林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
古本として流出してくれて..
by sumus2013 at 07:54
先日の、林さんの「神保町..
by 唐澤平吉 at 22:12
そうなんですか! それで..
by sumus2013 at 19:47
遺族からの寄贈本1万冊余..
by 唐澤平吉 at 09:00
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:装幀=林哲夫( 52 )

書斎の宇宙

f0307792_16511120.jpg

高橋輝次編『書斎の宇宙 文学者の愛した机と文具たち』(ちくま文庫、二〇一三年一二月一〇日、装幀=間村俊一、装画=林哲夫)が届いた。

内田百閒から
小川洋子まで
こだわりの品々から見える
創作の秘密
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480431264/

前回の企画『増補版 誤植読本』が好評だったため高橋編集本第二弾が実現した。高橋さんが長年温めておられた『書斎の宇宙 文学者の愛した机と文具たち』がちくま文庫オリジナルとして刊行されることになったのである。

目次だけ見せられて、てきとうに何か描いて欲しいという注文だった。締め切りもけっこう迫っていたし、またちょうどいい机がなかったため、机はあきらめて、在り合せの文具を並べて描いた。インク壺など、もっとアンティークなものを探したかったのだが…。

金ぴかの腕時計は亡父の遺品である。このデータを担当の編集者氏に送ったところ、その方の父上も同じような時計を持っておられたと教えられた。バンドの部分がバネになって伸縮するタイプ。いっとき流行したように記憶する。

内容については、読んでから書きます。
[PR]
by sumus2013 | 2013-12-12 17:06 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)

ぽかん 03

f0307792_1753970.jpg

留守中あれこれ届いたなかに『ぽかん 03』(ぽかん編集室、二〇一三年一〇月一七日)があった。今年の四月、メリーゴーランド京都での個展の折に真治さんが「次のぽかんの表紙にコラージュ使わせてもらっていいですか?」というので二つ返事でオーケーした。そして九月の後半になってコラージュのデータ等を提供した。もうそろそろ出来あるころかな、と心待ちしていたところである。

今回はまたはりきった内容で驚かされた。あとがきなどを読むと、すべて思いつきでパッパとやってしまっているようだが、それがこんな風な形になって提供されてみると「編集人・真治彩おそるべし」の感を強くする。レイアウト担当の西田優子さんのセンスにも目をみはる。とくに本誌『ぽかん 03』のこの余裕というか落ち着き払ったレイアウトぶりは見事。

ぽかん編集室
http://pokan00.blogspot.jp

本誌の執筆陣が山田稔、外村彰、澤村潤一郎、中野もえぎ、真治彩、福田和美、内堀弘。これはもう何をかいわんや。「編集人・真治彩おそるべし」を繰り返すしかない。

内堀さん寄稿の「千代田区猿楽町1-2-4(其の一)」は『彷書月刊』について。若月隆一氏のこと、そして田村治芳との出会いから終刊の周辺が語られ、当事者としての内堀さんの動き(心の動きも)が回想されている。(其の一)となっているが、このテーマはじっくりと取り組んでもらいたいものだ。正直、不定期刊の『ぽかん』の連載には似つかわしくないと思う(真治さんは「年三回くらいは出すことを予言したい」と編集後記に書いているので、もしそうなったらこの発言は撤回しますが)。

付録(といっても付録の方が本誌より大きいのです)・秋葉直哉「ぼくの百」にビックリ。

《また、これまでの号にもあった、「ぼくの百」。
とんでもない量です。本誌に流し込んだら、それだけで30ページくらいになりました。
「純粋散文雑誌」とは遠いものになってしまいます。
そこで、ポスターみたいにしようというアイデアが浮かびました。
A1サイズ両面に、カラーで、書影もたっぷりの読み応えあるものに仕上がりました。》(ぽかん編集室)

というような次第で本誌とは別に「ぼくの百」ポスター用にコラージュ制作の依頼があった。ちょうどギャラリー島田の展示用に作っていた時期だったのでとりかかるのに問題はなかった。ただしA5サイズと大判だったため少々難渋した。なんとか2点出来たので「どちらでも」と提供したら「両方使います」ということでこうなった。

f0307792_16562982.jpg
f0307792_16562334.jpg

f0307792_17221488.jpg

A判全紙の表裏に秋葉氏の選んだ百冊のコメントが書影とともに印刷されている。秋葉氏の選んた本が渋い。事前に内容は知らされていたものの、内容に即したコラージュというわけではない。ランボーと中原中也の肖像がわずかに直結するけれど、それ以外のイメージは行き当たりばったりである。

f0307792_16561599.jpg

それからもう一冊『のんしゃらん通信 vol.1』(ぽかん編集室、二〇一三年一〇月一七日)も付いている。

《原稿もすべて集まって、3号の全体像が見えたとき、ベッドでごろんと横になっていたわたしは、不安にかられました。
これは、ちょっと渋すぎて、かっこよすぎやしないかと。
そうして、わたしに「ノンシャラン」という言葉が降ってきたのです。ああ、そうだ、気楽に読める、ライトなエッセイも、自分が作るものには欠かせないんだと。

それで、急に、付録をつけようとおもいたったわけです。
題して、「のんしゃらん通信」。ねころんで読んでも、電車で読んでも、楽しい、愉快な、かろやかなものに仕上がりました。》(ぽかん編集室)

執筆陣も本誌とは違った意味でナイスな人選である。イラストは「糸巻きパレットガーデン♪」の toti さん。 toti さんはアート系の人気ブロガーと言っていいだろうが、イラストレーターではもちろんない。しかしそれゆえに新鮮な無邪気さとそれに見合ったクオリティをもっている。そこに目をつけるとは、ここでもまた「編集人・真治彩おそるべし」とつぶやくしかない。

糸巻きパレットガーデン♪  ぽかん
http://daikatoti.exblog.jp/19878082/

また、読者カードと奥付(二種類)というこだわりも本好きならではのアイデアであろう。とにかく入手しておいて損はない。


ぽかん02
http://sumus.exblog.jp/17115418/

ぽかん 01
http://sumus.exblog.jp/14470897/
[PR]
by sumus2013 | 2013-10-27 17:01 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)