林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
「叱咤」の音源が残ってい..
by sumus2013 at 20:31
花森安治の生涯にわたる「..
by 唐澤平吉 at 16:03
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:古書日録( 711 )

和讃

f0307792_19582565.jpg

いつものぞく均一に古そうな和讃の冊子が何冊かあった。おおよそ四六判くらいのサイズ(ふつうの単行本と同じ)。かなり前に『正信念仏偈』を買って以来さほど気持ちが動くものはなかったのだが、今回はそこそこ古そうだし(幕末あたりか?)、表紙が傷んでいるわりに本文がきれいだったので求めることにした。わが家の宗旨は真言宗であって浄土真宗ではないが、そういった宗教的意味合いはゼロだということを断っておく。


上の写真、左から『正信念仏偈』が二冊、中央は『高僧和讃』二冊、右が『浄土和讃』。浄土真宗では僧俗の間で朝暮の勤行として読誦するために三帖和讃(さんじょうわさん=浄土和讃、高僧和讃、正像末和讃)と『正信念仏偈』が編まれている。教義のダイジェストである。最近の『正信念仏偈』(正信偈とも)は縦長の判でオレンジ色の表紙なのが一般的のようだ。

f0307792_19585029.jpg


f0307792_19584081.jpg
これらは『高僧和讃』より。写真では分りづらいかもしれないが本文紙はキラ引き(雲母による表面加工)なのでキラキラ輝いている。このカタカナが独特だと思う。おそらく親鸞の筆蹟を模しているのだろう。柳宗悦もこれに似た字をたくさん書き残している。

柳宗悦『蒐集物語』

f0307792_19590260.jpg


f0307792_19591202.jpg
それぞれ別の『正信念仏偈』。初めのは冒頭で二枚目は末尾。『正信念仏偈』は漢字だけから成っている。書体が違うと雰囲気も変ってくるのが当たり前ながら興味深い。


昨年末、がん予防センターで検診を受けたと書いた。昨日その結果が届いた。大きな封筒だったのでちょっとビビッたが、とりあえず異常なしだった。巻末にこう印刷されていた。

《しかしながら、がん検診は決して万能ではなく、全てのがんを発見することは困難です。何らか、自覚症状や気になることがあれば、必ずかかりつけの医師にご相談ください。》



[PR]
by sumus2013 | 2017-01-19 20:33 | 古書日録 | Comments(0)

贋食物誌

f0307792_20091429.jpg

吉行淳之介『贋食物誌』(中公文庫、二〇一〇年一一月二五日)。吉田健一『私の食物誌』を下さった方より重ねて恵投にあずかった。深謝です。吉行淳之介の小説はほとんど読んだ記憶がないけれど随筆は何冊も読んでいる。エッセイの名手である。ただ『贋食物誌』(新潮文庫、一九七八年、が中公版の底本)はしばしば見かけた文庫でありながら手に取ったことはなかった。食味エッセイはどちらかと言えば好きな方なのだが。

例えば本書83「烏賊」に丸谷才一「食通知ったかぶり」連載の話が出ている。そこで丸谷が選んだ《食べ物の本の戦後三大傑作》を引用してあるが、それは

一、吉田健一『私の食物誌』
二、邱永漢『食は広州に在り』
三、檀一雄『檀流クッキング』

であり、《吉田健一さんの本で感心したのは、食べ物と人間との関係を正確に掴んでいるので、通ぶった感じを受けないところである。》と吉行は書いている。その理由も吉田の「東京の握り鮨」を挙げて述べられているが略する。小生思うに『私の食物誌』を読む限り吉田は通とはほど遠い。自分の感覚に正直なだけである。

51「ラムネ(3)」も面白い。これは坂口安吾のエッセイ「ラムネ氏のこと」の紹介になっている。昭和十年代(だろう)安吾が小林秀雄と島木健作と三好達治といっしょに飲んでいるときにラムネの玉を誰が発明したのかという話題が出た。三好達治がこう言い張った。

