林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
黒木書店の最後を見届けた..
by sumus2013 at 19:50
「ほんの手帖」51号のご..
by 大島なえ at 19:10
毎週通ってますので(笑)..
by sumus2013 at 17:34
前の持ち主の方から画像の..
by sumus2013 at 17:31
誰の手に渡ったのだろうか..
by 唐澤平吉 at 12:49
御教示ありがとうございます。
by sumus2013 at 17:37
淀野の色紙が出品されてい..
by 牛津 at 03:59
草書はやはり難しいです。..
by sumus2013 at 21:04
読み下しありがとうござい..
by epokhe at 12:16
明けましておめでとうござ..
by sumus2013 at 20:08
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:雲遅空想美術館( 135 )

Ouroboros

f0307792_19365722.jpg

『Ouroboros 東京大学総合研究博物館ニュース』Volume 22, Number 1(東京大学総合研究博物館、二〇一七年九月八日)およびチラシなど何種類か頂戴した。本号の巻頭記事は寺田鮎美「『植物画の黄金時代英国キュー王立植物園の精華から』によせて」。インターメディアテク館長は『装釘考』の西野嘉章氏)で、残念ながらもう終了してしまったが、十二月三日まで開催されていた。

the Royal Botanic Gardens, Kew

キューの所蔵する歴史的な植物画と東京大学所蔵の植物標本を組み合わせた展示だったそうだ。近場ならぜひ見ておきたかった。

f0307792_19370596.jpg
《キューの歴史は、1759年、当時の皇太子妃で後のジョージ三世の母親にあたるオーガスタ妃が王宮の周りに造った小さな庭園に始まる。今日では、キューは庭園として人々の憩いや楽しみの場であるだけでなく、世界中の植物や菌類について、最大でかつ極めて多様性に富むコレクションを有する世界有数の研究機関として知られる。
 そのキューの図書館には20万枚以上の植物画が保管されている。この植物画コレクションは、世界的に著名な植物画家であるゲオルグ・ディオニシウス・エーレト(1708-1770)やフランツ・アンドレアス・バウアー(1758-1840)の作品に加え、イギリス東インド会社による植民地支配を歴史的背景にした「カンバニー画」と呼ばれるインド人画家らの手がけた一群の植物画、キュー公式初代園長で世界に通用する植物園兼研究機関へとキューを発展させたウィリアム・ジャクソン・フッカー(1785-1865)やその息子で同じく園長を務めたジョセフ・ダルトン・フッカー(1817-1911)といった植物学者自らが手がけた作品を含む。》

20万点のなから、優品28点が西野館長によって選ばれたそうだ……。チラシのチューリップはエーレト作。

《これに対応する植物標本として展示するのは、総合研究博物館資料部植物部門所蔵のTulipa gesneriana L.(Liliaceae)である。》《チューリップは19世紀後半になって日本に渡来したと言われており、「鬱金香」の名で呼ばれた。本標本は、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)で植栽されていたもので、ラベルに採集年として1877年4月10日の記載があり、日本におけるチューリップ栽培初期のものであると考えられる。》

カーティスの植物図


もうひとつ、植物図ということで注目すべき展覧会がある。こちらはまだ開催中。「開館二〇周年記念没後一一一年 五百城文哉[いおきぶんさい]「高山植物写生図」の世界」(小杉放菴記念日光美術館、2017年11月11日〜12月24日)。

f0307792_19371982.jpg


《なかでも五百城の評価を高めているのは、高山植物を中心とする、植物学的な知識に基づきながら精細に描かれた植物画の数々でしょう。五百城文哉は、農商務省山林局で標本の仕事にたずさわった後、日光に住まいを移してからは、本格的に植物の研究に取り組むようになります。現在残されている植物画の多くは、植物研究の同好者たちからの依頼によるものと推測されていますが、標本としての役割を果たすだけに留まらない、高い芸術性を持っており、描かれてから100年以上経った今でも、その色鮮やかな色彩は私たちを魅了してやみません。》(ちらしより)

五百城については下記の記事で少し触れたことがある。

小杉放庵『故郷』

[PR]
by sumus2013 | 2017-12-11 20:36 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

