林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 11月 ( 43 )   > この月の画像一覧

工作舎物語

f0307792_16491857.jpg

臼田捷治『工作舎物語』(左右社、二〇一四年一二月一〇日)読了。これは面白かった。とくにエディトリアル・デザインの歴史に興味のある者にとっては必読の書となるだろう。工作舎は言うまでもなく松岡正剛が中心となって設立し、杉浦康平がその編集思想に共鳴、全面的に協力した。この二人の個性によっていまだ戦前モダニズムを引き摺っていた一九六〇年代までの雑誌界ひいては出版界のなかにひとつの巨大颱風を発生させた。ある意味で工作舎とは出版史における異常気象のようなものであろう。多くの人材を引き込み、そして吹き散らして行った。

工作舎には幾多の多彩な才能が参集した。そして松岡らの薫陶を受けて巣立った俊才が相次いで世に出ていった。
 戸田ツトム、芦澤泰偉(あしざわたいい)、森本常美、海野(うんの)幸裕、中山銀士(ぎんお)、祖父江慎らデザイナーである。
 デザイナー以外に目を向ければ、版画家の西岡文彦、編集者の後藤繁雄、写真家の佐々木渉(わたる)・光兄弟、大西成明(なるあき)、映像作家の永田陽一、翻訳・通訳者の小幡和枝(こばたかずえ)、村田恵子、内田美恵らがいる。
 外部スタッフでは、市川英夫、中垣信夫、清原悦志(えつし)のすでに名のある実力派デザイナーにくわえ、若手では羽良多(はらた)平吉、松田行正らが協力した。さらに一時的にかかわった工藤強勝(つよかつ)、山口信博らを加えたい。アートディレクターの油谷勝海(ゆたにかつみ)もそうだ。
 このほかの「遊人」では、博物学者の荒俣宏、舞踊家の田中泯(みん)らが出入りしていた。写真家の大辻清司(きよじ)、森永純、内藤正敏、メディアアーティストの藤幡正樹、画家のタイガー立石、イラストレーターの唐仁原教久(とうじんばらのりひさ)らもそう。
 現代の出版界で重きをなす顔ぶれが、壮大な景色となって立ち上がってくる。家に帰ることなく舎人が働く工作舎はまさに不夜城であり、一時は二百人が出入りしていたという、例外的といっていいような熱気がこもる梁山泊だった。
 いまでは独自の地歩を築いた異才たち。当時はほとんどが若く無名だった彼ら彼女たちは、いったいどんな仕事と生活をしていたのか? 工作舎という稀有の水源が生み出した、デザインを中心とした水脈を探るべく、松岡正剛が指揮をとった時代に向けて舟を漕ぎ出そう。それは四十余年間デザイン編集をしてきた、私のセンチメンタルジャーニーになるかもしれないが……。》(「はじめに 例外的な熱気」)

臼田氏は異常気象ではなく水源だと形容しているが、もっと具体的に言えば、それは桑沢スクールなのかもしれない。東京藝大やバウハウスではなく桑沢デザイン研究所がそのもっとも大きな水源となったようである。それは本書を読んでいただければ自ずから理解されるだろう(なお松岡正剛は早稲田中退、杉浦康平は東京藝大建築科出身)。アヴァンギャルドはやはりエクセントリックな(中心から外れた)場所から現れる。

どちらにしてもその特異な現象をインタビューと関連記事の引用を用いて萌芽から丁寧に解き明かして行く過程は現代史の一断面としてもじつに興味深いし、もしデザインに手を染めているという人なら、祖父江氏のインタビューには驚きを禁じ得ない部分が何箇所もある。デスクトップ・パブリッシングが登場する以前のデザイナーたちはなんとも不可思議な曲芸的(いや、職人的)技術を磨いていたのだ。その証言がなんとも面白い。

個人的にひっかかったのは『現代美術小事典』(PARCO出版局、一九七四年)。かなり昔、この本を買って、ずっといつか売ろうと思いながら、なぜか売らずに今も本棚の片隅に置いている。パルコ出版から工作舎が請け負っていた小事典シリーズは工藤強勝、木村久美子ら制作にあたったが、この現代美術小事典』は桑沢を中退した山口信博が執筆にも携わって時間をかなりかけて完成させたという。使いやすいとか、記述内容がどうか、というのは措いておいて、細部まで楽しんで作っていたのがよく伝わってくる一冊だと思う。

現代美術小事典

もうひとつは『ソムニウム』、これまでも何度か取り上げて来た。

ソムニウム

《同じ工作舎人脈では、京都に戻った編集者後藤繁雄らが設立した「エディショシオン・アルシーヴ」の「ソムニウム叢書」と羽良多とのかかわりにも触れておきたい。幻想文学を対象とし、マルセル・ベアリュ著『水蜘蛛』に始まる同叢書の装丁は、羽良多の美質が十全に発揮された仕事のひとつである。》(第三章 羽良多平吉

