林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

日本文学全集吉田健一

f0307792_15495467.jpg


『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集20 吉田健一』(河出書房新社、二〇一五年五月三〇日、装幀=佐々木暁、帯装画=林哲夫)。三月に吉田健一の本を探していたのはこの装画のためだった。とは言え、御覧の通りここに吉田健一の本は三冊しか描いていないし、どれがどの本だかはっきり分らない程度の描き方である。

f0307792_17274602.jpg


池澤氏は、これまでのエッセイ中心のアンソロジーではなく、その評論を最も高く評価した吉田健一観をここにはっきり示した。「文学の楽しみ」と「ヨオロッパの世紀末」という長大な論文をドカーンと据えてみせた。全550頁のうち364頁までがこれら二篇の論文で占められている。およそ七割に近い紙数を費やしていることになる。上の装画はこの二本の論文を念頭に描いたものだった。

「文学の楽しみ」はまさに文学の楽しみであって、クラクラするような文学的蘊蓄をトランプ手品のように披露する手さばき、その表現力の巧みさ、そして先日紹介したような原文からかなり自由に飛翔した吉田健一流の抄訳(訳ではないと本人は断っている)の数々、これがある意味読みどころにもなっている。

そしてさらに吉田健一の本質がよく現れているのが「ヨオロッパの世紀末」だろう。世紀末(十九世紀末)を考察するに当って吉田はまず十八世紀をヨオロッパが完成した時代だと定義する。ここに最上のヨーロッパ精神を見るのである。

ヨオロッパの十八世紀というものが優雅であるのはこの時代に至ってヨオロッパ人が自分をヨオロッパ人と見做し、ヨオロッパを自分の生活の場所と考えるのに馴れてこの意識に即して文明の域に達したからで、これがヨオロッパが確実にヨオロッパになったことであるのはその文明ということで証拠立てることが出来る。》(p197)

《もし革命というものも何かそれまでにあったものに頼らなければ全く立場がなくなるであるならば、この時代の後に来たフランス革命で自由ということがその合い言葉の一つに選ばれたのは解ることで、その自由というのがこの時代の性格を一番よく示しているかも知れない。例えばこの時代には身分から来る差別というものがなくて、それは貴族だから別に毛嫌いすることはないだろうというところまで徹底した差別のなさだった。》(p209)

この逆説に吉田健一の真骨頂を見る思いがする。日本でも徳川時代はこうだったと言い張ることは容易いだろう。フランス革命の前と後との「自由」をつなげてみせたところがミソである。だから必然的に、自由・平等・博愛の勝利、すなわちフランス革命はヨオロッパがヨオロッパでなくなることことにその面目を賭けた跡が窺える》(p228)となるわけだ。革命後における科学の発展と世界への展開に熱心な十九世紀ヨーロッパは要するに十八世紀的な優雅なヨーロッパを破壊した野蛮な時代であった。

《十八世紀のヨオロッパにも優雅とそれが意味する一種の快楽主義に彩られた諦めが見られるが、それは一つの文明の頂上にあって人間の条件とも言うべきものを意識しての諦念であり、これがあって文明の程度が解るようなものである。それは人間が自由に考えて達する境地であって、これと同時に十八世紀ヨオロッパは美の存在を認め、進歩を信じ、諦めを伴う他ない人間の条件を肯定していた。しかし十九世紀になってヨオロッパが世界にその実力を示したことはその崩壊でもあり》(p332)

そしてまた、われわれ日本人はその野蛮なヨオロッパならざるヨオロッパの思考でもってヨオロッパを認識することになる……という指摘も重要だが、長くなるので省略して(本書で読んでいただければ何より)結論だけ書いてしまうと、吉田は世紀末の頽廃芸術をこのように断定している。

《すべてこの種類のことが行われる時に人間は息を吹き返し、精神を平静に働かせる余裕を取り戻して自然の状態に戻る。ヨオロッパの世紀末の頽廃はこの健康を目指し、これを回復して我々に伝えたのである。》(p360)

頽廃が健康を目指していた! 病気は健康を欲しているというわけか、なるほどそれは納得できるかもしれない。吉田健一のこの世紀末論にどれほどの分があるのか愚生などには判断のしようもないし、十八世紀がそんな理想的は時代だとはとても思えないけれど、論理の跳躍にはただただ感心しながら読み終えた。小林秀雄に対する対抗意識(というほどでもないかもしれないが)もほの見える気がする。とにかく読んで楽しい論文であることは保証しよう。