岡崎和郎 - HISASHI

f0307792_19493866.jpg


f0307792_19494241.jpg

『岡崎和郎 - HISASHI』(ART OFFICE OZASA、二〇一七年)図録。瀟洒な出来映え。図版十四点、磯崎新、巖谷國士、南條史生、加冶屋健司、執筆。本日展示を拝見した。小さな金属の「ひさし」なのだが、空間の質を一瞬にして変えてしまうような力がある。ブランクーシを連想してしまった。展示は明日(十二月二日)まで。

OZASA氏としばし雑談。『現代思想』のバックナンバーが事務所の方に展示されていたが、それらの表紙は岡崎和郎作品によって飾られいている。なかなかいい感じ。一年間で十三冊あるそうだ。三冊がまだ見つかっていないと。昔コツコツ古本屋で集めたのだという。OZASA氏もかなりの古本者である。

ART OFFICE OZASA

十二月四日から十七日までは岡部昌生フロッタージュプロジェクト「伝える」。こちらも滅多に見られない空間になりそうだ。


[PR]
by sumus2013 | 2017-12-01 20:38 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

船川未乾「静物」

f0307792_20175343.jpg

先週、船川未乾の「静物」(一九二五、F12号)がヤフオクに現れ、昨日二十九日に落札された(もちろん小生が落としたのではありません、誤解なきよう)。出品者は神奈川の古物商。古道具が中心だが、絵画や版画なども多数出品している業者である。500円スタートで結局のところ絵の値段としてもそこそこの金額になった。画面全体にカビが生じており、あまりいい状態ではないのだが、このくらいならクリーニングでかなり良くなるようにも思う。サインは画中左下に「Mikan」、裏面に作家自筆(?)で「静物/一九二五春作」と記されたシールが貼られている。

未乾の一生

ヤフオクにも時々こういうものが出てくる。侮れないです。

[PR]
by sumus2013 | 2017-11-30 20:32 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

ネーデルラント旅日記

f0307792_19524873.jpg
デューラー「芝草」


デューラー『ネーデルラント旅日記』(前川誠郎訳、岩波文庫、二〇〇七年一〇月一六日)には「ルッター哀悼文」が収められており、この旅行記中で異彩を放っている。一五二一年五月十七日のくだり。

一五二一年の精霊降臨節の前の金曜日、アントウェルペンの私の許に、マルティン・ルッターが陰謀によって逮捕されたとの報せが入った。

彼こそはキリストと真のキリスト信仰との後継者であった。そして彼がなお生きているか、それとも彼らが彼を殺[あや]めてしまったか、を私は知らない。

さればマルティン・ルッター博士の書物を読むものは誰しも、彼の教えが如何に明快に聖なる福音を伝えているかを理解することならん。そればそれら(彼の著作)は大いなる敬意をもって保存さるべく、焚[や]かれることあるべからず。いつもいつも真理を歪曲する彼の敵対者たちを、人間たちを神々にしようとする彼らの見解ともども火中へ投じ、それに代わりて再び新たにルッターの書物の刊行せられんことを。おお、神よ、ルッターもし逝きしならば、誰か聖なる福音をかくまで明快に我々に宣べ伝えることをなさんや!

むろんルターはいきなり捕まったわけではなかった。『95ヶ条の論題』を貼り出した(一五一七年、今年はちょうど五百年にあたる)ことを手始めに過激な著作を次々発表した。

ルターが1520年にあいついで発表した文書は宗教改革の歴史の中で非常に重要な文書であり、ルターの方向性を確定することになった。それは『ドイツ貴族に与える書』、『教会のバビロニア捕囚』、『キリスト者の自由』であった。『ドイツ貴族に与える書』では教会の聖職位階制度を否定し、『教会のバビロニア捕囚』では聖書に根拠のない秘跡や慣習を否定、『キリスト者の自由』では人間が制度や行いによってでなく信仰によってのみ義とされるという彼の持論が聖書を引用しながら主張されている。》(日本語ウィキより)

このことによってレオ十世によって破門された。当局としても放置しておけず、ヴォルムス帝国議会への召喚が行われる。デューラーが心配しているようにルターが殺害されることはなかったものの、五月二十一日のヴォルムスの勅令により神聖ローマ帝国内ではルターの著作を所持することが禁止された。ところが、

