林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

歌と書

f0307792_20381302.jpg


吉澤義則『歌と書』(京都印書館、一九四五年一一月一五日)。敗戦後直ぐに出た本である。表紙と扉の模様は木版摺。吉澤(1876-1954)は名古屋出身。国語学者、歌人。東京帝大卒。広島高等師範から京都帝大の教授、同名誉教授。

f0307792_20464079.jpg


「はしがき」の日付は昭和十九年四月だが、どうもこの二十年の本が初版のようだから何らかの理由で十九年には出版できなかったのかもしれない。


見返しには墨筆で漢詩がしたためられている(肉筆)。漢詩の内容はともかく、前書きの意味がよく分らない。長享二年戌申林鐘日は一四八八年六月。歴史的には加賀一向一揆が富樫政親を討つという事件が起こった。「樵青叟」という号もちょっと変っていて気になる。本書の著者なのか、旧蔵者なのか……。

f0307792_20381126.jpg

写真版のなかから「奈良時代書写短歌 正倉院御物」。見た目は短歌というより漢詩なのだが。解説の一部を引用しておく。

《 □家之韓藍花今見者難写成鴨

初一字欠けてゐる。「妹」ではないかと察せられる。「妹が家の韓藍(からあゐ)の花見ればうつしがたくもなりにけるかも」であらう。

f0307792_20380989.jpg

第四章「平安時代の文化精神と大和魂」が面白い。「大和魂」は女子の言葉だったという説だ。まずその初出を挙げる。源氏物語少女巻に

《才(ざえ)を本(もと)としてこそ大和魂の世に用ひらるることも強う侍らめ》

とある。「才」とは学才および技能(書・歌・詩・管弦等)の才であって、大和魂の基礎はそれらの才だと説いている。

次いで「大和心」の初出を挙げる。後拾遺集の赤染衛門の歌に見えているのが最初だそうだ。大江匡衡が大江家の乳母を皮肉った歌「はかなくも思ひけるかなちも無くて博士の家の乳母(めのと)せむとは」(乳[=知]もないのに博士の家の乳母になろうとは)に対してこう返した。

 さもあらばあれ大和心しかしこくばほそちにつけてあらすばかりぞ

《知が無ければ無いでよろしい、大和心さへ賢かつたら、子供はそれにつけておけば問題はありませぬ》。

この用例に見るように女子の言葉だったヤマトダマシヒ(ヤマトゴコロ)に対立する概念が男子の用いる漢才(カラザエ)だったという。

《即ち、男子が漢知識を謳歌しつゝあつたのに対して、女子が固有の国民精神を讃美して、ヤマトダマシヒ(ヤマトゴコロ)と呼びはじめたものと見たいのである。

これらの対立概念は平安時代になって現れたもので、奈良時代にはそういう必要がまだなかった。漢才を持つ者がきわめて少なかった。では、平安時代の大和魂とは何を意味していたのか。

一、常識(今昔物語巻二十九明法博士清原善澄被殺強盗語第二十)
一、雄々しき心(大鏡、藤原隆家の記事)
一、世才(今鏡内宴巻、少納言通憲の治績)

以上のような用例を挙げた後、最後に一条兼良が紫式部の「大和魂」について《我が国の目明かしになる心なり》と解釈しているくだりを引く。すなわち「日本精神」の義であると。ところが鎌倉以降、武士の専有物のごとく「雄々しき心」とだけ解釈されるようになってしまったが、それは狭義であって初めはあらゆる階層において日本人が生まれながらにして享けた精神を意味したのだと結論している。

とにかくも「大和魂」が女子の用い始めた言葉だったというのはなかなかに意味深い。


[PR]
by sumus2013 | 2015-01-06 20:34 | 古書日録 | Comments(0)

ふやふや堂

f0307792_11123256.jpg

週一回の小さな本やさん
ふやふや堂 早政の土間店
群馬県桐生市本町1-4-13 早政織物工場内

マップデザイン研究室
http://mapdesign.jp

[PR]
by sumus2013 | 2015-01-06 11:17 | 古書日録 | Comments(2)

バター皿

f0307792_19424919.jpg

『L'Assiette au Beurre』No.150(Février 1904)。昨年六月のジョルジュ・ブラッサンス公園で求めた。大判(A4より一回り大きい)の薄っぺらいこの雑誌が何十冊もあって、どれも魅力的だったが、この表紙の迫力に負けた。

「L'Assiette au Beurre」は文字通りには「バター皿」という意味。しかし隠語では「うまい汁」(利権)。一九〇一年四月にこの諷刺雑誌『バター皿』は創刊され、ベル・エポックのフランスのジャーナリズムに革命を起こしたと言われるくらいの衝撃を与えた。一二年までは週刊、その後月刊になり不定期になって三六年に廃刊したという。

