林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:雲遅空想美術館( 117 )

山家秋

f0307792_20100664.jpg


もう十一月も終わろうとしているが、遅ればせながら今月の短冊を(淀野は別にして)。

 山家秋
 のかれ来ていは岩本の中々に
 身をおく山の秋そ悲しき 長隣

と、このように読んでみた。いは(者)岩木……かと思ったが「岩本」(巌)ではというご指摘をいただいたので、なるほどと訂正した長隣(ヘンとツクリが逆)は有賀氏。画像検索すると他にもいくつか短冊が見られる。歌人の家元だけにおそらく相当な数を残したものと思われる。

ありが(あるが) ながちか
幕末・明治の歌人。大阪の人。長雄の父。号は情新斎。歌道の家に生まれ、柿本人麿を尊崇した。明治39年(1906)歿、89才。》(コトバンク)


[PR]
by sumus2013 | 2016-11-28 20:23 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

支那服の少女

f0307792_19514033.jpg

山崎書店へ向かう前に星野画廊で開催されている「母子像名作選 そして少女たち」展を見た。亀高文子の作品が二点出品されているのでぜひ見ておきたかったのだ。「支那服の少女」(一九二五年作)と「秋果童女」(一九四〇年作)の二点、どちらもそこそこ大きな作品(十五号くらい)だったが、とくに上の「支那服の少女」が良かった。大正の自由な雰囲気が自然な感じにあらわれている。なお本展図録では「かめだか・ふみこ」と読んでいる。

『画業75年をふりかえる 亀高文子自選展』

さらに亀高文子

他にも例によって滅多に見られない珍しい作品ばかり。野田英夫の小品二点、これらも美術館モノ。いつもながら驚かされる。十二月三日まで。



[PR]
by sumus2013 | 2016-11-19 20:05 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

習文録

f0307792_20042422.jpg

皆川淇園・編次『習文録』(藤井孫兵衛、一八七六年五月一八日版権免許)バラで四冊。国会図書館で見ると藤井孫兵衛からは一〜四篇それぞれ上下があっての八冊、加えて甲乙判というものが上下二冊刊行されているようだ。読書や作文を学ぶために役立つ文章を集めて並べたアンソロジーである。皆川淇園はこのような人。

[1734~1807]江戸中期の儒学者。京都の人。名は愿(げん)。字(あざな)は伯恭。漢字の字義と易学を研究し、開物学を提唱。また、漢詩文・書画をよくした。晩年、私塾弘道館をおこした。著「名疇」「易学開物」「易原」など。》(デジタル大辞泉

1735*-1807 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)19年12月8日生まれ。「易経」をもとに字義,音声,文脈の関連を研究する「開物(かいぶつ)学」を独創し,門人に教授。晩年に私学弘道館をひらく。詩文,書画にもすぐれた。弟に富士谷成章(なりあきら)。子に皆川篁斎(こうさい)。文化4年5月16日死去。74歳。京都出身。名は愿(げん)。字(あざな)は伯恭。通称は文蔵。別号に有斐斎など。著作に「名疇(めいちゅう)」「淇園詩話」など。》(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)

淇園の生年だが、享保十九年十二月八日はグレゴリオ暦では一七三五年一月一日、ユリウス暦では一七三四年一二月二一日となるため見解の相違が生じているようだ。グレゴリオ暦は一年を365.2425日としユリウス暦は365.25日とするので現在では狂いの少ないグレゴリオ暦が太陽暦として用いられている。厳密に言えば一七三五年が正しい生年ということになろうか。