水蜘蛛

さらに松田行正の項目にある《松田は工作舎グラフィズムの美質の正当な継承者なのである》という文章は田中美穂『苔とあるく』のカラーで刷られたジャケット裏のデザインを思い起こさせる。カバーの裏までダイアグラムを刷り込んだ講談社現代新書があるのだが、あの裏面作業は工作舎の十川治江らによって行われていたのだそうだ。まさに継承、である。

苔とあるく

[PR]
by sumus2013 | 2014-11-24 17:35 | おすすめ本棚 | Comments(0)

実験映画の夕べ

f0307792_11512857.jpg


昨日は「実験映画の夕べ」に参加。マヤ・デレンなどのショートフィルムをいろいろと拝見させていただいた。下はアンディ・ウォーホルの「MARIO BANANA」、バナナを意味ありげに食べる……その四分間。マツコ・デラックスにやってもらいたいかも。

f0307792_11512697.jpg


主催者のH氏みずからが手作りしたパンフレットが秀逸だった。

f0307792_11512445.jpg

マン・レイ石原氏のブログに愉しげな様子が活写されている。ちなみに小生はおみくじ「大吉」でした。

マン・レイと余白で 文學おみくじ
http://d.hatena.ne.jp/manrayist/20141123


[PR]
by sumus2013 | 2014-11-24 11:58 | もよおしいろいろ | Comments(0)

現代美術小事典

f0307792_11151260.jpg
f0307792_11154747.jpg



『mini encyclopedia 4 現代美術小事典 人工自然の向う側へ』(PARCO出版局、一九七四年七月一日、デザイン=+b+工作舎)。タテ256ミリ。本来は函・帯があるようだ。


f0307792_11152294.jpg
f0307792_11153173.jpg
f0307792_11153795.jpg
f0307792_11153886.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2014-11-23 11:20 | 古書日録 | Comments(0)

バルチュスの視線

f0307792_19202129.jpg


バルチュスの「コメルス・サンタンドレ小路」を昨年の七月に取り上げてそのモチーフとなっているであろう街景を数枚の写真で紹介した。

コメルス・サンタンドレ小路
http://sumus.exblog.jp/20688139/

ところが先日、この記事を読んでくださった方がパリでクール・デュ・コメルス・サンタンドレ(Cour du Commerce-Saint-André)を歩かれた。そのときにまさにバルチュスが描いた街景を発見されたのだ。以下のようなメールを頂戴した(写真も添付されていた)。

出かけるまえに、昨年7月5日の貴ブログ《daily sumus》の「コメルス・サンタンドレ小路」を 読ませていただいていましたので、“Cour du Commerce-Saint-Andre”の入口はすぐに見つかりました。「なるほど、ここがあのバルテュスの絵の舞台なのか」とつぶやきながら、写真を数枚撮りました。

そして、この細い「中庭」をサン・ジェルマン大通り側の出口へ向かって歩きはじめました。数分後、出口のほんの少し手前のところでT字路に出くわしたのです。

このT字路を右へ曲がるとサン・ジェルマン大通りと交わる通りへ出るものと思い、曲がってみたのです。曲がって数メートル進んで振り返ってみたところ、そこはなんとあのバルテュスの絵とソックリだったのです。(添付-1)のGoogle地図に示した三角マークの方向から撮った写真が(添付-2)です。

ここは手前の通りにも屋根はありませんし、バルテュスの絵(添付-3)と見較べてみますと、右側の建物がカフェになりテラス席が道路に張り出していること、左側のレストランの吊り看板、街燈などが加わっていることなどを除けば、バルテュスが描いた当時とほとんど変わっていないことがわかります。


添付1
f0307792_19212319.jpg


添付2
f0307792_19212156.jpg

いや、これは知らなかった。昨年紹介したのは、この写真では突き当たりの左右に通っている路である。小生もパリ滞在中には何度も歩いたのだが、こちら側(正面から奥へ向かう)抜け道のような通路は通った記憶がない。少し古い地図(刊行年不詳ながら五〇年代か)を見ると、左右の通りがパッサージュ・コメルス・サンタンドレとなっている。ということは言うまでもなく絵の方も正面に向かって左右に通っている路がコメルス・サンタンドレ小路である。絵柄からしてなんとなく手前から奥へ通じている路かなと思っていたため(以前のブログにもそう書いているが)、ぴったりくる街景に出会わなかったのだ。思い込みにすぎなかった。お教えくださった方に深謝したい。もし再びパリを訪れる機会が与えられれば是非ともこの路上に立ってみたいと思っている。

