林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
本文用紙も上質にしました..
by sumus2013 at 11:29
林さん、いい仕上がりにな..
by 岡崎武志 at 08:42
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

フォンタナ/イラン/メープルソープ

f0307792_02570563.jpg

パレ・ド・トーキョーでルチオ・フォンタナの回顧展を見た。キャンヴァス切り裂きはあまりに有名。そのフォンタナが具象彫刻から始めていたとは知らなかった。一九三〇年代にはモダニズム風の構成的な形の立体制作になり、戦時中には半具象の陶芸作品を作り、戦後「空間概念」と題した穴あき、切り裂き画面へと展開する。

f0307792_03072340.jpg

TVなどに取材された画像を編集した映像が流されていたのでしばらく鑑賞する。穴あき作品を制作する映像で新鮮だったのは、大きな画板に穴を次々あけて行く音がリズミカルでドラムのようだったこと。

さらに同じ建物の別のフロアでやっている「Unedited History 1960-2014」展(わざわざ英語を使っている)。イラン美術および映像の半世紀を編集しないでありのままに展示した、という意図であろう。編集しないといっても選択はされているわけだが。

f0307792_02582874.jpg

『A NOUS PARIS』(駅に無料で置いてある情報誌)652号にこの展覧会の紹介が載っていたので興味をもった。大雑把に1960-78年はシャーと妃のファラ・ディーバによる現代化の時代、1979年イラン革命とイラン・イラク戦争(1979-88)時代、そして1989から今日までと区分されている。

グラフィック・デザインも展示されていた。

f0307792_03015821.jpg


f0307792_03040405.jpg

絵画はともかく写真はすぐれた作品が多かった。あとは現代美術のインスタレーション。 Chohreh Feyzdjou のちょっとボイスやキーファーを思わせるような質感で巨大な倉庫のような空間を構築している作品が圧巻だったように思う。


f0307792_02531586.jpg

パレ・ド・トーキョーからメトロで二駅のグラン・パレへ。南東ギャラリーで開催されているメープルソープの回顧展を見る。日本でも何度か見ているので、さほど驚きはない。イランの写真を見たばかりの目には、善し悪しは別にして、何とも不思議な感じ。十八歳未満入室禁止の展示室もあった。ま、たしかに。こういう世界もあるのだ。

f0307792_03053451.jpg

f0307792_02552720.jpg




[PR]
by sumus2013 | 2014-06-19 04:08 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

オノレ・シャンピオン

f0307792_01301978.jpg


f0307792_01310435.jpg
5区のムフタール街の近く。なぜか靴が吊るしてあった。何か意味があるのだろうか?

f0307792_01204606.jpg

ブラッサンス公園の古本市で買った古書目録。オノレ・シャンピオン書店の「CATALOGUE DE LIVRES ANCIENS ET MODERNES COMPOSANT LA BIBLIOTHEQUE DE FEU M. LE BARON DE LA MORINERIE」(1906)、モリヌリ男爵の蔵書売り立て。売り立ては4月23日と24日に競売所(28, rue des Bons-Enfants)で行なわれた。内容は十六〜十九世紀の歴史書や書簡類が中心。

オノレ・シャンピオン(Honoré Champion 1846-1913)は書店人で出版人。デュムーラン(Dumoulin)書店で修業した後一八七四年に独立。古書販売からスタートした。当時の歴史見直しの風潮にともなって歴史書専門店として名声を確立。七九年には出版社を設立し、さらに一九一〇年頃、息子のエドゥアールとピエールが経営に加わって業績は拡張を続けた。しかし第二次世界大戦によって不振に陥り、最後の目録は一九五四年刊行されたものだという。一九六七年、稀覯本の蒐集家でありスイスの出版人ミシェル・スラトキン(Michel Slatkine)が買収、七三年に彼の出版社とした(現在オデオン座のとなりで営業)。 http://www.cavi.univ-paris3.fr/phalese/desslate/dico0186.htm

エドゥアール・シャンピオンについては鈴木信太郎が滞仏中に親しくしていたことをdaily-sumusで引用したことがある。
http://sumus.exblog.jp/19595147/