初篇下の巻頭に「習文録題言」として葛西欽が本書の由来を書き付けている。

《安永甲午ノ秋、欽再タヒ京師ニ来候淇園先生ノ塾ニ寓スルニ塾課ニ近コロマタ射復文ト云フモノヲ作ス、其事甚タ文ヲ習フニ便ナルヲ以テ、諸生競テコレヲ為ス、其法、漢人ノ記事百言上下ノ文ヲトリテ、コレヲ読ミテ、其読声ヲ片仮名ヲ用テ写シテ数紙トシテ、人々ニコレヲ与テ、コレニ依リテ其原文ノ字ヲ射復セシム、射復略就リテ、原文ノ字数ニ合セテ、字ヲ増減シ、増減定マリテ後、原文ニ此按シテ、其文字ノ中否ヲ校シ、中ル事多キヲ上第トシ、失スル事多キヲ下第トス

安永甲午は安永三年(一七七四)。序文の記年も同じ安永三年である。読み上げられた漢文を聞いただけで筆記する勉強法……ディクテすなわちディクテーションが淇園塾では採用されていた。その例題を集めたものを「習文録」と名づけたようである。

f0307792_20043204.jpg


f0307792_20043512.jpg


f0307792_21010237.jpg

皆川淇園と言えば、これも真贋については不明というか、疑わしい「葡萄図」一軸を所蔵する。署名は

 倣瑪瑙寺温日観
 筆意
  皆川節斎写 [皆川印][伯恭]

瑪瑙寺温日観は南宋から元初に活動した僧侶・画家で水墨で葡萄を描くことを得意としたそうだ。温日観の筆致を真似たという意味である。大徳寺に伝日観の葡萄図が伝わっている。

f0307792_17061927.jpg
伝日観子筆「葡萄図」二幅(明時代、大徳寺蔵)


[PR]
by sumus2013 | 2016-10-18 21:25 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

漁書小歴

f0307792_19014252.jpg

大田垣蓮月の短冊ということで求めた。傷みが激しいので安かったのだが、じつは野村美術館で開催された大田垣蓮月尼展」を見て以来どうもあやしいと思っている。蓮月尼の短冊は非常に多く出回っているところからして、もちろん多作だったことにもよるかもしれないにせよ、おそらく専門の贋作者が何人かいたに相違ない(なにしろ蓮月生前からその陶器や書画には人気があったそうだから)。だいたいこの歌もよく知られたものだし、そういうものは危ないと決まっている。

 古郷柳 

 一むらのけふかとミしハふるさとの  七十九才  
 昔のかとのやなぎなりけり     蓮月



こんな団扇もあったらしい(ネット上で発見。版画だそうだ)。
f0307792_19111008.jpeg


たまたま杉本秀太郎の「漁書小歴」(『日本古書通信』746号)を読んだのでこの短冊を引っ張り出した。杉本は小林秀雄『ランボオ詩集』(創元選書、一九四八年)に刺戟され象徴派の詩集を集めはじめたのだという。

《古本屋を歩きまわっては小林秀雄、河上徹太郎の旧著を盛んに集め、詩集をあさった。》

卒論はヴァレリー論。京大を出てから伊東静雄の詩に出会いサンボリズムからしだいに解放されるようになった。

《その頃、外出すればかならず覗いた古本屋の一軒は、京都寺町通り四条下ル大雲院の門の庇を借りている店だった。一軒とかぞえるのも憚られるその店は西村書店といった。文学書だけが並べてあった。洋書もあった。
 ある日、伊東静雄の詩集『わがひとに與ふる哀歌』を棚に見つけた。生憎く、財布はからっぽ。大いそぎで帰宅し、小遣銭の前借をして取って返したが、ものの三十分ばかりのうちに売れていた。》

大雲院は以前にも触れたが富岡鉄斎の墓があったお寺(富岡鉄斎碑林)。今はたぶん高島屋の駐車場出入口(寺町側)になっているところではないかと思う。西村書店……そんな古本屋があったのだ。杉本邸は綾小路通り西洞院東入ル(四条烏丸の西、杉本家住宅)だからあわてて引き返してもたしかに半時間はかかるだろう。そんなつかの間に抜き取られるとは不運であった。