これらの他にもお馴染みの「銀座界隈」、「石川淳」、「酒談義」や「酒宴」、「シェイクスピア詩集十四行詩抄」まで吉田健一の醍醐味を一冊で堪能できる仕上がり。拙作で帯を飾らせてもらえたのはまさに僥倖である。


日本文学全集 河出書房新社

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-08 17:15 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

小学入門乙号

f0307792_19542330.jpg

『小学入門 乙号』(文部省、書肆澤宗次郎、一八七五年一月)。これは官許の教科書である。

明治政府は学制を発布するとともに、学制に定められた初等教育の革新のために、明治5年に東京に師範学校(翌年、東京師範学校に改称) を設け、小学校教師のための近代的な教育方法の伝習、新しい小学教則の編成、また小学校用の教科書の編纂にあたった。
 当時、小学校の教科書として用いられた翻訳書や啓蒙書は、生徒にとって程度の高い内容であったため、教育の現場からは、生徒の学力に応じた学年別の教科書の編纂が望まれた。文部省では師範学校と協力し、現状に即した「小学教則」を定め、また『小学入門』『小学読本』『小学算術書』など、欧米の教科書を範とした教科別の系統的な教科書を編み、近代教科書の基礎を築いた。
明治6年以降、東京師範学校の卒業生が、各地に設立された師範学校に迎えられると、東京を中心に、新しい教育方法と教科書が全国に広まった。文部省は各府県に対し、文部省及び師範学校編纂の教科書の翻刻を許可し、これらの普及を促進した。》(師範学校と近代教科書の成立

そしてまず『小学入門』甲号が明治七年に発行され、次に同じ内容でレイアウトを変えた(図版等を小さくした)乙号が翌八年に発行されたという。

本文の内容は、いろは図、五十音、数字、九九の図、単語図、連語図、線及度図から成る(色彩図の附属しているものもあるようだ)。

f0307792_19542543.jpg

f0307792_19543546.jpg


f0307792_19542729.jpg


f0307792_19542919.jpg
単語図ではイと井とヒの使い方の違いがはっきり示されていて面白い。イト、イヌ、イカリ、(井戸)、井(猪)、井モリ、カイ(櫂)、シヨクダイ、コウガイ、カヒ(貝)、タラヒ、フルヒ、トリ井、井グサ、アジサ井……。


f0307792_19543157.jpg
「帽」もちゃんと掲載されている。シルクハットは明治初期の必須単語だったらしい。


f0307792_19543702.jpg

本冊の版元は「滋賀県下大津丸屋町/書肆 澤宗次郎」。国会で澤宗次郎を検索すると安政六年(一八五九)に水原篤斎七十賀詩歌集『南山集 五集』三冊を刊行したのが最も古い。後ろ見返しに《草々書堂藏梓製本管事/大津丸屋町五車堂澤宗次郎》の朱印があるという。

驚いたのは澤がその翌年(万延元年)柏木如亭『詩本草』を刊行していること。あわてて岩波文庫版詩本草』を取り出す。解説にいわく

《文政五年版の『詩本草』は、おそらく私家版として如亭所縁の人々に配られたもので、極めて少部数の出版だった。今日その伝本が稀覯であるだけでなく、江戸時代においてもすでになかなか見ることのできない書物になっていた。そこで如亭歿後四十一年の万延元年(一八六〇)に『詩本草』ファンの一人水原美瑞(みずはらびずい)の手によって、再刻本が出版された。

水原美瑞は、幕末から明治にかけての頃、近江の大津に住んでいた漢学者で、名は芝、字は美瑞、通称は平蔵、号を漫唫居士、斎号を雨亦奇楼と称した。生歿年は不詳であるが、柏崎順子氏の調査報告「再刻本『詩本草』と澤宗次郎・水原芝」(『書誌学月報』四十七号、平成三年十二月)によれば、明治九年版『京都府官員録』に簿書掛十三等、明治十年版には簿書掛八等として、その名前が掲載されているという。長年の捜索の末、ようやくにして文政五年刊の版本『詩本草』に巡り会うことのできた水原美瑞は、喜びのあまり私財を投じて『詩本草』を再刻し、同好者に頒布したのである。

