林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

X線及ベックレル線

f0307792_21032586.jpg

帰山信順『日用理化学叢書第三編 X線及ベックレル線 新元素ラヂューム』(冨山房、一九〇四年三月一八日)。科学および化学関係の書籍雑誌をまとめて借覧する機会を得たので順次紹介していきたいと思う。まずはこの理化学叢書。帰山信順(かえりやま・しんじゅん)は東京府立第一中学(現日比谷高校)の化学・博物学の教諭(在任明治26〜36年)、当時の代表的博物学者の一人。自序より。

《レントゲンのX線を発見するや、其の奇性学界の呼物となりき。ついでベックレルのウラニューム線発見より、延いてキューリーのラヂューム発見となり。今や学者の視点は此の新元素に集中せり。その性質啻に己知の物質と大に異なるのみならず、吾人の物質観に大変動を来さんとする動機を与ふるに於ては、無線電信とならび、実に近時の一大発見と称するに躊躇せざるなり。》

キュリーがラジウムの存在を発表したのは一八九八年年末だった。しかし一九〇二年に純粋ラジウム塩を取り出すまでの苦労は金銭面も含め並大抵ではなかったようだ。一九〇三年に夫妻でノーベル賞を受賞して以後その名が一般に知られるようになった。この本の出版が一九〇四年だから一般向けとしては最新の内容だったに違いない。池田はキュリー夫人の功績を讃えながら女性の活躍をうながしている。

《理科史上重要なる地位を占むる婦人、千数百年前ヒパチアありしが、今や又一大発見者を加ふ。是れ豈理科思想が決して先天的婦人に乏しきものにあらざるを証するにあらずして何ぞ。深窓閑日月を弄ぶ婦人、何ぞ進んでキューリー夫人を学ばざる。》

ヒパチア(ヒュパティア)はローマ時代のネオプラトニスト。本書の校閲は池田菊苗、「味の素」の生みの親であり、夏目漱石とロンドンで同じ下宿に住んだことでも知られる。

《余が此篇を講ずるにあたり、力の及ばむ限り新雑誌を渉猟せり。然れども余の浅見その事実を誤らんことを恐れ、池田博士の校閲を請へり。博士が速に校閲の労を恵まれ。こゝに之を世に公にするを得るは余が感謝にたえざる所なり。紀元二千五百六十四年一月 素岳学人識》

f0307792_21032460.jpg


口絵「きゅーりー夫婦」、《小川一真製》とあるところに注目したい。小川は明治期の最も著名な写真師である。「製」とはむろん製版を意味するのだろう。

内容はまず写真の原理から説き起こし、光の性質、天然色写真、電気の性質を説明してカトード線レオナルド線カナル線、X線N線、ベックレル線、ラヂュームポロニュームアクチニューム、放射線に関する説の大要、と進む構成になっている。

f0307792_21032220.jpg


f0307792_21031957.jpg


f0307792_21031842.jpg


f0307792_21031634.jpg

帰山信順の府立一中の教え子にはアーネスト・サトウの次男で植物学者の武田久吉や鳥類学者の内田清之助がいる。かつての経団連会長・石坂泰三もそうだったようだ。

《幼時から花を愛し草木を植えることを好んだ私は、東京府尋常中学校(今の日比谷高校の卵)の二年級に入学し、帰山信順先生の熱心な薫陶をうけ、植物の研究に心魂を傾け、爾来この学問の研究に心血をそそいで来た。》
(武田久吉「植物の世界 昭和36年10月」の中の年譜より)

《筆者が初めて此の地を訪ねたのは、明治三十一二年の頃で、其の動機の主なものは、其の頃恰度恩師、故帰山信順(かえりやましんじゅん)先生が、志村の原で桜草の花の構造等を研究されたことであった。》
(武田久吉「科学画報 第1巻 創刊号」に「櫻草のふるさと・プリムローズとその花の色」)
http://park19.wakwak.com/~hotaru1/takedahisayosi.html