《戦後数年のうちに京都でも頻りに動いたフランス書の古書には、ヴァレリーの限定版が時折まじっていたものだが、西村書店、奥村書店などで身銭を切って買ったその種のヴァレリーも、潔ぎよく売り払った。》

奥村書店は修学院にあったようだ。杉本は三十六歳でフランスへ渡った(一九六七年)。そこで内なる日本を激しくゆさぶり覚まされた。帰国後、すすめられることがあって大田垣蓮月について本を書く約束をした。

《私はまた頻りに古本屋歩きをはじめて、蓮月尼に関する書物および尼に関連するはずだと見当をつけた書物を手当たり次第に買い集めた。興が深まるにつれて勘が冴えるのを自覚した。あそこの本屋のあの棚の見当に、しかじかの本があるにちがいない、思わぬ発見もあるにちがいないーーそう予想して行ってみると、予想どおりということがしばしば起こるのだった。あんなに楽しく愉快な月日はなかった。

蓮月尼の生前に出た歌集『海人の苅藻』が欲しいと思い竹苞楼を訪ねると

『海人の苅藻』ですか、へエ、ございます。もう故人となられた先代佐々木春隆さんは、即座に座ぶとんから尻を浮かして奥に引っ込み、しばらくして歌集を私に差し出された。蓮月さん自筆の履歴書がございまっせ。ハハア、例の鉄斎さんに示されたという履歴書ですね。拝見します。見おわってたずねた値段は些か私の分際には過ぎていた。

この履歴書はすでに知られているもので図版にもなっていた。また手許にはすでに蓮月の短冊、軸、画帖、手ひねりの花生が集っていた。《書画骨董の収集に使えるお金の余分はない身だから、履歴書は断念した。いまはどこに所蔵されているだろうか。》

佐々木竹苞楼では他にも多くの買物をしている。また《府立植物園近傍の古書店(名を失念)》で飯沼慾斎『増訂草木図説』(牧野富太郎校訂、久世通章旧蔵)を、シルヴァン書房で伊東静雄が愛蔵したのと同じ『ジョヴァンニ・セガンティーニ』画集(フォトグラフィッシェユニオン、一九一三年)を求めたそうである。『わがひとに與ふる哀歌』の詩篇はセガンティーニ画集と照応しているのだそうだ。

[PR]
by sumus2013 | 2016-10-14 20:08 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

夜の衣を返す

f0307792_21130764.jpg

高須賀優『夜の衣を返す』という小画集を頂戴した。本文34頁、表紙が付きジャケットもある。発行所や発行日の記載がないのだが、印刷は「しまうまプリント」となっている。そこのHPを見るとフォトブックも注文できるらしい。A5判一冊498円(税抜)〜とか。紙質や印刷は十分鑑賞に耐えるように思う。

高須氏を直接には存じ上げないが、装幀家で画家。どの作品もいい。本書のなかではとくにこの絵が好きだ。

f0307792_21130521.jpg

もっと作品をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。



[PR]
by sumus2013 | 2016-10-09 21:28 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

水郷秋望

f0307792_21131231.jpg



月がかわったので短冊をひとつ取り出した。例によってよく読めない。よろしく御教示のほどを。

 水郷
  秋望

 なかめつゝ秋に□なれで年切とも
 夕くれ□□□□宇治のはし守 □


「年切」としてはみたが? タイトルは「水郷秋望」であると御教示いただいた。郷は口か江かとなやんでいたが、郷だとは思い至らなかった。望も同じく。深謝です。ということでさらなる解読を経て、目下次のように読むことになった。

 なかめつゝ秋には(盤)なれど[年][ふ](布)とも
  夕くれ□□□に(耳)宇治のはし守 節菴

[PR]
by sumus2013 | 2016-10-04 21:30 | 雲遅空想美術館 | Comments(11)

