林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
古本として流出してくれて..
by sumus2013 at 07:54
先日の、林さんの「神保町..
by 唐澤平吉 at 22:12
そうなんですか! それで..
by sumus2013 at 19:47
遺族からの寄贈本1万冊余..
by 唐澤平吉 at 09:00
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

よい頃を

f0307792_19504834.jpg


つい先日手に入れた短冊。例によってよく読めない。保光とは誰なのか? 作者の素性が分らないので時代も不明。紙質からしてそう古くはないものの新しくもないようだ深緑の模様は木版摺と思う。

 よい頃を[㝡?]たてと  保光
  いふ花見かな

「㝡」(さい)と読んでみたがどうなのだろう(先に「何」だという御教示をいただいたが、あるいは「宮」ではないかというご意見も頂戴した。「みやたて」だと語呂はいいような気がする)。また花見の花が読めなかったのだが、こういう崩し方もあると御教示を頂戴した。たしかに花見でぴったりだ。

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-21 20:12 | 古書日録 | Comments(2)

プラハの憂鬱

f0307792_21124409.jpg


佐藤優『プラハの憂鬱』(新潮社、二〇一五年三月三〇日)読了。ある方より古本小説だというおすすめをいただいた。そうでなければまず読まない著者である……とは言え、本作は私小説だから、私小説好きとしては何かきっかけがあれば絶対に読まない作品ではない。実際、面白く読んだ。思想的な説明がくだくだしいのが難点でもあり、また特長でもあって、試験勉強のノートのような的確さというか、そっけない文体がかえってサクサク読み進めるのには好都合とも思われる。

『プラハの憂鬱』というタイトルは誤解を与える。チェコスロバキアについての記述が大半を占めるとしても実際のプラハは登場しない。ほとんど英国での語学留学時代の回想である。その中心舞台が古書店なのだ。ざっと古書店に関する文章を拾ってみる。

《そこで私も「フロマートカというチェコ人の神学者の研究をしたいと思っています」と話した。ブラシュコ先生は、「人生に複数の目標を持つのはよいことと思う。チェコ語の本を探しているのなら、オックスフォードのブラックウェル書店を訪ねるとよい。あそこなら、どんな本でも見つけてくれる」と言った。》

《ブラックウェル書店は、出版部門と新刊書店、古書店が一体化した企業だ(現在は出版部門は別会社)。》《この書店はオックスフォードの外に出ないという独特の経営方針をとっていた(1960年代にこの方針を変更し、英国全土で事業を展開するようになった)。棚をつなげると5キロメートルの長さになり、在庫は16万冊を超えるという。そのほとんどが学術書だ。ケンブリッジ大学の学生やスコットランドのエディンバラ大学の学生も、ブラックウェル書店で本を探すためにやってくることがある。》

《ロシア語の書籍はかなりあったが、チェコ語は十数冊しかない。すべて文法書や辞書だ。これならロンドンのコレッツの方がはるかに品揃えがいい。コレッツはソ連が経営を支えていると噂されている左翼系の本屋だ。日本のナウカや日ソ図書を経由して入ってくるソ連や東欧の書籍も、決済は英ポンド建てで、コレッツを通じて行っているという。》

著者はだめもとでブラックウェル書店の店員にチェコ語の神学書を註文できるかどうか尋ねてみると、取り寄せができるとのこと。一週間後に入手の知らせがあった。そしてその入手方法を教えてもらう。すなわち「ロンドンに東欧社会主義国の禁書や宗教書、古本を入手するのが上手なインタープレスという会社があります」との答え。

店主はズデニェク・マストニークという古本の世界では有名な人だった。店はブライスロード206番。著者は目録を請求して一度註文してから店を訪ねる。

《4階建ての古いビルの1階が古書店で、看板には大きくINTERPRESSと記されていた。
 店に入ると受付に若い女性がいた。私がマストニーク氏と約束していると言うと、奥の店長室に私を案内してくれた。店長室には、文字通り足の踏み場がないほど本や雑誌が積み重ねられていた。
 奥から赤ら顔で、白髪、身長が175センチメートルくらいの男性が出てきた。小太りで、年齢は60歳くらいだろうか。》

