林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 09月 ( 47 )   > この月の画像一覧

ユニテ6日目

f0307792_20284882.jpg

個展六日目、本日はさすがに連休中の人出はなかったものの、その分、来場された方々と濃い内容の歓談ができた。善行堂も来てくれた。引っ越しの理由は聞けなかったけれども、とりあえず、離婚したとか、そういうことではないそうだ。

時間のあるときに古本マルシェ用として持参していた『アンリ・ミショー ひとのかたち』(平凡社、二〇〇七年七月二日)を何気なく眺めていた。これはなかなか洒落た造本で、作品図版も少しばかり小さめに配置されており、上品な雰囲気。

f0307792_20360833.jpg


f0307792_20361165.jpg

作品図版のとなりの頁にミショーの詩(の短い一部分)が配置されている。それが対訳になっているのも仏語生かじり人種としては「いいね」と言いたい。せっかくだから和文と仏文を読み比べたりしていた。和訳はミショー全集の小海永二によるもののはずだから定本と言っていいだろう。しかし、おや、これは? と思うところがあった。 

f0307792_21505054.jpg
和訳文の下から二行目

《わたしがそうしたのは特におそく、あまりにもおそすぎた。

となっているところ、原文テクストはこうである。

Je le fit particulièrement tôt, trop tôt.

tôt」を「おそい」として訳してあるのはどういう理由だろう? 「早い」ではないか。全体の意味からしても早すぎたと解釈した方がぴったりくるようにも感じられる。全集はむろん架蔵していないので、そちらがどうなっているかは分らないのだが…。小生の勘違いならたわごととお許し願いたい。



[PR]
by sumus2013 | 2014-09-16 20:56 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

ユニテ5日目

f0307792_21115895.jpg

個展五日目、三連休最後の日ということでユニテさん来客多し。ギャラリーはやや静かだった。それでもたるやさんがうれしいものを持参してくださったのでしばし歓談。

なんとローラン・トポールに会いに行かれたそうで、それはちょうどモリニエが死んでトポールらが遺品整理をするときだったため、そのお手伝いをされたとうかがって仰天する。またトポールは日本語版が出版されているのを知らなかったという『マゾヒストたち』にサインをもらい、それを澁澤龍彦のところへ持参して訳者のサインを入れてもらい、二人の署名が並んだ二部のうち一部を澁澤に残し、もう一部をトポールに贈ったという話も。たるやさん、凄い人だったんですね。

たるやさんに頂戴したのは『「日本文化研究会」会報』五号。以前下記の記事で四号まで発行されたと書いたのだが、五号まで出ていたのである。

祝祭、あるいは文学 3
http://sumus.exblog.jp/20387298/


f0307792_21253864.jpg

f0307792_21254512.jpg

『「日本文化研究会」会報 生田かをるさん追悼/生田かをる放言録/退屈ってこわい』五号(日本文化研究会、二〇一〇年八月一五日)。

生田かをるさんの略歴が載っているので引用しておく。

《昭和十七年五月、神戸市の呉服屋に生まれる。神戸女学院中高部卒。
 昭和四十七年より、フランス文学者で、京都大学名誉教授の故生田耕作氏とともに、奢灞都館の出版事業に従事。
 平成六年、生田耕作氏亡き後、江戸漢詩文学を中心にした日本文化研究会の主宰を嗣ぐ。
 平成二十一年八月、東京にて病歿。

若き日画家を志した絵は玄人はだし、三味線は長唄の名取、お酒と和服を愛し、晩年は書に傾倒。》

口絵写真に自筆短冊、生田かをる制作の帙、生田かをる書(柏木如亭、中島棕隠)。そしてインタビュー記事二編の再録。『プレイガイド・ジャーナル』一九八一年二月号掲載の「魔宴の館の装幀師」および『月刊だんろん京都』一九九九年九月号掲載の「聞け 誇り高き少数者の声」。後者から生田女史の発言を引用してみる。

《「売れるものだけを出していたら、出版社はダメになる」というのが、生田の口癖でした。無理してでも、たとえ少部数でも、優れた作品を出していこうと考えています。本の寿命は長いですから、刊行したときには売れない本でも、いい本であればいずれ古書として残ります。そうなれば、一冊の本が人から人へ渡って、いろんな人の目に触れる機会があるのですから、本にしておくことで、素晴らしい作家を、後の世に残すことができるのだと思って。》