目下、臥遊堂のサイトに掲載されている『詩本草』奥付には《水原氏蔵版/萬延元年庚申夏/製本所 大津丸屋町 澤宗次郎》と刷られている。

このように五車堂こと澤宗次郎は漢詩集の私家版制作から始めて明治維新とともに地図や教科書の出版人となって行ったようだ。国会図書館では澤宗次郎で検索すると明治十九年刊の『改正滋賀県管内地理書訳図』が最も新しく、五車堂で検索すると『趣味の大津:遊覧案内』(沢五車堂、大正十五年)が最新のようである。


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-07 20:56 | 古書日録 | Comments(0)

コラージュとジャズ

f0307792_17062532.jpg

昨日取り出した『植草甚一自伝』(晶文社、一九七九年六月二〇日、表紙イラストレーション=和田誠)に『植草甚一スクラップ・ブック月報34』(一九七九年六月)が挟んであった。そこに「植草甚一大いに語る/コラージュとジャズ」というインタビューが載っている(聞き手=青山南)。これがコラージュとの関わりをわりと詳しく回顧していて参考になった。メモしておく。

ーーところで、植草さんがコラージュをはじめられたきっかけはというのは何だったんでしょう?

 昭和五、六年でしたか、マックス・エルンストの「百頭女」と訳されている「ファム・サン・テート」というのが、神保町の裏のフランス語専門書店の三彩社に来て、入った三日めくらいに見たんです。だいたい普段買ってるのは一円クラスの本でしたが、あれは二十円だったかな。やっと買ったんですが、感心しちゃった。その時は自分ではやっていませんでした。
 この間エルンストの展覧会があって、「百頭女」の原画が出ているので見に行きましたが、切り口のつなぎ目のうまさは、さすがのものでした。あれをやったころはまだ三十前でしょう。頭がちがうんだと思いましたね。

ーーそうすると、エルンストの「百頭女」が植草さんのコラージュへのとっかかりとなったと……

 それよりか前ですが、堀口大学がジャン・コクトーの紹介をしました。麻薬中毒のデッサンなんかに感心して、ぼくは建築科の学生でしたから、盛んに真似をしたもんです。それともう少し昔になると、村山知義なんです。村山知義がドイツから帰ってきてダダが始まって、それから構成主義になった。ロシアの社会主義と結びついたりしてね。
 その頃、ぼくの家が両国の瓦町にありましたが、電車通りに一間の間口の古本屋があって、おじいさんが一人でやってました。店じゅうカタログだらけで、その中にたくさん機械のカタログがあった。それを切り抜いて、構成主義って流行ってたんで、大きなのを作りましたね。早稲田祭で陳列した時に、一人だけ褒めてくれたのが、力学の先生でした。これは後で、本郷のエスペロって喫茶店のカウンターの上にかけておきましたが、火事で焼けてしまいました。
 そうやって構成派のころ盛んにカタログを切り抜いては、やっていたのを、いま訊かれて急に思い出しました。》

文中「三彩社」は「三才社」の誤植。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-06 17:28 | 古書日録 | Comments(2)

植草甚一関連資料

f0307792_19461459.jpg


「植草甚一スクラップ・ブック」展ちらし。そして『世田谷文学館資料目録3 植草甚一関連資料』(世田谷文学館、二〇一五年四月二五日)。

f0307792_19460117.jpg


f0307792_19460917.jpg
植草甚一が瀧口修造とともに日本でも稀有なシュルレアリストだということはこれまでも何度か述べたと思うが、この図録を見ると改めてその思いを強くする。昭和初期、すでにエルンストのコラージュに洗礼を受けていたと本人も書いているし、戦後はジャック・プレヴェールにも魅了されていた。それが素直に頷ける。むろん植草甚一自身の作品へと見事に変容しているのは言うまでもない。

コラージュというやつは、

f0307792_19461376.jpg

植草は最晩年に古本屋をやろうとしていた。正確にはそういう計画を立てて楽しんでいたと言うべきかもしれないが。一九七九年、入院中に書かれたメモが残っている。

《晩年、植草甚一は古書店を開くことを夢想していた。入院中のメモやノートの中には、関連する記述が散見される。店名は「UEJIN LIBRARY」、「ぶらり書房」等と変転し、最終的に「三歩屋」の名で、下北沢に開店することを「面会謝絶のジャズ」に書き残している。》(資料目録解説より)