《著者の内田清之助が鳥類学者になったのは、府立一中のころ受けた帰山信順(映画監督・教正の父である)に感化されてのことという。内田は、敗戦から5年たった『卵のひみつ』の冒頭で亡き帰山に言及し、読者のなかから「動物学へのきょうみをおぼえ、すすんで科学にこころざす人がでてくださればまことに結構だ」と記した。》(http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/4058/1/2-1.pdf

帰山信順の著書には以下のようなものがある。

青森県地誌 成田泰 1893
無線電信 日用理化叢書第2編 冨山房 1903
空気と呼吸 日用理化叢書第1編 冨山房 1903
X線及ベックレル線 新元素ラヂユーム 日用理化叢書第3編 冨山房 1904
理論計算化学解義 有朋堂 1904 山下安太郎と共著
化学教科書 三省堂 1906 池田菊苗と共著

[PR]
by sumus2013 | 2014-07-23 21:58 | 古書日録 | Comments(0)

荷風とスバル

f0307792_20255245.jpg

市中に所用あり。祇園祭気分に人出多し。コンチキチンのBGMを脇目に野暮用を済まし、しばらくぶりでアスタルテ書房に寄って店主の様子をうかがう。お元気そうではあったが、水曜日に検査入院するそうだ。これは短期間の予定とか。バルチュス展、もうすでに二度足を運んだ、あと一、二度は行きたいという熱心からして心配無用だろう。

これまでよりこまごまとしたものを店にたくさん並べている。「こうなったら何でも売りますよ」と。ただし看板でもある澁澤龍彦の色紙「魔」はまだ手放さない。欲しいと言う客は少なくないのだとか。小生は金子國義の鉛筆デッサンなんか欲しいもの。しかしちょっと手に余るので店の中央に積まれた百円均一を熱心に漁る。かなりいい本が混じっていた。それらを数冊とトミカのスバル360(これも百円)、そして永井荷風の肖像写真(これは百円ではありません)を手に入れる。

f0307792_20254340.jpg

パッと見に印刷物かと思ったのだが、そうではなく、どうやらオリジナル写真を複写したもののようである。ペーパーは「HAPPINESS Super Premium Paper」という銘柄。これを検索してみるとdigipriのサイトにこのように書かれている。

プリントは当社オリジナルブランド製品「HAPPINESS Super Premium Paper(ハピネス スーパー・プレミアム・ペーパー)」にフィルム写真と同じ現像処理、塩化銀を元に画像を形成する「銀塩プリント」でプリントします。このため色の再現力に優れ、高精細で長期保存に適しています。

ということはデジタルプリントであったか。オリジナルと比較しないと本当のところは分らないが、この仕上げを見る限り悪くないように思う。店主の言では永井荷風に関する展覧会の折りに配布されたもののようだ(この件については検索不十分のため不明なままです、御教示を)。

なおデジプリの親会社はビスタプリントジャパン。そしてビスタプリントジャパンはビスタプリント(オンラインプリント企業として世界展開している、1995創業)と日本最大手の写真プリントチェーンのプラザクリエイト(1988年創業、パレットプラザ、55ステーションを日本全国にFC展開)が今年の三月に設立した合弁会社、とのこと。

こじつけながらスバルと言えば「パンの会」には荷風もときおり顔を出したらしい。



[PR]
by sumus2013 | 2014-07-22 21:18 | 古書日録 | Comments(0)

清宮質文のガラス絵

f0307792_20204183.jpg

「2015 CALENDAR 清宮質文のガラス絵」(呼友館ミウラ・アーツ、二〇一四年、デザイン=安藤剛史)を頂戴した。深謝です。もう来年のカレンダーが届く時期なのか! たしかに、あれよあれよと言う間に半分以上過ぎてしまった。駒隙もいいところ。