あれこれ検索しているとオノレ・シャンピオンの墓はモンパルナス墓地(宿から歩いて十五分くらいのところ)にあると知って、またまた墓参りに出かけてみた。中央の通りに面して本に囲まれた彫像が目立っている。オノレだけでなく二人の息子やその他の家族たちも葬られているようだった。

f0307792_01190752.jpg

f0307792_01221818.jpg


f0307792_01242413.jpg

手前は劇作家ウジェーヌ・イヨネスコの墓。シャンピオン家の墓の後ろの樹木の下にはフランス語辞書のリットレの墓もあった。




[PR]
by sumus2013 | 2014-06-18 02:49 | 古書日録 | Comments(0)

ヴァンヴ蚤の市

f0307792_23375821.jpg

日曜日にはヴァンブの蚤の市に出かけた。古本や紙ものもたくさん出ている。写真を撮ろうとしたらニッコリ微笑んでくれたおばさん。

f0307792_23391685.jpg

写真、絵葉書、ポスター、レコードとたいていのものは売っている。上の写真、この乱雑な本の並べ方にもたぶんこだわりがあるのだろう。ただし値段はそう安くない。

そこから五分ほど歩いておなじみのジョルジュ・ブラッサンス公園の古本市へ。蚤の市と較べれば人がまばらなのでゆっくり落ちついて本が見られる。あらゆるジャンルの本、雑誌、紙モノ、レコードも少し売っている。

f0307792_23395335.jpg

f0307792_23433770.jpg


f0307792_23454966.jpg

f0307792_23415615.jpg

f0307792_23405562.jpg


f0307792_23443856.jpg


f0307792_23425197.jpg

本家の『レスプリ・ヌーヴォ』もあった。ル・コルビュジェとアメデ・オザンファンによって一九二〇〜二五年に刊行されていた雑誌。むろん不揃いだが、今検索してみると180〜200$で出ている(AbeBooks)。それよりもやや安かった。とは言え小生には買えない。じっくり探して薄くて安いものを少々購入。


サッカー、フランス代表。初戦はホンジュラスに3-0で快勝、ベンゼマが三点すべてを決めた。一点目はPK。二点目はベンゼマのシュートがバーに当たって跳ね返り、キーパーが押さえたのだが、ゴール内に着地するというオウンゴール。このゴールはW杯初のヴィデオ判定によってオウンゴールとされた。押さえずに弾いた方がよかった(というのは後知恵か)。ベンゼマのゴールを「ベンゼ・ゴール」とチームメイトが命名していた。フランス語ではゴールのことはビュット(but)と言うが、ここでは文字通りゴールと言っていた。しばらくフランス人は機嫌がいいだろう。





[PR]
by sumus2013 | 2014-06-17 00:38 | 古書日録 | Comments(0)

ソー

f0307792_23002590.jpg


土曜日にパリの南方にあるソー(Sceaux)という町へ出かけた。RER(Réseau express régional d'Île-de-France、イル=ド=フランス地域圏急行鉄道網)のB線で十五分くらい。スト中なので少し心配したが、何分か遅れたくらいで問題はなかった。

f0307792_22571654.jpg

駅から高級そうな住宅街を抜けて十分ほど歩くとエグリーズ(教会堂)の周辺でマルシェが開かれているのが見えた。食品が中心だが、古物や衣類、日用品を売っている人たちも多かった。

こじんまりとしてはいるものの、それなりにちゃんとした商店街もある。表通りから一本裏へ入るとこんな町並み。

f0307792_22582139.jpg


エグリーズの脇に「ICI REPOSE LE CORPS DE FLORIAN HOMME DE LETTRES」という銘板のある墓標があった。二〇〇八年にフロリアンの本をブラッサンス公園の古本市で買ったことを思い出した。

ド・フロリアンは十八世紀の作家で「最後に笑う者がよく笑う(rira bien qui rira le dernier)」というセリフやシャンソン「愛の喜び(Plaisir d’amour)」の作詞者としても知られる。http://sumus.exblog.jp/9964836/

f0307792_22594982.jpg

フランスでも紫陽花の季節。花屋の店頭にはさまざまな種類が並んでいる。

f0307792_22560539.jpg

ソーにも古本屋があった。フロリアン通り19番地。CLARIS/CORNER とガラス窓に書かれている。それなりにちゃんとした店のようだったが、まだ開いていなかった。このすぐ近くには画材・額縁店と新刊書店もあって、そういう意味でも好感のもてる町だった。

f0307792_23012213.jpg





[PR]
by sumus2013 | 2014-06-15 23:33 | 古書日録 | Comments(0)