会場には「三歩屋」が再現展示されているそうだ(!)。植草の著書の中から書評のさわりを拾い集めて『三歩屋新入荷本リスト』No.01まで用意されている。これがなかなか読ませる。やはり植草は読み巧者だし書き振りにも非凡なものがある。

f0307792_20121921.jpg

例えば

《ロリータ V. ナボコフ
実際に一九五五年九月に本になったときは、すこしも反響がなかったのさ。そうしたら十二月になってイギリスのサンデー・タイムズが一流作家や批評家たちに、その年の面白い本は? というアンケートを出したところ、グレアム・グリーン一人だけが「ロリータ」をほめたんだね。》(ポーノグラフィ始末記)

f0307792_15180901.jpg
Lolita, 2 Volumes
Nabokov, Vladimir
Paris: Olympia Press, 1955. First Edition.

f0307792_15205189.jpg
G. P. Putnam's Sons, New York, 1955.


《サブウェイ・パニック ジョン・ゴーディ
おとといニューヨークで一緒に遊んだ朝日新聞の工藤宜さんと食事をしているとき、「サブウェイ・パニック」の話を持ち出して、地下鉄で揺れたかいときいた。そうしたら思い出せないなあと言うんだ。朝日の特派員として三年も暮らしながら思い出せないとなると、揺れなかったことの間接的な証拠になるだろう。そうして「サブウェイ・パニック」の作者のゴーディは、地下鉄に乗るのがきらいな男だった。それで揺れるもんだと独りぎめにしたんだろう。》(植草甚一自伝)

f0307792_15181398.jpg
The Taking of Pelham One Two Three
Godey, John
Putnam, New York, 1973.


これは少し補足すると、植草自身は地下鉄に乗ってその揺れが少ないという印象をもっており、ゴーディの描写に納得できないものを感じたのである。引用につづけて《こんど行ったときの宿題が一つふえた。》としている。

《なぜぼくらはヴェトナムへ行くのか? ノーマン・メイラー
なぜぼくらはベトナムへ行くのか」から話をはじめたいので読みだしたのだが、まったく厄介な作品ときている。銀座のイエナ書店で、この本が目についたときは、安っぽい造本のうえに、カバー・デザインが下手クソなので、二千円ちかく出して買う気になれなかった。けれどアメリカで話題になっているし、どんな調子の文章なんだろうと、五分ばかり腰を落ちつけて読んでみると、ははあ、やってるな!という気がしてくる。さしずめヒプスター調だといっていいだろう。》(ぼくは散歩と雑学が好き)

f0307792_20512173.jpg
Why Are We in Vietnam?
MAILER, Norman
Putnam's (1967)
Hardcover First Edition


などなど……。三歩屋、のぞいたみたかった。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-05 21:02 | おすすめ本棚 | Comments(2)

左翼劇場パンフレット

f0307792_19511396.jpg

『左翼劇場パンフレット』第一号(左翼劇場、発行人=佐々木孝丸、一九二九年七月一日、表紙=村山知義)。タテ220ミリ、本文二十頁。うすっぺらな冊子である。今年のみやこメッセの古書即売会にて入手。じつは昨年夏の納涼古本市でも見かけていた。そのときは別の買物があったのでスルーしたのだが、今回またもや遭遇、まだ売れていなかったのかと驚きつつ買い求めた。数百円というわけではないけれど、高くはなかった(改めて強調する必要はありませんか)。

左翼劇場がどういうものか一口で説明するのは難しい。ただ当時の人々にとってもそうだったようで、本書には「日本プロレタリア演劇の発展ーー左翼劇場第12回講演に当つてーー」と題されたプロレタリア演劇小史が掲載されている(無記名)。

《我が国に於ける専門的なプロレタリア演劇は一九二六年二月、旧「プロ芸」演劇部『トランク劇場』として誕生した。》《同年十二月、当時の「文芸戦線」同人中の数人と「トランク劇場員」とによつて旧「前衛座」が設立され、その処女公演に於て堂々とプロレタリア演劇の存在意義を主張した。》

