林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
本文用紙も上質にしました..
by sumus2013 at 11:29
林さん、いい仕上がりにな..
by 岡崎武志 at 08:42
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

藤田嗣治資料

f0307792_20312058.jpg

『「藤田嗣治資料」公開展示』(東京藝術大学大学美術館、二〇一五年一二月一日)リーフレットを某氏より頂戴した。感謝です。上の写真右端。

《この資料は、藤田嗣治夫人であるFOUJITA Kimiyo(藤田君代)氏のもとに残された遺品で、2010年に本学に一括寄贈されたものです。約6000件に及ぶ資料には、1930年から1968年までの日記(1941〜1946を除く)や手稿・書簡、藤田が撮影した写真や映像、また彼が制作の助けとしたであろう19世紀から20世紀までの画家たちのドローイングなどが含まれており、藤田の生涯と創作活動を明らかにするための貴重な一次資料となっています。》

ということのようだが、これは見て見たいもの(残念ながら今回の展示は終了)、藤田の絵入り手紙は絶品なのだ。このリーフレットには藤田が蒐集した素描としてスタンラン、シャバンヌ、ブラングィンの三点が掲載されていて興味を惹く。コレクターとしてのフジタがどういう態度だったのか知りたいような気がしないでもない。

上の写真、中央は公開中の映画、小栗康平監督「FOUJITA」のちらし。フジタはオダギリジョー、君代夫人は中谷美紀。左は『MOMATコレクション 特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。』図録(東京国立近代美術館、二〇一五年)。こちらは十三日まで開催中。藤田の戦争画がアメリカから返還されたとき(無期限貸与)にいくつか見た記憶がある。迫力があるような、こけおどしのような(物語の挿絵的な)、微妙な感じを受けた。また、故意なのかどうか(そりゃ、意図的でしょうね)、これらの暗褐色でごちゃごちゃした絵柄では戦意発揚には決してならないだろうということもよく分った。なお公開作品は二十六点。戦争画全十四点一挙公開は初めての試みだそうだ。戦争画と写真を除けば十一点ということになる。これは国立近代美術館の所蔵としては多いのか少ないのか……。それはともかく初期作品「パリ風景」が学生時代から好きだった。

[PR]
by sumus2013 | 2015-12-07 21:04 | もよおしいろいろ | Comments(0)

古本海ねこ古書目録9号

f0307792_20122697.jpg

『古本海ねこ古書目』9号(古本海ねこ、二〇一五年一二月)も留守中に届いていた。今回は二分冊。ピンクとブルー。ブルーは巻頭が「堀内さんちの書棚より」と題して堀内誠一の旧蔵書がかかげられている。

《堀内誠一さんのお宅は、路子夫人(旧姓・内田路子)はじめ一家揃って読書家。ほんの一部、誠一さん(1932年−87年)の旧蔵と思われるものをご紹介します》

ピンクの方では夢二の『どんたく絵本』やオランダの絵本などに目を引かれた。しかし今の気分としては本よりも茂田井武の画稿「巴里居酒屋の印象 昭和二十四年一月」(色紙に水彩)だとか長新太の色紙が欲しいなあ……。

古本海ねこ

***

『MATATABIDO 14』(股旅堂、二〇一五年一二月)が本日到着。特集が「明治大正昭和ニッポン・世界見物」、こちらもおもしろそうだ。

股旅堂

[PR]
by sumus2013 | 2015-12-07 20:30 | 古書日録 | Comments(2)

心に太陽を くちびるに詩を

f0307792_19175333.jpg


Pippo『心に太陽を くちびるに詩を』(新日本出版社、二〇一五年一一月二五日、装幀=間村俊一、装画・挿絵=小林春親)が届いていた。ぴっぽさんの初の著書。『しんぶん赤旗』連載に書き下ろしを加えてまとめられた。ぴっぽ流現代詩入門。なるほど、あの詩人をそう切るか、という新しい見方を教えられる。

初の著書『心に太陽を くちびるに詩を』が刊行されました!