《ラムネは一般にレモネードの訛だと言われているが、そうじゃない。ラムネはラムネー氏なる人物が発明に及んだからラムネと言う。これはフランスの辞書にもちゃんと載っている事実なのだ、と自信満々たる断言なのである。》

ところが安吾が探してみるとラルースにも出ていない。ラムネーという哲学者の名前を見い出すのみ。安吾の論理はそこから飛躍する。吉行はその思考法について考えを巡らしているわけだが、小生はこの三好達治の強情ぶりの方に興味を引かれる。

拙著『古本屋を怒らせる方法』(白水社、電子書籍化されてます!)を繙くと、レモネード(レモン水)は昔からあるので誰が発明したということは断言できないように書いてある。ただ炭酸ガスが発見されたのははっきりしており一七七二年英国でのことである。ラムネの玉罎を発明したのはやはりイギリス人のコッドという人物で一八四三年のことらしい。それ以前はコルク栓だった。その後一八九二年にアメリカ人のペインターが王冠栓を発明した。日本では玉びんに入っているのを「ラムネ」と呼び王冠栓を「サイダー」と呼び慣らわしている。内容物にさしたる違いはない。

もうひとつ87「アルコール(1)」に佐野繁次郎のことが出てくる。新聞記事が面白かったので切り抜いておいたとしてそれを引用してある。

《『十二日午後三時二十分ころ、東京都港区高輪三丁目で、何某さん(住所と姓名は私が省略)がタクシーに乗ったところ、後ろの座席に分厚い白封筒が落ちており、真新しい一万円札で百万円が入っていた。驚いた何某さんは、タクシーの運転手(姓名省略)と一緒に高輪署へ。
 同署で封筒に印刷してあった銀座の画廊に問い合わせたところ、落とし主は(住所省略)洋画家で、二紀会名誉会員の佐野繁次郎さん(七三)とわかった。しかし、自宅へ電話したところ、佐野さんはアトリエで油絵を創作中、百万円を落としたことには全く気付いておらず「そういえばありませんなァ」
 佐野さんは昼過ぎ、画廊から絵の代金など百万円を受け取ったあと、近くのレストランで好物のブドウ酒を飲んで、ホロ酔いきげんでタクシーに乗り、百万円を置き忘れたらしい。何某さんと何某運転手には、お礼にそれぞれ十万円が贈られた(以下三行略)』》

この事件は一九七三年のことで『佐野繁次郎展』図録の年譜にも記されている。結局面白いのは食べ物の話ではなく人間の行状なのだ、という結論になるようである。

ついでながらカバー装幀装画は『夕刊フジ』連載時から挿絵も担当していた山藤章二。雁と貝。合わせると「贋」になる。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-18 21:05 | 古書日録 | Comments(0)

特集・練馬区関町

f0307792_20325942.jpg
f0307792_20330594.jpg

『石神井書林古書目録』100号(石神井書林、二〇一七年一月、題字=武藤良子)届く。武藤さんの題字にビックリ。というか、あれどこの目録だろう? などといぶかってしまった。いや、しかし佐野繁次郎にもひけをとらない書きっぷりだ。

《昨年の初夏に出した99号の古書目録に、私事でしたが老父が入院したことを記しました。店を急に休む日があるかもしれません、とお伝えしたかったのですが、本のご注文の末尾にお見舞いの言葉を添えていただいたり、お手紙やお電話までいただいたのは、思いがけないことでした。しばらくしてその父が亡くなりました。
 石神井書林は一九八〇年に開業して、99号の古書目録を出してきました。その中で、何十周年記念とか何十号記念を作ったことがありません。淡々と次へ行きたいという小さな矜持があったのかもしれませんが、しかし、この夏の経験は、ここが誰に支えられてきたのかを改めて知ることでした。》