それにしてもバルチュスは細部までほぼ正確に建物を描写していることが分る。また改めてパリの街の姿が大きく変っていない(意識して、努力して変えていない)ことにも敬意を表したくなる。京都ももっと早くから景観保存に取り組んでおけば……。




[PR]
by sumus2013 | 2014-11-22 19:46 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

死の谷を越えて

f0307792_21013577.jpg


橘外男『怪奇冒険小説 死の谷を越えて イキトスの怪塔』(書肆盛林堂、二〇一四年一一月一九日)が届く。橘外男が雑誌『中学生の友』に昭和二十五年から二十六年にかけて十三回にわたって連載した作品の初めての単行本化だという。これはこころして読ませて頂こう。盛林堂さんではもう売り切れらしい。

橘外男の怪奇冒険小説

[PR]
by sumus2013 | 2014-11-21 21:10 | おすすめ本棚 | Comments(0)

観楓紀行9

f0307792_20195503.jpg

明治二十九年十一月二十一日。晴天。朝食後、立売堀緒方病院へ行く。一時間半ほど待って手術に臨んだ。傍観者が中桐絢海を含めて七名いた。

《助手四名アリ手術室ハ法ノ如ク消毒シテ患婦ハ三十二三歳ノ左側卵巣嚢腫ナリ一両度(トロイカル)ニテ其内容ヲ漏セシコトアリト云フ正清君先ツ法ノ如ク臍部ヨリ恥骨ニ至ルマテノ腹壁ヲ切開シ嚢腫ヲ除去セシニ大人ノ頭大アリ抑モ此手術ハ君カ一百回以上ノ実験ニテ其神速ナルコト寔ニ驚クニ堪ヘタリ僅カニ十四分間ニテ手術ヲ終レリ助手ノ器械ヲ取扱フコトノ前后齟齬シテ七分時ヲ過費セリ倘シ此誤ナカリセハ手術ノ全時間ハ僅ニ七分時ニ過キサリシナリ但シ此手術ニ就テノ詳細ナルコトハ紀行ノ本旨ニアラサルヲ以テ予カ胸底ニ蔵シ茲ニ略ス

この他に開腹術を施した患者の後治療を見学。患者七十名ばかりの症状などについて緒方正清の丁寧な説明を聞いた。院主の惟準および院長の収二郎に面会して談話を交えた。帰り際に正清から堺にいる父の拙斎を訪ねてやってくれと頼まれたので阪堺鉄道に乗って堺市の南湫こと緒方拙斎を訪ねた。昨年、京都博覧会の帰路に面会する予定だったのが体調を崩して会えなかったのでやっと念願がかなった。拙斎は寒霞渓へぜひとも行って見たいと言う。来春、暖かくなった頃に惟準とともに訪問することを約束した。宿泊を勧められたが、明日は帰郷するために辞退。このとき観楓紀行を記念して漢詩一首を贈られた。それは跋として掲げる(後掲)。堺駅から乗車。

《住吉神社ノ公園ハ無数ノ老松参差トシテ所々ニ艸亭ヲ落シ風致又奇ナリ殊ニ彼ノ高燈籠ハ古風ヲ存シテ最モ雅致アリ西洋風煉瓦ノ燈台ニ勝ル萬々旅寓ニ帰リシハ黄昏ナリ高松ノ知人尾形松斎ノ来リ会スルニ逢フ茶話ヲナシテ寝ニ就ク》

(つづく)




[PR]
by sumus2013 | 2014-11-21 21:00 | うどん県あれこれ | Comments(0)

常華

f0307792_19330732.jpg

f0307792_19330049.jpg

先月、とある古道具店で購入。仏壇に供える造花すなわち常華(じょうか、常花=とこはな)だろうか。花芯もあったのかもしれないが、今は失われている。金属(ブリキ?)製。常華なら蓮華と言いたいところだが、これはその葉の形状からして芍薬かもしれない。絵にしたら面白いかなとも最初は思ったけれど、これはそのまま鑑賞するのがいいようだ。



[PR]
by sumus2013 | 2014-11-20 19:41 | コレクション | Comments(0)

居留守文庫ほか

f0307792_16521146.jpg


久方ぶりの大阪。文の里の居留守文庫を訪ねた。文の里は初めてのような気がする。古い民家がそこここに残っており(とは言っても徐々に取り壊される運命のようだが)、道路も真っすぐではない。地下鉄谷町線の文の里(ふみのさと)下車。ぶらぶら写真を撮りながら五六分。風呂屋(天明湯)の脇の路地を入るとご覧のように均一を熱心に物色している客がいたのですぐに分った。

f0307792_16521757.jpg

古書もまんべんなくジャンル横断で誰でも必ず買える本が見つかると思う。ふるほんロシナンテその他の人達の貸し棚がアクセントになっている。ざっと見た感じで堀江敏幸の単行本が目立ったのと、ちくま文庫がけっこう多かった。美術系ではひと枠すべてエルンストとという棚があったのが印象に残る。