ここで言う《素晴らしい作家》とは具体的には生田耕作が発掘した埋もれた作家たち、山崎俊夫、山田一夫、木水彌三郎らになるようだ。

***

f0307792_21120751.jpg
鴨川の夕暮れ




[PR]
by sumus2013 | 2014-09-15 21:45 | 画家=林哲夫 | Comments(2)

巴里みやげ 林哲夫作品展

f0307792_20562665.jpg

f0307792_19291675.jpg

9月11日(木)〜23日(火)
ブックカフェ&ギャラリーユニテで「巴里みやげ」と題した作品展を開催。今年のパリでの収穫を中心に油彩、水彩、コラージュ、写真などにまとめてみました。

加えて、古本と雑貨も展示販売いたします。こちらはパリで入手したものも一部ありますが、ほとんどはこれまで溜め込んだ蔵書の整理、雑貨の整理が目的です。そこそこ珍しい本なども思い切った値段で放出しています。どうぞふるってご来場ください。

ブックカフェ&ギャラリーユニテ

[PR]
by sumus2013 | 2014-09-15 08:58 | 画家=林哲夫 | Comments(4)

観楓紀行3

f0307792_21144357.jpg
絵葉書「寒霞渓の彩」より

備前から船は播磨灘に入り、波も穏やかで《家ニ在ルニ似タリ》、中等船室の客は五名。深更にいたり、中桐絢海は漢詩をひとつ作った。

 灘頭風波静
 水枕夜悠々
 彷彿艙窓下
 夢飛箕面秋

明石海峡を通る頃にはもう早暁、しかし雲が厚く須磨や舞子の景色は見えない。神戸港に着いた頃には小雨が降り出した。それでも神戸港の光景は感動的だ。

《港頭ノ光景ハ数百ノ軍艦商舶舳相喞ミ碧紅ノ舷燈ハ海岸ノ電燈ト映射シテ波紋五彩ヲ湧シ金龍躍リ銀星輝キ爛熳燦然目正ニ眩セントスルハ此港ノ特色ナリ》

午前七時神戸港を出て八時五十分大阪安治川口に入り、船はゆっくりと進み十時に安治川の船着場へ到着。激しい雨の中、人力車で本田古川橋南詰一丁目武井平太郎方へ投宿した。武井は旅館を経営しているが、同郷の友人で俳諧を好み、かつては雲泥社という絢海らがつくる結社に加わっていた






[PR]
by sumus2013 | 2014-09-14 21:34 | うどん県あれこれ | Comments(0)

ユニテ4日目

f0307792_20520996.jpg


個展四日目、昨日のパーティは愉快だったが、さすがに今朝は少々疲れが残った。それでも十二時過ぎに会場入り。会場に入る前に水明洞をのぞく(だって歩いて三十秒だもの!)。毎日のぞいていては何も無いかと思いきや、今日はけっこう収穫あり。これは少し調べてから報告できるかもしれない、できないかもしれないが。

今回の展示はコラージュ、オブジェに力を入れて作ってみた。上はコラージュ作品で『ユリシーズ』のペーパーバックにジャケットを作ったもの(初日に売れてしまいました)。

f0307792_20520858.jpg


f0307792_20520633.jpg

「セリーヌへの卵」。パリのチュイルリー公園で拾った石がひとつだけ混じっている。他はこれまであちらこちらで拾っておいた丸石たち。

f0307792_21050622.jpg

「カンパーニュ・プルミエール街の男」

f0307792_21050426.jpg

「感覚(サンサシオン)」


f0307792_21050160.jpg
「汚れちまった悲しみに…」。例によってランボー登場。


[PR]
by sumus2013 | 2014-09-14 21:12 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

青春狂詩曲

f0307792_10293857.jpg

『風船舎古書目録第10号 青春狂詩曲ー近代教育の諸相』が届いた。

《昨年末から一ヶ月以上にわたって神田の古書市場に教育資料の大口が出品されました。思わずたじろぐ程の膨大なコレクション、古本屋稼業10年にして初めての遭遇です。旧蔵者は同業の先輩方にはよく知られた蒐書家でした。何十年もの間、「教育」や「学校」に関するあらゆるものを熱心に買い続け、古書即売展ではいつも会場の一角に氏の目録注文品が積み上げられていたそうです。今号掲載の教育資料の大半はこの蒐書家の旧蔵品ですが、コレクションの全体量からいえば一部にすぎません。教育資料館が作れる程の「凄み」のある蒐書には、一体どんな「思い」があったのか…。本書はその「思い」に突き動かされて出来上がったような気がします。》

