林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

天野さんの傘

f0307792_19470997.jpg

山田稔『天野さんの傘』(編集工房ノア、二〇一五年七月一八日)が届く。山田さんのご指名で小生が装幀を担当させてもらった。この著書について山田さんには特別な思いがあったようで、このデザインに落着くまでにはラフのやりとりが何回もあり、直接お会いしていろいろとご意見をうかがった。これまであまり著者と討議して装幀を練り上げるという手順をとってこなかったので、なかなかに新鮮な経験だった。

この図案はいちばん最後に出したもののひとつ。タイトルに傘という言葉があるにもかかわらず傘のイラストを配置した。屋上に屋を重ねるヤボな案。しかしストレートに視覚に訴えてくるのも事実。最終的には著者が決定した。そしてさらにレイアウトも何度か変更し、上のように落着いた。

これまでに発表された五篇に未発表作を加えたエッセイ十一篇を収める。

「生島遼一のスティル」講談社文芸文庫解説
「長谷川さんの葉書」『ぽかん』4号
「ある文学事典の話」『海鳴り』25号
「一本一合」『VIKING』702号
「ある〈アンダスン馬鹿〉のこと」『海鳴り』26号
「富士正晴という生き方」
「伊吹さん」
「天野さんの傘」
「古希の気分」
「裸の少年」
「初心忘るべからず」


「富士正晴という生き方」は富士記念館で行われた講演のレジュメを書き直したものだろうが、じつに締まった文体で読ませる。正直、講演ではやや広がり過ぎたように思える内容がここまで凝縮されて完成度を増すものかと舌を巻いた。

富士さんについて、いま思うこと

表題作「天野さんの傘」は天野忠の死後、香典返しにこうもり傘をもらった話である。

《この傘は、天野忠さんが亡くなったときの香典返しの品であった。
 香典返しにこうもり傘というのは変っている。聞いたことがない。奇抜というか独創的というか、いずれにせよ思いついたのは遺族のだれかだろうが、天野さんらしくないこともないなと、一方でいくぶん納得したものだった。
 傘は一見、真黒のようだが、明るいところでよく見ると黒にちかい濃い紫色である。布地は厚く丈夫そうで、かすかなつやをおびている。がっしりした茶色の柄はニスを塗ったように光っているが、これは薄い透明なビニールの膜に覆われているからである。その柄が、ふつうの傘よりも数センチ長い。そのせいで、傘全体がずいぶん大きく見える。重厚な感じである。折りたたみ傘に慣れた腕には当初、ずっしりと重く感じられた。その後もなかなか慣れることができない。というのは折りたたみ傘では間に合いそうにない本降りのとき以外には、用いないようにしているからである。外に持ち出すと盗られはしまいかという心配もあった。じつを言うと、もったいない気がして、最初の何年間かは実用品でなく記念の品として、傘立てではあく書斎の一隅に飾ってあったのである。もらってからすでに二十年ほどもたっているのに、いまも新品のように見えるのはそのためだ。》

実は最初、このあたりの鮮やかな描写から、表紙・見返し・別丁扉までをすべて黒い紙にして、本そのものをこうもり傘に見立てようと思いついた。ところが、そのようにプレゼンしてみると、なんと、山田さん、黒がお嫌いなのである。今改めてこのくだりを読んで思う、こうもり傘を使わなかった理由のひとつにその色もあったのかなと。

それはさておき、この後、山田さんは編集工房ノア氏にこうもり傘の香典返しのことを話して、こうもり傘をもらったのが自分だけであることを知る。そしてその理由を明らかにしようとする……。珠玉のエッセイというのはこういう作品のことであろう。

京都市内のホテルのロビーで山田さん、ノアさんと打ち合わせをした。ちょうど梅雨に入った頃で、小雨が降ったり止んだりという空模様だった。ロビーで時間ぴったりに姿を現した山田さん、「今日、天野さんの傘を持ってこようかなと思ったけど……折りたたみ傘にしといたよ、ふふふ」と。天野さんの傘、見てみたかったな。

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-15 20:42 | 装幀=林哲夫 | Comments(2)

やっぱり、本 展示3

f0307792_19370724.jpg

ランボオとメンコを描いた「遠くへ」(キャンバス、F4号)およびそのモチーフとなったランボー詩集。積み上げてあるのはいずれも拙著(右端は『書影の森』です)。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-15 19:45 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