マストニーク氏は本書のなかではまるでプラトンとの対話のプラントン役を振り当てられているかのようであり、自らの経歴や東欧の複雑な民族や歴史について若き著者に語り、その導師となっていく。「あとがき」から氏についての簡潔な紹介文を引いておこう。

《この作品の中心人物は、元BBC(英国放送協会)国際放送のチェコ語アナウンサー兼記者で、古本屋インタープレス社長ズデニェク・マストニーク氏(1920〜2008)だ。BBCで仕事をするときは、パベル・ホランと名乗っていた。ナチス・ドイツのくびきからチェコスロバキアが解放され、マストニーク氏は大学留学を志して英国にやってきた。その直後、1948年2月にチェコスロバキアで共産党のクーデターが起きた。マストニーク氏は、軽い気持ちでスポーツ記者としてBBCに勤め始める。冷戦が進行する中で、BBCへの勤務歴があるマストニーク氏がスターリン主義体制下のチェコスロバキアへ帰国すれば、逮捕、投獄の危険がある。そこで亡命という選択をした。》

古本屋が登場するといっても、古本の話ではないので他にはロンドンのポーランド語専門のオルビス、チェコのカリフ書店がちらりと言及されるくらいだが、冷戦下のチェコを中心としたソ連や東欧諸国の西側との関係が細かに論じられているのはスパイ小説のバックグラウンドというような意味で興味深い。ソ連崩壊も予見されてはいるが、五十年百年の先だという見解だった。ところが何とその数年後に崩壊してしまった。

チェコ人の民族性についての論議のなかで次のくだりが特に注意を引いた。

《チェコ人は非歴史的民族なので、ドイツ人に同化されるのが必然であるといエンゲルスは考えていた。こういう過去がチェコ人に不安をもたらすのだろうか。
「あなたが言う不安とは、かつてチェコ人がドイツ人に同化してしまう可能性があったことを指すのですか」と私が尋ねた。
「それも確かに不安の要因です。しかし、それだけではありません。より根源的な、存在論的な不安です」とマストニーク氏は答えた。》

《恐らく、われわれはヨーロッパでもっとも外国語に堪能な民族だと思います。それは、世界で起きているいろいろなことを知らないと生き残ることができないという強迫観念がチェコ人に強いからです。しかし、いくら知識を増やしても、われわれは安心することができない。それは根源的なところでチェコ人が何も信じていないからです。チェコ人は神を信じていないが、共産主義も信じていない。根源的に懐疑論者です」》

これはまさにカフカ的不安である。

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-20 21:14 | 古書日録 | Comments(0)

書肆季節社往復はがき

f0307792_20584799.jpg


書肆季節社はつねづね注意している版元だ。これまでも何度も取り上げている。


そういうことを気遣ってくださる読者の方より高槻市時代の書肆季節社の註文はがきを恵投に与かった。五点。それぞれ刊行案内掲載の往復葉書になっている。上は一九八三年四月開頒予定の『角田清文評論集 相対死の詩法』、その他は以下の通り。

f0307792_20584422.jpg
『鈴木漠詩集 抽象』一九八三年六月五日開頒



f0307792_20583963.jpg
『木津豊太郎詩集 普通の鶏』一九八三年十一月八日開頒



f0307792_20583722.jpg
鈴木貘編『連句集 壷中天』一九八三年十一月十五日開頒



f0307792_20582750.jpg
f0307792_20583002.jpg
『衣更着信詩集 孤独な泳ぎ手』
『衣更着信訳詩集 人生摘要 英米現代詩集』
一九八三年十一月二十日上梓開頒

『孤独な泳ぎ手』


3500円(角田)、2800円(連句)、2500円(その他)という定価設定である。昭和五十八年頃、大手の版元から出る一般書籍、たとえば小説だと1500円前後が普通の値段だったように思う。それからすればかなり高いわけだが、当時でも少部数の詩集の定価は2000円くらいつけるのが当たり前だったようだ。書肆季節社の本は凝っているからもう少し割高になっても不思議ではない。

こうやって振り返ってみると、三十年以上経っているにしては、単行本の値段というのはあまり変っていないことに気づく(例えば『羊と鋼の森』は1500円税抜)。ただし文庫本や雑誌の定価はたぶん倍以上にはなっている。

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-19 21:47 | 古書日録 | Comments(0)