これまでも初期の号を幾度か紹介してはきたが、一九八四年以降のもので、それ以前はどんなものだったのか、興味深い。いつか出会えるだろうか。

『石神井書林在庫速報』臨時号

『石神井書林古書目録』


f0307792_20325303.jpg


小山清の献呈署名本がずらり……から始まって太宰治、井伏鱒二、小沼丹、木山捷平、上林暁、尾崎一雄……と大きな名前が並んでいる。ため息をつきながら見ていると目が釘付けになった。『河田誠一詩集』(昭森社、一九四〇年)と文芸雑誌『櫻』河田誠一追悼号(中西政一編、一九三四年)の図版が並んでいるではないか。河田は讃岐出身の小説家。以前言及したことがあったので名前を覚えていたのである。

『河田誠一詩集』(昭森社、一九四〇年)

河田誠一「浪の雪」

100号記念に注文しちゃえ…というわけにはいかないのが何とも情けないが。書影を確認できただけでも有り難いことである。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-17 20:57 | 古書日録 | Comments(0)

黄いろにうるむ雪ぞらに

f0307792_20262281.jpg


 黄いろにうるむ雪ぞらに
 縄がいつぽん投げあげられる

  バンス! ガンス! アガンス!
  ちょよろちよろしたこどもらをかり集めて 
  制服を着せて
  何か教へるまねをする
  やくざなはなしだ

 でんしんばしらの斉唱と
 風の向ふで更に白々饑ゑるもの


『宮澤賢治全集』第二巻(文圃堂書店、一九三五年九月二〇日、装幀=高村光太郎)より「(黄いろにうるむ雪ぞらに)」全文。( )は仮タイトル。『春と修羅』第四集に収められている。そう言えば以前十字屋書店版を紹介したことがあった。

『宮澤賢治全集』(十字屋書店、一九四〇年、装幀=高村光太郎)

本日は京都市内にもかなりの雪が積もった。じゃあ雪の詩でも引用しようかと思って『宮澤賢治全集』第二巻をひもといたのであったが、意外と雪の詩は上のくらいしかなくて、しかしその代わり「丸善階上喫茶室小景」と題する作品を見つけてうれしくなった。「東京」七篇のうち。喫茶室の様子が巧妙に描写されているので全文引用しておく【喫茶店の時代】。


 ほとんど初期の春信みたいな色どりで
 またわざと古びた青磁のいろの窓かけと
 ごく落ついた陰影を飾つたこの室に
 わたくしはひとつの疑問をもつ
 壁をめぐつてソーフアと椅子がめぐらされ
 そいつがみんな共いろで
 たいへん品よくできてはゐるが
 どういふわけかどの壁も
 ちやうどそれらの椅子やソーフアのすぐ上で
 椅子では一つソーフアは四つ
 団子のやうににじんでゐる
  ……高い椅子には高いところで
    低いソーフアは低いところで
    壁がふしぎににじんでゐる……
       そらにはうかぶ鯖の雲
       築地の上にはひかつてかゝる雲の峯
 たちまちひとり
 青じろい眼とこけた頬との持主が
 奇蹟のやうにソーフアにすわる
 それから頭が機械のやうに
 うしろの壁によりかゝる
    なるほどなるほどかう云ふわけだ
    二十世紀の日本では
    学校といふ特殊な機関がたくさんあつて
    その高級な種類のなかの青年たちは
    あんまりじぶんの勉強が
    永くかゝつてどうやら
    若さもなくなりさうで
    とてもこらえてゐられないので
    大てい椿か鰯の油を頭につける
    そして十分女や酒や登山のことを考へたうへ
    ドイツ或は英語の本も読まねばならぬ
    それがあすこの壁に残つて次の世紀へ送られる
      向ふはちやうど建築中
      ごつしん ふう と湯気をふきだす蒸気槌
      のぼつてざあつとコンクリートをそゝぐ函
 そこで隅にはどこかの沼か
 陰気な町の植木店から
 伐りとつて来た東洋趣味の蘆もそよぐといふわけだ
    風が吹き
    電車がきしり
    煙突のさきはまはるまはる
 またはいつてくる
 仕立の見本をつけた
 まだうら若いひとりの紳士
 その人はいまごくつゝましく煙草をだして
    電車がきしり
    自動車が鳴り
    自動車が鳴り
 ごくつゝましくマツチをすれば
    コンクリートの函はのぼつて
    青ぞらの青ぞらひかる鯖ぐも
 ほう何たる驚異
 マツチがみんな爆発をして
 ひとはあわてゝ白金製の指環をはめた手をこする
   ……その白金が
     大ばくはつの原因ですよ……
       ビルデングの黄の煉瓦
       波のやうにひかり
       ひるの銀杏も
       ぼろぼろになつた電線もゆれ
       コツカのいろの窿穹[ドーム]の上で
       避雷針のさきも鋭くひかる


