林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:コレクション( 14 )

鉱物標本

f0307792_19534543.jpg

海月文庫さんで求めたのがこちら。『鑛物標本 尋四、五、六學年用』(鈴木慶蔵案、東京鉱物研究所=東京市中野区野方町一ノ七六三)。製造年は記載されていない。横書きがすべて左から右になっているので昭和十年前後だろうか。尋常小学校は十六年三月まで(四月から国民学校になる)。

f0307792_19534298.jpg

開いてみると、この通り。蓋の裏面に升目に対応して鉱物の名前と出土地が記載されている。おおよそ移動はないように思うが、素人なので判断できないところもある。一箇所、何も入っていない区画があるのは、小さな石が他の区画へ紛れていたため(持ち帰った道中の振動で)。説明では磁鉄鉱なのだが、どうもそうとは思えない。

下記サイトもご参照あれ。



[PR]
by sumus2013 | 2017-02-16 20:11 | コレクション | Comments(0)

ときどき音楽

f0307792_03103050.jpg

先日の教育改革反対デモの写真を撮った場所がここ、ヴァヴァン(Vavin)の交差点。ロトンド(ブラッスリ、レストラン)。交差点の北西角にあり、例えばここに写っている男性たちがデモを眺めている、という位置関係である。

街歩きと古本あさり、それ以外の時間はPCに触っているか、テレビを見ている。テレビは何百チャンネルもある。たいていは16チャンのニュース番組「iTELE」(イッテレ)を流しっぱなしにしている。ニュースキャスターは超早口なのでほとんど何をしゃべっているのか分からない。ただし画面の下に文字情報も表示されるのでおおよその内容は理解できる。

当然コマーシャルも流れるわけだが、iTELEでは自動車のピュブ(宣伝)が多い。ざっとだが、全体の三分の一は車、三分の一は保険、残りはさまざま。日本と明らかに違うのは香水のCFが頻繁に流れること。日本のメーカーではトヨタ、スズキ、ニッサン、ホンダ、シセイドウ、ミズノ、ダイキンなどを目にした。

CFの音楽がやはり耳に残る。この十月に何度も聴いたなかでは小生の好みでいえば、JEEPのこの曲がいちばん。

X Ambassadors - Renegade

アルファロメオも非常に印象的なコマーシャルを作る。最新CFのBGMはココロージー。この曲自体は少し前の作品らしいが、気に入った。

CocoRosie - Lemonade

アメリカの楽曲ばかりではせっかくフランスにいる意味がない。次はコマーシャルではなく17チャンの「TOP STREAMING」という音楽番組で耳にとまった、サン・ドニ出身の幼馴染三人女性のユニット。さまざまな音楽がミックスされた不思議なテイスト。

L.E.J - SUMMER 2015

もう一人、フランス生まれ、カタルニア・ジタンのケンジ・ジラック。簡単に言ってしまえば現代版ジプシー・キングス。

Kendji Girac - Me Quemo



[PR]
by sumus2013 | 2015-10-26 03:51 | コレクション | Comments(0)

奥成さんの葉書

f0307792_16555098.jpg

奥成達さんが亡くなられていたことを今日初めて知った。お元気な頃にはいつも『gui』を送ってくださっていた。上は消印がないのではっきり分らないが、平成十九年あたりだろうと思う。最近の『gui』でも連載の中で拙著『喫茶店の時代』に触れてくださっていたことを思い出す。御冥福をお祈りしたい。十一月八日に偲ぶ会が催される。

詩人・ジャズ評論家の奥成達さん死去:朝日新聞デジタル
2015年8月20日12時50分

奥成達さん(おくなり・たつ=詩人、ジャズ評論家、本名達〈さとる〉)が16日、腎うがんで死去、73歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、しのぶ会を開く予定。喪主は妻でイラストレーターのながたはるみさん。
 ジャズ批評やエッセーなどを幅広く手がけた。著書に「宮澤賢治、ジャズに出会う」、ながたさんが絵、奥成さんが文を手がけた「昭和の子ども生活絵図鑑」などがある。

奥成達さんを偲ぶ「花見」のような集いのご案内


[PR]
by sumus2013 | 2015-09-30 17:07 | コレクション | Comments(4)

今江祥智さん死去

f0307792_08564530.jpg


米朝死去の報が踊る、その脇に今江さん死去の記事が出ており驚かされた。『sumus 13』晶文社特集でアンケートをお願いしたところ素敵な手書き原稿を頂戴した。二〇一一年一月、徳正寺でのトークショーも思い出される。

宇野亜喜良レクチャー

今江祥智『冬の光 続・優しさごっこ』

[PR]
by sumus2013 | 2015-03-21 09:06 | コレクション | Comments(0)