書き下ろしのなかに「珈琲」というテーマが上がっている。吉井勇、木下杢太郎、北原白秋、山村暮鳥の作品を取り上げて珈琲の歴史をさらりと語る。なるほど上手いなと思った。『喫茶店の時代』でもできるだけ珈琲や喫茶店に関する詩歌は取り上げたつもりだったが、当たり前ながらまだまだいくらでもあるのだ。なかでは暮鳥の「山」が気に入った。

 と或るカフエに飛びこんで
 何はさて熱い珈琲を
 一ぱい大急ぎ
 女が銀のフオークをならべてゐる間も待ちかねて
 餓ゑてゐた私は
 指尖[ゆびさき]をソースに浸し
 彼奴の肌のやうな寒水石の食卓に
 雪のふる山を描いた
 その山がわすれられない
  (『風は草木にささやいた』大正七 白日社 所収)

妙な詩である。腹が減っているならまずは珈琲じゃないだろう、とか、熱いんだから大急ぎでは飲めないだろう、とかフォークを並べる前にソースが出ているのか? などなど突っ込みどころ満載。結局はなんだかよくわからないけれど、大正時代の一面を代表するポカンとしたような雰囲気がスッと体にはいってくる感じ。

そうそう、先日、詩が分らないんですという人に会った。この本をすすめてみようと思う。

[PR]
by sumus2013 | 2015-12-06 19:57 | 喫茶店の時代 | Comments(0)

ことりさん かくれんぼ

f0307792_19475681.jpg

うえののりお『ことりさんかくれんぼ』月刊予約絵本「こどものとも0.1.2.」通巻250号(福音館書店、二〇一六年一月一日)を頂戴した。上野さんの新作絵本。《最小限シンプルな言葉と色彩を多彩な色彩とを使い描いてみました 野生動物のような? 感覚を持つ幼児がこの絵本をどのように見るか、と言う思いでした》というコメントが添えられていたが、なんとなくそのままガブリとかぶりつくんじゃないか、などと思った。美味しそうな色彩があふれている。

あさき夢見し 上野憲男展


[PR]
by sumus2013 | 2015-12-06 19:57 | おすすめ本棚 | Comments(0)

うどんと古本

f0307792_08413887.jpg

f0307792_08414032.jpg


讃岐に戻っておりました。ネット環境がないということではパリよりはるかに遠い町である。ごく最近、実家の近くにマクドナルド・ハンバーガーの店舗が新しくできた。これはある意味革命的なこと。かつてモスバーガーが出店したものの数年で閉めたという苦い過去もある。マクド(マックは関東? ふつう関西ではマクドだが実はパリでもマクドと略する)は都市部で閉店し地方で展開する戦略なのだと誰かが言っていた。その真偽はわからないにしても、マクドができたといって話題になる町もまだ残っている。すき家ができたのも昨年。吉野家はまだない。

とは言え、うどんは欠かせない。上のうどんはこちらも最近開店したマルタツ。釜あげうどんに半熟卵の天ぷら。もともとうどん屋のあった跡をそのまま受け継いだ。元の店は手打ちうどんブームの初期にできた郊外型で一時は非常に繁昌していた。さてこの店はどうなるだろう。味はまずまずというところ。

f0307792_08414361.jpg

こちらは毎度おなじみの六車。一時、経営に失敗して閉店していたが、新たな資本が入って再開した。味は変わっていない。奥がかけうどん、手前が釜ぬきうどん。

f0307792_08415566.jpg


f0307792_08415466.jpg

うどんだけじゃない。そば屋もそれなりに(うどんやの数とは比較にならないですが)。ただし高松市。これまでも時期によってひいきのそば屋が変ってきたのだが、ここ何年か帰郷のたびに通うのがここ、丸ふく。もり二枚、と揚げ出し豆腐入りそば。

f0307792_08415975.jpg


f0307792_08415702.jpg

頼山陽の日本外史の明治頃の版本が十三冊あった。一から十二までと最終巻の二十二が一冊。二十二冊百円で買ったつもりが十三冊だったということが今はじめて分った。要するに開いても見なかったということ。ただ開巻、本文の一頁目を読んで、なるほどな、と思った。それが収穫だったが、それ以上はまだ読んでません。

『頼山陽遺墨展覧会目録』

[PR]
by sumus2013 | 2015-12-06 09:12 | 古書日録 | Comments(0)