ところが前衛座は二七年六月「プロ芸」の分裂と同時に「前衛座」とその「研究所」に分裂し「前衛座」は旧「労農芸術家聯盟」に所属、旧「トランク劇場」は「プロレタリア劇場」と改称して対立したそうだ。しかし同年十一月になると「前衛座」は「労農芸術家聯盟」を脱退、「前衛芸術家同盟」を組織し「前衛劇場」と名乗る。この「前衛劇場」と「プロレタリア劇場」が提携してプロレタリア演劇の運動先端を歩むことになったという。もうすでに相当ややこしい。

《一九二八年三・一五事件の直後に、この戦線統一の波に促されて芸術運動に於ては旧「プロ芸」旧「前芸」その他が合体し空前の×圧の中に輝かしく『ナツプ』を結成したのは四月であつた。『ナツプ』の結成は他の芸術部門に於けると同様に、演劇運動に於ても明かに一つの画期的なモメントであつた。
 『ナツプ』の結成に当つて、東京に於ては、旧「前衛劇場」と旧『プロレタリア劇場』とは合同し、こゝに「東京左翼劇場」を結成し、ナツプ東京地方支部として、三・一五以来の×圧に抗しつゝ公演に、移動劇場活動に活溌に行動した。

×圧》はママ。「弾圧」か。 

《一九二九年一月一月、ナツプは再組織され各技術部門による全国的縦断組織を採り、演劇運動に於ては「日本プロレタリア劇場同盟」となつて現はれ、我が東京左翼劇場は同「同盟」(略称PROT[プロツト])に加盟し、其後、現在に至るまで大公演に移動劇場活動に活溌なる闘争を続けてゐる。》

この説明文の他に「トランク劇場」「プロレタリア劇場」「前衛座」そして「左翼劇場」の上演リスト(日本プロレタリア演劇公演一覧)もあってなかなか便利な冊子である。

左翼劇場第12回講演は村山知義作「暴力団記」(「戦旗」七月号所載)改題「全線」四幕九場。まず巻頭からその登場人物と粗筋が示され、続いて村山知義「漢口では」、佐野碩「『暴力団記』の演出に就て」というエッセイを上段に、藤森成吉「最近の演劇傾向」、秋田雨雀「ソウエートの左翼劇場と日本の左翼劇場」が下段にレイアウトされている。

ハンマーを握る腕のイラストひとつ(サインなし)。広告は『年刊日本プロレタリア詩集』(戦旗社)、三好貢編輯・街の手帖「歩道」、バア・オララ(銀座三十三間堀二丁目九)、紀伊國屋書店、黎人書房(市外中野町中野一六五四)、『女人芸術』(女人芸術社)。

f0307792_19511116.jpg


『女人芸術』執筆陣、なんとも強力だ。神近市子、永島暢子、上田文子、村山籌子、平林たい子、野溝七生、山本和子、山川朱実、林芙美子、森三千代、八木秋子、伊福部敬子、松田解子、熱田優子、大竹せい子、長谷川春子、西村あや子、木村喜久子、山下紅音、大石千代子。

今年これまでに買った古書のなかでは屈指の嬉しい一冊。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-04 20:55 | 古書日録 | Comments(0)

アワヒニ天満橋店 一箱古本市

f0307792_09585785.jpg

一箱古本市

2015年2月にオープンしたスタイリッシュなカフェ”アワヒニ天満橋店”こだわりのコーヒーで、ゆったりとした時間を過ごしてもらえるライブラリーです。当日はオープンデッキで一箱古本市を開催します。たくさんの方のご来店をお待ちしております。

【日時】5/9(土)11:00-20:00

【場所】まちライブラリー@アワヒニ天満橋店
【住所】中央区船越町1-2-9
【開館時間】月〜土 8:00-20:00
【主宰者】井上壱彦・三皷由希子
【連絡先】06-6809-3805

************

アワヒニ天満橋店さんでの一箱古本市に「ぺるデュ書店」も出店いたします。まちライブラリー巡りのさいにはぜひお立ち寄りください。思い切った本を思い切った値で出すつもりです。よろしく!