書記官コルネリウス[デ・グラフェウス]が私にルッターの『バビロン捕囚』をくれたので、それに対し私は彼に私の大判版画集三冊を贈った。

とこれはデューラーが六回目のアントウェルペンに滞在しているとき、同年六月八日のくだりに記されている。アントウェルペンも神聖ローマ帝国内だったはずなのできっと禁制品ということになるのだろう。あるいは、まだこの時点では禁令が届いていなかったのかもしれないが……もしくは禁令など気にしなかったか。

旅の途中で彼はけっこう本を買っているのが意外だった。ルターの著作も『コンデムナツィオ』『対話集』『バビロン捕囚』の三冊を手に入れている。

それにしても、上に掲げた「芝草」の描写などには、まさに先日引用したヒエロニムス・ボックが《家の近くで見られるすべての植物を自在に描写したうえ、土地の植物を土地の言葉で記述するという、かつてない新しい課題ととりくんだ》という態度に匹敵するものではなかろうか。

f0307792_19525161.jpg
デューラー「聖ヒエロニムス」


f0307792_19530644.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2017-11-19 20:44 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

紅葉小禽

f0307792_19255717.jpg

呑舟と落款のある扇面画を入手した。今年は京都も少し紅葉が早いようである。今がちょうど見頃かもしれない・・・ということで掲げてみる。ほんとうはもう少し早くアップしたかったのだが。

呑舟はおそらく大原呑舟であろう。以下コトバンクより。

大原呑舟 おおはら どんしゅう
江戸後期の画家。阿波生。名は鯤、別号に鯤崘・崑崙等。京都に出て大原呑響の養子となる。呉春の門人柴田義董に画法を学び、山水・人物を能くした。筆力は力強く伸び伸びとしている。安政4年(1857)歿、66才。

養父の呑響についても。

大原呑響 おおはら どんきょう
江戸後期の画家。陸奥生。本姓は今田(一説に熊谷)、名は翼、字は雲卿、通称に観次・左金吾、別号に墨斎。松前藩より文武の師として聘せられ重用される。画法は張瑞図を慕い、最も山水図を能くした。また詩文琴書にも優れる。文化7年(1810)歿、享年未詳。

松前藩では家老の蠣崎広年(波響)と交わったらしい。画事も波響から学んだかと推測されてもいるようだ。ただ画風としては養子の呑舟とのつながりはほとんどないかと思われる。呑舟はかなり流達な筆致のテクニシャンである。

f0307792_19255023.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2017-11-18 19:43 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

Salvator Mundi

f0307792_19573549.jpeg

レオナルド・ダ・ヴィンチ作とされる「Salvator Mundi(救世主)」が11月15日のクリスティーズ・オークションに出品されるということで話題になっている。

Up-close look at rarely seen da Vinci painting expected to sell for $100 million

レオナルド作が確実とされる十五点のタブローのうちで唯一個人蔵のものが売りに出されたのだそうだ。ウィキには、長らく行方不明だったものが最近発見され、修復された後、二〇一一年にロンドンのナショナル・ギャラリーで開催されたダ・ヴィンチ展で公開されたとある。もう少し詳しく引用すると以下の通り。

ダ・ヴィンチがルイ十二世のために一五〇六年から一五一三年の間にフランスで描いたものとされている。イングランドのチャールズ一世コレクションの一六四九年のカタログに記載されている。一七六三年にはバッキンガム・ノーマンビィ公爵の子息によってオークションにかけられた。一九〇〇年に英国人の収集家フランシス・クック(Francis Cook)ことモンセレイト(Monserrate)の第一子爵、が購入した。そのときにこの絵は拙い修復によってかなりダメージを受けており、作者も不明とされていた。一九五八年にクックの子孫がそれをオークションで売却したときにはわずか45ポンドだったそうである。

二〇〇五年にある美術商組合(consortium of art dealers)の所有となった。そのメンバーにはオールド・マスター専門の美術商ロバート・サイモン(Robert Simon)も加わっていた。分厚く上塗りされており、コピーだと見なされていた。ところが、修復してみると、ダ・ヴィンチの真作であると折り紙がつけられることとなり、上述のダ・ヴィンチ展で展示されたのである。