絵がズラッと並び、短いコメントが添えられている。画家ではヴァロットン、ヴァン・ドンゲン、キュプラ、ホアン・グリス、ジャック・ビヨンなど著名になった者もいれば、その後忘られたグランジュアン(Granjouan)、ドラノワ(Delannoy)そしてこのジョソ(jossot)など有力な漫画家を輩出している。執筆者ではアナトール・フランス、レオン・ブロワ、オクターヴ・ミルボーなど。

表紙は「進め!」とどなっている巡査。この号は巡査の巻。

f0307792_19424827.jpg

左「タバコ屋への道路をきれいさっぱり片付ける方法を知らんだろ」
右「つべこべいうなら、わしがつるしあげてやるぞ」

f0307792_19424601.jpg
左「おまわりさん…」「わしの知ったことじゃない」
右「ぐずぐず言うのはどこのどいつだ、くたばりたいか!?」

f0307792_19424577.jpg
左「中央班で押しつぶせば、混乱するじゃろう」「誰が騒乱をたたくんだ…?」
右「町におまわりさんは、必要だ!」

f0307792_19424337.jpg
平和の守護者

f0307792_19424175.jpg
左「こいつは”ポリ公”と言いやがったそうだ」
右「やつは昇級するには普通すぎますな、ある共同体の出身で…」
 「班長! フランス人を知らんのか。共産主義とは言わんでくれよ」

f0307792_19423991.jpg
左「やあ! こいつはブンやだぞ!!!」
右「ブランデーを忘れるなよ、棍棒もな」

f0307792_19423743.jpg

左「畜生、ひどい風だぜ」「まだ颱風ってわけじゃないよ」
右「こいつらに話をつけさせろ!」

f0307792_19423419.jpg
「解散!」

……と誤訳もあるかもしれないが、だいたいこんなところ。ジョソの筆法は線描と平塗が特徴で浮世絵から影響を受けたと言われているようだ。というか、今でもフランスで大人気放送中の米国アニメ「シンプソンズ」にそっくりなんですけど。



[PR]
by sumus2013 | 2015-01-04 20:41 | 古書日録 | Comments(0)

ブヴァールとペキュシェ

f0307792_20082079.jpg


何年か前に屋島(源平合戦で有名な讃岐の屋島です)のブックオフにフランス語のポッシュ(ポケット)本がまとめて出ていた。特別に安いわけではなかったがランボーやボードレールからブルトン、アルトー、サッフォー、ルーセルなど田舎とは思えないなかなかの並びだった(ただし、まっさら、新品同様だった)。一冊数百円だったので十冊くらいは買っただろうか。その中の一冊フロベール『ブヴァールとペキュシェ』(Gallimard, 2009)を読んでみた。このポッシュ版は570頁以上あるが、テクストはそのうちの350頁少々。後は解説、註釈、原作シナリオなどの付録。

分厚いので途中で放り出すつもりで読み出してみた。ところが、なるほどフロベールだ、ついつい読まされてしまった。未完の遺作だけに最後の方はやや雜な感じがしたが、前半は鮮やかに真面目で滑稽な世界へと読者を導いてくれる。

散歩の途中で出会ったともに中年独身の写字生(copiste)ブヴァールとペキュシェが意気投合し、ブヴァールに遺産が転がり込んだのを機にノルマンディーのシャビニョールという田舎へ引っ込んで、閑に任せて何かをやろうと、まずは農業からトライし始めるが、何をやっても上手く行かない。それでもくじけずどんどん興味を移して迷走する。

彼らはあらゆることをまず書物から学ぶ、そしてそれを実行しようとするが、必ず失敗する。医学でさえ書物で学んだだけの知識で実際に村の病人たちを治療しようとする(いったい全体十九世紀のフランスではそんなことが許されていたのだろうか?)。もちろん成功するわけはない。

写字生(copiste)というのは印刷術が登場する以前の、古代や中世の職業であろう。それが十九世紀の後半になってまで実際に存在したのかどうか知らないが(現代でも印刷業や音楽の世界ではそう呼ばれる職業があるようだが、写字生としてのコピストが存在したのかしているのかは、ウィキを読んだくらいではよく分らなかった)、とにかくブヴァールとペキュシェが百科事典や多くの書物を参照し、それらを行動に移すことによってコピーする人間として設定されていることは間違いない。書物と現実を同じものと見る、そういう意味ではドンキホーテとサンチョのコンビに似ているとも言えなくはないようだ。

《C'est l'histoire de ces deux bonshommes qui copient une espèce d'encyclopédie critique en farce …》