じつに興味深い。それにしても詩人は丸善へ入ると何か爆発させたくなるもののようだ……。



[PR]
by sumus2013 | 2017-01-15 21:05 | 古書日録 | Comments(0)

同心草第十号

f0307792_20110681.jpg

『同心草』第十号(同心草舎、一九二六年一一月一七日)。編輯並発行者=代道夏二/大阪市住吉区天王寺町六一二 高羽貞夫。執筆者を挙げておく。木水彌三郎、北富三郎、坂梨旅人、寺澤文子、馬淵さち子、島田とし、杜人、佐々木ウタコ、代道夏二、梶田末子、尾形渓二郎、音見昌夫。そして版画が高羽貞敏、鷲尾吾一、凸版が北富三郎。

発行者の高羽貞夫は歌人のようだ。以下の著書がある。

『昼の月』(同心草舎 1929)
『新選現代短歌抄』(裕文館書店 1942
『御歴代御製謹抄』(裕文館書店 1943)
『同心草 第1』(同心艸舎 1953)
『月下 歌集』(同心艸舎 1953)

木水は生田耕作による再発見で知られるが、下記のような詩人。

木水彌三郎さんがいた

北富三郎は挿絵画家として活躍していたようである。版画の作者二人のうち鷲尾吾一はこんな絵本も描いていた。

絵本「ヒカウキ」鷲尾吾一画/綱島草夫文 綱島書店 昭和16年

高羽貞敏の版画がなかなかいい。名前からして高羽貞夫の兄弟か一族だろうが、何もヒットしないところを見ると早世したのか?

「後記」に『同心草』を置いてくれている所として下記の店舗が挙がっている。

 柳屋
 新生堂
 三木書店
 波屋
 北村書店
 今井書店

また《わが友音見昌夫、奥田俊郎、児玉笛麿、加藤雄也の四人が同人となつて文芸雑誌『椎の木』を十一月初旬に出す。》ともある。これは第一次『椎の木』である。

なお雑誌名「同心草」は唐詩からとったと思われる。薛濤(せつとう)「春望詞四首 其三」。

 風花日將老
 佳期猶渺渺
 不結同心人
 空結同心草

f0307792_20105724.jpg
高羽貞敏


この雑誌は今年の古本買い初め。ひいきにしている某店にて。資料を熱心に見ていると、七十代くらいの男性が声をかけてきた。
「建築やインテリアの本はどの辺りです?」
小生、誰が見ても客にしか見えないと思うのだが、まあ、いいや。
「あちらで訊いてください」
と答えるとご主人がレジから出てきて「このへんとこのへんですかねえ」などと説明しはじめた。男性はそれだけかというような軽い落胆の様子だったが、おやッという感じで一冊の古い函入の本を引き抜いてこう言った。
「これ、僕が出版したんですよ」
「へえ、そうなんですか!」
と驚いてみせる店主。値段を確かめた男性は
「余所の店では一万五千円くらいはついてるけどなあ……」
ちょっとだけ心外そうな声で。
「それなら一万五千円にしときましょか」
とぼけた店主の答えに聞き耳を立てているこちらは内心苦笑。
「ネットではもっとしているときもあるんだけどねえ」
などとブツブツつぶやきながら男性はたち去った。