若冲筆塚

f0307792_17594407.jpg


伊藤若冲の展墓、そして筆塚の刻文を写してきたのは、旧稿を改訂するためだった。ご存知のように今もって草書を読むのに苦労しているわけだが、何しろ二十年近く前なので、初心者もいいところ、よくこんな原稿を公にしたものだと厚顔無恥にあきれる。このくらいの行書もまともに読めていないのは上掲の校正紙が示す通り。いつか直そうと思ってはいたのだが、好機を某社より頂戴したのである。

森銑三に「若冲小録」という文章があって、そこにこの碑文の引用がある。それが参考になった。昔、知っていればなあ、と思っても後の祭り。ただしその引用文にもいくつか誤りがある。実物とつきくらべてみて分った。


f0307792_17594386.jpg

そんなわけでテキストの方はほぼ確定できたが、文意がどうしてもはっきり取れないところがある。例えばこのくだり。

 初置石像肆頭 有来請画者 輙使其出一鋪資 既而厭塵土 剔顛毛

実際には写真のように一文字アキはないが、いちおう切りのいいところでアキを入れた。石像とは五百羅漢そのものか、それに似た若冲の関係した作品であろう。画を注文に来る者があると、そのたびにそれを出させて……一鋪……ひとしく(ひとつ?)敷き(?)資す(?)、すでにして塵土を淮ゐし顛毛をえぐるのに……(無理矢理読んでみました)。使其出一鋪資……ここをどう解すればいいのか。

さっそくに御教示いただいた。まったく見当外れだった。

一鋪の資に出さしむ。すでにして塵土を厭ひ顛毛を剔る

素晴らしい。塵土は世間、顛毛を剔るは「剃髪す」である(!)。厭を壓と同じと読んだのがバカだった(同じ意味もあります、言い訳がましいですが)。絵を求めに来た者に石像を売りつけて店(枡源という八百屋)の経営資金にしたという意味になるのか。剔顛毛(剃髪す)のあとにつづけて《縛菴石峰》(石峰寺に庵を結ぶ)とあるのもそれですんなりと意味がとれる。深謝です。


[PR]
by sumus2013 | 2016-09-18 18:08 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

他日偶晴

f0307792_19510740.jpg


割り合いと最近手に入れた掛軸。田能村竹田というふれこみだったが、もちろん在りえない、そんな馬鹿なという贋モノである。だから安かった。竹田にはほど遠いけれども、ちょっと面白いところもある。「憲」というサインに「竹田」印は余計なことだ。

六人の髭の老人が茶で盛り上がっているようす。本箱に肘をついたり、巻物を手にしたり、書画談義に楽しいひとときを過ごしているのだろう。


f0307792_20302252.jpg


f0307792_20302059.jpg


上部の賛(?)は備忘録のようなもの。


 此月偶晴和助病而到洗竹庵
 冨上子間暇及干共淡話数回終執化筆作此
 図冨上子歓喜不斜干共采
 酒杯日暮至干夜鷄鳴不制晨


和助、洗竹庵、冨上子など固有名詞もどうもはっきりしない。この文からすれば洗竹庵の冨上子は医師でもあろうか。画を無心してやっと染筆してもらうことができ、画家とともに朝まで飲み明かした……のんきすぎて羨ましい。

なお、この軸、表具も悪くないし、何より立派な二重箱に入っている。外箱は漆塗り。絵よりも立派なので驚いたしだい。

[PR]
by sumus2013 | 2016-09-14 20:46 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

ルオー展

f0307792_19440819.jpg

『日仏文化協定発効記念 ルオー展』(東京国立博物館、読売新聞社、一九五三年一〇月一日〜一一月一〇日)図録。タテ十八センチ、本文二十四頁、カラーは表紙と本文に二点のみ。出品目録はあるが、解説等もないシンプルな構成で、昨今の分厚いばかりで内容の薄いカタログとは対照的。表紙に文字を一切入れていない、誰がデザインしたか知らないが、これはひとつの見識であろう。

