林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
2008年に亡くなられて..
by sumus2013 at 14:51
水雀忌でしたか。 忘却..
by Iwata at 12:23
それは楽しみです!
by sumus2013 at 08:06
書評の中に書いてくださっ..
by kinji今村 at 08:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

スムース一箱古本市

f0307792_19221410.jpg


f0307792_16061009.jpg

スムーストークライブ当日、会場で開催の「スムース一箱古本市」はトークライブ参加者のみ見ることができます。あしからずご了承ください。開場午後3時です。上の写真は林の出品予定の一箱(靴箱)より(メリーゴーランドでは林の蔵書大放出!)

トークライブおよびスムース一箱古本市の開催場所は徳正寺の本堂。開場は午後三時。トークライブは午後四時から六時を予定。定員七〇名(予約の方優先、ご予約はメリーゴーランド京都 mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp まで)。入場料1500円(おみやげ付き)。参加者全員にもれなくスムース福袋あり(これがおみやげです)。同人よりそれぞれにサプライズ・プレゼントあり!

徳正寺
〒600-8051
京都府京都市下京区富小路通り四条下る徳正寺町39

f0307792_16283642.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-09 20:29 | もよおしいろいろ | Comments(0)

ミラボー橋

f0307792_19515107.jpg


読み古された『中原中也詩集』(創元選書、一九四七年八月二五日)を求めたところ、こんな原稿用紙が挟まっていた。四百字詰一枚。

f0307792_19515682.jpg

   ミラボー橋
          杉山平一

 アポリネールの「ミラボー橋」のいふなだらかな詩の、水はながれて橋はのこる》

『杉山平一全詩集』(編集工房ノア、一九九七年六月一日)収載の「ミラボー橋」は次のように始まっている。

《アポリネールの「ミラボー橋」の、水はながれて橋はのこるといふなだらかな詩を読むたびに、僕はなぜか、年頃の少女にむかへられて少女が成長すると捨てられてゆく少女挿絵画家のことを思ひ出す。

ヴァリアントというかボツ原稿である。しかし、それより面白いのは後半に鉛筆で走り書きされたメモ。
f0307792_19515878.jpg


 春夏冬二升五合
 百人一首
 手紙[?]には狸 ボンには鯉をのせ
 ながねんすんだ蛇があるさうじやが
 なんじやか、なんじやわからんじや
 二條の西道[ママ、洞]院西入人形屋の二階
 でニワトリはニワゐて西むいてにげをつた
 ウリ売りがウリ売にきて売りのこし売り
 売りかへるウリ売りの声
 月々に月見る月
 ゆめの世にゆめにゆめ見るゆめの人
 ゆめものがたりするもゆめなり

 ココカラハキモノヲヌギナサイ
 二ツニヲリテクビニカケルジユズ
 コノハシヲワタルベカラズ

 たしかにかした イカたべたかい
 みかかぬかゞみ たびのびた
 ダンスがすんだ


全集解題によれば『ミラボー橋』(審美社、一九五二年)は

《これは、やはり旧制松江高校の後輩に当る森川辰郎さんが、審美社という出版社を起し、倉本兵衛の『雪と夜桜』辻久一の『夜の芸術』などの刊行に続いて出してくれた。
 これも、画家に勝手な装幀をされるよりは、と、好きな黄色とグレーを使って、文字は紙をハサミで切って作るなど、自分でデザインした。》

ということだ。小説のようでもあり、また随筆とも思える短い文章によって構成されている。表題作「ミラボー橋」はアポリネールの詩のタイトルだが、直接の関係はなく、宝塚少女歌劇の想い出を斜めから切り取った佳作。

要するに、この読み古された『中原中也詩集』は杉山平一旧蔵書であろう。


杉山平一全詩集


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-08 20:44 | 古書日録 | Comments(4)

ミニアチュール神戸展

f0307792_19420668.jpg


ミニアチュール神戸展 vol.15 ホワイボン
7/25(土)〜 8/5(水)


小生も出品予定です!