二〇一三年にこの絵はスイス人美術商イヴ・ブーヴィエ(Yves Bouvier)の手でロシア人コレクター・ディミトリ・リボロヴレフ(Dmitry Rybolovlev)に売却された。$127.5 million(百数十億円、当時1ドル100円前後)だったそうだ。

今回のオークションでも1億米ドル超えは当然と予想されているようだが、さて、いったいどれくらいになるのだろう。そして誰が買うのか? ちょっと気になる。

しかし、正直なところ、どう見ても、ダ・ヴィンチの真作とは思えない。まず手と衣服の描き方がダ・ヴィンチの感覚とは思えない。手も衣服も描写が不自然に細か過ぎる。レオナルドはかなり細かい描写もするのだが、もっと自然な流れでまとめている。表情はたしかに雰囲気はある。ただし、どうも安っぽい。本物と思われるダ・ヴィンチ作品にはこういう間の抜けた感じはない。ダ・ヴィンチ・スクールとしておくのが妥当なところではないだろうか。でも45ポンドなら買いだな。

 1958年の1ポンドは2.80米ドルだったから45ポンドは126米ドル。1ドル360円時代なので当時45000円余りということになる。
【以上は二〇一七年一一月四日に書いた記事】


本日(十六日)結果が報道された。予想を大きく上回って4.5億ドルに!。小生は、米経済は好調だし、美術界は明らかにバブルになっているから、絶対に高くなると信じていたが、それにしても、ここまでとは・・・バブルは本物だ。

二十分以上、ビッド競争が続いたという。2.3億ドルの時点でビッダーは二人に絞られた。ジリジリ競り上がる。3億ドルに達して、一瞬、競争は止った。かに見えたが、その後もすぐに上がり続けた。4億ドルに達した。この時点でバイヤーが払う手数料は5千万ドル(!……とここまでは「ART NEWS」のサイト記事より)。BBCニュースによれば、結局のところ、$450.3M(手数料込み)で電話によるビッダー(未公開)の手に落ちた。目下1米ドルは113.22円だから$450.3Mを単純に掛けるとおよそ509.83億円ということになる。ほぼ510億円である。ヤフオクの終了前1分で延長に次ぐ延長みたいな手に汗握る競り合いになったわけだ。桁は違うけど……


'Leonardo da Vinci artwork' sells for record $450m(BBC NEWS)



◉サウジアラビアの王子が落札したようである。なんでまた……。



[PR]
by sumus2013 | 2017-11-16 20:16 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

DRAWING OR DEATH

f0307792_20090225.jpg


日本画の粉本(下書き)。かなり大きな薄い和紙、その両面に墨で牡丹が何種類か描かれ、一部は彩色されてもいる。ある古書店の紙物箱で見つけたもの。学生だろうか、あるいは若い画家かもしれない。画学生とすれば、かなり上手である。

f0307792_20092525.jpg
f0307792_20091547.jpg


紙の端に「DRAWing or Death」(素描さもなくば死)と書き付けてある。意気込みがすごい。

f0307792_20091757.jpg


大正七年五月四日と六月二日の日付。御池柳馬場の住所(京都市内です)。作者の名前があったらなあ……。大正七年というと、入江波光、小野竹喬、土田麦僊、野長瀬晩歌、村上華岳、榊原紫峰らが国画創作協会を結成した年である。「DRAWing or Death」の意気込みもそういった画壇の新風を反映しているのかもしれない。


[PR]
by sumus2013 | 2017-10-24 20:27 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

間叟

f0307792_19341522.jpg

最近求めた漢詩のマクリ。状態は良くないが、ちょっと特徴的な書き振りに惹かれた。

 読書学剣不成家
 老在浪游徒自嗟
 幸有北陲能待我
 青嚢独従使信槎
      間叟

と読んでみたが、どうだろう、御叱正を乞う[コメント頂いた通りに訂正しました。深謝です]。間叟は新楽間叟(にいらかんそう, 1764-1827)か。

新楽子固は幕臣新楽間叟。享和3年蝦夷地奉行戸川筑前守安論に雇医師として随行、蝦夷地に赴き、択捉島にも渡り、文化3年江戸に戻る。

詩に《北陲》(北のほとり)とあるのもうなずけるように思う。

本日所用があって自家用車で出たので金福寺まで足を伸ばして戸田勝久さんと衣-hatori-さんの二人展を見る。会場はギャラリー竹十と名付けられてはいるが、個人の住宅を展示のために公開しておられるのだった。戸田さんの絵はこういうところによく似合う。人形たちも、これはなかなか一言では表せないが、例えば「ベルメールのフランス人形」といったおもむき。杉苔の庭があり、その奥の茶室には蕪村の軸が……。すでに紹介したように金福寺には蕪村の墓がある。戸田好み極まれり。