パロール

f0307792_00314109.jpg

プレヴェール『パロール』のポケット版。左がリーヴル・ド・ポッシュの一九五八年版、右がガリマール書店のフォリオ一九七八年版。古本としてはどうということのないものだが、このペーパーバックの安直な雰囲気が好きなのでつい手が出てしまう。

リヨン駅の近くの古本屋で求めた。ついでに、リヨン駅には用事はなかったのだが、SNCF(フランスの国有鉄道)がTGVなどを中心にストライキを打っていると聞いてのぞいてみた。スト(グレーヴ)は珍しくもないが、今日で四日目なので観光客の移動はもちろん、通勤(パリへ入る道路が渋滞)、またバカロレア(大学等への入学資格試験)にも影響が出ているようだ。たしかに大勢の人たちが待機していた。TGVは全部ではなく半分くらい運休しているようだった。

f0307792_00331769.jpg


f0307792_00340543.jpg


f0307792_00355258.jpg


f0307792_00345527.jpg

今、こちらでは当たり前ながら、サッカーのワールドカップの話題でもちきり。フランス代表(レ・ブルー Les Bleus)は先週日曜にジャマイカと最後の練習試合をして8-0で圧勝したためフランスではもうワールドカップに優勝したような騒ぎだ。なにしろ二〇一〇年は予選も通過できないどころか一勝もできない惨憺たる結果だったため、ディディエ・デシャン監督率いる今回のチームへの期待が大きい。ただし主軸のリベリが怪我で出場しなかった。これが不安要因だが、エースのベンゼマは絶好調の様子。ホンジュラスとの第一試合は十五日。予選グループの対戦相手にも恵まれているので予選は通過すると思う(たぶん)。


こちらがリヨン駅とバスティーユ広場の中間あたりにある古本屋、リブレリー・ラ・シレーヌ。表の平台もわりと拾えるし、古い本も安く(petit prix, 3〜10ユーロ)して並べているのも好感がもてた。店内も日本の古本屋によく似ている。わりと気楽に入れる店だと思う(扉も開いたまま)。

f0307792_00562862.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2014-06-15 00:51 | 古書日録 | Comments(0)

KATI HORNA

f0307792_23285593.jpg


f0307792_23301940.jpg


ジュ・ド・ポームで「カティ・オルナ」展などを見る。オルナ展はチラシ(上)によれば、最初の本格的な回顧展である。一九一二年ハンガリーのユダヤ人家庭に生まれ、二〇〇〇年にメキシコで歿している。同郷のロバート・キャパとは十代のころから友人だった。若い頃から写真に興味を持ち、構成主義者・活動家のLajos Kassakの影響で写真を社会改革の一手段とみなすようになる。

一九三〇年、カティはベルリンへ行きベルトルト・ブレヒトと会っている。友人のキャパとエメリコ・ワイス(Emerico Weisz)とともに、ハンガリー人シモン・グットマン(Simon Guttman)のDephot写真店で働いた。もうひとりの同国人ラズロ・モホリ・ナジのつてでバウハウスでも学んだようだ。ナチが政治的に台頭してくるとカティはブダペストへ戻る。そこでジョゼフ・ペシ(Jozsef Pecsi)とともに写真を教えた。

一九三三年末、パリへ行く。コスモポリタンな都市、シュルレアリスムの最盛期だった。シュルレアリスムはカティの仕事に大きな影響を与えた。コラージュ、二重露光、フォトモンタージュなどの技法を駆使するようになる。リュテシア・プレスのために仕事をする。

一九三七年、共和政府の招きでスペインを訪れた。三九年にかけてスペイン各地を旅し、再びキャパやチキ(Chiki エメリコ・ワイス)と合流したが、彼らのドラマティックな写真とは違ってカティは庶民生活を落ちついた共感をもって撮影している。市民戦争が勃発。カティは雑誌『Umbral』のために仕事をし夫となるアンダルシア人ホセ・オルナと出会う。三九年に二人はパリへ脱出。

