林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

大日本国民専用実地有益大全上巻

f0307792_19472254.jpg
f0307792_19473172.jpg


田村美枝編輯、石橋中和校閲『鼇頭大日本国民専用実地有益大全 上巻』(兎屋支店、一八八六年六月出版発兌)。下巻を先に紹介してしまい、順序が逆になったが、上巻にも興味深い記事が満載である。

f0307792_19490012.jpg
口絵「実地有益博覧会之図」。左側は「現今有益書籍販売」となっており、書店の様子が描かれている。和漢洋の書籍が並んでいるようだ。

f0307792_19514416.jpg
巻頭の版元の挨拶文「謹言」。兎屋だからか、ウサギが平伏しているのが可笑しい。みょうに鼻先が長いが……。石塚純一「「うさぎや誠」考 明治初期のある出版人をめぐって」という論考がPDFで読めるので検索参照されたし。やはり鼻が高いウサギさんだったようだ。

上巻の目録を掲げておく。

○行政諸規則之部
○諸願届之部
○証書々式之部
○記事論説之部
○祝文之部
○詩作之部
○和歌之部
○同用文章之部
○女文章之部
○諸礼式之部
○修身学之部
○修身箴譚之部

行政諸規則」のなかに「出版条例 明治八年九月/第百三十五号布告」の写しが出ている。これは参考になった。今まで読んでいなかったのが迂闊であった(近代デジタルライブライリーで全文読めます)。

明治八年 法令全書
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/787955/143

多くは「版権」についての規定である。著作権についての規定はないが、この条例も著作権に近い内容を含んでいる。

《第十四条 他人ノ著訳書ヲ出版スル者必ス著訳者ノ承諾ヲ得可シ其版権願書若クハ出版届書ニハ必ス著訳者ト連印スベシ

 第十五条 版権ヲ得タル者ハ他人其条章ヲ剽窃スルヲ許サズ
       但論弁若クハ証明スル為メニ引用スル者ハ此例ニアラズ》

奥付の表記についても規定があった。

《第二十一条 出版ノ図ニハ著訳者ノ住所氏名ヲ記ス著訳者ノ氏名ヲ知ラザルベカラズ者ハ其由ヲ記ス可シ而シテ何年月日出版或ハ何年月日版権免許ト記シ版主ノ住所氏名ヲ記ス可シ氏名ヲ記セズシテ別号ヲ記スコトヲ得ス

なるほど《別号ヲ記スコトヲ得ス》だから奥付では夏目金之助、森林太郎としてあるわけだ(いまさらですが)。

大見出しには見えないが英単語の絵解きもあってこれがまた面白い。当たり前だけれど日本の情景に置き換えてある。ポエトは詩学者か……。ペインターが「画術」となっているのは誤訳ですな。英語にならって左から右へ横書きしているのにも注目。

f0307792_20321385.jpg
f0307792_20321718.jpg
f0307792_20322579.jpg

小学校と幼稚園の様子も目に留まった。

f0307792_20345735.jpg
小学校を卒業するを祝する文の挿絵。これが小学校卒業式の一典型と考えていいのだろうか。塀が高いなあ。正装した大人たち。花で飾られたアーチの門、提灯の飾り付け。桜はまだ植えられておらず(桜が学校に植えられるようになるのは明治時代の後期)、松が枝振りを誇っている。

f0307792_20345918.jpg
幼稚園開業の祝文に付けられた挿絵。明治十年代の幼稚園。世話をしているのは男性のようだ。

就学前の幼児教育施設として(日本で)実際に設けられた最も早いものは、1875年(明治8年)12月に京都上京第三十区第二十七番組小学校(後の柳池小学校、現在の京都市立柳池中学校)に付設された「幼穉遊嬉場」(ようちゆうきじょう)である[2][3]。これはフレーベルのキンダー・ガルテンに倣って、官民一致で設けられたものであるが[2]、それは1年半しか存続しなかった[3]。
キンダー・ガルテンの訳語として「幼稚園」を最初に名乗ったのが、1876年(明治9年)に開園した東京女子師範学校附属幼稚園で、現在もお茶の水女子大学附属幼稚園として存続し、これが日本で最古の幼稚園とされる。 1879年(明治12年)4月1日には鹿児島県が東京女子師範学校附属幼稚園より日本人保姆第一号とされる豊田芙雄を招聘し、鹿児島女子師範学校附属幼稚園を開園させている。さらにこの年の5月3日には大阪市に大阪府立模範幼稚園が(その後廃園となったが、現在の大阪教育大学附属幼稚園は同園を前身と位置づけている)、6月7日には仙台市に仙台区木町通小学校附属幼稚園が相次いで開園し、これ以降、幼稚園教育が地方へと展開していく[4]。また現存する私立幼稚園としては1886年(明治19年)に石川県金沢市に英和幼稚園として開園された北陸学院短期大学附属幼稚園がある。
この時代に開園し、今日まで現存する園舎については1880年(明治13年)に開園した大阪市中央区の大阪市立愛珠幼稚園の木造園舎(1901年(明治34年)竣工)が日本最古のものとして知られ、岡山市の「旧旭東幼稚園園舎」とともに重要文化財に指定されている。