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-08 19:44 | もよおしいろいろ | Comments(0)

雨中乃落日

f0307792_20183689.jpg

アップロードしようと思いつつ、つい時期を逸してしまったが、雨が降り続けているので、まあいいかと思ってこの軸を掲げてみる。

 杜若雨中乃
 落日庭に出る
     月斗[印=月斗]

     木它生[印=?]


青木月斗の俳句に井上木它(いのうえ・もくだ、一八八五〜一九四一)の画。

f0307792_20183205.jpg


f0307792_20183450.jpg

絵は少し寂しいなと思ったのだが、この読めない印章に惹かれた。これは梵字の弥陀を示す「キリク」ではないかという御教示を読者の方より頂戴した。なるほど木它の「它」に通じるのかもしれない。

十三仏種字

ごくささやかな売価で買うのが申し訳ないほどだった。木它は赤玉ポートワインのヌード広告をデザインしたチーフとして知られる。本名は悌蔵。浅井忠の門下で日本画もよくした。サントリー「角瓶」も木它のデザインだそうだ。ご子息のサイトにその油彩画などの作品が掲載されている。浅井というより草土社風のように思う。

Roots of IBLARD

f0307792_20420233.jpg
f0307792_20420067.jpg

月斗と木它は親しかったらしく、月斗の主宰する俳句雑誌『同人』(同人社=大阪市天王寺区北山町一三、編輯兼発行印刷人=青木新護)などの表紙画をずっと担当していたようだ。たまたま入手した『同人』二冊。昭和十二年一月号(右)と四月号。表紙.裏表紙とも木它の絵で飾られている。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-07 20:51 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

はじめての文学全集

f0307792_19330879.jpg


朝日新聞二〇一五年七月五日号に文学全集についての記事が出ていた。河出書房新社『日本文学全集』も取り上げられている。おお、『吉田健一集』が図版になっていた。装丁担当の佐々木曉氏のコメントも。

《たくさん新訳を入れて、新しい視点で文学を伝えようとしているのに、旧来のような重厚なデザインはじゃまになる、文学全集というものを、僕なりに「新訳」してみようと考えたのです。》

なるほど。

『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集20 吉田健一』

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-06 19:37 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

みずのわ出版刊行案内

f0307792_19211111.jpg


初めての(?)冊子体の出版案内である。ここに掲載されている書籍のすべてを小生が装幀していることに改めて驚いた。二十年の付き合いとは言え、お互いなんとか生き延びてきたなあ……などと少々感傷的になったりしてみる。

みずのわ氏は出版だけでなくみかん販売にも力を入れている。さらに

《また、都市部から近く比較的利便性の高い内海島嶼部の立地を、全人教育の場として生かすことはできないかといった考えから、農業体験学習(援農)の受け入れも行っています。》

とのこと。もし体験したいという方がおられたら、是非連絡してください。

みずのわ出版

みずのわ編集室

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-06 19:32 | おすすめ本棚 | Comments(0)

橄欖 第三号

f0307792_19300935.jpg

マン・レイ石原氏より『橄欖』第三号(瀧口修造研究会、二〇一五年七月一日、装幀=カヅミ書林)を頂戴した。深謝。本誌の詳細は石原氏のブログを参照されたし。表紙のマーメイド(色名はオリーヴ)が渋い。この上質紙は手触りもよく色数も多いので、昔はよく使ったが、最近はあまり採用していなかった。また使ってみよう。

瀧口修造研究会会報『橄欖』第3号


f0307792_19301956.jpg

石原氏は「まだ見ぬ二冊」と題して予告だけに終った瀧口修造の著書二冊『超現実主義絵画論』(第三書院)と『テクスト・シュルレアリスト』(ボン書店)にに自分史を投影させてまとめあげている。力作。最後に多摩美術大学図書館での予期せぬ邂逅が叙述されており「オオッ」と声が出た。

島敦彦氏は「下村淑子さんのこと 関西の瀧口修造展」と題して大阪の北画廊(一九六一)および神戸国際会館(一九六三)で開催された瀧口の個展について記しておられる。後者はこれまでの年譜には一切触れられていないというから妙なものである。北画廊での芳名帖には生田耕作の名前もあるそうだ。たしか生田は戦時中の瀧口について厳しく批判していたはず。それ以前のことだろうか。