ナチズムを逃れてニューヨークへ、さらにメキシコへ移る。メキシコシティのタバスコ通りに落ち着き、そこは多くの人々が集う創造の場所となった。レオノラ・カリントン、レメディオス・バロ、バンジャマン・ペレ、エドワード・ジェイムス、アレハンドロ・ホドロフスキー、前衛的なメキシコの画家、作家、建築家たち。カティはいくつかの雑誌のために写真の仕事を続け、大学や美術学校でも教鞭をとった。

というようなチラシの文章をかいつまんで紹介してみた。なかなかいい写真だ。二枚目の図版はジュ・ド・ポムの六月〜九月の展覧会案内、この表紙もカティの作品「女性と仮面」(1963)。



カティ・オルナは一階ギャラリー。二階ではオスカル・ムニョス(OSCAR MUNOS)の「PROTOGRAPHIES」展が開催されていた。ムニョスはコロンビアの映像作家。絵画と写真と映画を合体させた「プロトグラフィ」を提唱している。

f0307792_23341151.jpg


ムニョスの仕掛け絵、百聞は一見にしかずなのだけれども、あえて説明する。例えば、石の上に水をつけた筆で顔を描く、それを撮影しているわけだが、水は描いているうちに乾いて行く…描き直す…すぐに乾き始める…という映像をそれぞれ絵柄が別の五つの画面で映写する。

床にシャワーの排水穴にはめる丸い金属が置いてあり、その穴の中に水が流れて行く映像を投影する。黒いインクのようなものが水に混ざって穴の中に流れ去る(これは映像)、また最初から水が満ちてきて流れ去る。金属は実物。

細長いテーブルの上に大小の写真がたくさん置いてある。その写真をめくってゆく手が現れ、あちらこちらの写真をめくる。手と写真は映像である。天井から映写されている。机と写真が映写される白い紙(スクリーン)は実物。

本や雑誌を模倣した作品もあった。遠目には印刷してあるように見える本、近くでよく見ると、小さな穴が無数に開いている。しかもその穴は火で焼き切ったものである。穴の周辺が焦茶になって、すなわちドット(網点)となって、それが絵や文字に見える。

その他さまざまな視覚と現実の交錯を仕掛けた作品が並んでおり、楽しんで見られる展示だった。

f0307792_23362039.jpg


小学生の団体さん。「どう、これは何に見えますか?」などという先生の質問に子どもたちがけっこう真剣に答えていた。ジュ・ド・ポムはこういう教育的な鑑賞に積極的のようである。

【注】人名のアクセント記号は省略しました。カタカナの読みは正しいかどうか分かりませんのでご教示を。

[PR]
by sumus2013 | 2014-06-13 23:53 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

小さくて大きい刷り物


f0307792_23391315.jpg


渋い小冊子を入手。左が『AU GRAND JOUR』(Editions Surréalistes, 1927)、アラゴン、ブルトン、エリュアール、ペレ、ユニックの共同署名のある文書五編と序文が収められている。28頁、タテ16cm。タイトルは「白昼堂々」「公然と」の意味らしい。

右がブルトンの『Légitime défense』(Editions Surréalistes, 1926)。26頁、タテ17cm。『LA REVOLUTION SURREALISTE』第八号に発表された弁解の文章(「正当防衛」)。ちょっと読んでみたが難解な言葉遣いに閉口した。簡単に言えばシュルレアリスムはプロレタリア革命に合意するという再確認のようだ。むろん二者が合意するとはとうてい思えないのだが。