高尾書店古書目録

f0307792_19381069.jpg
『古書目録』改巻第一号(高尾彦四郎、一九二七年一二月一二日)。発行兼編輯者高尾彦四郎の住所は大阪市南区日本橋筋四丁目五七、印刷所はヨハ子堂印刷所。


f0307792_19381284.jpg
『古書目録』第二号(高尾彦四郎、一九二八年五月一〇日)。発行兼編輯者高尾彦四郎の住所は大阪市南区日本橋筋四丁目五七、印刷所はヨハ子堂印刷所(大阪市浪速区元町三丁目)。


f0307792_19430194.jpg

改巻第一号に挟み込まれていた葉書および逓信省の払込票、そして八幡市枝光(現・北九州市八幡東区)の右田数男宛在品通知葉書(消印=高津昭和三年一月二十一日)。これは照会に対する返事である。

f0307792_19381834.jpg


この葉書の消印が珍しいと思うが、どうなのだろう。鍬と和本。晴耕雨読? 書を耕す…?

f0307792_19381577.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-14 19:41 | 古書日録 | Comments(0)

やっぱり、本 展示2

f0307792_19322586.jpg

f0307792_19331042.jpg

水彩画の壁面と古本(これは初日の写真です)。水彩画は額装作品以外にもシートのみの作品を多めに持ち込みましたので、手に取って御覧いただけます。



[PR]
by sumus2013 | 2015-07-14 19:35 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

絶版書目録

f0307792_20015662.jpg

来場くださった方より古書目録を頒けていただいた。これがなかなかオシャレ。

『絶版書目録』第四号(高尾彦四郎、一九二八年六月二五日)。発行兼編輯者高尾彦四郎の住所は大阪市南区日本橋筋四丁目五七、印刷所は文進堂印刷所。反町茂雄『蒐書家・業界・業界人』(八木書店、一九八九年一一月二〇日二刷)にこうある。反町が高尾彦四郎と親しくなったのは、

《日本橋の近く、道頓堀の興行街に曲がる少し南(日本橋一丁目)に、新しい店を持たれた頃からでした。間口二間半くらい、店頭の右側三分の二ほどは、大きなガラスをはめたショーウィンドーで、大層明るいお店、商品の質も一段と向上していました。》

《一生涯を通じて、様々の形の目録を出しつづけられました。目録の中には、魅力あるものと、そうでないものとがありますが、晩年の高尾彦四郎さんのは、最高に魅力あるものの一つで、郵便物の中にまじったそれを見出しますと、真先きに封を切り、すぐに電話機に近づいて、注文の準備をしました。大急ぎで四つ五つ申し込んでも、手に入るのは、一つか二つ、何も手に入らぬ事も時々。この様なチャーミングな目録は、仕事に打ち込む情熱がなければ生まれて来ないものと信じます。》

住所については日本橋一丁目に新しい店とあるから四丁目から移転ということだろうか。日本橋一丁目の後に《曾根崎の桜橋の市電交差点近く、つまり現在の場所に進出された》ともある。


f0307792_20015588.jpg
『絶版書目録』第十一号(高尾彦四郎、一九三四年一月一〇日)。発行兼編輯者高尾彦四郎の住所は大阪市西成区松原通二丁目、印刷所は吉村印刷所(大阪市東区両替町一ノ二)。西成区松原通二丁目というのは高尾書店の店舗ではないので(昭和十年の時点でも日本橋筋四丁目に店舗があった)自宅かもしれない。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-13 21:06 | 古書日録 | Comments(2)

やっぱり、本 展示1

f0307792_17041470.jpg

『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集20 吉田健一』(河出書房新社、二〇一五年五月三〇日、装幀=佐々木暁、帯装画=林哲夫)の原画。

f0307792_17041840.jpg


f0307792_17042160.jpg

日本文学全集20 吉田健一

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-13 17:06 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

sumus トークライブ

f0307792_20265778.jpg

徳正寺さんの門前


f0307792_10453947.jpeg
岡崎武志による看板(撮影=Kat氏)


f0307792_20265900.jpg
トークが始まる前の本堂


f0307792_20270145.jpg
受けつけ開始


f0307792_20270314.jpg
スムース一箱古本市一番乗りの方々


f0307792_10454124.jpeg
トークライブ風景(撮影=O氏)


マン・レイ石原氏が経過報告をしてくださっている。二次会の様子、さらに三次会(?)も!