と思って他の頁を開くと清家克久氏が「戦時下の瀧口修造 詩と評論を巡っての考察」として戦時中の瀧口の執筆活動とその事実に対する瀧口の戦後の態度がいかなるものであったかを説いておられた。生田が糾弾するほどの時局便乗ではなかったかもしれないが、やむなき体制協力者であったことは間違いないようだ。

もう一篇、土渕信彦氏の「瀧口修造の「オブジェの店」」も面白く読んだ。《「オブジェの店」をひらく構想は、計画倒れに終ることなく、実践されていたと考えられる。》とはさすがの着眼であろう。土渕氏が瀧口の墓に触れたくだりを引用しておく。

《翌年[一九八〇]には綾子夫人によって富山市大塚の瀧江寺に墓が建立された。墓石の表側に刻まれたのは、自身の筆跡による「瀧口修造」の四字、裏側には"Rrose Sélavy TOKYO"[TOKYOは肩付きの小文字]と生没年月日の「1903.12.7-1979.7.1」である。》

《八三年にティニー・デュシャンが来日した際、わざわざ墓参りに瀧江寺を訪れたという(「とやま」「とやま文学」四号、八六年三月)。裏面のサインを見たときの感慨には、深いものがあったことだろう。

土渕信彦のエッセイ「瀧口修造の箱舟」第6回

瀧口修造の墓

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-05 20:36 | おすすめ本棚 | Comments(2)

『書影の森』のこと

f0307792_16431253.jpg
壷井繁治『老齢詩抄』(八坂書房、一九七六年八月二五日、装幀=吉岡実)


小林一郎氏が『書影の森』を詳細に紹介してくださった。また東京堂書店での臼田・松田・多田三氏によるトークショーの様子も報告してくださっており、誠に申し訳なくも参加できなかった小生としてはたいへん有難い記事となっている。深謝です。

吉岡実の詩の世界
http://members.jcom.home.ne.jp/ikoba/

臼田捷治《書影の森――筑摩書房の装幀 1940-2014》のこと(小林一郎、2015年6月30日)

吉岡実の装丁作品(131)(2015年6月30日)


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-05 16:48 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)

夢を孕む女

f0307792_20041411.jpg


山田一夫『初稿夢を孕む女 山田一夫モダニズム小説集 壱』(書肆盛林堂、二〇一五年六月二八日)。

書肆盛林堂

書名:『初稿 夢を孕む女 

―山田一夫モダニズム小説集 壱 ―』
著者:山田一夫
編者:善渡爾宗衛・小野塚力
企画:善渡爾宗衛
挿画:玉川重機
協力:松本完治・山下陽子・カトウジン・櫛木千尋・矢口悟・井村君江
刊行部数:200冊
判型:A5判
総頁数:約450頁
予定価格:4,500円
発売日:6月27日


f0307792_20041227.jpg

山田一夫は生田耕作の執念で甦った作家の一人。山田一夫と生田耕作の関係は本書の解説の一つとして収録された松本完治「京洛四時〈風流生活〉のデカダンス」に詳しい。松本氏によれば生田は晩年の山田一夫を訪問している。

《先生が訪ねてみて驚いたのは、一代の富者であったはずの山田一夫が、金閣寺近くの平屋建て棟割り長屋の一軒に、それも家具らしいものもない古びた畳二間だけで、同年輩のご夫人と侘び住まいをしていたことだった。作品に窺えるかつての豪奢な暮らしぶりからは想像もできぬ落魄ぶりに胸を打たれ、当時七十五歳頃の山田一夫の姿に、《巨万の遺産を一代にして風流三昧に蕩尽しつくした当世艶隠者の墨絵のような残像を目のあたりに見て、西鶴作中の世界に迷い込んだが如き思いにさそわれた》という。
 いわば、山田一夫が生涯に残した約三十篇余りの名品は、そのほとんどが自らの豪奢な暮らしぶりや見聞から筆を執ったものだけに、巨万の富が蕩尽しつくされるなかで絞り出された燦めくような残滓であると言えるだろう。逆に言えば、巨万の富を風流三昧に蕩尽しつくさなければ生み出し得ない究極に高価で稀少な逸品とも言えようか。》