以上ウィキ「幼稚園」より。たしかに次々開園してはいたようであるが、祝文の例が必要なほどだろうか? 少なくとも読者(購読者)としてそういう階層の人々を想定していた、ということは言えるかもしれない。

幼稚園の図に描かれた築山にソテツが見える。小生が通った中学校にも門の脇にソテツが植えられていた。ソテツと学校、そういえば役所の前などにもよく見かけるような気がするが、明治時代から関係が深かったことが分る。

ソテツは室町時代に輸入されたようで桃山時代から江戸にかけて流行し寺院や武家の庭園の随所に見られるようになった。異国情緒が好まれたらしい。強い植物で手がかからないというのも普及した理由のひとつかも……などと本書から紡ぎ出される連想はとどまる所を知らない。




[PR]
by sumus2013 | 2015-02-03 21:15 | 古書日録 | Comments(2)

松阪帰庵

f0307792_20243227.jpg

松阪帰庵の一行書「長江鴨洗頭」。昨年入手していたもの。この文言は明代臨済宗の僧『象崖珽禪師語錄』の第三巻にある問答から(ただし他にも用例はあるようだ)。

四方八面來時如何。
霧裏龍生角長江鴨洗頭自有藏身處堪笑不堪愁。

四方八方からやって来たときはどうする? 龍は霧の中、鴨は長江の水、だれにでも身を置くところはある、心配無用……というような解釈でいいのだろうか。

帰庵は明治二十五年岡山の美作町生まれの僧侶。昭和五年に父旭宥の後を継いで岡山市三野法界院住職となっている。昭和三十四年に歿するまで法務のかたわら書を学び、書を楽しみ、歌を作り絵も数々描き残した。「いま良寛」と呼ばれたという。

たまたま古本屋の反故箱から拾い上げた「今様良寛帰庵和尚遺墨展」のパンフレット(東京日本橋三越本店、一九七一年、観音折り一枚)を見て初めて名前を知ったのだが、ここに載っている秦秀雄の一文によれば『季刊銀花』一九七〇年春号に秦が紹介記事を書いてから有名になったらしい。

f0307792_20410238.jpg

f0307792_20410476.jpg

秦は昭和四十四年正月初めて帰庵を知った。のびやかな書風に惹きつけられ、早速岡山を旅して和尚の墨跡を尋ね歩き、その生涯について取材した。

《色衣を着ない。錦襴の袈裟をまとはない。いつも白衣に手染めの木綿の黒衣をつけ、三日に一度剃髪する。五十四年肉食妻帯しなかった。蚤や蚊をさへ殺生しなかった。この戒律僧が唯一の道楽趣味は習字と篆刻と自然田園の写生と歌作であった。それがどうした事か、終戦の年すゝめに従い結婚した。肉食さへ時に口にし酒さへもたまさか人にすゝめられゝば楮口に三ばいを口にした。外見の堕落。この外相を見て世評は今良寛と崇めていた清僧に厳しい批判をあびせかけた。
 
 しかし多年の戒律をゆるめたのは意固地に自分という人間を人間らしい人間への解放ではなかったか。世人らしい世人、凡俗の暮し、その平凡な暮しの中にこそ仏道が密着して生きる道があると感づいたのは和尚にとって肌で感じた仏教の真髄の開眼ではなかったか。何事も無理をしない。この暮し方、生き方が多年の自分を戒めた戒律僧故にひとしほ感じいったことだろうと想像する。

 この清僧から真僧への開眼開放が和尚の書にあらわれだしたのは和尚結婚後の事である。書家らしい上手な書風は一変してつゝましやかな書が豪放磊落な自由奔放の姿、形をとゝのえて来た。