入れ違いに二十代前半と思われるカップルが入って来た。男性が誘ったようだった。その彼氏は入ってくるなり
「いい匂いだなあ」
とつぶやいて、女子の方に同意を求めた。
「そうだろ?」
女子は納得したような表情ではなかったが、かるくうなずいたようにも見えた。二人は中央の棚をぐるっと回り、古書の匂いを嗅いだだけ、ものの三分と居らずに出て行った。

「いろんなお客さんが来ますね…」
支払いをしながら話しかけると、店主は軽く微笑んだ。


[PR]
by sumus2013 | 2017-01-14 21:19 | 古書日録 | Comments(0)

新語新知識付常識辞典

f0307792_19432932.jpg

『新語新知識付常識辞典』(大日本雄弁会講談社、一九三四年一月一日)キング新年号別冊付録。質問・回答形式で新しい言葉を説明している辞典。問答のない用語解説欄も充実している。某氏より恵投いただいた。深謝。

八十年以上を経ていまだに生きつづけている言葉もあれば、意味が変った言葉もあり、とっくに死語となっているものもある。言葉すなわち歴史である。

生きている言葉は多いので省略して死語について。たとえば【フーピー】、馬鹿騒ぎ・乱痴気騒ぎのことで《近頃盛んに使われる》としているが(米国映画「フーピー」に由来)、さすがにもう使われていないだろう。もうひとつ「パリ」というのも聞き慣れない。

《【パリ】素晴らしい。『パリだ』、『パリなスタイル』という風に。花の都パリから出た言葉。》

ひょっとして「パリッとしている」のパリって擬音語かと勝手に思い込んでいたのだが(ヤフー知恵袋では擬態語説)、このパリからかも?

【O・S】古臭い姿、オールド・スタイルから。『あいつと来たら、ちつともゆうづうが利かないんだ』『O・S人種だからね』というふうに使うのだとか。「OB」はまだ使われるかもしれないが「O・S」というのは知らなかった。

【山猫会社】これも初耳。インチキ会社のこと。かつてアメリカに《山猫の会社を起こしたい。山猫の皮は使ひ道が多い。山猫を飼ふには鼠を飼へばよい。鼠は矢鱈に殖える。その鼠の食物には猫の皮を剥いだ後の臓腑をやればよい》というような広告を出した会社があったらしい。実際にはそううまく行く筈はないというところから。

【適齢期】、これは兵役や学業に適する年齢をいうものだったが、この時代には「結婚適齢期」という表現が使われ始めている。

【アップする】隠語で、強奪すること。……ホールド・アップですな。ブログをアップするというのとは少し違う。

【ルビつき】ルビとは振仮名のこと。転じて子供を背負うた女。

【ヌーボー式】つかみ處のない不得要領の人。……「ヌーボーとした」というような表現は聞いたことがあるが「式」がついていたのか。

f0307792_19433327.jpg


変らない(いや、もっとヒドくなっている)のはこちら。

《【問】日本で公債及び社債はどの位発行されて居りますか
【答】一口に公債と申します中には、国債と道府県市町村債の所謂地方債とがありますが、国債は昭和八年九月末現在で、外国債即ち外国で発行したものが十四億二千百二十一万一千円、内国債即ち内地で発行したものが五十九億八千四百四十九万一千円、合計して国債が七十四億五百七十万二千円》

