林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
黒木書店の最後を見届けた..
by sumus2013 at 19:50
「ほんの手帖」51号のご..
by 大島なえ at 19:10
毎週通ってますので(笑)..
by sumus2013 at 17:34
前の持ち主の方から画像の..
by sumus2013 at 17:31
誰の手に渡ったのだろうか..
by 唐澤平吉 at 12:49
御教示ありがとうございます。
by sumus2013 at 17:37
淀野の色紙が出品されてい..
by 牛津 at 03:59
草書はやはり難しいです。..
by sumus2013 at 21:04
読み下しありがとうござい..
by epokhe at 12:16
明けましておめでとうござ..
by sumus2013 at 20:08
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


球史発祥

f0307792_16312133.jpg

朝日新聞(朝日新聞大阪本社)二〇一八年一月三日号、正月から連載の「球史発祥」(川村貴大)の「中」に「全国大会中止「うそや」/後輩に託したスパイクと夢」として淀野隆三が取り上げられた。掲載紙を頂戴したので紹介しておく。

淀野が京都二中(現在の鳥羽高校)で野球をやっていたとき、京滋大会で優勝し、全国大会(第四回大会)へのキップを手にした。大正七年八月である。折しも、富山で火がついた米騒動は全国に広がり、世情は騒然としていた。《「野球大会を開いて歓呼の声をあげるのは忍びない」として中止が決まった」》。

《米騒動で中止となった「幻の全国大会」。「監督から『1回戦はお前を出してやる』と言われていたけど、出られなかった」。北海道旭川市に住む長男でイベントプロデューサーの隆(80)は、隆三から聞かされた。初めて聞いたのは小学3年生のころだった。》

三高でも請われて野球部に入部する(文学に進むと決めていたので、かなり迷ったようだ)、一高との対抗戦では敗北を喫した。「喜び歌うことは許されて居ないのだ。これは私自身の野球の運命だ」と悲観的なことを日記につづっている。

戦後になって淀野が大事にしまっておいたスパイクを後輩の野球部員に提供したことがあった。そのとき二中は全国大会で準優勝。淀野はスタンドから応援していたという。

隆三は67年、63歳で亡くなった。米騒動で中止になった経験を数十回は聞かされ、残念がる父を見てきた隆は言う。「後輩が全国大会で自分のスパイクをはいてくれた。ようやく気持ちの折り合いがつき、父親[おやじ]の長い夏の大会が終わった」

なかなか、いい結びだ。

京二中の野球部および淀野隆三に関する資料


[PR]
by sumus2013 | 2018-01-06 17:02 | おすすめ本棚 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2018-01-15 03:59 x
淀野の色紙が出品されています。先日の業者と同じ方です。
Commented by sumus2013 at 2018-01-15 17:37
御教示ありがとうございます。
<< ひとふしに 近代日本〈本棚〉史 >>