創と造 2016

f0307792_19342802.jpg

東京会場

入場無料

2016年
4月23日(土)~27日(水) 午前10時~午後5時
5月25日(水)~28日(土) 午前10時~午後5時


東京美術倶楽部

http://www.toobi.co.jp/or/index.html


どうしたわけかこんな展覧会に出品することになりました。全国五ヶ所の美術倶楽部で開催されるようです。


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-18 19:45 | 画家=林哲夫 | Comments(2)

ポルトリブレ・ラストワルツ

ポルトリブレの最後の企画展です。出品しております。

f0307792_20224326.jpg


【前期】4月15日(金)~4月22日(金)
初日(4/15) オープニングパーティー

【後期】4月25日(月)~5月2日(月)
最終日(5/2) クロージングパーティー

12:00~20:00(最終日は17:00まで)※会期中無休

ポルトリブレ

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-18 19:44 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

エーコのエーコ

f0307792_20032837.jpg



『Morandi Gli acquerelli』(Electa, 1990)。モランディの水彩画集。イタリア語版なので読めないのだが、まあ読む必要もない。ただ、このなかにウンベルト・エーコがモランディについてのエッセイを寄稿している。「Il segno di Morandi」(モランディの記号)。この本を買ったとき、辞書を引き引き苦労して大意だけ訳したメモを作った。それをそのまま挟んであったような気がするのだが、どこかへ行ってしまって見当たらない。

f0307792_20032676.jpg


新潮』六月号に細川周平氏が「エーコのエーコ 『薔薇の名前』を供えて」を寄稿しておられる。その追悼文を読んで、この本を思い出したのである。細川氏によればエーコはボローニャで教鞭をとっていた。モランディを論じて当然だったのだ。細川氏がエーコに初めて会ったのは一九八〇年、ウルビーノで開かれた国際記号学セミナーで、一九八二年から二年間ボローニャ大学芸術学科に留学しエーコの授業を受けたという。

《そして最後に会ったのは一九九〇年、『薔薇の名前』邦訳のプロモーションを兼ねて夫妻で来日した時で、講演後、山口昌男にくっついてディスコに行った(ウルビーノでも町にひとつのディスコで、エーコの一団は踊っていた)。五ヶ月しか違わないマサオ(彼はそう呼んだ)とは、ずいぶん波長が合う様子だった(体格も似ていた)。それぞれの国の記号学の基礎を築いただけでなく、博覧強記、書物愛、そして知的な軽さの点でエコーを響かせ合っていた。エーコがスヌーピーを讃えれば、山口はのらくろ上等兵を愛す(漫画が知的対象とは見られていなかった時期に)。エーコがあらゆる言葉遊びに卓越していたなら、山口は駄洒落を好む。二人は同じ時期に俗悪美を取り上げ、マクルーハンを距離を置きつつ評価した。エーコがスーパーマンからマスメディアに生きる大衆の欲望を皮肉っぽく肯定すれば、山口は古事記、アフリカ神話からアルレキーノ、マルクス兄弟まで各地の道化像に民俗的活力を見出した。エーコは五〇年代後半、大学の職に就く前に国営テレビ局につとめたことで学者の王道から外れた。山口は六〇年代前半、ナイジェリアで調査し、西洋受け売り学界にも、日本国内で自足した民俗学や歴史学にも引導を渡した。二人とも書物で完結した伝統的学問分野(中世思想、日本中世史)から人文学に入門しながら、三〇代に(つまり一九六〇年代に)そこを外れる道を拓いた。》


f0307792_20032450.jpg

《五月革命のパリ(『薔薇の名前』作中の謎の原稿に「私」が出くわした一九六八年八月のまさにその頃)に滞在した山口は、共通する解放的精神を「未開」に見出し、その発想を理論化する際に記号学を応用した。中世の論理学に発しパースを咀嚼するエーコと、人類学に発しレヴィ=ストロースを咀嚼する山口ではずいぶん距離があったが、記号学はそれをひとまとめにする大風呂敷と拡大解釈された。それが知的流行である所以だった。記号の「語感」がまず消費された。》