《近年歳入不足の為政府は公債を増発するし、事業会社も事業拡張の為社債を相当繁く発行してゐますから、公債も社債も増加する一方です。》

昭和八年度の国家財政は二十二〜三億円規模のようだ。

2014年(平成26年)3月末の国債等残高は998兆円となっており、保有者の内訳は、金融仲介機関587兆円(構成比58.8 %)、一般政府・公的金融機関88兆円(8.9 %)、中央銀行201兆円(20.1 %)、国外84兆円(8.4 %)、家計21兆円(2.1 %)、その他17兆円(1.7 %)となっている。2014年(平成26年)3月末時点の日銀の日本国債保有残高は201兆円で、過去最高を更新しており、保有者に占める日銀の割合は20.1 %で最大の保有者となった》(ウィキ「日本国債」より)

今、日本の国家予算はおよそ100兆円(税収40兆円)。昭和八年などとは比較にならない借金地獄ではないのかな……。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-10 20:56 | 古書日録 | Comments(0)

詩集 瓔珞

f0307792_19561797.jpg

金田弘『詩集[瓔珞]』(書肆季節社、一九九四年一月一日、装画=坪田政彦、編輯=堀越洋一郎、装訂=政田岑生)を頂戴した。やはりひと味もふた味も違う。

《昨年の暑い夏、まだ私が『會津八一の眼光』を書きなやんで、悪戦苦闘してた時分のことだ。書肆季節社の政田岑生氏が揖保川のほとりの陋屋をたずねて来られると、いきなり私の旧著を出せ、と強要された。
 固辞したが、それでも許さぬという。押しこみ強盗が可憐な乙女を恫唱するがごとき風情である。やむなく、若い日に羊歯三郎とHALF&HALFの名で出した詩集『かるそん』を復刻していただくことにした。
 これが出来上がると、今度はさらに、旧稿をすべて差し出せと迫る。あわれ、ふたたび落花狼藉の次第となったのが、今回の詩集である。むろん凌辱のなに得もいえぬ恍惚の生じたるところも正直に告白せねばなるまい。》(後書)

f0307792_19562560.jpg

カバーの折りが一風変わっている。見返しと同じ種類の紙なのだが、ふつうはもっと厚手のものを一枚で使うところ、薄めの紙の長辺を深く折返して(ようするに厚みを倍にして)使用している。これは真似したくなる仕立てではある。

f0307792_19563603.jpg
口絵に坪田政彦のオリジナル銅版画。書肆季節社にはしばしば見られる手法。版画用紙ではなく敢えてパミスという書籍用の上質紙を使ったところもヒネリが利いている。

f0307792_19564437.jpg
扉の組み。この文字の大小の取り合わせの感覚は政田岑生ならでは。

f0307792_19561071.jpg
目次。漢数字を使っているのが珍しいかもしれない。

f0307792_19560475.jpg
本文組み。天のスペースを極端に詰めてあるのに「おお」と思う。ときおり見かけるスタイルだが、普通はもう少し下に配置するだろう。

f0307792_19555788.jpg

そして一九五〇年代の詩については上のような一風変わった組み方をしている。元の詩が横書きだったためだろうか。あえてタイトル縦組、本文横組という変則な手段に出た。これもいつか真似したい手法である。

f0307792_19555168.jpg
著書目録、奥付、そして正誤表。奥付によれば印刷は東洋紙業高速印刷株式会社による。オフセットだろうが、文字も印刷もけっこう粗い。ワープロから出力したダイレクト印刷のような風合いである。東洋紙業高速印刷は昭和二十一年に東洋紙業の謄写印刷部門として発足し昭和六十一年(一九八六)には電子組版システムの全工程を完成したとホームページの沿革に出ている。政田は必ずしも活版にこだわっていたわけではないようだ。その意味でもたいへん興味深い詩集である。

関係者の方より印字に関して以下のような情報を頂戴した。

《[瓔珞]の本文等はOASYS 30で、ノンブルはMac+Apple Personal LaserWriter 300 で印字したものを東洋高速で面付して使っています。》