ルオーが初めて大掛かりに日本で紹介された展覧会である。日本人好みの画家なのかと思っていたが、案外と戦前には紹介が少ない。福島繁太郎が熱心にコレクションしていたのが例外的だったようだ。その証拠になるかどうか、『国立西洋美術館名作選』(西洋美術振興財団、二〇一三年)のベースになっている松方コレクションにはルオー作品が見当たらない。西洋美術館といえば、まだ一九五三年にはできていなかった。よって本展覧会は国立博物館の表慶館で開催されている。

金澤清恵
日本におけるジョルジュ・ルオーの紹介、あるいはその受容について

本文巻頭の図版は「郊外のキリスト」。福島コレクションの一枚で、現在はブリヂストン美術館が所蔵する。ブリヂストンが購入したのは一九五五年だから、このルオー展の二年ほど後である。

表紙が気に入って買ったものだが、この絵をじっと見つめていて、ふと思った。浮世絵……じゃないか。というのもちょうどこんな浮世絵の絵葉書を貰ったばかりだったから。

f0307792_19441793.jpg
春頂斎北松「三代目中村歌右衛門」文政八(1825)


画面一杯に納めた顔、くっきりとしたその眉・目・口(髭)など、明らかに類似している。もちろんルオーが手にしたのは写楽のような大首絵かも知れない。これは『版元揃上方繪殷賑[はんもとぞろゑ かみがたゑのにぎわひ]』(中尾書店、二〇一六年七月二七日)六枚セットのうちの一枚。橋爪先生の企画のようだ。

《海外ではその名もずばり「OSAKA PRINTS」。大英博物館はじめ世界の美術館が収蔵する「上方絵」である。
 江戸から明治に刊行され、芝居が盛んな大阪の文化を象徴して、芝居や歌舞伎俳優の似顔を描いた役者絵が多い。人間味あふれるリアリズムと、「粋[すい]」で「はんなり」した雰囲気は、江戸の浮世絵とは異なる大阪の味わいである。
 絵師では流光斎如圭、松好斎半兵衛、春頂斎北洲、芦国、芦ゆき、歌川派の国広、貞升、国員、芳梅、芳瀧や長谷川貞信などが活躍した。
 そして「上方絵」を出版していた版元(板元)が集っていたのが心斎橋周辺だ。本コレクションも、心斎橋周辺の版元の作品を選び、店の証である版元印も掲載した。》(はしづめ・せつや)

f0307792_19441988.jpg
案外とシブイ色彩感覚である。現在の上方のイメージとは少し離れているのかもしれない。


[PR]
by sumus2013 | 2016-09-12 19:56 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

あの時みんな熱かった!

f0307792_19193737.jpg


星野画廊で開かれている「現代美術の先駆者たち・関西」(〜9月10日)を見る。一九五〇年代から六〇年代にかけてフランスなどのアンフォルメル運動に刺戟された日本の作家たちの作品、星野コレクションから選り抜き、が展示されていて当時を直接知らない者としては非常に興味深かった。例えば上の作品は須田剋太「宇宙時代の記号」(一九五九年)。須田剋太といえば司馬遼太郎とのコンビで大衆的な人気を得たのだと思うのだが、アンフォルメル時代にはこんな絵を描いていた。かなり前だが須田の大作で非常にいい抽象画を見たことがあって、もっと数を見てみたいなと思っていた。ちょうど今回の展示で七〜八点ほど並んでいた。どれも佳作だった。星野さんによると、何年か前にこの抽象のシリーズで大量の贋作が出回ったことがあったのだそうだ。贋作が登場するくらい人気があったという証拠ではあったが、そのために現在では須田のアンフォルメル作品は安くなってしまったそうだ。ということは買い時だとも言える(ただし目利きが必要)。須田以外も注目すべき作品ばかりだったのだが、やはり三上誠が抜けている。とくにここに掛かっていたのはいずれも名品だった。