エディション・シュルレアリストについてはよく知らない。住所は16, Rue Jacques-Callot。ジョゼ・コルティが出版していたもののようである。


それからこちらは画家トワイヤンと詩人ラドヴァン・イヴシックの詩画集『TIR』(Editions Maintenant, 1973)の内容見本。タテ32cm。単純な構成、黒一色刷りながらこの迫力。エディション・マントナンはピエール・プクモール(Pierre Peuchmaurd, 1948-2009)が一九七二年にジョルジュ・ゴルドファン(Georges Goldfayn)、イヴシック、アニ・ル・ブリュン(Annie Le Brun)、ジェラール・ルグラン(Gérard Legrand)、トワイヤンらとともに設立した出版社。数多くの詩集を刊行した。

f0307792_23380850.jpg

f0307792_23370462.jpg

f0307792_23355544.jpg

もうひとつ内容見本。やはりトワイヤンとイヴシックの詩画集。一九六七年、エディション・シュルレアリストの発行である。

f0307792_23343004.jpg

検索してみると、

塔のなかの井戶-夢のかけら: ラドヴァン・イヴシック&トワイヤン詩画集資料編
著者 ラドヴァン・イヴシック, トワイヤン, 松本完治
出版社 エディション・イレーヌ, 2013

として日本でも刊行されていることが分かった。昨年九月に恵比寿のLIBRAIRIE6/シス書店で関連展示やトークイベントがあったようだ。
http://www.librairie6.com/information.html



[PR]
by sumus2013 | 2014-06-13 00:22 | 古書日録 | Comments(4)

クリュニーからデプレ

f0307792_23563382.jpg


f0307792_23581386.jpg


f0307792_00000668.jpg

クリュニー中世美術館の外壁。ここの目玉である「貴婦人と一角獣」が昨年日本で展示されて話題を呼んだ。本日はこの周辺の古本屋を巡る。以前しらみつぶしに回っているということで、今回はネットであらかじめ見つけておいた本を買いに行く、二軒だけ。

最初の店、「この本が欲しいのですが?」と尋ねると、しばらくあちらこちらを探して(すぐには出て来ない)やっと見つけ出してくれる。そしてネットに出ていない同じ著者の本も勧められる。一軒目では重い本だったので断った。ところが二軒目のおばさんはすごかった。店にある同一作者の関連書をつぎつぎ出してくれたのだ。著書だけでなく序文を書いている本だとか、共著だとか。細かくよく商品を把握している。何冊かは断ったが、他の店で買うことになっているタイトルを「これはね、よそでは100ユーロくらいしてるわよ」と言って差し出してくれた。たしかにそうである。サンシュルピス古本市でも90ユーロのを見かけた。恐る恐る値段を見ると18と書いてある。「この値段でいいんですね」と念押しをして調べておいた本と二冊買うことにしたらさらに15に負けてくれた。う〜む、こんな店パリでは他に知らない。リピーターになりそう。ということで名前は伏せておく(笑)。

ルンルンとその店を出た。ふと向かいのモダンな古書店の飾り窓を見るとクロード・ペリュ(Claude Pélieu, 1934-2002)の小特集があって目が釘付けになる。ペリュはアドリアン・モニエの「本の友の家」で働いていたことがある詩人。シルヴィア・ビーチの親戚のメアリー・ビーチと結婚して一九六三年にサンフランシスコに渡りニューヨークやハワイに住んだ。メアリーはペリュの『Automatic Pilot』を英訳し出版(City Lights Books, 1964)、またペリュとともにバロウズ、ボブ・カウフマン、ギンズバーグなどをフランス語に翻訳している。ペリュは著書も多いが、晩年はコラージュ作品も多数制作した(プレヴェールの影響もあるようだ)。そのペリュの著書はもちろん写真、デッサン、書簡など、こじんまりと、だが、濃い展示だった。

f0307792_00010654.jpg

こちらはジャコブ通りの自筆もの専門店。飾り窓に有名人の写真がズラリ。値段は示されていなかったが、きっとお高いのだろうと思われる。ビートルズのマジカル・ミステリー・ツアーのときの写真にブルトンの晩年の肖像(となりはフランシス・ベーコン)。

f0307792_00045843.jpg
f0307792_00054149.jpg

ラ・ユヌ書店、去年改装工事中だった建物の方はすっかりきれいになっている。ただし去年工事していなかった壁面を現在修復している。

f0307792_02433021.jpg


ピカソのアポリネール記念像。これまで何度も紹介しているが、このサンジェルマン・デプレ教会の片隅にある公園がなぜか気に入っている。

f0307792_02422814.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2014-06-12 00:35 | 古書日録 | Comments(0)

梅雨?