鳩笛

f0307792_20214742.jpg

小雨だったが神戸まで出かけた。梅田恭子さんと石井誠の作品が見たくて(ギャラリー島田)。その帰り道にちょっとのぞいた古本屋でこんなもを。調べてみると青森県弘前市の下川原で二百年ほども前から作られている鳩笛だった。尾羽の穴から息を吹き込むと「ホー、ホー」とどちらかというとフクロウのようなのんびりした音を出す。



f0307792_20210780.jpg
こちらは佐賀の郷土玩具展のはがき。佐賀では尾崎人形にテテップウと呼ぶ鳩笛があるそうだ。

尾崎人形 鳩笛(テテップウ)
https://sagaippindou.stores.jp/#!/items/545d37202b349284560002e4

鳩笛、テテップウを吹く高柳政廣さん

[PR]
by sumus2013 | 2015-03-08 17:48 | コレクション | Comments(0)

宇賀神社

f0307792_21121874.jpg


f0307792_21132693.jpg


f0307792_21132845.jpg


f0307792_21122154.jpg

長谷川歴史・文化・交流の家から徒歩二分くらいのところに宇賀神社がある。藤原鎌足にまつわる金璽伝説があるように京都でももっと古い歴史をもつ社のひとつ。最近、塩見仁一『狛犬誕生』(澪標、一九一四年)を読んでいるので、神社というと狛犬に目が行く。狛犬コレクション(もちろん写真です)してみよう。

宇賀神社
http://kamnavi.jp/yamasiro/ugauga.htm



[PR]
by sumus2013 | 2015-02-28 21:20 | コレクション | Comments(0)

常華

f0307792_19330732.jpg

f0307792_19330049.jpg

先月、とある古道具店で購入。仏壇に供える造花すなわち常華(じょうか、常花=とこはな)だろうか。花芯もあったのかもしれないが、今は失われている。金属(ブリキ?)製。常華なら蓮華と言いたいところだが、これはその葉の形状からして芍薬かもしれない。絵にしたら面白いかなとも最初は思ったけれど、これはそのまま鑑賞するのがいいようだ。



[PR]
by sumus2013 | 2014-11-20 19:41 | コレクション | Comments(0)

クリップ・コンパス

f0307792_20131111.jpg


こういう道具を頂戴した。

CLIP-COMPASS
EVOL JAPAN. PATENT
UMEMOTO DESIGN

と本体に明示されている。クリップ状になった尖端部分に筆記具(あるいはカッター)などを挟んで円を描くことができる道具だ。アームの長さを調節することができる。

f0307792_20131606.jpg


UMEMOTO DESIGN という会社を検索してみたのだが、ホームページなどは見つからなかった。梅本デザインという名前は販売店サイトでは頻繁に登場していることからして、この類いの道具を現在も製造しているようではある。

外箱があれば住所など書かれているかなと思っても頂戴したのは本体だけだ。そこで画像検索を試みた。したり、梅本デザインの外箱写真をアップしているサイトが見つかった。なんと外箱にも住所は書かれていなかった。「大阪」とだけ。

ただし電話番号は明記されている。さっそくその番号で検索してみると「梅本デザイン」ではなく「エボル工業」という社名である。住所は大阪府富田林市伏山 44-605。この所番地をグーグル・マップで検索する。ところがピンポイントで反応しない(丁目の区分がないからだろう)。ということはストリートヴューが使えない。どうしてここまでアナログなのか、ちょっと不思議な気がしてくる。





[PR]
by sumus2013 | 2014-09-09 20:33 | コレクション | Comments(2)

紐切り

f0307792_16183160.jpg


紐切りひとつ欲しいぞ! と書いたところ、ほんとうにひとつご恵投いただきました。お礼申し上げます! うれしい。



[PR]
by sumus2013 | 2014-09-06 16:19 | コレクション | Comments(0)

製図器具その2 Technikerzirkel

f0307792_20182487.jpg

先日のロットリング製品に加えてさらに定規とコンパス・セットを頂戴した。定規はつまみ(?)のような山のついているタイプで、珍しいもの。写真中央は小生が使っているロットリング・ペン。最近はお蔵入り状態だったので取り出してコンパスに接続してみた。

f0307792_20182626.jpg

他社のサインペンでもセットできるようなので、これはいくらでも使い道がある。深謝です。むろん金具を交換すればふつうの鉛筆芯のコンパスとしても使えるようになっている。

物差しも好きな道具のひとつ。実際に使うために買ったものもかなりたまっている。というのは定規はどうしてもカッターを使ったりするので、デコボコになってしまう、すると使えなくなるが、それでも捨てられないからだ。さらに古道具でも買ってしまう。

使うのはやはり手軽なプラスチックになる。むろんスチール製の尺も持っているが、竹や木製の方が手に馴染むし、古色がつくと美しい。ただしプラスチックでも古い物にはトロリとした味がでているのもあって捨て難いのである。

f0307792_20182741.jpg


そうそう、ロットリングというのは製図用具の社名だとしか思っていなかったのだが、
ドイツ語で「赤い輪」という意味だと、今頃はじめて気付いた。



[PR]
by sumus2013 | 2014-01-31 20:40 | コレクション | Comments(3)