山田一夫は芥川龍之介をアイドルとしていた。本書口絵に出ている『夢を孕む女』(白水社、一九三一年)の装幀がまさに芥川本かと紛う意匠になっているのもむべなるかな。本書には「澄江堂の藝術」という山田の論考も収録されている。今気付いたが、昭和六年と言えば江川正之(頴川政由紀)が白水社の文芸出版の牛耳を執って好き放題の本を出していた時期ではないか! さすが江川としか言いようがない。

山田作品、じっくりと味わいたいので、性急な感想は述べないでおこう。とにかく盛林堂さんには驚かされてばかりである。しかも「壱」である。「貳」?も出るわけだ。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-04 20:58 | おすすめ本棚 | Comments(0)

海の本屋のはなし

f0307792_19591749.jpg

平野義昌『海の本屋のはなし 海文堂書店の記憶と記録』(苦楽堂、二〇一五年)読了。面白い…と言っては語弊があるかもしれないが、極力抑え気味ながら、例の平野節で海文堂書店の創業(大正三年)から閉店後までを一息に読ませる。勤務していた書店員たちのインタビュー形式の記事には教えられることが非常に多かった。

やはり「閉店」の真実については、これまで断片的に聞かされてはいたものの、改めて文章として読むと暗然とせざるを得なかった。詳しくは本書を読んでいただきたいが、こんな簡単な通告だった。

《[2013年]8月5日、朝礼で経営者から「閉店」が従業員に通告されました。いや、正確には「通告」すらなされていません。この時、彼は何も言わず私たちに3枚の紙を配りました。》

どうして、経営者は唐突に閉店を決心したのだろう? しかしどうもそれは唐突ではなかったようだ。

《神戸新聞(2013年8月6日付朝刊)のインタビューで彼は《私か、東京で出版事業などを継いでいた兄か、どちらかがいなくなれば書店は閉めようと決めていた》とも言っています。》

巻末の詳しい年表によれば島田誠退任(二〇〇〇)の後、社長に就任した岡田吉弘(兄)が逝去したのは二〇一一年二月である。その前年、島田氏夫人悦子(岡田一雄の長女。長男が吉弘)が歿していた。これも閉店の要因としては大きいだろう。そして吉弘の後継者・岡田節夫(平野が一貫して「経営者」あるいは「彼」と呼ぶ人物)が社長に就いた。要するに二年半前に閉店は決まっていたということになる。

やる気のない経営者が後継したということで閉店は避けられないものだった。売り上げは下降していたとしても海文堂書店がどうしようもないくらい赤字まみれだった、というわけではないのだ。島田氏から直接聞いた話では海文堂書店が経営母体に支払っていた家賃は閉店後に入ったドラッグストアの家賃よりもずっと高額だったという。何をか言わんや。

しかし一番悔しいと思ったのはこの一文である。

《なくなってしまうものはなくなってしまいます。私たちもあきらめました。働く者として何の権利も主張せず、ただただおとなしく引き下がりました。》

これはいかんでしょう。小生はこれまで勤めたことがないのでサラリーマンの心情については何も分らないし、どうこうも言いたくはないけれど、これはいかんぜよ。

《後に聞いた話です。取次会社と銀行から、返品不能品(不良在庫)が少な過ぎると疑問を持たれたそうです。返品時に各担当者がきちんと「了解」を取っていたために、逆送品は少ないものでした。返品不能になった本はほとんどが廃業出版社のものでした。海文堂スタッフたちは、プロとしての始末を見事につけました。》

ああ、羊たちよ……


『海の本屋のはなし――海文堂書店の記憶と記録』を語る
平野義昌(著者、元海文堂書店員)×柴野京子(上智大学准教授)
7月5日(日)16時~ 東京堂書店


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-03 21:03 | おすすめ本棚 | Comments(2)