f0307792_00155311.jpg


本日、朝から雨、曇り、雨、小雨、曇り、雨、土砂降り、小雨、曇りとめまぐるしい空模様。今日までだという知人の知人(日本在住の日本人女性)の絵画個展をヴォルテール(11区)の小さな画廊(日本人女性が経営しておられる)まで出かける。

メトロではなくバスを乗り換えて(どちらもナヴィゴ[NAVIGO]というパスを持っていれば何度でも乗り降りできる)。乗り換えはバスティーユ広場(上の写真)。ここでガンベッタ行きに乗ってロケット通りという一方通行の路をたどる。ロケット通りにはエスニックなレストランが連なっている。インド、パキスタン、タイ、カンボジア、そして寿司屋や焼鳥屋も。活気のある街。そこで一軒、途中下車してチョコレート店に立ち寄った(それについてはhttp://madame100g.exblog.jpでいずれ報告があると思います)。

そのときロケット通りにおしゃれな新刊書店を見つけた。ショーウィンドにセリーヌの本をあれこれ取り揃えて並べてある。その真中に告知のプレート、いわく18日にアルチュール・ラリュ(Arthur Larrue)によるアニメ操作(? manoeuve animée)でセリーヌの『夜の果てへの旅』をやります。

f0307792_00184836.jpg

アルチュール・ラリュがどういう人物なのか検索してみると、ロシアのサント・ペテルスブルグでフランス語を教えながら小説を書いている青年だ。昨年『Partir en Guerre』という作品を発表している……というのはまあいいとして、このアルチュールが水木しげるの『ヒットラー』(Cornélius、2011)を書評しているページがあったのには驚かされた。というか『ヒットラー』が仏訳されているのが意外だった。

そういえば以前にも林静一『赤色エレジー』をラ・ユヌ書店で見つけたことがあったが、よく見ると同じ出版社ではないか。FACEBOOKでその出版活動がよく分かる。
https://www.facebook.com/pages/Éditions-Cornélius/130200907029654

日本で考えるよりも日本はフランスに深く根を張っているのかもしれない。……とこのブログを書き終わった午後八時、昼間の雨は何だったのかと思うような晴天である(空が暗くなるのは午後十時にもなってからです)。



[PR]
by sumus2013 | 2014-06-11 00:22 | 古書日録 | Comments(0)

サンシュルピス最終日

f0307792_02533325.jpg


さて、本日月曜日(祝日)がサロン・ド・ラ・ビブリオフィリの最終日。明け方に激しい雷雨があった。地方では大きな雹(ひょう grêl)が降ったそうだ。昼過ぎに会場を最後のひと回り。雨に打たれて売り物にならなくなった雑誌などが陰干しされていた。

f0307792_02542874.jpg

上の写真は晴れているとき。この後しばらくして雨が降り出した。青空古本市の泣き所。ただ、ある古本屋さんによれば、今回の売り上げはなかなか良かったとのこと。最終日なので投げ売りになっているかと思ったが、予想したほどではなかった。

これまで毎日手に取って、値段が書いていないので、どうしようか迷っていた本を、最後に手に取ってページをめくってみると、見返しでも、扉でもなく、中ほどのページに書いてあった。これは異例のこと。それが5ユーロだったので迷いなく買う。

会場で落ち合ったNさんの事務所へお邪魔させていただく。

f0307792_03004666.jpg

いろいろと情報交換およびコレクション拝見した。そのなかで、おお、こんなところにこんなものがと思ったのがこちら。ボン書店の本! 『L’ÉCHANGE SURRÉALISTE』(一九三六年)。

f0307792_02551496.jpg


f0307792_02570450.jpg


f0307792_02583723.jpg


f0307792_02594209.jpg


f0307792_02561579.jpg

検索してみると、今年の二月に AUCTIONART で売り立てがあり(Collection Gisèle et Mario Prassinos)、1200/1500ユーロのエスティメートだったものが、2059ユーロで落札されていることが分かった(もちろんこの本ではありません)。シュルレアリスム資料としてではあろうが、ボン書店の出版物がフランスでもかなり高い評価を与えられていることが分かる。




[PR]
by sumus2013 | 2014-06-10 03:46 | 古書日録 | Comments(2)