それにしても清宮質文のガラス絵は素晴らしいの一言。版画や水彩画とはまた違った流動感と発色にうっとりしてしまう。数字の並べ方も安藤氏らしいシンプルな落ち着きをもっていて、使いやすそうだ。ミウラ・アーツで購入できる。

f0307792_20204976.jpg
f0307792_20211262.jpg

f0307792_20205681.jpg

清宮といえば『愛について』や『俘虜記』といった新潮社の大岡昇平作品がすぐに思い浮かぶ。新潮文庫の『俘虜記』の表紙は好きなもののひとつ。古本屋でも最近あまり見かけなくなった。小説そのものは別の表紙に変って発行され続けているが。

f0307792_20415818.jpg





[PR]
by sumus2013 | 2014-07-21 20:46 | おすすめ本棚 | Comments(0)

Change ミニアチュール神戸展

f0307792_20181316.jpg
f0307792_20181278.jpg

ギャラリー島田
http://gallery-shimada.com


[PR]
by sumus2013 | 2014-07-21 20:19 | もよおしいろいろ | Comments(0)

五代目大橋宗桂将棋図式


f0307792_20090548.jpg

五代目大橋宗桂『将棋図式 下』(三木美記、文化七年六月)。詰将棋の本である。その下巻、詰め手順の解答だけが載っている。巻末に《文化七年庚午六月発行》としてあるが、これはあくまで初版の刊記の一部だろう。奥付はどう見ても明治の本だ。

f0307792_20090392.jpg
f0307792_20090201.jpg

国会図書館で検索してみると三木美記名義では明治十年から明治三十三年までの刊行物が見つかる。『詩語粋金』など漢詩作法の書物などが多い。それ以前、幕末刊の書もあるにはあるが、それはこの本と同じく無批判に初版の刊記を採録したからであろう。将棋書としては以下の四点八冊所蔵。

 赤池賢齋 將棊圖解2巻 戊戌(天保9)の序
 伊藤宗看 将棊圖選2巻 : 一名木手柏[幕末明治期]
 伊藤宗印 将棋精妙 上・下 明16.8
 福泉藤吉 将棋新選図式 上・下 1883

他に三木書楼として次の本がある。

 福島順棊 將棊絹篩 上・下 1883

三木美記については下記サイトが詳しい。

詰棋書落ち穂ひろい190 赤池賢齋『將棊圖解』

重複するところもあるが『出版・書籍商人物情報大観』(金沢文圃閣、二〇〇八年)から大阪開成館「三木佐助」の項目を部分的に引用しておく。

《三木家の祖は文政八年七月河内屋総本家柳原喜兵衛氏より別家して河内屋佐助と称し赤本の出版と貸本を商ひそれに籐の販売を兼業してゐたが、二代三代に及んで貸本を廃し自宅に板摺場を設けて木版の詩作書、雑書の出版を行ひその傍ら漢籍、唐本、法帖類の販売を行つてゐたが業況は極めて微々たる状態にあつた。然るに四代佐助氏に及んで業況は頓に盛大を極め斯界の大書肆たる礎を築いた。

四代佐助は山城国相楽郡の出身で丁稚奉公から明治二十六年に三木家の養子になったという。書籍だけでなく茶業や楽器輸入も手がける実業家でもあった。心斎橋筋久宝寺町角という住所では現在も三木楽器開成館(大阪市中央区北久宝寺町3-3-4)が営業を続けている。HPには《SINCE 1825》と掲げられている(すなわち文政八年です)。


三月二十一日将棋無双」第八番がやっと解けたという記事を書いた。つづいて同じ『詰むや詰まざるや 将棋無双・将棋図巧』(東洋文庫282、平凡社、一九七六年版)から名作の誉れ高い第二番を解きにかかった。下の図は解答がすぐ横に掲載されているが、もちろん最初から解答を見ずに図面だけ別に書き写して、その図を持ち歩いてヒマを盗んでは考えていた。しかしこれはかなり大仕掛けな作品で容易に解けるものではない。四月、五月とほぼ二ヶ月間は思考の堂々巡りをくり返していた。

f0307792_20085182.jpg

図の解答手順(一部分です。実際はこの図の下へ続いて47手詰め)で二行目の下から二番目に「2六桂」とある、この手がどうしても見えなかった。

パリへ行くときも、きっと移動中は待ち時間が長いだろうからと思って、この図面を持って出かけた。関空まで電車のなかでずっと考えていた。飛行機の中はさすがに映画漬けだったので(六本見ました)詰将棋は忘れていた。そしてパリに到着して宿に落ち着いて、寝る前というか時差ぼけでまともに寝られないのだが、ベッドの上でゴロンと転がって詰将棋でも考えよう、どうせ解けないからちょうどいいや……などと思って図面を思い浮かべると、どうしたわけかとたんに「2六桂」が閃いた。