なるほど、そういうことなのかとエーコと山口昌男のスパークぐあいがよく分った。

《何を学んだかよりも、若いうちに知的健啖に(「実物」にという方が正直)触れたことが私には大きかった。どの著作というより、知的度量に尊敬を払い、博識以上の存在に心を動かされてきた。》

「実物」を知るということはやはり刺戟的である。知らない方がいい場合もなきにしもあらずかとも思うが。




[PR]
by sumus2013 | 2016-04-17 20:49 | おすすめ本棚 | Comments(0)

ここが私の東京

f0307792_19240783.jpg


岡崎武志『ここが私の東京』(扶桑社、二〇一四年四月一五日、挿画=牧野伊三夫、装丁=四月と十月デザイン室)読了。『上京する文學』の続編のようでありながら、よりいっそう岡崎カラーがはっきり出た優れた評伝群だと思う。それはその人選にはっきり現れている。佐藤泰志、出久根達郎、庄野潤三、開高健、藤子不二雄A、司修、松任谷由実、友部正人、富岡多恵子、石田波郷。個人的にも画家が三人(富岡多恵子の巻に出る池田満寿夫を数える)登場するのでこれは嬉しいし、ある程度彼らの著作を読んでいるので共感できる度合いが高い。

岡崎武志『上京する文學』(新日本出版社、二〇一二年)

近年、文学者評伝に新風をもたらしたのは大村彦次郎氏であった(小生も『荷風 百間 夏彦がいた 昭和の文人あの日この日』には挿絵を描かせてもらった)。一時そのストイックな文体が若い読者にも受け入れられていたのを身近に知っている。今、大村氏の後を受けて新風をもたらしているのが岡崎評伝であろうか。シリアスでありながらより軽やかで洒落っ気もありサゲに当るような仕掛け、サービス精神にあふれている。

もうかなり前、一九九〇年代後半になるが、『海浪』という花田知三冬さんの個人雑誌に岡崎氏がユニークな視点から文芸評論を書いていたことを思い出す。氏の処女単行本が『文庫本雑学ノート』(ダイヤモンド社)で一九九八年だというから、上京はしていたが、まだブイブイいわせてはいなかった時代。その『海浪』で読んだ川端康成の『伊豆の踊子』についての論考が今も記憶に残っている。手渡すという行為から川端文学を読み解く鮮やかさ。まるで手妻にしてやられた感じだった(今、検索してみると『雑談王』に収録されている「人が人に手渡すものー「伊豆の踊子」を読む」である)。その時の印象が本書を読んでいると甦ってきた。

巻末書き下ろし「これが私の東京物語」で自らの来し方を振り返り、角田光代さんとの共著『古本道場』リリース直後の直木賞受賞、『読書の腕前』又吉直樹氏の帯文数ヶ月後の芥川賞受賞に触れて氏はこう書いている。

《そう考えると、私には一種の「運」があるのだと言えるし、逆に言えば、「人の褌で相撲を取る」典型である。そのほかで大ヒットした作はなく、いかなる名の受賞歴(候補にさえなっていない)もない。輝かしき文歴は何も持たないのである。素浪人という言葉が思い浮かんだが、拠るべき主人も城も藩もなく、ペンという刀一本でフリー街道をひたすら歩いてきたわけだ。本当に、我ながらよくやってきたものだと思う。》(「これが私の東京物語」)

これじゃまるで富岡多恵子じゃないですか。

「私はツキを人にあたえる女なのよ、私と一緒になったらその男は成功する」(池田満寿夫『私の調書』、本書192頁)

素浪人けっこう。ペンは刀より強し。新日本出版社から扶桑社まで! この幅広さで颯爽と闊歩して欲しい。

f0307792_19240639.jpg

f0307792_19240447.jpg

もうひとつの本書の目に見える特長は牧野伊三夫氏の装幀と挿絵である。カバーを廃し、さらにあえて貼り題簽にしたところ、表紙の版画。いずれも古本者にはたまらない。目下のところ岡崎武志のベストパフォーマンスなり。


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-16 20:56 | 古書日録 | Comments(0)

木村伊兵衛パリ残像

f0307792_20210871.jpg


美術館「えき」で「木村伊兵衛パリ残像」を見た。思わず「木村伊兵衛って写真上手だなあ」と口走って近くにいた人にへんな顔で見られた。パリ写真なんて誰でも撮っている。かくいう小生も含め。しかし誰が撮っても同じようで同じじゃないところに写真の奥深さがあるだ。