書肆季節社の註文はがき

鶴岡善久詩集『小詩篇』

政田岑生から竹村晃太郎に宛てた葉書

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-09 20:40 | 古書日録 | Comments(0)

茶話抄

f0307792_20095273.jpg

薄田泣菫『茶話抄』(創元社、一九二八年一一月三日)。大正五年の春から長きにわたって大坂毎日新聞その他の媒体に連載された「茶話」は大正十三年に『随筆茶話』上下(大坂毎日新聞社)として刊行された他にも数多くの版が出ている。全八百十一篇。大正昭和にかけてきわめて人気の高かったエッセイだ。

本書は『随筆茶話』上下四百四十七篇(本書では『茶話全集』としている)から一百五十四篇を選んで著者みずから校正したもの(後書きおよびウィキによる)。かなり前に創元文庫で読んだ記憶があるが、和・英・米(本書には中国の話は少ない)の人物伝から逸話のようなこぼれ話のような内容を博捜してウィットの効いたサゲをつけている。それぞれの一篇も短く、ちょいと読めてクスリとかニヤリとかできる仕掛けである。出典も記されていないしどこまで本当なのか眉唾なところがまたいいのかもしれない。

青空文庫でも読めるので引用は最小限にしておく。水戸藩士・藤田東湖の酒好きなどについて語った「食べ方」。

《藤田東湖は貧乏だつたから、酒の好いのが何よりも好物であつた。(内證で言つておくが、すべて富豪といふものは、貧乏人とは反対に、酒のよくないのを好くものなのだ。)で、その良い酒を飲みたいばかりに、頼まれると、蕎麦屋の看板だの石塔だのを平気で書いた。書の相場は酒を標準に、一本一升といふ事に極めていた。
 東湖は酒徳利を座敷の本箱の中へこつそり忍ばせておいて、箱の蓋には生真面目に李白集と書いておいた。実際李白集があつたら、質に入れて酒に替へ兼ねない男だつた。》

泣菫の皮肉な口調がよく分る文章だと思う。蛇足ながら昔の本箱は縦長の木箱で前面に蓋が付いていた。よって徳利が入っていても外見では分らない。それにしても李白集とはさすが東湖。しゃれている。李白は稀代の酒飲みだった。

《年二十五、出遊して大江を下り、金陵(南京)揚州あたりを飲み歩き、一年とたたぬ中に三十余万金を散じて郷里に帰つた。後十年、再び出でて山西山東を遊歴し、任城(今の山東省済寧県)に家を寓し、孔巣父等六人と徂徠山に会して酒に耽り、竹渓六逸と称せられた》(青木正児『中華飲酒詩選』「李太白詩鈔」より)

これに一言も触れないのは泣菫の上手の手から酒がもれたかな……。

本書の組で「おやッ」と思ったのはノンブルの位置。天のノドに集めてある。そしてもうひとつ中黒の大きさ。下の頁ではベンヂヤミン・フランクリンの「・」が妙にでかい。

f0307792_20100338.jpg

こういうのを見ると古本て面白いと思うのである。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-06 21:10 | 古書日録 | Comments(0)

第八回東京国際版画ビエンナーレ展

f0307792_20474219.jpg

『第八回東京国際版画ビエンナーレ展』(東京国立近代美術館、一九七二年、デザイン=杉浦康平+辻修平ほか)の図録。学生時代、この展覧会のポスターを下宿に飾っていた。会期は一九七二年一一月から一二月にかけて東京で、京都展が翌年の二月から三月である。ということは展示期間中またはその前に入手したものではないようだ。どういう経緯だったか忘れてしまったが、とにかくムサビ一年のときに鷹ノ台の玉川上水に近い四畳半の下宿にこの表紙と同じ図柄のポスターがあったのは記憶に残っている。銀紙に蛍光色が非常に印象深く、こういう感覚のデザインも世の中には存在するんだなあ……というような驚きの目で毎日見ていた。その後引っ越しなどもあってポスターは田舎に持ち帰った。