イラストなどの作品展も随時行っている。現在は近藤正一紙版画作品展「墨譜」(〜二十四日まで)開催中。二階のカフェスペースに展示されていた女体シリーズが良かった。手作り絵本やオブジェなど創作的なものの販売も行われている。空間もゆったりしていて時間を忘れるのにはもってこいだと思った。昨年の四月オープンとのこと。

居留守文庫


文の里から谷町線を引き返して南森町下車。粟津謙太郎銅版画展へ。編集工房ノアの本でなじみ深い、がお会いしたのは一度だけ(『夜がらすの記』のところに少し書いた)。ギャラリー・びー玉。天神橋筋商店街を南森町から北上して最初の角を東へ。代々木アニメーションの隣のビルの二階。今回は糸杉がテーマだそうで、実際いろいろなヴァリエーションが並んでいた。ひとつ欲しくなった。今直ぐ装幀に使えそうだと画廊主の方と意見を同じくする。

さらに天神橋六丁目まで谷町線に乗る。いとへんギャラリーで開催中の牧野伊三夫展「ヤブクグリ」へ。途中、小さな古本屋を発見。屋号はないのか、古本としか書いていない。北区本庄東一丁目と二丁目の境になっている道路の南側(一丁目側)。


f0307792_16522592.jpg



いとへんギャラリーも久しぶり。武藤良子さんの展覧会以来だと思う。


f0307792_16521995.jpg

牧野伊三夫展「ヤブクグリ」


半具象的なモノクロ木版画も良かったが、ほとんど抽象表現主義と言っていい作品がいずれも暖かみのある渋さで際立っていた。これもひとつ欲しくなった。いとへんで現場制作したという大作が正面に。これは市販の絵具ではなくアリゾナの砂だとかオーストラリアの木炭などで描かれたそうだ。まさにアースカラー、自然の風合いを備えた色調が何とも言えない。刷師木村希八氏の死を悼むエッセイが画廊の壁面に落書きのように書かれていた。即興の技なのだろうが、いい文章だと思った。




[PR]
by sumus2013 | 2014-11-19 16:55 | もよおしいろいろ | Comments(0)

中学工作1

f0307792_20542281.jpg


『中学工作 巻一』作業科研究会(晩成處、一九三五年二月一五日七版)。表紙にまいった。初版は昭和七年。構成主義的というのかモダンな意匠に意外性がある。教科書だもの、何しろ。国会図書館には晩成處の出版物が明治三十八年から昭和十七年にわたって七十四件あり、ほとんどが教科書か学校関係の書物。とりわけ図画工作の本を得意としていたようだ。発行人の岩田僊太郎その人が著者および発行者となった書物(やはり図画教科書および教育学関連)も明治四十年から昭和七年にわたって三十四件。晩年には随想録なども著している。どうやら『出版文化人物事典』(日外アソシエーツ、二〇一三年)に取り上げられているようだ。


f0307792_20542576.jpg


小中学生の頃、工作はとりたてて得意ではなかったが、嫌いでもなかった。やはり几帳面にきっちり図面を引いて作らないと仕上がりはうまくいかない。そういうキチンとした工程というのがどうも苦手で、ごちゃごちゃやっているうちにできているというのが好きなのだ。今、ブログでも時折紹介しているようにお手軽な額縁や絵を描くためのパネルを自分で作っている。これもなるべく手間がかからず、それなりの効果が上がるような材料や道具を組み合わせて使うようにしている、というかそういう風にしかできないのである。その意味でドゥーイット(フランス語ではブリコラージュ、ブリコ)の店をぐるぐる歩くのは大好きだ。普通には無関係のように見えるこの道具とあの材料で何か作れるのでは…と考えたりするのが楽しい。




[PR]
by sumus2013 | 2014-11-18 21:29 | 古書日録 | Comments(0)

木山捷平 文学の故郷



f0307792_20414893.jpg


『木山捷平 文学の故郷 生誕110周年』(中脇紀一郎、719-1176 総社市清音柿木622の7)について先にも少しだけ紹介したが、ここに改めて画像入りで推薦しておきたい。『木山捷平資料集』とはまた別にこの冊子を製作されたとのこと。中脇氏渾身の力を注いだ内容になっている。目次は以下の通り。木山捷平に興味のある方はぜひ一冊手許に置かれることを。本探しにも役立ちます。連絡先は上記。

f0307792_20451171.jpg


f0307792_20414678.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2014-11-18 20:52 | おすすめ本棚 | Comments(0)