教育者だった大西重利についての論文を紹介したところにこの目録が届いたのも何かの縁。大西関連の雑誌など出ていないか探してみたいと思う。それにしてもたしかに凄みのある蒐集だ。



去る11日にロードス書房さんが亡くなられた。神戸時代にはたいへんお世話になった。こころより御冥福をお祈りしたい。




[PR]
by sumus2013 | 2014-09-14 10:39 | おすすめ本棚 | Comments(2)

ユニテ3日目

f0307792_21102789.jpg


本日は夕刻よりユニテ会場にてプチ・パーティ(パーティはフランスでも使います)。十五名ほど参加していただきました。上の写真は帰途、鴨川沿いの道。酔っぱらって目が回っているわけではありません。


f0307792_08245755.jpg


初日に京都新聞の告知欄を見て来てくださった92歳の女性。若々しくしっかりなさっていました。子供の頃から絵を描くのが好きで、六十代からずっと水彩画の教室に通っていらっしゃるということでした。小生の似顔絵をスケッチしたいとおっしゃって、サラサラとその場で仕上げてくれました。こんなところでモデルになるとは思ってもみませんでした!

f0307792_17063221.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2014-09-13 08:30 | 画家=林哲夫 | Comments(5)

木山捷平研究〈増刊号〉

f0307792_19422893.jpg


個展初日、『木山捷平研究』増刊号(木山捷平文学研究会、二〇一四年四月三〇日)がユニテへ送られて来た。初め『sumus』の奥付住所へお送りいただいたそうで、転居先不明で返送され、このブログの個展告知からユニテへ届いたのである。お手数をおかけしたようでお詫びとお礼を申し上げます。

内海宏隆「表現者・大西重利の人と生涯 木山捷平との交流について」。本冊はすべてこの論文にあてられている。大西重利とはいかなる人物か? 木山捷平の第一詩集『野』(一九二七年)に収められた「秋」という詩は大西に捧げられているのだ。


   秋

 ーー 大西重利に ーー
僕等にとつて
秋はしづかなよろこびだ。
僕が五銭がせんべいを買つて
ひよこ ひよこ と
この土地でたつた一人の友を訪ねると
友は
口のこはれた湯呑で
あつい番茶をのませてくれた。

ああ 友!
秋!
貧しい暮しもなつかしく。


ということで、ここから内海氏の大西重利探求が始まるわけである。その探求の過程を詳細に記したのが本誌の内容であり、知的興奮を誘う文学研究のお手本のようなストーリーに仕上がっていると思う。ストーリーとはもちろん事実の積み重ねということである。

f0307792_19422499.jpg

それをここで簡単に要約することは不可能ながら、大西が編集に加わった雑誌『教育文芸』を調査して木山作品の初出を確認し、また最終的には次男の妻女とコンタクトを取ることによってかなり充実した大西重利年譜をまとめておられる。

f0307792_19422625.jpg

以上の詳細は読んでいただくのがいちばんだが、せっかくだからどうして木山捷平は「秋」を大西重利に捧げたのか、その結論めいた部分だけ引用しておく。

捷平はどうして「秋」を「大西重利に」捧げたのだろうか。彼は昭和四年三月をもって兵庫県飾磨郡菅生尋常高等小学校を辞して、東京府に出向というかたちをとり、計四年あまりを過ごした兵庫県を後にしている。大西は前々年暮れ、体調を崩したことが元で、昭和二年三月に芦屋児童の村小学校を退職、同年四月からは城南村立城陽尋常小学校に勤務している。城陽尋常小学校の住所は「姫路市北条九三二一」。同年、捷平が勤務していた荒川尋常高等小学校の住所は「姫路市井ノ口四九一」(いずれも現在の住所表示名)。両校の距離は三キロほどだ。