「これは茶番として百科全書校訂族をコピーする二人のお人好したちの物語だ」とフロベール自身もこの作品について書いているという(本書の解説より)。昨年読んだ本のなかでは面白かったベスト3に入る。

今、ざっと検索したところでは何種類かの翻訳があるが、一九九七年にリクエスト復刊された岩波文庫版(鈴木健郎訳)が最も新しいようだ。

この表紙写真が気に入っている。作者は Francesco Venturi
https://www.flickr.com/photos/81574640@N03/favorites/


[PR]
by sumus2013 | 2015-01-03 21:19 | 古書日録 | Comments(0)

七色物語

f0307792_21124721.jpg


『七色物語』8号(なないろ文庫ふしぎ堂、一九九六年九月一五日)。秋の古書目録整理のときに見つけた一冊。手書きペラの目録の印象が強かったが、この時期にはこんなにちゃんとした目録も発行していたのだ。前口上が田村さんらしい名調子なので引用しておく。

《はしがき
 暑い夏でしたが皆様には御健勝の事と存じます。手前共の在庫目録『七色物語』第8号が出来ましたので、御覧下さいませ。
 特集〈知二と健一その時代〉【阿部知二】明治36年(一九〇三)年6月26日、岡山県勝田郡湯郷村生まれ、【吉田健一】明治45年(一九一二)年3月27日東京千駄ヶ谷生まれ、この二人を特集といたしましたのは、単なる職業上の偶然でございます。数年前、市場で、知二の一括を買ってしまい。折にふれては、その一括に新入荷の知二をくっつけている間に、やはり数年前、同業の目録にて、健一の一括を買ってしまい。これも同様にしているうちに、なんとなく、知二と健一を並べて、売ってみようかなと思ったのが、やはり数年前。片や東大英文科、健一はケンブリッジ大学(といっても、入学翌年、退学して帰国)知二は徴用で陸軍報道班員でジャワに行くだろ、健一は(戦争末期には二等水平として海軍に召集された。)と、まあ、いろいろあって、昭和四十八年(一九七三)年4月23日、知二が亡くなり、昭和五十二年(一九七九)年8月3日に、健一が死んだ。
 で、まあ並べてみましたので、お目にとまるものがありましたら、御注文ください。目にとまるものがなくてもおこらないでくださいね、先程から、数年前を強調しましたのは、倉庫が乱雑の極みで、本を取り出す困難が、予想されますことでございます。御注文品がお手元に着くまで、しばし御猶予をいただくやもしれません。よろしくおねがいいたします。七痴庵拝

f0307792_21125209.jpg

年末押し詰まった頃、『彷書月刊』の一九八七年から八九年までのほぼ三年分(通巻十七号〜四十六号)を某氏より頂戴した。この時期のバックナンバーはほんの数冊しか架蔵していなかったので有り難かった。今年の正月は炬燵で『彷書月刊』と喜び勇んでただいま読破中。本文がおよそ六十頁で半分は目録。特集記事はこのくらいが読みやすくてたいへんよろしい。執筆者も凄い人が並んでいるし、たいていの記事は内容もまったく古くなっていない(もとから古いものの話ですからね)。

そうなのだ、『彷書月刊』編集長田村治芳さんが亡くなって、もうまる四年になるのである。

田村治芳さんの葬儀
http://sumus.exblog.jp/14716481/

ストイケイオン 彷書月刊
http://sumus.exblog.jp/15130101/


[PR]
by sumus2013 | 2015-01-02 21:40 | 古書日録 | Comments(0)

丸善京城支店

f0307792_20544090.jpg


丸善京城支店の書皮。本はネルヴァル『夢と人生』(佐藤正彰訳、岩波文庫、一九三七年五月一五日)。丸善はまず昭和の初め頃、京城大学内に売店を開き、続いて昭和五年、京城府黄金町に出張所を設けた。昭和十一年に支店に昇格し本町二丁目へ移転。昭和二十年まで維持されたようである。



[PR]
by sumus2013 | 2015-01-02 21:10 | 古書日録 | Comments(0)

頌春

f0307792_15532335.jpg


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

この写真は昨年最後の買物。おそらく大正時代だろう(記名等なし)。辻潤親子の記念写真を思い出したのでつい買ってしまった。

ニヒリスト 辻潤の思想と生涯

台紙には「通天館 大阪 新世界」と印刷されている。橋爪紳也監修で創元社から出ている『大阪新名所 新世界・通天閣写真帖 復刻版』(二〇一二年、元版は大正二年六月発行)のなかに「足立通天館」という項目があるので、その写真館に違いないだろうと思うが、機会があれば参照してみたい。



[PR]
by sumus2013 | 2015-01-01 15:56 | 古書日録 | Comments(2)