郷里の本棚

昨年だったか、このポスターを郷里から取り出してきた。さすがに学生時代からなので状態がイマイチ(綺麗ならそれなりの値段になっているらしい)。

カタログの方は年末に神戸で開催されたトンカ書店と口笛文庫による冬の古本市で手に入れたもの(いい古書市だったなあ、来年もやって欲しい)。背や天地が少々すり切れている(いたみやすいカバー用紙なのだ)。だから安かった。見つけたときには「おお、これだ!」と声が出た。

掲載されている出品作家、日本人はまずまず知った名前が多いが、外国人作家となるとほとんど知らない。ざっと見ただけだが、ハミルトンとニーヴェルスンくらいか。世界と冠しているだけあってほぼ各国を網羅しているが、アフリカからは誰も選ばれておらずアラブ諸国も手薄だ。作風もいかにもヴァリエーションがあるようでいながら、どの作家にも共通する時代の色というものが感じられるように思われる。

[PR]
by sumus2013 | 2017-01-05 21:20 | 古書日録 | Comments(0)

若草

f0307792_20234892.jpg

『若草』第四巻第三号(寶文館、一九二八年三月一日、表紙=竹久夢二)。昨年、善行堂で求めた一冊。巻頭に【喫茶店の時代】に関する興味深い写真が出ていた。まずは《パリにありし日の足立源一郎氏夫妻/記者一日美術論をきく……》。足立源一郎は画家で「キャバレ・ヅ・パノン」を大坂道頓堀にオープンした人物。以前も紹介したことがある。

芳恵のモデル、その他

f0307792_20234178.jpg

美術論を聞いたのだから記事が出ているのかと思いきや、特段に何もそういったものはない。その代わり石川寅治の「不同舎時代」という回想があった。ついでだから少し引用しておく。不同舎は洋画家小山正太郎の画塾。

石川は明治二十四年の春、土佐から上京して入門した。初めは親戚の家に居たが、すぐに小山宅に起居するようになったという。研究生は三十人ほどで、ほとんどが学校の教師などであった。なかで一人だけ芸術で身を立てようと精進していたのが中村不折だった。

日清戦争が起こり、新聞や雑誌にはたくさんの挿絵が用いられるようになり、画家の仕事も非常に多くなってきた。そのおかげで親からの学資を断って自活できるようになった。それが上京五年目だそうだ。

《私が始めて、自分の絵によつて金を得たことは、展覧会で絵が売れたことは別として、リーダーの教科書の挿絵を描[か]きました。これは西洋木版の下絵であつて、度々書き直しをさせられて閉口したものです。それから、戦争が始つてからは戦争の絵など沢山描きまして可なりに収入を得ることが出来ました。この時代に最も痛快に感じたことは、満谷君と二人で京都へパノラマを描きに行つたことです。そのパノラマは絵の高さが六間、幅が五十三間と云ふ大物でしたが、それを一ヶ月で描上げる約束で若し一日でも延びたれば、延びた日数だけの罪金[ばつきん=ママ]をこちらから出すと云ふことであつたのですが私共二人は此の絵を二十五日で仕上げました。》

《当時天丼が五銭であつたのですが、そのパノラマの揮毫料として二千円、一人が千円つづを得た時、旅舎のランプの下で互に顔を見合はして悦に入つたものです。》

なかなか貴重な思い出話であろう。もう一枚はこちら《辻潤氏送別会/読売新聞海外文藝特置員として渡欧す。》言うまでもなく×印が辻潤である。

f0307792_20233895.jpg


こちらもとくに記事はないが、拙著『喫茶店の時代』によれば辻潤が辻一を伴ってパリへ出かけるにあたって歓送会が開かれたのは昭和三年、カフエ・ライオンにおいてであった。


[PR]
by sumus2013 | 2017-01-04 21:06 | 古書日録 | Comments(0)