金福寺

ちょうど扉野良人氏が来ており、寺宝の短冊帖を持参していた。皆で拝見する。おおよそ幕末から明治あたりのもののようだ。なかに蓮月尼の短冊が二点見えた(下写真の右端と左端)。蓮月は見ると欲しくなる。都合でゆっくりできなかったのが残念だったが、嵐の前にいいものを見させてもらった。

f0307792_19341198.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2017-10-20 20:54 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)

雪舟!?!?

f0307792_20230488.jpg


やはり画廊へ自転車で向う途中、ちょいと立ち寄った古書店の店頭にこんな本が出ていた。昨日の今日で、ま、こんな偶然はよくあること。金沢弘『ブック・オブ・ブックス 日本の美術14 雪舟』(小学館、一九七六年一二月一日)。近年開催された大々的な雪舟展の図録も持っていたのだが、引越しのときに処分してしまい、ちょっと古いがちょうどいいやと買い求めた。百円。

ここには昨日の再発見とされる雪舟と同じシリーズの団扇絵が七点掲載されている。そのうちの四点を掲げる。

f0307792_20230883.jpg
f0307792_20231315.jpg
f0307792_20231982.jpg
f0307792_20232526.jpg


これらはすべて重要文化財に指定されている。だから間違いなく雪舟だとも思えないが、まあ、雪舟と推定していいレベルには達している。このシリーズの延長に昨日の再発見の団扇絵があるわけだ。しかしこうやって較べてみると、再発見の方は構図がなってない。絵の重心が右下の岩にかかりすぎていて不安定だ(本書掲載図版では「倣牧谿山水図」がややこれに近い)。もちろん、夏珪を模写したと断り書きがあるのだから、元絵が悪いのだと言えばそれまでにしても、上の四点、とくに夏の二点(キュビスムのような構成)と較べると、よほど凡庸で落ち着きが悪い。遠景の薄い山並みも平板である。

……雪舟だって傑作ばかり描いたわけではもちろんなかろう。こういう印象批評はなんの足しにもならない。足しにはならないが、ファースト・インプレッションがばかにできないのも本当のところ。科学的に絵具なり用紙なりを分析して、少なくとも、同時代であることを証明しなければならないだろう。

雪舟にもお猿さんの絵「猿猴図屏風」(ボストン美術館)があった。下は本書より部分。

f0307792_21020938.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2017-09-21 21:06 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)

雪舟!?

f0307792_19454722.jpg

昨日たまたまこのニュースを知ってビックリした。

雪舟の幻の作品 84年ぶりに確認 山口県立美術館

ビックリしたのは「雪舟発見」ということではなく「これが雪舟? まさか」という意味で、である。「四季山水図」に似ているというのだが、小生には「四季山水図」から適当にモチーフを引き出して組み合わせ、別の絵にしたとしか思えない。そう古くない作品だろう。むろん「専門家」じゃないので大きな口はたたけないが、それにしても、あんまりじゃ……。

じつは小生もいわゆる「雪舟」を買ったことがある(下図)。雪舟という落款があるというだけで、当然こんなものが雪舟のはずはない。ただ、絵そのものはそこそこ古いかなと思ってつい買ってしまった。保存状態も悪く、とりたてて上手というわけでもないが、上の再発見の雪舟よりはよほど見所はあるかと。落款は後の時代に書き加えられたものに違いない。猿の絵というのは牧谿(猿猴図)が有名だし、長谷川等伯にも牧谿に倣った「枯木猿猴図」という秀作がある。本作は水面に移った月を取ろうとしている猿というモチーフ「猿猴捉月」であろう。東晋の仏書『僧祇律』に見える逸話だそうで、身のほどを知れという仏陀の説教だったとか。


f0307792_19585321.jpg
f0307792_19585652.jpg


[PR]
by sumus2013 | 2017-09-20 20:23 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)