木村は一九五四年から五五年にかけてパリに滞在し、アンリ=カルチェ・ブレッソンやロベール・ドアノーらとともにパリの街景やパリで暮らす人々を撮影をした。富士フィルムが開発したカラーフィルムを使ったという。それがむちゃくちゃ渋い色合いで昭和三十年のパリを映し出す。

f0307792_20210684.jpg



玩具のような自動車やスクーターが走り抜けるエトワル広場。これだけでシビレた!


f0307792_20210472.jpg

佐伯祐三のパリが色濃く残っていた時代である。小生が初めてパリの地を踏んだ一九七六年にもまだまだ残っていたように思うが、現在のパリからはきれいさっぱりこういう匂いは払拭されてしまっている。歎いてもはじまらないけれど。

[PR]
by sumus2013 | 2016-04-15 20:39 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

石神井書林古書目録

f0307792_20272400.jpg
CATALOG 13
1988・長月


以下、何かの参考のために『石神井書林古書目録』のこれまでにまだ紹介していない表紙を掲出しておく。

f0307792_20272685.jpg
CATALOG 20
1989・師走



f0307792_20272832.jpg
CATALOG 24
1990・霜月



f0307792_20273104.jpg
CATALOG 25
1990・師走



f0307792_20273592.jpg
f0307792_20345348.jpg
CATALOG 26 および封筒
1991・弥生


次の『CATALOG 27』はタテ210ミリ、ヨコ115ミリの定型最大封筒に入るサイズ。その次の28号からB5サイズになる。以後今日までその判型を変えずに継続しておられる。


f0307792_20273730.jpg
CATALOG 28
1991年12月1日



f0307792_20273971.jpg
CATALOG 29
1992年6月1日



f0307792_20274241.jpg
CATALOG 30
1992年師走








[PR]
by sumus2013 | 2016-04-14 20:47 | 古書日録 | Comments(0)

石神井書林在庫速報

f0307792_20035627.jpg


f0307792_20035972.jpg


f0307792_20040019.jpg


『石神井書林在庫速報』臨時号(石神井書林)が某氏より届いた。少し前になるが同氏より拝借した石神井さんの目録を紹介したことがあった。そこには含まれていなかったもの。

石神井書林古書目録

石神井書林目録その2

《■昨年末発行いたしました小舎近代文学古書目録第6号では、たくさんのご注文を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。
■さて、2月28日(金)〜3月5日(水)西武百貨店本店に於きまして「西武古本まつり」が開かれます。石神井書林も参加出品いたします。
■本来、皆様方に「西武古本まつり目録」をお届けすべきなのですが、私どもで確保できました部数が30部と少なく、店頭置きいたします分を除きますとほとんどお送りできないのが実状でございます。
■そこで、私どもの掲載分を抜き刷りいたしまして、蛇足ながら新たに解説など加えました冊子を作成いたしました。

この冊子には発行年が記載されていない。ただ上記「ごあんない」に出ている《小舎近代文学古書目録第6号》は一九八五年十二月発行だからおそらく八六年二月頃に配布されたのではないかと思われる。

ざっと見たところ高額なのは山口誓子『句集激浪』(未刊、一九四四年)、高柳重信『句集蕗子』(一九五〇年)、石田波郷『句集鶴の眼』(一九三九年)、瀧口修造『詩集地球創造説』(一九七二年)、『緒方淳詩集』(大阪フォルム画廊、一九七一年)、更科源蔵『詩集種薯』(北緯五十度社、一九三〇年)、蔵原伸二郎『詩集東洋の満月』(一九三九年)、北園克衛『詩集夏の手紙』(一九二七年)……このあたりが十万円以上二十万円まで。表紙になっている寺山修司の自筆歌稿四百字七枚が十二万。なるほど。

また転居葉書もあった。

f0307792_20035155.jpg

メモによれば一九八七年四月二三日に届いたようだ。住所が石神井町6−8−2から石神井町6−8−3に変っている。《三軒となり》。まだ店舗販売を行っておられた時代である。


[PR]
by sumus2013 | 2016-04-13 20:34 | 古書日録 | Comments(0)