『DADA100』(Embassy of Switzerland in Japan, Art direction+design: so+ba, Alex Sonderegger+Susan Baer)。今年は一九一六年のチューリッヒ・ダダからちょうど百年ということでスイス大使館が中心となって様々な催しが展開されているようだ。


ダダ100周年フェスティバル + SPIRAL
GALLERY VOLTAIRE
ギャラリー ヴォルテール


f0307792_20234107.jpg

f0307792_20233977.jpg


f0307792_20233772.jpg


f0307792_20234529.jpg
f0307792_20240139.jpg

塚原史、五十殿利治、小野耕世、四方幸子、大田佳栄らの寄稿の他、各種引用と見取り図、年譜などがちりばめられている。引用のなかで、おお、と思ったのは

《「僕が初めてダダという言葉を聞いたのはウルトラマンのダダ星人で、ダダって宇宙からやってくるものだと思っていました」dada statement by katsuki nogami》

う〜ん、たしかに。ダダ星人が「ウルトラマン」に登場するのは第28話のようだから、昭和四十二年(一九六七)か、小生もまだ小学生であった。ダダ星人のキャラクターはよく覚えている。こんなところでダダの洗礼を受けていたとは……。

もうひとつ、マルセル・デュシャン語録より。

《The Dada movement was an anti-movement which corresponded to a need born of the first World War.》(「Appreciations of other artist : Max Ernst」)

第一次大戦がダダを生み出したことを明言している。ダダというのは第一次大戦の恐怖とやけっぱち(虚無)から生まれたのである。アートの、アートへのテロリズムだった。

第一次世界大戦はそれまでにない近代戦争だった。近代的な兵器が用いられた。ダダ発祥の地、キャバレー・ヴォルテールで、フーゴ・バルがロボットのような教皇(?)の恰好をしているのがその象徴的な姿であろうと思う(ウィキには《第一次世界大戦が始まると陸軍に志願したが、健康上の問題で入隊できなかった。ドイツのベルギー侵攻の後、彼は幻滅して「この戦争は紛れもない誤りに基づいている。人間は機械と共に混乱している。」と語った》とある)。ダダイストたちの作品に活字を用いたコラージュが多いのもまさに印刷文明の破壊を意味する(彼らがすでに活字に支配されていた証拠でもある)。ツァラはダダ詩の作り方を、まず新聞の文字を切り抜くことから始めるように指導している(method of Tristan Tzara)。

ブルトンの思想がほんとうに動き出すのはやはり第一次大戦の惨状をつぶさに体験した後である。ダダ(無意味)に気づかなければ何も生み出せない、のだろうか。

[PR]
by sumus2013 | 2016-07-18 21:32 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

This land is your land

f0307792_20493367.jpg


『BOUND FOR GLORY』にはピート・シーガーの前書きがある。ざっと意訳してみる。

《ウッディの最後に作った曲のひとつは、彼が病院に入って一年後に書かれた。タイトルは「まあだだよ I Ain't Dead Yet」。医師は彼にハンチントン舞踏病だと告げた。神経システムの退化が進む病気で、治療法がない。十三年以上もわずらっていたが、彼はあきらめなかった。最後には歩くことも、しゃべることも、目の焦点を合わせることや食べることすらできなくなり、ついに彼の心臓は動きを止めた。

その知らせは私が日本にいるときに届いた。とっさに思った、「ウッディは決して死なない、彼の歌を好んで歌う人たちがいるかぎり」。ギター弾きたちの間で彼の曲はよく知られているし、なかでも非常に多くのアメリカ人に愛された曲はこれだ。

  This land is your land, this land is my land,
  From California to the New York island,
  From the redwood forest to the Gulf Stream waters,
  This land was made for you and me.

  [中略]

ある世代のソングライターたちは彼から多くを学んだ。ボブ・ディラン、トム・パスクトン、フィル・オックス、まだまだいるだろう。われわれが彼の遺灰を海に撒いたとき、私はウッディがわたしたちに向かって叫んでいるのを聞いた、「じゃあな、お前に会えてよかったよ So long, it's been good to know ya」そして「きらくにやれよ、でも本気でな! Take it easy - but take it!」》

最後のセリフは訳したような意味じゃないかもしれないが……。影響を受けた歌手にはもちろん高田渡も入れておこう。

上のCDは「THIS LAND IS YOUR LAND / THE ASCH RECORDINGS VOL.1」(Smithsonian Folkways Recordings, 1997)。二十七曲収録。高田渡の替え歌で聞き慣れたメロディもいくつかあるし、タイトル通り「THIS LAND IS YOUR LAND」のヴァージョンが三曲収められている。その解説を一部拙訳しておく。

《一九四〇年二月二三日に書かれた「ジス・ランド」はウッディのなかで最もよく知られた歌であり、合衆国で最も広く歌われた曲のひとつである。今もなお新しい賛美歌としてチャンピオンでありつづけている。》《ウッディは、ケイト・スミス Kate Smith には飽き飽きしたと言った。彼女は一九三〇年代のアメリカで最も人気の高かった歌い手で「God bless America」を歌っていた。そこでウッディはアメリカについての少し違った捉え方を試み、「God blessed America for me」という詞をそれぞれの歌の終りに付け加えたが、後に「This land was made for you and me」に置き替えた。メロディはゴスペル・ソング「When the World's on Fire」に似ており、これは「Little Darling, Pal of Mine」というポピュラー曲として知られていた。》

Kate Smith, God Bless America

The Carter Family- When The World's On Fire

The carter family - little darling pal of mine


[PR]
by sumus2013 | 2016-07-17 20:56 | おととこゑ | Comments(0)

宵々山

f0307792_21565244.jpg


昨日の宵々山、ある鉾町の知人宅で小宴があった。ついでにその近所の山鉾を見て回った。思えば、長らく山鉾見物などしていなかった、せっかく京都に居りながら。久しぶりで新鮮だったし、また、過ごしやすい夕べだった。

***

みずのわ社主による花森安治の資料撮影の様子が下記ブログにアップされている。

島根大学図書館ブログ



[PR]
by sumus2013 | 2016-07-16 22:03 | もよおしいろいろ | Comments(2)