いくらヘボでも二ヶ月間考え続けた作品だ。盲点だった「2六桂」が見つかったら後はカンタン、龍を捨て馬を捨て桂馬を跳ねる、はははは、詰んでしまった! さすがに収束の手順にもひねりが加えられているが、それはそう難解というわけではなかった。

すると、どうだろう、その夜から寝る前に解く詰め将棋がなくなったじゃないですか。困ってしまった。念のためもう一題写して来るんだったと思っても後の祭り。第二番の詰め手順確認作業でなんとかしのいだが、答が分っているクイズほど面白味のないものはない。それにしても到着早々に天啓があるとは、やはり脳がコーフンしていつもと少し違っていたのだろうか?


[PR]
by sumus2013 | 2014-07-20 21:23 | 古書日録 | Comments(2)

PANIC by TOPOR

f0307792_20045619.jpg


パリで購入した古本についてはほとんど書いてこなかったが、今日は一冊披露したい。相変わらずローラン・トポールへの興味は続いている。この本は事前にフランスの古本サイトを検索して、パリ市内のどこの古本屋も出品していないことを確認していた。ところが、サンシュルピスの古本市会場にてポツンと机の上に置かれているのを発見。ありがたや、ありがたや、と買わせてもらったもの。

f0307792_20045430.jpg


ご覧のように英語版である。なんと、シティ・ライツ・ブックス発行。一九六五年。タテは文庫本くらいの158mm。小振りなデッサン集。トポールの漫画に言葉はいらない。

シティ・ライツについては山内功一郎氏によるレポートをかつて daily-sumusで引用させていただいたし、『spin』5号でも執筆していただいた。興味ある方は参照されたし。

シティライツ書店
http://sumus.exblog.jp/9494841/

CITY LIGHTS BOOKSELLERS AND PUBLISHERS
http://www.citylights.com/book/?GCOI=87286100400810

店主ファーリンゲッティさん、95歳。まだまだお元気そうだ。

f0307792_20044878.jpg


f0307792_20044683.jpg


f0307792_20044427.jpg


f0307792_20044287.jpg


ギャグはギャグでも諧謔と残虐! 歯のシリーズは怖いですねえ〜(淀川長治の声色で……と言っても読者の多数の方には分らない時代になった?)。


ローラン・トポールのパリ

トポール2冊

「lui」の料理

善行堂にトポールがありましたよ


[PR]
by sumus2013 | 2014-07-19 20:39 | 古書日録 | Comments(2)

蜷川譲さん死去

f0307792_11474424.jpg


蜷川譲さん(にながわ・ゆずる=フランス文学者)が9日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去、89歳。お別れの会は関係者で営まれた。
 1951年にロマン・ロラン協会を設立、思想の普及に努めた。平和運動で知られる政治学者、大山郁夫の再評価にも尽力。著書に「フランス文学散歩」。》(朝日新聞デジタル版より)


蜷川譲さんには『パリに死す 評伝・椎名其二』(藤原書店、一九九六年)という著書があり、その本が出てしばらくしたころだったと思うが、京都で半日ご一緒したことがあった。椎名はもちろん金山康喜や木村忠太などパリで親しく付き合っておられた画家たちのお話もうかがった。野見山暁治の書いていることが全てだと思われるのは心外だとおっしゃっていたのが印象に残る。ご冥福をお祈りします。

堀井梁歩は椎名其二の親友だった

[PR]
by sumus2013 | 2014-07-18 11:48 | 古書日録 | Comments(0)