[PR]
by sumus2013 | 2015-05-04 14:23 | もよおしいろいろ | Comments(0)

「澤」183冊の表紙デザイン

f0307792_14122174.jpg


6月25日〜7月1日

gallery care of


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-04 14:16 | もよおしいろいろ | Comments(0)

メルヒェンとダンス

f0307792_17045367.jpg
f0307792_17045068.jpg


5月1日〜6日

プチタム
京都市左京区田中上柳町21
http://popotame.net/?p=519



f0307792_20202706.jpg

ホホホ座から北へ引き返し、銀閣寺交差点より西へ。百万遍を通り越して出町柳のプチタムへ。メルヒェンとダンス展。古いアパートメントの二階にあるのだが、このアパートメントがなんとも素晴らしい。

f0307792_20203268.jpg

f0307792_20203825.jpg

f0307792_20204148.jpg

玄関を入って左手奥の階段を二階へ。すぐ目の前の部屋。そう広いスペースではないものの、非常に趣味よく展示されており感心してしまう。

タダジュンさんのちょっと人並みはずれたイマジネーションに圧倒される感じ。紙版画の版を利用したアニメーションも上映されてた(DVD販売中)。BGMとして好みの音楽を鳴らしながら見ればいいそうだ。東京では生演奏で上映したという。それは面白い。

f0307792_20204467.jpg

f0307792_20204665.jpg

お店の方からこのアパートメントについていろいろおうかがいする。そこへ、うらたじゅんさんが現れた。いやあ、お会いできて嬉しかった。

その後、丸太町まで引き返しヨゾラ舎へちょっと立ち寄ってから御幸町御池上るで開催されている夜野悠「古巴 モノクロームの午後」をのぞく。キューバの下町の情景。建物は古く、自動車はクラシックカー。散策しながらそこで暮らす人々をさりげなく撮影したモノクロ写真とヴィデオ画像。大きな布に引き延ばされて壁を隙間無く埋めた写真。この見せ方がいい。『現代詩手帖』で特集された「キューバ詞華集」の引用が添えられているのも効果的。それにしても、米国との国交が回復すれば、あっという間にこれらの風景は消えてなくなるのだろう…。

f0307792_20355984.jpg

夜野悠氏ふうにモノクロームにしてみた。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-03 20:30 | もよおしいろいろ | Comments(2)

ホホホ座

f0307792_19544848.jpg


【あちこち古本ツアー】メリーゴーランドでちらしをもらったホホホ座ガケ書房+コトバヨネット+100000t)へ行こうと思ったが、見つからないのでそのまま北上して善行堂へ。『筑摩書房の装幀本』の話などしているとそこへちょうどいい具合にガケ書房の山下氏がやってくる。白川通沿いのフレスコ(最近、京都市内に数多く展開しているスーパーマーケット)の向いの路地を入るのだそうだ。通りに面していると思っていたので見つからなかったのか。

自転車の強み、さっそくひとっ走り。善行堂から五分とかからない(善行堂でもいい本見つけました、このごろいっそう懐が深くなってきたようです)。新刊書店はガケよりも狭くなったけれど品揃えは相変わらずナイス。店頭で古本市もやっていたが、二階の古本・雑貨コーナーが必見だ。

f0307792_19544624.jpg


f0307792_19544528.jpg


驚いたのは店頭10円均一(!)。しかもけっこういい本が放出されている。レジ・カウンターの下の棚にペーパーバックス、200円均一。前から読みたいと思っていた『Les Misérables Tome 1』を(日本語訳ではいちおう読んではいるが)。ホホホ座、これは銀閣寺方面に来る楽しみが増えたというものだ。


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-03 20:15 | 古書日録 | Comments(0)

Books Herring 写真展

f0307792_19363943.jpg


【あちこち古本ツアー】河原町四条下るのメリーゴーランドへ立ち寄った。そこから東華菜館脇の路地を通っていて偶然に見つけた貸し自転車屋で自転車を借りた。歩行者や車の少ない道を選んで北上。みやこメッセは初日にのぞいたので通過。平安神宮の南側の道を東へ突き当たって北へすぐのBooks Herringで開催中のKG+ PROGRAM No.48 望月友美子 石田奈津子 写真展を見る。写真作品が古書の堆積のなかに無造作(?)に展示されているのが新鮮だった。石田さんの写真には地震前のネパールの穏やかな暮らしが写し取られている。

f0307792_19363759.jpg


f0307792_19363675.jpg


f0307792_19363271.jpg


f0307792_19363044.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2015-05-03 19:53 | 古書日録 | Comments(2)