マン・レイと余白で

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-12 10:49 | もよおしいろいろ | Comments(4)

メリーゴーランド搬入日

f0307792_20323347.jpg

「やっぱり、本」の出品作、メリーゴーランド京都へ無事搬入をすませた。始まる前から会場写真を出したのでは興ざめであろうと思い、一点だけ(小出しにします)。むろん新作もだが、これまでの本に関する作品で手許に残ったものも何点か並べた。これは『ちくま』表紙画、第一回目の原画と掲載号(二〇〇九年一月号)。左の棚に少しだけ見えているのが放出蔵書の一部。値段は思い切って低く設定したので、是非ご来場を。

扉野氏が設営を手伝ってくれた。そして完成した『sumus 別冊:詩と文』(古書善行堂、二〇一五年七月一一日)を手渡してくれた。これは、いい。いいぞ、とびらの君! 後は任せた。

f0307792_20323799.jpg


f0307792_20323532.jpg

トークライブご来場の方にはもれなくプレゼント(ただし定員70のため、無料分は70冊しかありません、あしからず)。

もうひとつ、荻原魚雷氏がスカパーの番組「Edge」に出演決定。徳正寺でのスムース・トークライブ風景も収録される予定とのことです! 小生も二〇〇八年に出演させてもらったシリーズ。城戸朱里さんが総指揮。

Edge 2 今を、いきる。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-10 20:57 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

和久傅

f0307792_19365716.jpg

湯川成一さんを偲ぶ「水雀忌」は十一日である。もう七年が過ぎた。しかし当日は個展初日そしてスムース・トークライブの日でもあり、何もアップできないと思うので前倒しで湯川本を紹介しておこう。『和久傅』(和久傅、二〇〇一年一二月三〇日)。

f0307792_19365572.jpg


f0307792_19365450.jpg


f0307792_19365054.jpg


f0307792_19364877.jpg


f0307792_19364661.jpg


和久傅は明治三年に丹後で創業した旅館。現在は京都市内に料亭を三店舗構える。

和久傅

二〇〇六年に西湖という菓子を一度紹介したことがある。

和久傅の西湖

奥付によると、器は加藤静允、料理は岩崎武夫、写真は野中昭夫、本文和紙は越後門出(かどいで)和紙・小林康生、丹後縞木綿・土田和子、印刷は創文社、製本は須川バインダリー。加藤氏は湯川書房から『窯庭游話』『細石微風帖』『春夏秋冬帖』『春夏秋冬帖拾遺』など多くの特装本を刊行しておられる。出版点数がごく少くなっていた晩年の湯川さんにとっては最も重要な著者であった。岩崎武夫は総料理長。野中昭夫は『芸術新潮』のスタッフを長年勤めた手堅い写真家。

湯川さんは和紙の刷上がりの悪さに苦労したと言いながら、仕上がったときには非常に満足そうだったことを覚えている。

市中へ出ると必ずと言っていいほど湯川書房に立ち寄って一服させてもらった時期があった。湯川さんには迷惑だったかもしれないが、ああいう場所が必用だなあと最近痛切に感じている。



[PR]
by sumus2013 | 2015-07-09 20:33 | 関西の出版社 | Comments(4)

やっぱり、本

f0307792_19302321.jpg
f0307792_19302260.jpg


7月11日のライブ、目下のところ岡崎武志、山本善行、生田誠、南陀楼綾繁、荻原魚雷、扉野良人、林哲夫の全員が参加予定です。

トークの他に「スムース一箱古本市」開催。参加者全員にもれなくスムース福袋あり(これがおみやげです)。同人よりそれぞれにサプライズ・プレゼントあり、そしてなんと全員執筆の『スムース詩集』小冊子を発行する予定です!

扉野良人編輯・デザインの『スムース詩集』表紙。順調に製作中!

f0307792_17261734.jpg


同人のサイン希望の方もご遠慮なく著書持参ください。メリーゴーランド京都で同人著書各種販売予定。

場所は徳正寺の本堂、午後四時から六時。定員七〇名(予約の方優先、ご予約はメリーゴーランド京都まで)。入場料1500円(おみやげ付き)。

徳正寺
〒600-8051
京都府京都市下京区富小路通り四条下る徳正寺町39

***


岡崎氏の日記に7月11日のスムース・トークライブの話が出ていたので、こちらでも正式に日時等を発表しておきます。

okatakeの日記 2015-05-29
http://d.hatena.ne.jp/okatake/20150529

場所は扉野良人氏のお寺、徳正寺の本堂、午後四時から六時。定員七〇名(予約の方優先、ご予約はメリーゴーランド京都まで)。入場料1500円(おみやげ付き)。トークだけでなくいろいろ楽しい企画を考え中です。ふるってご参加ください。

スムース同人が集まるのは二〇〇九年の名古屋以来ですね。

sumusの集い@シマウマ書房
http://sumus.exblog.jp/10564811/


岡崎氏の日記に出ている「スムースレター」というのはこのようなものです(下図=第一号、一九九九年四月一二日)。初めはB5裏表だったのが、23号よりA4裏表になっています。発行部数は同人の数プラスアルファ。53号(二〇〇九年一一月一五日)まで続いています。晶文社特集の直前です。多分この後の連絡などは電子メールに取って代わったものと思います。

f0307792_19301977.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-09 20:30 | 画家=林哲夫 | Comments(6)