吉沢独陽様

f0307792_18545048.jpg


足立巻一から吉沢独陽宛葉書。消印は須磨局昭和三十一年九月二十三日、芦屋局同二十五日。内容は『日本詩壇』の礼状とそこに報じられていた杉江重英の死についての感想。

f0307792_18544345.jpg


f0307792_18544141.jpg

吉沢独陽(1903-1968)は、本名舛男。信州伊那の生まれ。神田神保町で古本屋の丁稚奉公しながら明治薬学専門学校で学ぶ。ラジウム製薬会社創設、大成中学講師。関東大震災を機に芦屋へ転居。聖樹薬局を経営。白鳥省吾の『地上楽園』に参加。古川則比古とともに『日本詩壇』を創刊。坂本勝とともに『聖樹』を刊行。登山家でもあった。著書に『地に潜る虫』(大地舎出版部、一九二八年)、『悲しき座禅』(大光館書店、一九三一年)、『独陽詩集』(半どんの会、一九七〇年)。

杉江重英(1897-1956)は石川県の七尾中学から早稲田大学英文科卒。七尾中学からの友人宮崎孝政らと『森林』を創刊。詩集に『夢の中の街』(森林社、一九二六年)、『骨』(天平書院、一九三〇年)、『雲と人』(東北書院、一九三二年)、『新世界』(東北書院、一九三三年)

足立についてはこれまでも書いたことがあるので参照されたし。

足立巻一『親友記』
http://sumus.exblog.jp/7606229/

足立巻一『石の星座』
http://sumus2013.exblog.jp/20776523/





[PR]
by sumus2013 | 2014-07-17 19:26 | 古書日録 | Comments(2)

the passing of On Kawara



f0307792_20071115.jpg


f0307792_20071274.jpg

河原温さん死去という新聞記事を見て面白く感じたのは《河原さんの作品を扱う米国のディビッド・ツバイナー・ギャラリーが明かした》というくだり。遺族でなく画廊が画家の死去について発表するというのはアメリカ流なのだろうか? この死亡記事に付けられた写真は「どこから探し出してきたの?」と思うような笑顔のまぶしいものである。悪くないと言えば悪くないけれど、これが自分ならいやだな。河原温は顔写真公表を拒否していたそうだから、近影というのは一切出ないわけで、するとこういう結果になっても仕方ないのかもしれない。なおツバイナーはツワーナーだろうか。上の絵葉書はどちらもフランクフルト・アム・マイン現代美術館所蔵の作品。


29771日生きた人

河原温についてはdaily-sumusでも取り上げたことがあるが、そこでも書いたようにギャルリーワタリで一九八三年に見た展示は今もって強く記憶に残る。

ONE MILLION YEARS

6 AŬG.1992 河原温



[PR]
by sumus2013 | 2014-07-16 20:31 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

LA CUPA NOTTE

f0307792_20364585.jpg

このような可愛い詩集が舞い込んで来た。諏訪優のフィレンツェで出版されたイタリア語の詩集『LA CUPA NOTTE』(Edizioni Cinzia, 1958)「暗い夜」。

f0307792_20361709.jpg


f0307792_20362181.jpg


f0307792_20362989.jpg


f0307792_20363165.jpg

本書に掲載されている著者紹介を原文のまま引用しておく。世界各国の雑誌に寄稿していたようだ。BleakingはBreakingの誤植だろう(詩集『割れる夜』)。

YU SUWA
è nato a Tokyo nel 1929.
Membro del gruppo 《vou》(1953-56).
Ha fondato le riviste di poesia e arte 《Attack》e 《Kast》nel 1956.
Ha pubblicato le raccolte di liriche 《Bleaking night》,《Night Beard》,《Mr.concrete》.
Collabora con liriche, disegni, critiche e traduzioni a 《Shigaku》,《Eureka》,《Tsukue》,《Pan Poesie》ecc.(Giappone), a《Cinzia》(Italia), a 《Olivant》,《Flame》,《Epos》(U.S.A.), a《Iô》e《Alternances》(Francia), a《Prototipi》e《International Anthology》(Grecia).
È membro di importanti organizzazioni artistiche giapponesi.