《いずれにせよ、二人の勤務先と、捷平の二つの下宿先、「野人」発行所は、姫路駅を中心に半径三キロ以内に収まる距離に点在している。
 昭和四年の東京府への出向は「たつた一人の友」との別離を意味した。お別れに際して、「たつた一人の友」が「自分の仕事に価値を認めてくれ」たこと、「口のこはれた湯呑で/あつい番茶をのませてくれた」ことへの感謝の気持ちが「ーー大西重利にーー」という献辞として表わされた、そんなふうに著者は想像する。

ひとつ感想を付け加えれば、たしかに木山捷平との関係は大事かもしれないが、仮にそこから切り離して考えても、大西重利という教育者の生き方は尊敬に値するもののように思う。その人物像を掘り起こし、磨き上げた内海氏の労を多としたい。

木山捷平文学研究会
東京都府中市本宿町3−23−3 滝田淳一方

***

なお最新版『木山捷平資料集』にも『教育文芸』についてはかなり詳しく紹介されていることを付記しておく。

木山捷平資料集


[PR]
by sumus2013 | 2014-09-12 20:59 | おすすめ本棚 | Comments(0)

ユニテ2日目

f0307792_09151301.jpg


本日、都合により作者不在です。明日13日は昼過ぎから在廊するつもりです。

f0307792_11251741.jpg


f0307792_11252412.jpg


f0307792_11252721.jpg


f0307792_11252944.jpg


f0307792_11253097.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2014-09-12 16:18 | 画家=林哲夫 | Comments(0)

観楓紀行2

f0307792_20595360.jpg


開巻一頁目、明治二十三年四月十八日に明治天皇が小豆島へ一泊した、それを記念して御寄泊記念碑を建設することが決まり郡長・森遷とともに実現に奔走するところから話は始まる。明治二十九年になって二人は一緒に近畿地方の記念碑を巡覧調査して参考にしようと相談していたのではあるが、森の公務が忙しく出かける機会を失っていた。

その頃、大阪に居る友人の久保墨仙から紅葉を見に来いと再三促された。それですっかりその気になって旅支度を整えたところ、今度は寒霞渓の紅雲亭が破損して修理が成ったのが十月下旬で十一月一日に柱立式が行われたり、天長節(十一月三日)の来客に応接するのが忙しかったり、結局、出発は十一月十五日になってしまった。

寒霞渓表十二景

f0307792_17422672.jpg
寒霞渓表十二景の内 奇勝の入口紅雲亭(絵葉書「小豆島の彩色」より、戦前昭和

十一月十五日数日来打続タル好天気ニテ遊心快々タリ早起家ヲ発シ霜村楊柳[行人偏に奇]ノ東ナル東橋庵ニ至ル蓋シ二三ノ知友予ガ為メニ此楼ニテ別宴ヲ開ケルヲ以テナリ紅袖杯ヲ介シ卯酒数酌絃声吟声ニ和シ興情最モ洒落タリ

ここで知友に別れ土之荘(土庄)赤松楼に到着して三木蜻洲、岡田桂屋、森方城(遷)ら雅友らと漢詩を作り俳句を談じて盃を重ねる送別会が持たれた。高松の南無庵真海からも送別の俳句が送り届けられた。

 旅心動かすまてや小春凪  蜻洲
 
 風邪ひくな紅葉散る日の山をろし  真海

f0307792_17443875.jpg
土ノ庄港桟橋(絵葉書「小豆島寒霞渓の絶勝」より、戦前昭和期)

日が西に傾く頃、留別の漢詩を残して中桐絢海は同行者・花川新子(男性と思われる)とともに午後七時三十分発の「大陽丸」に乗船し備前に向かう。船中で親しくなった客と歓談していたが、その人は九番で下船した。

《暫時ニテ九番ニ着シ上陸セリ三番ニ着セシハ九時頃ニテ一名ノ乗客去リ三名ノ新客アリ香川県ヨリ来テ[玄玄]ニ上陸スルモノハ検診ヲ受クルコトトナレリ蓋シ西讃ニ天然痘ノ流行スルニ依ルナルベシ》

九番、三番は岡山西大寺の地名(干拓地の区域番号から)である。天然痘はデング熱どころではない恐ろしい流行病であった。



[PR]
by sumus2013 | 2014-09-11 21:43 | うどん県あれこれ | Comments(0)