豪放磊落、自由奔放……どちらも少し違うと思うが、帰庵の生涯には興味深いものがある。心境の変化については敗戦が何らかの打撃を帰庵に与えたのかもしれないと思ったりもする。

同じくパンフレットに収録されている富岡大二「帰庵さんの歌」から何首か引いておく。文字遣いは原文のまま。繰り返し記号は繰り返しに改めた。


 筆のさが かたくななれば わがさがを
    ふでにあわせて かゝざらめやも


 きみをおもい わがといくれば きみもまた
    われをおもいて ゐるところなり


 からばやと おもいしくさの あおあおと
    のびたるをまた うつくしとみつ


 きのかげの すゞしきもあり とにかくに
    ひとのこの世は たのしからずや


帰庵の作品は割合に数多く出回っているようだ。よって、そう高価ではない。もう数点欲しいところ。

[PR]
by sumus2013 | 2015-02-02 20:36 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

きょうは美術館へ

f0307792_20344819.jpg


片岡千歳詩集『きょうは美術館へ』(タンポポ書店、一九九七年一二月一五日、装幀=織田信生)をある方より頂戴した。タンポポ書店は高知にあった古書店。それについては高橋輝次さんの「高知、タンポポ書店主の本を読む」に詳しいので参照されたし。

杉山平一を中心とした『月曜日』に参加しているときに処女詩集『ありあ』(一九五九年)を刊行したとのこと。それから四半世紀を経て本書を上梓した。杉山は巻末に寄せた文章でこのように書いている。

《片岡さんとは古いつき合いである。
 大戦後、昭和二十八年ころ、神戸で詩の勉強会をひらいて会の名前を『月曜日』と名付けていた。そのグループの一人が、当時、阿部さんといった片岡千歳さんだった。
 高島菊子さんや、清水正一さん、岡田兆功さんもいたなかで、一番明るく、その若々しさに、私もずいぶん教えられた。東北出身だというのに、明るい笑みを絶やさず、みんなに親しまれていた。その東北の彼女が、こともあろうに、南国の高知に嫁いだときいて、はじめは信じられなかったが、あの明るさは、南国にふさわしい、と納得したことだった。》

片岡さんの詩がいい。小咄のようにサゲ(オチ)を付けるタイプの作風で、それが少しハマりすぎているような気のする作品もあるが、なかなかの技巧家と言えるだろう。参考までに三篇引いておく。いずれも全文。


    夢

 疲れ果てて
 夢からさめる
 ついに目的の場所に
 行き着けなかった

 出かけようとしたら
 靴が汚れている
 あっ
 夢のなかを歩き回った靴だ

 

    蛇

 やわらかな草の上にならんで
 わたしたちは足をなげだしていた
 五月の空は
 ふかく青かった

 彼のポケットにリルケの文庫本があり
 わたしの手には 南の地に来て初めて手にしたキン
  カンの実が光っていた
 そのとき ふたりのわずかな間を
 音もなく 一本の縄がするすると流れた

 蛇の眼には
 彼はただの石っころ
 わたしは一株のイカリ草

 その日から ずいぶん沢山の季節を見送った 
 そして 彼までも



    私

 シャツを脱ぐように
 心をすてることは出来ない
 せめて畳んでおく
 真新しいシャツのように


[PR]
by sumus2013 | 2015-02-01 21:03 | 古書日録 | Comments(2)

Attaquer le soleil

f0307792_19405068.jpg
f0307792_19404873.jpg


サド歿後二百年を記念してオルセー美術館で開催されていた「サド 太陽を侵す」展のチラシを夜の遊歩者氏より頂戴した。やはり絵画の展示はこじつけめいており迫力がなかったとのこと。

サド歿後二百年

「太陽を侵す Attaquer le soleil」は『ソドム120日』からの引用。

《Combien de fois, sacredieu, n'ai-je pas désiré qu'on pût attaquer le soleil, en priver l'univers, ou s'en servir pour embraser le monde.》

アタケーをサドらしく「侵す」としたが、攻撃する、挑戦するなどの方が普通。ちくしょうめ、宇宙から奪い、太陽をやっちまうことができりゃと何遍望まないでか、あるいは地球を抱くために使いたいと……こんな感じ? 手許に生田訳も澁澤訳も置いてないので参照できないのがつらい。


[PR]
by sumus2013 | 2015-02-01 20:33 | もよおしいろいろ | Comments(0)