星野さんから近代美術館へ移動。「あの時みんな、熱かった! アンフォルメルと日本の美術」(〜9月11日)を見る。手際よくアンフォルメルの流れを並べてみせていた。熱かった! というわりには、展示はクールだった。総花的で教科書的だったかも。もう少しマニアックに熱くてもよかったように思う。それは星野画廊に任せるということでもないだろうが、ふたつを同時に見るのがよろしい。井上有一と東松照明(「ワックスマンの胸」他)が印象に残った。三上誠も数点展示されていたものの星野画廊にあったものの方が数段良かった。

同時開催、京都のマネキン製作会社に焦点を当てた「七彩に集った作家たち」は画期的な企画だと思うが、もっとちゃんとした大きな展示にすべきだった。こじんまりとまとめてこの会社の面白さが伝わり切っていない。個人的に七彩に勤めていた人を知っているが、ユニークな人ばかりだった。せっかくの機会、そのへんもっと掘り下げてほしかった。

***

内田魯庵『蠹魚之自傳』より焚書の話をもう少し。

《昔の咄は本に限らず何でも大きいから余程割引して聞かにやアならねエ。ヂスレリー伯父さんの『文献異聞』(Curiosities of Literature)にコテコテに列べ立てた各国の焚書も丸々ウソぢやアあるめエが、四千軒の風呂屋が半年燃料[たきつけ]にして湯を沸かしても焚き尽せなかつたといふアレキサンドリヤの焚書なぞは嘘月村の鉄砲矢八の洞喝咄[ほらばなし]よりもうまく出来てる。が、五度や六度ぐれエは書物で沸かした風呂で兵隊に汗を流さしたかも知れねエ。

参考までにエル=アバディ『古代アレクサンドリア図書館』(中公新書、一九九一年)によれば、アレクサンドリア図書館には少なくとも五十万冊はあったようである(書籍と巻物を含む)。また当時の書籍の表紙は板だった可能性もあるから風呂の焚き付けにはもってこいだったかもしれない。

《何も千年二千年前の大昔の話を持出さねエだつて、ツイ先年[こねいだ]の日清日露の戦争の時にだつて本で焚火をしたり湯を沸かしたりした咄はある。宋槧本や元槧本で沸かした瓶風呂で垢を落した罰当りの中に金鵄勲章を貰つた奴があるかも知れねエ。西洋でも日本でも戦争の為め或は政治や宗教の迫害の為め亡びた書物はドレほどあるか計られ無エ。書物の破壊者として俺達よりも罪の深エのは人間の無知だが、一番暴虐な大破壊者は政治や宗教の迫害で、夫から比べると俺達のはホンのチヨツケイを出すぐれエな悪戯で罪は無エのさ。

『陶庵夢憶』のすでに紹介した三代の蔵書でも兵火で本が焼かれる話が出ていた。

《あとに残った分は、邸を占拠した方(方国安)の兵が、毎日ひき裂いては煙にし、また銭塘江の岸に舁いで行って、鎧のなかに敷いたり、矢玉を防ぐしろにしたりして、四十年間に積んだものが、これまた一日にしてことごとく失われた。》

魯庵は、いや、シミ君は、日本において政治的に抹殺された書物の代表的なものとして切支丹本を挙げてそのお門違いな弾圧をこう形容している。

《版式から云つても特異で、整板活字總括[つゝくる]めて日本の古版の王だつて家の大将なんかは褒めちぎつてる。さういふものを焼いて了うつてのは国家の為めに悪魔の使者を斬つたツモリだらうが、丁度臆病者が幻覚の為め錯迷して刀を指廻して罪もねエものに怪我させたやうなものだ。》

古版の王と言っているのは『こんてむつす・むんぢ』のことである。

こんてむつすむん地

[PR]
by sumus2013 | 2016-09-08 19:49 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)