f0307792_20363777.jpg
こちらはフライヤー。なお、この手のひら詩集は国会図書館、近代文学館、カナブンには所蔵されておらず、なぜか京都大学図書館にある(白川書院から何冊も本を出していることと関係があるのかどうか)。また現在「日本の古本屋」に一冊出品されている。ただし綴りが間違っているのでタイトルで検索してもひっかからなかった。諏訪優で検索していて見つけた。

諏訪優の単行本をざっと拾ってみた。とりあえずウィキより詳しい。

諏訪優(すわ ゆう、1929年4月29日―1992年12月26日)

【著書】
グレゴリー・コオソの物語 私家版 19--[刊年不詳]
割れる夜 1956
詩画集東と西を流れるもの ONION PRESS/OLIVANT HOUSE 1956[英語版]
夜の髭 オニオンプレス 1957
LA CUPA NOTTE EDIZIONI CINZIA 1958
YORUを待つ 書肆ユリイカ 1959
アメリカ現代詩手帖 思潮社 1961
アレン・ギンズバーグ Doin'グループ 1963
ビート・ジェネレーション 紀伊国屋書店 1965
女流詩人 新書館 1966
アメリカ文学うら街道 文建書房 1966
詩集 精霊の森 思潮社 1967
アレン・ギンズバーグ 弥生書房 1969
吠える : 諏訪優評論集 他人の街社 1970
西風の幻の鳥よ : 短篇集 弥生書房 1972
アメリカ ・その他の旅 : 詩集 NOVAKAST PRESS 1973
この大陸は種子なのだ : アメリカ文明のゆくえ 研究社出版 1973
日没の夢の中で 白川書院 1975
旅にあれば 詩集 無限 1975
たかが猫だというけれど 白川書院 1977
帰る場所 : 諏訪優詩集 紫陽社 1977
ニャンニャンミャオミャオ サンリオ 1978
谷中草紙 : 諏訪優詩集 国文社 1980
ブラック・マウンテンへの道 書肆氷花 1980
現代詩文庫 : 諏訪優 思潮社 1981
田端事情 詩集 思潮社 1983
太宰治の墓 その他 思潮社 1986
芥川龍之介の俳句を歩く 踏青社 1986
坂のある町 踏青社 1987
太郎湯 思潮社 1988
猫もまた夢をみる 廣済堂出版廣済堂文庫 1991
田端日記 思潮社 1993
東京風人日記 広済堂出版 1994
山室静論 町田ジャーナル社 2000

【訳編書】
海外詩研究 第1 思潮社 1962 訳
ギンズバーグ詩集 思潮社 1965 訳編
麻薬書簡 思潮社 1966 共訳
ゲバラの魂 天声出版 1968 訳
アメリカ・ニグロ詩集 思潮社 1969 訳編
カディッシ 思潮社 1969 共訳 
破滅を終らせるために 思潮社 1971 訳編
アメリカ反戦詩集 秋津書店 1972 共訳
うたうよ、クマのプーさんが サンリオ 1976 共訳
宇宙の息 晶文社 1977 訳
神話を生きる : レナード・コーエン詩集1 JCA 1977 訳
悲しき花粉の輝き 昭森社 1978 訳 
ディランが街にやってきた : ローリング・サンダー航海日誌 サンリオ 1978 共訳
ノヴァ急報 サンリオ 1978 訳
猫をかく 国文社 1979 編
インド日記 : 1962-1963 サンリオ 1980 訳
ケルアックズタウン 思潮社 1988 訳
不思議な果実 アメリカ黒人詩集 思潮社 1988 訳編 
ケルアックと仲間たち ビート・ジェネレーション・アルバム思潮社 1990 共訳 








[PR]
by sumus2013 | 2014-07-12 21:15 | 古書日録 | Comments(0)